天気回復し晴れて寒さやわらぐ日曜日、北東の風をかわすポイントへ【2019.12.8】

毎日の気圧配置と波情報

地上天気図から見られる気圧配置の変化、風と波および潮の状況から、主に千葉と湘南エリアのサーフポイントの波情報と今後の波予想に関する記事を毎日更新中。

サーフポイントの選び方やいい波をあてるために参考になる情報です。

また、日々の天気概況や季節変化、シビアな気象現象が見込まれるときにはその注意点など安全にサーフィンを楽しむための知識や経験則についても記載しています。

2020年1月から千葉南エリアの波情報をYouTubeで動画配信を始めました!ぜひチャンネル登録をお願いします!

twitter/Instagram/facebook/YouTubeでも随時情報配信中
twitter : https://twitter.com/asasfsas24
Instagram : https://www.instagram.com/asasfsas24/
facebook:https://www.facebook.com/asasfsas24/

YouTube:https://www.youtube.com/channel/UChclptxfHQYAEE6LnBsJHhQ

気圧配置&天気と波情報 : 千葉は東ベースの波が反応

午前3時の実況天気図 ASAS

高気圧と高気圧の間の気圧の谷は東へとシフトし、西から高気圧が張り出してきてます。

昨日は冷たい雨が一日降り続きましたが、今朝は天気回復し朝から日差しがたっぷり。

ただ放射冷却が効いて朝の気温は内陸部では氷点下の地点が多くなってます。千葉沿岸部も5度くらいと真冬の寒さに。

朝は冷え込みましたけど日中は昨日よりも5度くらいは高くなる見込みで寒さは一旦緩むでしょう。

衛星画像をみてみると北日本はまだ等圧線の間隔が狭く筋状の雲が海上には敷き詰められていますが、その他の地域では雲はだいぶとれてきています。

ただ今日はこの高気圧の前面に関東地方は位置することから、北から次第に北東の風が入りやすい気圧配置です。

冬型のときは北西の季節風となりますが、冬型が緩み高気圧の中心が近づいてきてその高気圧の前面に位置するようになると、風は北東よりにシフトしてきます。

朝のうちは北西の風でオフショアベースのポイントが多くなってましたが、午後にかけては北東の風をかわすポイントが中心のサーフィンとなりそうです。

天気がよいのでセミドライさえ着てしまえば海の中はとっても気持ちのいい季節です。

千葉エリアは程よく遊べるだけの波がありそうなので、午前中の風がオフショアベースのうちに入っておきたいところですね。

昨日のコンディションはこちら

昨日の気圧配置と波情報

気圧配置&天気と波情報 : 北西のオフショアが冷たい午前3時の実況天気図 ASAS冬型の気圧配置は緩んでいますが、関東の南の海上には小さな低気圧が発生する見込みで、今朝は千葉南部から雨が降っています。衛星画像でみても日本海[…]

千葉・湘南 風、波、潮の状況と今日の注意事項

気象庁 アメダス 風向風速(関東地方)
https://www.jma.go.jp/jp/amedas/206.html?elementCode=1

今朝の千葉エリアは、朝一は北西ベースのオフショアの風。南部ではやや強く吹いているようです。

東海上にある低気圧や高気圧からの吹き出しにより、東ベースの波が千葉エリアには反応していて、ミドルサイズの程よい波で朝は遊べるポイントが多くなっているようです。

九十九里から一宮周辺ではだいたい腰腹くらいのサイズ感、今朝は北部の方が風が弱くて一宮周辺でも北西の風となればサイドオフに風をかわしてコンディションが持ち直してきます。
朝のうちは面はどこもクリーンでそこそこ楽しめるコンディションになっているようですね。

千葉南エリアは朝は北西の風がやや強めに入って寒い朝。

朝は潮が引いてる時間帯だったので腰腹から胸くらいのブレイクでどのポイントもそこそこ楽しめてそうなコンディション。

潮が引いてる時間帯はそこそこできそうですけど、風が北東にまわると出来るポイントが限られてきそうです。

湘南は東ベースのうねりとなるとスモールコンディションが続きます。
鵠沼では膝くらいでロングでなんとかといったコンディション。
吉浜まで行けば東うねりをひろってワンサイズ大きいセットが入りそうです。

今日の注意事項は、、、

朝一から海に入る方はそろそろ路面凍結に十分注意が必要です。

雨が降った次の日の夜明け前などは凍っている箇所がいくつもあり、ノーマルタイヤでは滑ってしまうところが出てきます。

特に橋の上の下り坂でカーブになっているところなどは要注意。

橋の上はもともと地熱が伝わらないため凍結注意なところが多いですが、これに加えて長い下り坂やカーブになっているところは、スピードを十分落として走るようにしないと、滑って制御不能になることもあります。

房総スカイラインでもそんな箇所ありますし、旧鴨川有料道路の範囲は長い下り坂が続くので、スピード出しすぎはホント注意が必要です。

朝の時間の対向車線は東京方面へ向かう高速バスも多く多くの車とすれ違いますので、車線からはみ出ることのないように、エンジンブレーキを使いながら慎重に走行することが必要です。

サーフィン楽しむためにも、安全運転で海に向かいましょう。

今後の気圧配置と波: 明日は晴れが続くも北東の風

午後9時の予想天気図 FSAS24

高気圧の中心が北陸付近まで東進してきます。

午後はこの高気圧の前面の吹き出しにより北東ベースの風にシフトしてきそうです。

早い所では午前中のうちから北東へ変わるポイントもありそうなので、この風を軽減できるポイントへの移動がよいでしょう。

千葉エリアだと片貝周辺や鴨川周辺が無難に風をかわしてうねりの反応もいいポイントです。

潮回りのタイミング合わせればそこそこ楽しめそうですが、他がだめになってくるとポイントに集中して混雑してきますので、海の中でも前乗りなどでトラブルにならないように注意して楽しみましょう。

湘南はスモールコンディションが続いてしまいそうです。吉浜までいけば少しできるかもですね。サイズ求めるなら千葉へ向かったほうがよいでしょう。

明日午後9時の予想天気図 FSAS48

高気圧の中心が東海上へと移動し、千葉や湘南は夜には高気圧の後面に位置するようになってきます。

明日いっぱいは高気圧の勢力範囲内で晴れの天気が続きそうですが、火曜日は再び気圧の谷となり天気は下り坂となってきます。

明日の日中はまだ北東の風がふきやすい状況が続きそうですが、東海上に抜けていった低気圧や高気圧からの吹き出しによる南東から東ベースのうねりの反応が続くので、千葉エリアでは遊べるサイズは続きそうです。

今日よりも全体的に少しサイズアップしてくるかもしれませんので、北東の風をかわすポイントではそこそこ楽しめるコンディションでサーフィンできるのではないかとおもいます。

湘南は明日もそれほど変化はなさそうなので、ロングやスポンジなどで波に合わせて楽しむのが良いでしょう。

過去の同じ日の気圧配置と波情報

OnThisDay(2016/12/08)

12/8 3:00今朝も昨日と同じようなスモールコンディションな千葉エリア風は概ね弱いが、サイズはヒザから腰、鴨川マルキなど一部で腹くらいのセットが入るが、力ないブレイク今日もこのまま同じようなサイズになりそう湘南もショートではかな[…]

IMG
OnThisDay(2017/12/08)

12/8 3:00 ASAS日本付近には低気圧のLスタンプがたくさん。気圧の谷に差し掛かり南の海上にある低気圧は発達しながら東の海上に抜けて冬型の気圧配置へ移行していく見込み。西日本まりの寒気の居座りは続いているが、関東地方は寒気からは[…]

IMG
OnThisDay(2018/12/08)

12/8 9:00 地上天気図と波情報西高東低の気圧配置の週末土曜日です。千島の東には低気圧、大陸には1064hpaの高気圧があり日本付近は縦に等圧線が走ってます。風は北寄りとなり上空にはこれから真冬の寒気が入ってくる見込みで日曜か[…]

各エリア : 今日のこよみ潮まわり

千葉エリア:今日のこよみと潮まわり(勝浦)

2019/12/08
日の出:06:36 / 日の入:16:27
中潮
満潮:02時09分(112cm) / 13時49分(134cm)
干潮:07時33分(75cm) / 20時35分(43cm)

湘南エリア:今日のこよみと潮まわり(江の島)

2019/12/08
日の出:06:38 / 日の入:16:29
中潮
満潮:02時25分(112cm) / 14時08分(134cm)
干潮:07時55分(73cm) / 20時52分(41cm)

伊良湖エリア:今日のこよみと潮まわり(赤羽根)

2019/12/08
日の出:06:48 / 日の入:16:41
中潮
満潮:03時13分(130cm) / 14時59分(149cm)
干潮:08時51分(77cm) / 21時35分(42cm)

磯ノ浦:今日のこよみと潮まわり(和歌山)

2019/12/08
日の出:06:53 / 日の入:16:50
中潮
満潮:04時01分(134cm) / 15時47分(155cm)
干潮:09時36分(87cm) / 22時25分(48cm)

宮崎:今日のこよみと潮まわり(宮崎)

2019/12/08
日の出:07:02 / 日の入:17:11
中潮
満潮:03時40分(143cm) / 15時32分(164cm)
干潮:09時23分(77cm) / 22時05分(42cm)

仙台新港:今日のこよみと潮まわり(仙台新港)

2019/12/08
日の出:06:41 / 日の入:16:17
中潮
満潮:01時18分(106cm) / 12時55分(132cm)
干潮:06時30分(76cm) / 19時47分(45cm)

関連データリンク情報

気象庁 アメダス 風向風速

関東地方
https://www.jma.go.jp/jp/amedas/206.html?elementCode=1

近畿地方
https://www.jma.go.jp/jp/amedas/211.html?elementCode=1

気象庁 波浪実況・予想図

https://www.data.jma.go.jp/gmd/waveinf/tile/jp/index.html

気象庁 レーダーナウキャスト


https://www.jma.go.jp/jp/radnowc/

台風情報

台風情報は刻々と更新されるので以下より最新の情報をご確認ください。

気象庁台風情報
http://www.jma.go.jp/jp/typh/

米軍台風情報
http://www.metoc.navy.mil/jtwc/jtwc.html

あわせて読みたい

高気圧からの吹き出しサーファーは海に行く前に必ず波の状況がどうなのかを確認します。今のこの時代は波情報やSNSが発達していて、海にいかなくても波のコンディションやブレイクの様子が写真や動画で見れるようになりましたが、波予想の基本は天[…]

【Kindle版】
週末サーファーのための波乗り気象学(前編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。
Amazonで見てみる!

Kindle無料アプリの入手

↑Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↑

最新情報をチェックしよう!