週末サーファーが限られた時間の中でいい波に乗るために ~ 天気図パターンによる風と波を知っていい波をあてよう!~

明日もスモールサイズ、朝一にテイクオフの練習が良さそう【2019.5.10-11】

今日の風と波の状況

10日 15時の地上天気図

今日の夕方は朝よりもややサイズダウンして千葉エリアも膝腿から腰くらいのサイズ感でオンショアベースの風が入り、イマイチなコンディションとなりました。

湘南はスネ膝サイズでロングでも厳しいサイズなポイントも多い状況です。

東から南東の風が午後にはやや強まったポイントもあり、面が乱されたスモールなコンディションに。

土曜日 午前9時の予想天気図

はるか南の海上には前線がよこたわり、四国の南海上にあった低気圧は発達はしないまま東海の沖合まで進んできます。

気圧配置的には目立ったうねりの源はなく、千葉エリアにははるか東海上の高気圧からの弱い東うねりが反応するくらいになりそう。

明日も物足りないサイズとコンディションになりそうです。

風は午前中は不安定に弱めながら午後はオンショアベースの風が入りそう。

湘南も変化はなさそうで明日も厳しいコンディションとなりそうです。

明日の注意事項は、、、

千葉エリアは膝腿からセット腰くらいのサイズなポイントが多くなりそうなので、初級者の方にはよい練習になりそうです。

面が良さそうな朝一から午前中までには1R入って練習しておきたいところ、午後は面が乱れてくるポイントあるので、テイクオフの練習には面が良い時間帯の方が良いでしょう。

明日も気温が上がります。

海上がりの車の中はかなり暑くなってそうなので、飲食物の車内放置にはご注意ください。

またワックスも溶けやすくなります。水温が上がってきてるので冬用からそろそろ変えてもいいかもしれません。

日曜日 午前9時の予想天気図

週間予報天気図どおり、北から高気圧が南へ張り出してくる見込みです。

高気圧の縁辺の流れが関東地方には入りやすい気圧配置で、東から北東の風が強めに吹きそうです。

サイズも期待できなそうで風も合わずコンディション的にはよくない時間帯が多くなりそう。

千葉エリアでは、比較的風の弱い朝一にうねりの反応がよいポイントで入るのが良さそうです。午前の早い時間から北東の風が入る可能性があります。

ロングや厚めの板を持参した方が楽しめるでしょう。

波のあるエリアに行く

天気図を見て波のあるエリアを知る[caption id="attachment_4098" align="alignleft" width="1024"] 和歌山 某ポイント[/caption]サーフィンは波に乗るのが目的なので[…]

いい波にのるためにアイキャッチ
週末に通うポイント

大阪市内から週末に通える海前回の記事では、都内に住んでいると仮定して関東地方で週末に通える千葉、茨城、湘南の各エリアの概要について記載しました。[sitecard subtitle=関連記事 url=https://asasfs[…]

アイキャッチ画像

【新刊のご紹介】
サーファーが知っておきたい台風の知識

台風スウェルをあてるための台風の知識と経験則、
台風による災害への備えについて
サーファー目線でまとめました

週末サーファーのための波乗り気象学(前編/中編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。Kindle本の紹介画像
Amazonで見てみる!

Kindle無料アプリの入手

↑Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↑

最新情報をチェックしよう!