台風13号の南西うねりと高気圧からの東うねり、千葉と湘南は程よく遊べる波【2019.9.7】

毎日の気圧配置と波情報

地上天気図から見られる気圧配置の変化、風と波および潮の状況から、主に千葉と湘南エリアのサーフポイントの波情報と今後の波予想に関する記事を毎日更新中。

サーフポイントの選び方やいい波をあてるために参考になる情報です。

また、日々の天気概況や季節変化、シビアな気象現象が見込まれるときにはその注意点など安全にサーフィンを楽しむための知識や経験則についても記載しています。

twitter/Instagramでも随時情報配信中
twitter : https://twitter.com/asasfsas24
Instagram : https://www.instagram.com/asasfsas24/
facebook:https://www.facebook.com/asasfsas24/

気圧配置&天気と波情報 : 南西うねりの反応は鈍いまま

午前9時の実況天気図 ASAS

台風13号は黄海にあって北に時速40kmで進んでいます。

中心気圧は970hPa、中心付近の最大風速は秒速35mとして解析されており、この後は進路をやや東寄りにシフトさせながら進んでいく見込みです。

一方これから警戒が必要になってくる台風15号は強い勢力となり父島の北東の海上にあります。

中心気圧は970hPa、中心付近の最大風速は秒速35mとなり、たまたまこの時間は台風13号と同じ数値として解析されていますが、進路は北西に時速35kmで進んでいます。

台風15号は明日の昼頃には八丈島の西南西の海上まで北上してくる予想となっており、強い勢力のまま関東地方に接近してくる予想が出ています。

気になるのが接近から上陸の可能性があるかどうかのところかと思いますが、現時点の土曜午後3時の予報では八丈島付近で転向点を迎え、進路を北東にシフトさせて進行速度をあげながら進んで行く予想。

台風の中心は千葉県の房総半島に沿った形で北東方向へ進む予想がでており、当初の予想よりも東のコースになってきています。

明日の夜から深夜にかけて最も接近もしくは上陸となってきそうなため、関東地方では台風接近前から厳重な警戒が必要となってきました。

台風15号からの南東から南うねりはまだ大きな反応はないようですが、明日の朝には千葉と茨城および湘南や伊豆などのポイントへ反応がありそう。

急なサイズアップとなってきそうであり、また午後は雨風ともに次第に強まってくるため、サーフィンできるのは午前中に一部のポイントのみとなりそう。

朝からハードなコンディションとなっている可能性もあり、少し落ち着いているポイントがあったとしてもコンディションや天候の急変がありそうなので、明日は無理に海に入らないように十分注意が必要です。

昨日の状況はこちら

昨日の気圧配置と波情報

気圧配置&天気と波情報 : 南西うねりの反応状況に注目午前3時の実況天気図 ASAS台風13号は石垣島あたりを通過して東シナ海を北へ時速20kmで進んでいます。非常に強い勢力となり昨日は宮古島で今年一番の暴風が吹き荒れたよ[…]

千葉・湘南 風、波、潮の状況と今日の注意事項

気象庁 アメダス 風向風速(関東地方)
https://www.jma.go.jp/jp/amedas/206.html?elementCode=1

今朝の千葉エリアは、午前中は不安定に弱い風が吹いており各ポイントともに面への影響はそれほどない状況からのスタート。

千葉北エリアでは台風13号や15号からのうねりの反応ではなく、東海上にある高気圧からの吹き出しによる東から南東のうねりの反応が出てきました。

九十九里エリアから一宮周辺では朝から腰腹から胸くらいのサイズが反応しており、午前中は風の影響も少なくそこそこ遊べるコンディション。

千葉北エリアでは久しぶりに胸くらいのサイズの波が反応してきていて、各ポイントでは楽しめる波がありましたが、午後には東の風が入ってしまい面が少しガタついてきてしまったものの夕方まで遊べる波があったようです。

千葉南エリアも朝から腰腹から胸くらいのサイズ感。鴨川のマルキでは朝からオフショアベースで程よいサイズの波がブレイクしていたようで十分遊べるコンディションだった模様。

昼過ぎからはワンサイズくらいサイズも上がってきたようで、胸肩くらいのサイズまでアップ。ただ東よりの風が強まってきていたようです。

湘南は台風13号からの南西うねりの反応がこの週末にあることを週のはじめくらいから期待していましたけど、やはり今回の南西うねりは反応が鈍い感じで大きなサイズアップとまではいかない状況となりました。

ただ南西うねりは反応はしてきていて、朝から鵠沼では腰腹サイズがブレイク。鎌倉エリアも由比ヶ浜から七里ヶ浜などで腰腹サイズが夕方にかけても反応しており、サーフィンするには十分な波の反応はありました。

西湘エリアや吉浜では南西うねりよりもおそらく高気圧からの吹き出しによる東から南東うねりの反応のほうが良くなっていたようで、こちらも同じくらいの腰腹くらいのサイズが終日反応があり楽しめる波となっていたようです。

今日の波乗り: 平砂浦 腰〜腹

台風13号からの南西うねりについては昨日の記事やtwitter投稿でも何度か記載しましたが、南西うねり好きの私としては今回の13号のコースと周辺の気圧配置によってどれだけ反応があるのかがとても気になるところ。

今回の南西うねりは高気圧の吹き出しによる東から南東ベースの風と波によりだいぶ抑えられてしまい、7月の台風5号と同じようなコースながらも千葉南と湘南エリアへの反応が鈍そうだということは想定していたのですが、それを確認するために今朝は内房からチェックしました。

南西うねりの反応有無を確認するには内房の反応を見るのが一番です。

千葉北や鴨川から和田エリアには高気圧からの東うねりの反応が良くなってきていたので、波ないのわかっていたからそっちに行こうかともアクアライン走行中まで悩みましたが、やはりここは南西うねりの反応を見ておかなければということで内房へ。

富津や新舞子など北のほうは流石に反応ないはずなのでスルーして、岩井の状況をチェック。

夜明けくらいから駐車場にロングの人がいたのでもしや反応しているのかと思いきや、
うっすらうねりっぽいのが入ってきている程度で、サイズ的には脛セットで膝くらいの波。ロングで入っているサーファーもかろうじてテイクオフできるくらい。

しばらく波の入り方を見ていましたが、膝以上の波は入らずでした。今回の南西うねりの反応としていいベンチマークが取れました。

その他周辺の何箇所かのポイントも見ましたけどほぼフラットか脛くらいで変わらずの反応具合。

ということで内房の状況が確認できたので、湘南と同じくらいのサイズは反応してそうだと想定して平砂浦へ。

6時くらいのサイズはセットで腰腹くらい。パワーのないワイド気味な波。

インサイドが深くて途中また浅くなる地形だったので、ブレイクしてもすぐに厚くなってしまうところが多くコンディション的にはロング向きでショートには短いライディングが多くなる波でした。

概ね湘南と同じくらいのサイズ感でしたけど、朝は人も少なく水温も高くて気持ちいい海。しかも今日の平砂浦は水の透明度がかなり高くて、伊豆とまではいかないまでもかなりきれいな海でした。

南パラ付近で入りましたけど、写真は巴のブレイク。平砂浦は駐車場から海まで少し歩くので南パラ付近の波の画像は今回はありません。

今後の気圧配置と波: 台風15号に厳重警戒が必要

午後9時の予想天気図 FSAS24

台風15号は今夜までに北緯30度線付近まで北上してくる予想となっています。

千葉南エリアには既に台風15号からの南東ベースのうねりの反応が出てきている模様で、昼頃よりも更にサイズアップしてきているようです。

湘南への反応はまだのようですが、今夜遅い時間には反応が出てきているでしょう。

明日午後9時の予想天気図 FSAS48

明日は朝から台風15号からの南東うねりが千葉と湘南のビーチには反応している見込み。

朝からビーチのポイントではクローズアウトになっている可能性もあります。

風は北東の風からはじまり東の風から次第に南東の風へとシフトしていきます。

午前中まではまだ風は弱い見込みですが、午後から次第に強くなり夜にはかなり強い風が吹きそう。

日付が変わるころにはかなり強い風が吹き荒れる可能性があり、明日は夕方以降は外出も控えたほうがよいくらいの状況になるかもしれません。

朝は風が弱いとはいえ海はサイズアップしておりハードなコンディションもしくはクローズアウトな状況となるポイントが多くなるため、慎重な行動が必要です。

強いうねりをかわすポイントも午後以降は控えたほうが良いでしょう。

無理して海に入ることのないようにお願いします。

過去の同じ日の気圧配置と波情報

OnThisDay(2017/09/07)

9/7 3:00 ASAS本州には秋雨前線がかかり、昨日西日本付近にあった前線付近の低気圧は今朝は東の海上まで移動した。前線や低気圧からの南うねりが昨日は磯ノ浦でよく反応していたが、今朝は湘南で反応している。このように前線が絡む場合は、そ[…]

IMG
OnThisDay(2018/09/07)

9/7 3:00 ASAS / FSAS24今朝も東日本から西日本の太平洋側には秋雨前線が停滞、東海上に中心のある高気圧からの吹き出しが前線に向けて吹く構図。沖縄の南海上にある熱帯低気圧は台風にまで発達しておらず、ゆっくりと北西方向に[…]

各エリア : 今日のこよみと潮まわり

千葉エリア:今日のこよみと潮まわり(勝浦)

2019/09/07
日の出:05:16 / 日の入:18:00
小潮
満潮:12時34分(111cm) / 21時21分(128cm)
干潮:04時29分(52cm) / 15時37分(107cm)

湘南エリア:今日のこよみと潮まわり(江の島)

2019/09/07
日の出:05:18 / 日の入:18:01
小潮
満潮:12時56分(109cm) / 21時08分(124cm)
干潮:04時44分(47cm) / 15時45分(107cm)

伊良湖エリア:今日のこよみと潮まわり(赤羽根)

2019/09/07
日の出:05:29 / 日の入:18:12
小潮
満潮:13時26分(138cm) / 22時58分(143cm)
干潮:05時38分(69cm) / 17時51分(126cm)

磯ノ浦:今日のこよみと潮まわり(和歌山)

2019/09/07
日の出:05:37 / 日の入:18:18
小潮
満潮:15時04分(150cm) / 23時24分(150cm)
干潮:06時48分(76cm) / 19時10分(143cm)

宮崎:今日のこよみと潮まわり(宮崎)

2019/09/07
日の出:05:53 / 日の入:18:32
小潮
満潮:13時46分(154cm) / 時分(0cm)
干潮:06時16分(73cm) / 18時41分(131cm)

仙台新港:今日のこよみと潮まわり(仙台新港)

2019/09/07
日の出:05:11 / 日の入:17:58
小潮
満潮:11時44分(114cm) / 20時17分(145cm)
干潮:03時29分(57cm) / 14時05分(112cm)

関連データリンク情報

気象庁 アメダス 風向風速

関東地方
https://www.jma.go.jp/jp/amedas/206.html?elementCode=1

近畿地方
https://www.jma.go.jp/jp/amedas/211.html?elementCode=1

気象庁 波浪実況・予想図

https://www.data.jma.go.jp/gmd/waveinf/tile/jp/index.html

気象庁 レーダーナウキャスト


https://www.jma.go.jp/jp/radnowc/

台風情報

台風情報は刻々と更新されるので以下より最新の情報をご確認ください。

気象庁台風情報
http://www.jma.go.jp/jp/typh/

米軍台風情報
http://www.metoc.navy.mil/jtwc/jtwc.html

あわせて読みたい

前回までの記事では、いい波に乗るために台風のことを知っておくというシリーズとして2つの記事を投稿しました。1回目はそもそもの台風の定義のところから、台風の強さや大きさのカテゴリについて記載しています[sitecard subtitl[…]

あわせて読みたい

高気圧からの吹き出しサーファーは海に行く前に必ず波の状況がどうなのかを確認します。今のこの時代は波情報やSNSが発達していて、海にいかなくても波のコンディションやブレイクの様子が写真や動画で見れるようになりましたが、波予想の基本は天[…]

あわせて読みたい

週末は波があるのか?ないのか?週末が近づくとこの土日はどんな波になりそうなのか、沿岸の風はどこから吹きそうか 風が強いのか弱いのか 潮回りは何か 干潮と満潮の時間は 地形は決まっているのか どの[…]

あわせて読みたい

サーファーが知っておきたい台風に関する知識シリーズ4回目です。前回までの記事をざっとおさらいしておきますと1回目はそもそもの台風の定義のところから、台風の強さや大きさのカテゴリについて記載していますhttps://asasfsa[…]

【Kindle版】
週末サーファーのための波乗り気象学(前編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。
Amazonで見てみる!

Kindle無料アプリの入手

↑Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↑

最新情報をチェックしよう!