東ベースのうねりでそこそこのサイズで楽しめそう!【2019.2.16】

  • 2019年2月16日
  • 2019年4月19日
  • 2019
毎日の気圧配置と波情報

地上天気図から見られる気圧配置の変化、風と波および潮の状況から、主に千葉と湘南エリアのサーフポイントの波情報と今後の波予想に関する記事を毎日更新中。

サーフポイントの選び方やいい波をあてるために参考になる情報です。

また、日々の天気概況や季節変化、シビアな気象現象が見込まれるときにはその注意点など安全にサーフィンを楽しむための知識や経験則についても記載しています。

twitter/Instagramでも随時情報配信中
twitter : https://twitter.com/asasfsas24
Instagram : https://www.instagram.com/asasfsas24/


毎日の天気図と波情報

2/16 (土) 午前3時 地上天気図と波の概況

日本海と南海上には前線を伴った低気圧があり、関東の東海上にも低気圧が解析されていて関東地方はこれらの低気圧に囲まれる形となっています。

朝はこれら低気圧の影響もあり曇り空が広がりそうですが、日中は晴れて気温もあがり、寒気からトンネルからやっと抜け出したことが感じられそうです。

はるか東海上にある高気圧からの東ベースのうねりが反応しており、今朝は昨夕よりもややサイズアップ傾向でのスタートです。

日の出時刻も6時半をきるようになってきており1ヶ月前と比べると30分程早い時間から海に入れるようになってきてます。

まだまだ水は冷たいですけど、外気が暖かく感じられるようになる日がこれから多くなり、朝一の波も楽しめるようになりそうです。

今朝の千葉エリアは北西ベースのオフショア

弱いオフショアベースの風が吹いてます。

東よりのうねりの反応が少し良くなってきていて、今朝は東向きのポイント中心に楽しめるコンディションなポイントが増えていそうです。

九十九里エリアでは腰腹くらい、一宮周辺では腹胸くらいのサイズでオフショアベースの風で今朝は十分楽しめそう。

千葉南エリアも腰腹から胸くらいのサイズ感で、ポイント選べば十分なコンディションになってそうです。

湘南も昨夜から御前崎沖合からの西の風が強めに吹いている状況が続いており、朝一は腿腰くらいのサイズで少しできそう。

昨夜の波浪予想図では伊良湖沖合でいい数値がでていたので、今朝は伊良湖も腰くらいのサイズはありそうです。

同じく四国の中村エリアも同じくらいの数値でしたので腰腹くらいありそう、今朝は楽しめるコンディションになってると思います。

千葉エリアは午後も遊べるサイズが続きそう

午後9時の予想天気図

低気圧が東海上へ抜けていき次第に冬型の気圧配置になっていきます。

千葉エリアは今日の午後もそれほど風は強まらなそうな北ベースの風、サイズも同じくらいの反応がありそうなので、午前中にできている東向きのポイントでは遊べるコンディションが続きそうです。北よりの風が強まってきたら片貝周辺や鴨川マルキなどの風を軽減するポイントが良さそうです。

湘南エリアは御前崎沖合の西よりの風が強く吹き続いてるので西よりの波は腰サイズくらいで続きそう。ただ大島の風向きが北にシフトしているので、そんなに反応してこない可能性もありそうです。

冬型の気圧配置となりやや強めの北ベースの風、今日よりは寒くなりそう~20時更新

明日午前9時の予想天気図

今日の千葉エリアの後半は東からの風が入ってきて面に影響が出てきましたが、東海上の低気圧や高気圧からの東ベースのうねりが反応が続きました。

朝と同じくらいのサイズをキープして一宮周辺では胸肩くらいのいい波の時間帯があった模様です。

※よっちさん @yoko_surfing の投稿をRTさせてもらいましたが、かなり良さげな波でした。

明日は東海上の低気圧が発達しながら北東へ進み、日本付近は冬型の気圧配置となりますが後半には緩んできそうです。

朝は北西からの風が強めに入るポイントが多くなるかも。

今日よりもサイズ抑えられてワンサイズ程度小さめのスタートになりそうな感じ。

今日良さげな一宮周辺は北成分が入った風が強めになりそうなので朝は微妙かも。西成分が入ってくれば良くなりそう。

千葉南エリアも腰腹くらいのサイズはありそうですが、朝から北の風がやや強く入るかもしれません。風が強まらなければ腹胸くらいのファンサイズで楽しめそうです。

湘南は夕方には腰腹くらいまでサイズでてきてました。西の波が反応してそこそこ遊べるサイズでした。

明日も朝一からサイズダウン傾向になるので朝一で出来そうなら早めが良さそうです。

最新情報をチェックしよう!