湘南は南西の風波で朝一からサイズアップ,千葉北はサイズダウン(2019.1.5)

  • 2019年1月5日
  • 2019年2月24日
  • 2019
毎日の気圧配置と波情報

地上天気図から見られる気圧配置の変化、風と波および潮の状況から、主に千葉と湘南エリアのサーフポイントの波情報と今後の波予想に関する記事を毎日更新中。

サーフポイントの選び方やいい波をあてるために参考になる情報です。

また、日々の天気概況や季節変化、シビアな気象現象が見込まれるときにはその注意点など安全にサーフィンを楽しむための知識や経験則についても記載しています。

twitter/Instagramでも随時情報配信中
twitter : https://twitter.com/asasfsas24
Instagram : https://www.instagram.com/asasfsas24/


1/5 3:00 地上天気図と波情報

南西の風で暖かい朝を迎えました。

冬型の気圧配置は緩んでおり日本の南には高気圧、北日本には低気圧があり高気圧から低気圧にむけて南西の風が吹き込みやすい気圧配置になっています。

昨夜から石廊崎や大島の風速は南西の風が強まってきていて、今朝も石廊崎~大島~野島崎にかけてのラインで南西の風がかなり強く吹いています。

この風により今朝は湘南はサイズアップ、千葉南は南西のかなり強い風、千葉北はサイズダウンといった傾向になっています。

今朝の千葉北エリアは北から北西の風、千葉南エリアは南西の強い風

元旦から続いていたアリューシャンからの北東うねりはほぼなくなり、千葉北エリアの今朝はサイズダウンしたスタートです。

片貝周辺では膝腿くらい、一宮周辺でも膝腿からたまに腰くらいのサイズで物足りないコンディション。

千葉南エリアは南西の強い風が吹いており、こんな風のときはだいたい勝浦から鴨川の間くらいに風の境界があるときが多いケース。

鴨川から南は強い南西の風で鴨川から和田エリアは腰腹くらいサイズあるけどオン寄りの風でまとまりないコンディション。千歳から千倉はオフショアとなり波は抑えられて膝腿くらい。

平砂浦はオンショアごく強くジャンクなコンディションでクローズアウト。

湘南は北の風が吹いていて沖合の南西の風により今朝はサイズアップ!

鵠沼では腰腹サイズくらいあり十分楽しめるコンディション。鎌倉エリアも腿腰から腹くらい、茅ヶ崎は腰腹からたまに胸くらいのセットも入ってきている模様。

今朝は10時頃に干潮となるのでこの正午くらいを狙って入るといいかもしれません。風は北よりでさほど強まらなそうですが、南にシフトしてくるかも。

今夜から冬型が強まり寒くなる

今夜9時の予想天気図

北日本の低気圧は東海上へ抜けて発達をはじめ、日本付近は冬型の気圧配置が次第に強まってきます。

九州の南には低気圧があり東進してきますが、沖合離れた海上を通過する見込み。

千葉南エリアの南西の風は夕方にかけて次第に北よりの風にシフトしてきそうです。北風にシフトする時間が早ければ平砂浦は整ってくるかもしれませんが、ちょっと夕方までには間に合わなそうか、、、

明日日曜の夜9時の予想天気図

冬型の気圧配置となり朝から北からの風がやや強く吹きそうです。

千葉南エリアで今日サイズアップした南西の波は朝一は残っているか微妙な感じ、今日夕方までの南西の風の推移をよく見ておきたいと思います。

湘南は朝からサイズダウンしたスタートになりそう、朝一は少し残ってるかも⁈

週間予報天気図

月曜には冬型はいったん緩み火曜日から再び冬型の気圧配置が強まりそうです。

火曜日の御前崎から石廊崎沖合の西の風が気になる気圧配置のなり、湘南には水曜にかけて西うねりが入ってくるかもしれません。

最新情報をチェックしよう!