【2019.5.3】弱いオフショアと腹胸サイズで今朝もファンコンディション!今日から大潮まわり

  • 2019年5月3日
  • 2019年6月15日
  • 2019
毎日の気圧配置と波情報

地上天気図から見られる気圧配置の変化、風と波および潮の状況から、主に千葉と湘南エリアのサーフポイントの波情報と今後の波予想に関する記事を毎日更新中。

サーフポイントの選び方やいい波をあてるために参考になる情報です。

また、日々の天気概況や季節変化、シビアな気象現象が見込まれるときにはその注意点など安全にサーフィンを楽しむための知識や経験則についても記載しています。

twitter/Instagramでも随時情報配信中
twitter : https://twitter.com/asasfsas24
Instagram : https://www.instagram.com/asasfsas24/


毎日の天気図と波情報

5/3(金) 3:00 今日の波と天気概況

カムチャツカ半島付近にある低気圧は976hpaまで発達し等圧線の間隔が狭く円形構造を保っています。

低気圧からのびる前線は昨日よりも南下しており、はるか東海上にある高気圧から前線にむけて南東よりの風が吹き込む気圧配置は続いています。

今日は東日本から西日本にかけては4hpa毎の等圧線が一つもかかっておらず、風が弱い朝となりました。

伊良湖から東のポイントでは高気圧から前線に吹き込む風による南東ベースのうねりの反応が残り、今朝は楽しめるコンディションが多くなっているようです。

今日から大潮まわり、千葉エリアでは午前10時頃の干潮には大きく潮が引いてきます。

冬は夜に潮が大きく引いてましたが、季節は進み日中に潮が大きく引いて潮干狩りのシーズンとなります。

千葉エリア:今日のこよみと潮まわり(勝浦)

日の出:04:46 / 日の入:18:28

大潮

満潮:03時30分(131cm) / 16時02分(129cm)

干潮:09時49分(29cm) / 21時57分(48cm)

千葉・湘南 今朝の風と波

今朝の千葉エリアは、海陸風によるオフショアの風。今朝は総観規模の風ではなく局地的な風である海陸風によるオフショアが弱めに吹いています。

サーフィンにとっては一番適した風です。

南東からのうねりも残り、九十九里エリアでは腰腹から胸のファンウェイブ!

一宮周辺も腹胸から肩くらいのいい波が入ってきてます。志田下のQS6000も今日もコンディション良さそうです。

千葉南エリアも腰腹から胸くらいで潮が引いてきて良くなってきました。

南からのうねりが続いており平砂浦も昨日今日と遊べるコンディションが続いてます。

湘南はサイズダウンして鵠沼では膝腿サイズでロング向きのコンディション。

茨城は鹿嶋から波崎で胸肩サイズで風も弱く面もまとまりいい波が入ってきてます。

仙台新港も今日も頭サイズで弱いオフショアでこちらもいい波。

御前崎から伊良湖までの遠州灘でも腰腹サイズが残ってポイント選べば遊べるコンディション。

伊勢から以西の西日本エリアは弱いうねりの反応になってますが、南向きや東向きのポイントでは大潮まわりで遊べる時間帯がありそうです。

今日の注意事項は、、、

昨日と同様に午後は天気の急変と雷雨があるかもしれません。

黒い雲に覆われてきたら注意してください。

また今日から大潮まわりとなり、潮が大きく動きます。午前中は砂浜でも午後は海になってしまうので、波打ち際にモノは置かないようにしましょう。

午後にかけて海風、大潮まわりで遊べる時間帯がありそう

午後9時の予想天気図

夜にかけて高気圧にすっぽりと覆われてきます。

午後にかけては陸地の気温の上昇により海風によるオンショアとなるポイントが多くなりそうです。

風が変わる早めに入っておいた方が良いでしょう。オンショアが強めに入らなければ、引き続き遊べるコンディションが多くなりそうです。

サイズ不足で物足りないポイントでは、昼からの潮の上げ込み時間帯でサイズアップしてくるかもしれないのでチェックしてみても良さそうです。

明日午後9時の予想天気図

引き続き高気圧にすっぽり覆われそうですが、高気圧縁辺の北東から東の風が入りそう。

最新情報をチェックしよう!