【2019.2.19】東うねりはサイズダウン、昼から南~南西の風が強まりそう

  • 2019年2月19日
  • 2019年6月12日
  • 2019
毎日の気圧配置と波情報

地上天気図から見られる気圧配置の変化、風と波および潮の状況から、主に千葉と湘南エリアのサーフポイントの波情報と今後の波予想に関する記事を毎日更新中。

サーフポイントの選び方やいい波をあてるために参考になる情報です。

また、日々の天気概況や季節変化、シビアな気象現象が見込まれるときにはその注意点など安全にサーフィンを楽しむための知識や経験則についても記載しています。

twitter/Instagramでも随時情報配信中
twitter : https://twitter.com/asasfsas24
Instagram : https://www.instagram.com/asasfsas24/


毎日の天気図と波情報

2/19 (火) 午前3時 地上天気図と波の概況

今日は二十四節気の雨水です。

雪や氷が溶けて水になり、雪が雨に変わる頃となりますが、今日はまさにそんな状況。

雪ではなく雨となる地点が多くなり、この時期としては雨量が多くなりそうです。

高気圧は東海上へ抜けており東シナ海からは前線を伴った低気圧が東進してきます。

西日本は朝から雨、東日本も昼から雨となり東日本の雨は明日の朝にはやんで晴れ間が戻ってきそうです。

今日は高気圧の後面に位置するようになり、これから南~南西の風が強めに吹いてきそうです。

また、はるか南の海上には熱帯低気圧が発生しました。今後の動向を見ていきたいと思います。

今朝の千葉エリアは弱いオフショアベース

朝はまだ風は弱く沿岸部のどの地点も陸から海へ吹くオフショアベースの風となっています。

昨日まで続いた東ベースのうねりは今朝は各地でサイズダウンしてのスタート。

九十九里エリアでは膝腿から腰くらい、一宮周辺でも腿腰サイズの物足りないコンディションです。

千葉南エリアも膝腿から腰くらいでこちらも朝から大きくサイズダウン。

湘南もうねり弱くフラットなポイントが多くなっています。

今日は午前中に入っておいた方が良さそう

午後9時の予想天気図

低気圧の中心が紀伊半島あたりまで東進してくる予報です。

高気圧の縁辺の流れが低気圧に吹き込み、これから南よりの風が強まってきそうです。

南がオフショアとなる一宮周辺や千倉や千歳はオフショアにおさえられて更にサイズはダウンしそう。

かといって他のポイントは南の風で面は乱される状況となり、大きなサイズ変化もなさそうです。

午後は雨風の影響が強まるので、物足りなくても午前中に入っておいた方が良さそうです。

湘南も南よりの風でコンディションはよくない状況が続きそう。今日は無理して入るようなコンディションではなさそうです。

明日午前9時の予想天気図

22時追記

今日の千葉エリアは昼くらいから南西の風が入り出し、中途半端に強まってスモールサイズかつ面が乱れたポイントが多くなりました。

明日の朝には各地に雨をもたらした低気圧は東海上へ抜けていき、三陸沖にも新たな低気圧が発生する見込みです。

21時時点でも千葉南エリアでは南西の風が強く吹いており、明日早朝には北西の風にシフトしてきそうです。

明日の朝は湘南が良さそうな感じ。

南西の風によるサイズアップが遅れて反応してきそうで、朝は風も北よりの風となりコンディションは次第に整ってきそう。

今日の風の吹き方にもよりますが、鵠沼では腰腹から胸くらいのサイズまでアップしてくるかもしれません。

ショートでも楽しめそうなサイズにはなりそうなので、暖かい日差しの中サーフィン楽しめそうです。

はるか南海上にある熱帯低気圧は台風に昇格してきそう。

【Kindle版】
週末サーファーのための波乗り気象学(前編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。
Amazonで見てみる!

↓Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↓

最新情報をチェックしよう!