新年度はオフショアベースのファンコンディションからのスタート【2019.4.1】

毎日の気圧配置と波情報

地上天気図から見られる気圧配置の変化、風と波および潮の状況から、主に千葉と湘南エリアのサーフポイントの波情報と今後の波予想に関する記事を毎日更新中。

サーフポイントの選び方やいい波をあてるために参考になる情報です。

また、日々の天気概況や季節変化、シビアな気象現象が見込まれるときにはその注意点など安全にサーフィンを楽しむための知識や経験則についても記載しています。

twitter/Instagramでも随時情報配信中
twitter : https://twitter.com/asasfsas24
Instagram : https://www.instagram.com/asasfsas24/
facebook:https://www.facebook.com/asasfsas24/

毎日の天気図と波情報

午前3時の実況天気図 ASAS

おはようございます。

昨日本州を通過した大きな気圧の谷は低気圧としてまとまり東の海上へ抜けていきました。

日本付近は西高東低の冬型の気圧配置となります。

また今日の午後から上空850hpaには真冬並みの強い寒気が流入してくる見込み、午後には大気の状態が不安定になる地域がありそうなので、海に入っている間は空が急に暗くなってきたりしないかよく注意が必要です。

この寒気は木曜から金曜あたりまで上空に居座りそう、今週は平年より気温が低い状態が続く見込みです。

千葉エリア:今日のこよみと潮まわり(勝浦)

日の出:05:27 / 日の入:18:02

中潮

満潮:03時13分(115cm) / 14時07分(108cm)

干潮:08時51分(74cm) / 20時51分(30cm)

千葉・湘南 今朝の風と波

今朝の千葉エリアは西から北の風。

朝は風の弱く千葉エリアはオフショアベースの風が吹いてます。

低気圧からの東ベースのうねりの反応が良くなり、九十九里エリアでは腹胸くらい、一宮周辺では胸肩くらいで面がまとまってきて十分に遊べるコンディションになってます。

千葉南エリアも腹胸くらいのファンコンディションで、こちらも幸先良いスタート。

湘南は昨日よりもだいぶサイズダウンしてしまいましたが、腿腰サイズは残りショートでも遊べるコンディションにはなっています。

関東付近に新たな低気圧が発生しそう、午後は風は不安定か

午後9時の予想天気図

東日本には新たに低気圧が3つある予想となっています。

関東地方にも低気圧が発生しそうであり、午後はこの低気圧の影響もありそうで風が不安定となり夕方からは雨になる地域が多くなりそう。

東ベースのうねりは続きそうなので、風がオフショアベースの午前中に入っておいた方が良さそうです。

午後も風次第では遊べるポイントもありそうですが、天気の急変には注意が必要です。

湘南はサイズダウン傾向が続きそうなので、こちらも午前中が潮回りも含めて良さそうです。

明日午前9時の予想天気図

22時更新

今日は午前中は各地でいい波が入ってきて十分楽しめるコンディションでしたが、午後には東よりの風が入るポイントもあり、波質はダウン傾向ながらも東うねりがしっかり反応を続けました。

明日も西高東低の冬型の気圧配置となります。

カムチャツカ半島からアリューシャンにかけての低気圧からの北東うねりの反応に加え、東海上へ抜けた低気圧からの東ベースのうねりの反応が明日もしっかり続きそうです。

明日の朝も北よりの風が吹く予報となっており、北西の風が混じれば多くのポイントでコンディションよいスタートになりそうです。

片貝から北の九十九里エリアや鴨川から和田までのエリアでは風が合うので、ポイントにより腰腹から胸肩くらいのサイズはありそうなので朝は楽しめると思います。

湘南は明日もスモールコンディションとなりロングで楽しむのが良さそうです。

【Kindle版】
週末サーファーのための波乗り気象学(前編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。
Amazonで見てみる!

Kindle無料アプリの入手

↑Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↑

最新情報をチェックしよう!