千葉と湘南は大きくサイズダウン、ロングでまったり楽しむのがいいかも【2019.8.18】

毎日の気圧配置と波情報

地上天気図から見られる気圧配置の変化、風と波および潮の状況から、主に千葉と湘南エリアのサーフポイントの波情報と今後の波予想に関する記事を毎日更新中。

サーフポイントの選び方やいい波をあてるために参考になる情報です。

また、日々の天気概況や季節変化、シビアな気象現象が見込まれるときにはその注意点など安全にサーフィンを楽しむための知識や経験則についても記載しています。

twitter/Instagramでも随時情報配信中
twitter : https://twitter.com/asasfsas24
Instagram : https://www.instagram.com/asasfsas24/


気圧配置&天気と波情報 : しばらくハードな日が続いたので

午前3時の実況天気図 ASAS

台風10号からかわった温帯低気圧が昨日北海道を通過し、今朝は太平洋側に抜けてきています。

これから東の海上にて温帯低気圧としてまとまってやや発達していきそうな状況。昨日も記載しましたが、今度はこの低気圧から北東うねりが反応してきそうな感じになってきました。

千葉エリアはこれら南西から北までの広い範囲のうねりに反応することができます。本州の中でもこれだけ広範囲にうねりに反応するエリアは他にないはず、改めて千葉エリアの魅力を再確認できると思います。

日本の南は高気圧に覆われていますが、午前3時の気圧配置ではその南側の低圧部の1つが熱帯低気圧として解析されましたが、今夜以降の予想天気図を見ると消滅している??おそらくもう1つの低気圧のほうがこれから熱帯低気圧としてちゃんと解析されて発達しながら北上してくるはずです。

昨日の気圧配置と波情報

気圧配置&天気と波情報 : 波は落ち着きつつ今日も南西の風午前3時の実況天気図 ASAS日本海を北東へ進んでいた台風10号は昨夜21時に北海道の西の海上にて温帯低気圧となりました。夏といえどもう8月の中旬過ぎ[…]

千葉・湘南 風、波、潮の状況と今日の注意事項

気象庁 アメダス 風向風速(関東地方)
https://www.jma.go.jp/jp/amedas/206.html?elementCode=1

今朝の千葉エリアは、ほぼ無風にちかい不安定に弱い風。

今日は一日風は弱そうですが、日中の昇温におけるサーマルウィンドが沿岸部では入ってきそうです。

台風10号からのうねりは昨日まででほぼなくなり、今朝の千葉エリアはかなりサイズダウンしてのスタート。

九十九里エリアから一宮周辺までは膝腿からセットで腰くらいの物足りないサイズ。

千葉南エリアも同じくらいですが、すこしだけサイズあって腿腰くらいはポイントによってはありそう。

朝は潮が多い時間帯ということもあり、割れにくいコンディションが多くなっています。昼頃までの引いてくる時間、もしくは午後の上げ込みの時間帯を狙って入るのが良さそうです。

湘南も今日は風がおさまりながらもサイズダウン。

南西からの波がすこしだけ残って反応しているのか、鵠沼では腿腰くらいのセットがまだ入ってきているようですが、かなり混雑している模様。

夏休みの最終日という方も多そうなので、小さめの波でロングでまったりサーフィンというのもいいかもしれません。

今日の注意事項は、、、

今日も各地で猛暑日な地点が多くありそうです。海の中でも気が抜けないところがありますが、特にビーチにいるときや海への行き帰りなどで熱中症にならないよう十分注意が必要です。

これだけ熱中症で搬送される方が多いのは、この暑さというのは本当に危険な暑さということで、いい方を変えてあえて言うならば災害レベルの暑さといってもいいかもしれません。

ここはもう各自で水分補給なりするしかないところがあるので、お気をつけください。

今日はサイズも下がり久しぶりにサーフショップのスクールができるようなコンディションとなりそうです。

ビギナーの方は絶好の練習日和となりそうなので、こんな日はぜひサーフィンの基本や海や気象の知識を知るためにも、一度はスクールに入ることをおススメします。

今の時代はなんでも情報は手に入り、頭では理解できる環境はありますけど、いざ海で何かトラブルへの対応となると、頭で理解しているだけではあまり役に立たないことが多く、やはり直接誰かから教わった内容や実際にやってみたことが役に立ってきます。

その他サーフィンにはいろいろなルールや海でのマナーなどを知っていることも必要になってくるので、ビギナーの方は一度は受講してみてはいかがでしょうか。

石廊崎の波浪観測もすっかりサイズダウンしました。

今後の気圧配置と波: 低気圧からの北東うねりに期待

午後9時の予想天気図 FSAS24

北海道を通過した低気圧が温帯低気圧としてやや発達しながら東海上を東進していきます。

日本の南には高気圧があってさらに南には低気圧が解析されている状況はかわりありません。

今日はそれほど風は強まらなそうですが、沿岸部では午後からは海風が入ります。

午前中の潮が動く時間帯にサイズの残っているポイントで遊んでおくのが良いでしょう。

午後の潮の上げ込みの時間帯には、おそらくオンショアがやや強まってコンディション的には期待できない状況に。

北海道の東の低気圧からの北東から東うねりは今日はまだ反応はなさそうです。

明日午後9時の予想天気図 FSAS48

北海道の東海上にある低気圧からの北東ベースのうねりが反応してくるかもしれません。

千葉と茨城エリアではこのうねりによりサイズアップしてくるかもなので、明日のどのタイミングで反応するかは要チェックです。明日は様子見しておいて明後日に海にいく方がよいかも⁈

ただ明日は風も微妙な感じとなりそう。

千葉北エリアでは東よりの風が入る予報、茨城エリアでは北東の風が入りそうなので、オンショアコンディションとなりまとまりはない波になりそうです。

うねりが強まれば北東の風をかわすポイントでも出来るようになるのですが、明日はそこまではならなそうな感じがします。

湘南は今日よりもさらにサイズダウンしてしまいそうです。

各エリア : 今日のこよみと潮まわり

千葉エリア:今日のこよみと潮まわり(勝浦)

2019/08/18
日の出:05:01 / 日の入:18:26
中潮
満潮:05時29分(147cm) / 18時37分(142cm)
干潮:12時05分(27cm) / 時分(0cm)

湘南エリア:今日のこよみと潮まわり(江の島)

2019/08/18
日の出:05:03 / 日の入:18:28
中潮
満潮:05時44分(144cm) / 18時52分(147cm)
干潮:00時11分(67cm) / 12時22分(26cm)

伊良湖エリア:今日のこよみと潮まわり(赤羽根)

2019/08/18
日の出:05:14 / 日の入:18:39
中潮
満潮:06時36分(174cm) / 19時34分(175cm)
干潮:00時52分(78cm) / 13時05分(38cm)

磯ノ浦:今日のこよみと潮まわり(和歌山)

2019/08/18
日の出:05:23 / 日の入:18:44
中潮
満潮:07時27分(186cm) / 20時20分(187cm)
干潮:01時35分(88cm) / 13時52分(45cm)

宮崎:今日のこよみと潮まわり(宮崎)

2019/08/18
日の出:05:41 / 日の入:18:56
中潮
満潮:07時14分(196cm) / 20時04分(194cm)
干潮:01時24分(80cm) / 13時38分(40cm)

仙台新港:今日のこよみと潮まわり(仙台新港)

2019/08/18
日の出:04:54 / 日の入:18:27
中潮
満潮:04時36分(157cm) / 17時52分(146cm)
干潮:11時20分(37cm) / 23時34分(76cm)

関連データリンク情報

気象庁 アメダス 風向風速

関東地方
https://www.jma.go.jp/jp/amedas/206.html?elementCode=1

近畿地方
https://www.jma.go.jp/jp/amedas/211.html?elementCode=1

気象庁 波浪実況・予想図

https://www.data.jma.go.jp/gmd/waveinf/tile/jp/index.html

気象庁 レーダーナウキャスト


https://www.jma.go.jp/jp/radnowc/

台風情報

台風情報は刻々と更新されるので以下より最新の情報をご確認ください。

気象庁台風情報
http://www.jma.go.jp/jp/typh/

米軍台風情報
http://www.metoc.navy.mil/jtwc/jtwc.html

【Kindle版】
週末サーファーのための波乗り気象学(前編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。
Amazonで見てみる!

↓Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↓

最新情報をチェックしよう!