西高東低の気圧配置が続き冷たい北風、関東は明日の日中から暖かくなりそう【2019.4.3】

毎日の気圧配置と波情報

地上天気図から見られる気圧配置の変化、風と波および潮の状況から、主に千葉と湘南エリアのサーフポイントの波情報と今後の波予想に関する記事を毎日更新中。

サーフポイントの選び方やいい波をあてるために参考になる情報です。

また、日々の天気概況や季節変化、シビアな気象現象が見込まれるときにはその注意点など安全にサーフィンを楽しむための知識や経験則についても記載しています。

twitter/Instagramでも随時情報配信中
twitter : https://twitter.com/asasfsas24
Instagram : https://www.instagram.com/asasfsas24/


毎日の天気図と波情報

午前3時の実況天気図 ASAS

昨日夜の天気図とほとんど変わらない冬型の気圧配置が続いています。

上空850hpaには-6度の寒気が居座った状態が続いており、この寒気は今日がピークになる見込み。今日の後半から寒気は抜け始め明日の日中には南風にかわり暖かさが戻ってきそうです。

この寒気のおかげで今年は桜の見頃がすこしのびるかもしれないので、次の週末もお花見が楽しめるかもしれません。

アリューシャン方面にある低気圧からの北東から東うねりは北西の風によりおさえられ昨日よりもうねりの反応は弱くなりそうです。

今日からは大潮まわりとなり潮が大きく動きます。

千葉エリア:今日のこよみと潮まわり(勝浦)

日の出:05:24 / 日の入:18:03

大潮

満潮:04時01分(124cm) / 15時37分(125cm)

干潮:09時51分(51cm) / 22時02分(26cm)

千葉・湘南 今朝の風と波

今朝の千葉エリアは北から北西の風。

西高東低の気圧配置により北西ベースの冬の季節風が吹いています。

九十九里エリアでは面が整うポイントが多くなりますがうねりはかなり弱くなり膝腰くらいの物足りないコンディション。

一宮周辺は北東うねりに敏感で他よりもワンサイズ大きい腰腹くらいありそうです。風がすこし合わないので面はヨレてそうですが、遊べる波はありそう。

千葉南エリアも昨日よりもサイズはダウン傾向で膝腰の物足りないコンディション。

湘南も昨日と同じくらいの膝腿あるかどうかといったサイズ感でロングで楽しむのが良さそう。

正午頃の潮の上げ込み時間帯にタイミング合わせて入るのがいいかも

午後9時の予想天気図

西から高気圧に覆われてきて冬型の気圧配置は次第に緩んでくる見込みです。

今日は北から北西の風が吹き続けて日中は西よりの風が混じり夕方にはまた北よりに戻るパターンとなりそうか。

千葉エリアは概ねオフショアベースとなるので、少しでもサイズのあるポイントや時間帯に入るのが良さそうです。

潮が10時頃にかけて引いていくので、正午くらいからの上げ込みの時間帯にはすこしサイズでてくるかもしれません。

湘南も潮回り使って少しできる時間帯あるかもしれません

明日午前9時の予想天気図

冬型の気圧配置となり気温はあがらず北風の寒い一日となりました。

沿岸部では北風がやや強めにはいり、北東からのうねりは弱まって千葉エリアも一日物足りないコンディションとなりました。湘南もスモールなサイズが続いた状況です。~

明日は西高東低の気圧配置から、南高北低の気圧配置へシフトしていきます。

日本の南には高気圧があり北には低気圧があって、高気圧から低気圧へ南よりの風が入りやすい気圧配置です。

明日も午前中は北よりの風が吹きやすいですが、午後からは次第に南西から西よりの風が入ってきそうです。

北東から東のうねりは弱まりそうですが、次第に南西から西のうねりが後半にかけて反応してきそう、夕方には湘南でもサイズアップしてくる可能性があるのでチェックを続けてみるのが良さそうです

最新情報をチェックしよう!