東ベースのうねりで千葉はサイズアップ【2019.2.6】

毎日の天気図と波情報

2/6 (水) 3:00 地上天気図と波の概況

昨日まで本州を覆っていた高気圧は東海上へ抜け、西から低気圧が東進してきています。

西日本は昨夜から雨が降り始めており今朝は東日本まで雨域が広がってきています。

冷たい雨となりますが、関東も夕方には雨は止みそう。西日本は午後には晴れ間が戻り九州などではかなり気温が上がりそうな予報が出ています。

東海上へ抜けた高気圧からの東から南東ベースのうねりの反応が良くなってきているようで、千葉エリアは昨日よりサイズアップしてきています。

今朝の千葉エリアは北~北西の風

東から南東のうねりの反応が良くなってきており、九十九里エリアでは片貝周辺で腰腹くらい、一宮周辺では腹胸くらいのサイズ感。

まとまりはなさそうですが、サイズある分できるコンディションになっていそうです。

千葉南エリアも腹胸から肩くらい、沖合では東からの風が強めに吹いているので、まとまりはなさそうですが、サイズは十分あります。

湘南は東ベースのうねりになるとスモールコンディションになってしまい今朝も膝くらいのロング向きの波。

明日は南西の風でまた気温が上昇

今夜9時の予想天気図

低気圧は関東の東海上へ進みます。

今日の後半にはもう少しまとまりのある波になってくるかもしれません。

雨は夕方までにはあがる見込みです。

明日木曜の夜9時の予想天気図

日本海にある前線にむけて南海上に中心を持つ高気圧から南西の風が強く吹き込む気圧配置となりそうです。

日中は気温が上昇し立春の日と同じくらいまで暖かくなりそうです。

風波によりサイズアップしてくる見込みとなり、金曜の朝一は狙い目かもしれません。

Twitter/Instagramにてコンディションや気象情報を更新しています

Twitter:https://twitter.com/asasfsas24
Instagram:https://www.instagram.com/asasfsas24/

使用する天気図および衛星画像について

本ブログに掲載する天気図はすべて気象庁ホームページより引用しています。

出典:気象庁ホームページ https://www.jma.go.jp/jp/g3/

詳細はサイト説明に記載しています

カテゴリー2019