北東うねりは落ち着き風も弱く暖かい【2019.2.2】

  • 2019年2月2日
  • 2019年4月15日
  • 2019
毎日の気圧配置と波情報

地上天気図から見られる気圧配置の変化、風と波および潮の状況から、主に千葉と湘南エリアのサーフポイントの波情報と今後の波予想に関する記事を毎日更新中。

サーフポイントの選び方やいい波をあてるために参考になる情報です。

また、日々の天気概況や季節変化、シビアな気象現象が見込まれるときにはその注意点など安全にサーフィンを楽しむための知識や経験則についても記載しています。

twitter/Instagramでも随時情報配信中
twitter : https://twitter.com/asasfsas24
Instagram : https://www.instagram.com/asasfsas24/


毎日の天気図と波情報

2/2(土) 3:00 地上天気図と波情報

北日本を中心とした冬型の気圧配置が続いていますが、西日本から東日本は等圧線の間隔が広くなり冬型は緩んできています。

今日は昨日よりも暖かくなりそうで着替えも楽チンなくらいの陽気になりそうです。

昨夕も北東からの東のうねりが千葉エリアでは反応を続けていて、東向きのポイント中心に頭オーバーのワイドなブレイクとなっていた模様です。北向きの飯岡や御宿でも腰腹サイズはあった模様。強い風は夕方には収まってきたようです。

北東うねりのピークは過ぎたようなので、今日は比較的落ち着いてきて、暖かい日差しの中で風も弱めのゆったりサーフィンができるポイントが多くなってきそうです。

湘南も低気圧からの南西うねりの残りで終日遊べるサイズがありました。

南西うねりも今日はサイズダウン傾向ですので、早めの1Rが良いかもしれません。

今朝の千葉エリアは北西の風

九十九里エリアは昨日よりも落ち着いてきていて腹胸から肩くらいのファンサイズとなっています。

一宮周辺はまだサイズ残っていて胸肩からたまに頭くらいのセットが入ってきているようです。

千葉南エリアも昨日より落ち着いてきていて腹胸サイズの反応が残り地形の良さそうなポイント選べば十分楽しめそうなコンディション。

湘南は昨日の南西うねりが弱く反応残り、鵠沼では腿腰から腹くらいのサイズがありショートでも少し楽しめそうです。

明日の節分は高気圧に覆われるも西から天気は下り坂

今夜9時の予想天気図

北東から東ベースのうねりは今日も終日は反応続きそうなので、東向きのポイント中心に遊べるコンディションが続きそうです。

湘南も腰腹サイズ残っていますが、サイズはダウン傾向ではあるので、早めの方が無難かもしれません。ただ夕方まで遊べるサイズはありそうです。

明日日曜の夜9時の予想天気図

前半は南海上に中心を持つ高気圧に覆われてますが、夜には日本海に低気圧が東進してくる見込みです。

南から南西ベースの風で、後半には高気圧の吹き出しが低気圧に向けて吹き込み南西ベースの風が強くなりそうです。

この南風が吹き込むことにより、月曜の立春はかなり気温が高くなりそうです。

最新情報をチェックしよう!