毎朝の気圧配置と波情報/波予想記事を毎日更新 ~ 読み続けると「週末の波」が見えてくる ~

スモールサイズが続き土曜まで南西ベースの風、明日は雲が厚みを増し雨が降りやすい【2020.3.26】

気圧配置&天気と波情報 :

午前3時の実況天気図 ASAS

おはようございます。
3月26日木曜日です。

今週は週の初めから寒の戻りとなり真冬並みの寒さが続きましたが、
今朝は外に出た段階で昨日までよりも暖かい空気を感じました。

今日は寒さはなくなり明日にかけて暖かくなっていきます。
関東地方は今日は終日晴れるエリアが多くなり、気温は20度ちかくまであがりそう。

高気圧にすっぽりと覆われる状態が今朝も続いていますが、次第に高気圧の後面に位置するようになってくることから天気は西から下り坂。

九州では午前中から雨の降るエリアが広がってきそうであり、近畿地方も夜には雨が降るエリアがでてきそうな状況です。

日の出から日没まで タイムラプス映像

この日は一日の映像がとれましたが、雲の動きはそんなにな日でした。

昨夜は東京との小池知事からこの週末の外出自粛要請に関する会見がありました。
先週末の3連休は東京では桜が見頃だということもあり、上野公園などではかなり多くの人出がありましたが、、、

世界の他の都市を見てみても今回のコロナウイルスによる感染はかなり強力に拡大しているようであり、おそらく我々が持っている危機意識以上に警戒が必要な時期に入ってきているのかもしれませんね・・・

都市を封鎖する「ロックダウン」の実施までの言及はありませんでしたけど、今後の状況次第では東京だけでなく首都圏エリアで連携してのロックダウンというのがあるのかもしれません。

昨日からせっかく鴨川シーワールドが再開したばかりなのですが、、、
この週末はいままでに経験したことのないような光景が各地で見られるのかもしれません。。。

昨日の気圧配置と風と波はこちら

昨日の気圧配置と波情報

気圧配置&天気と波情報 :午前3時の実況天気図 ASASおはようございます。3月25日水曜日の朝です。今朝もよく晴れた空からのスタート。鴨川の空は雲ひとつない快晴です。よく晴れていることもあり、今朝もジンワリと[…]

よろしければ記事をSNSでシェア頂けるとモチベーションあがり嬉しいです!

今朝の千葉・湘南エリアの風と波

気象庁 アメダス 風向風速(関東地方)
https://www.jma.go.jp/jp/amedas/206.html?elementCode=1

今朝の千葉エリアはほぼ無風。
千葉エリアはうねりの弱い状態が続いています。

これだけ高気圧にすっぽりと覆われてしまい、また周辺にも目立った波源は見当たらない気圧配置です。

千島近海で低気圧が発達していますけど、この低気圧からのうねりは入りそうにない位置にありますし、はるか東海上にある高気圧からの吹き出しによる東うねりが弱く反応している程度です。

昨日と同じようなサイズ感で、千葉エリア全体的には昨日と同じくらいのサイズ感が続いており、膝腿から腰くらいの力のないブレイクが中心。

こんな波のない日でも一宮周辺は東うねりの反応がよく、他ポイントよりも少しサイズはでているようです。風も弱いので、今朝は一宮周辺が比較的できていたのではないでしょうか。

千葉南エリアも変わらずのサイズ感で、膝腿から腰くらいの力のないブレイクが中心。
朝一は潮がまだ多い時間が残っていたので、鴨川マルキポイントはフラットのスタート。

今朝も白渚が周辺では比較的できるコンディションからのスタートとなり、今朝も多くのサーファーが朝から集まっていました。

朝一は厚いブレイクが中心でセットでなんとか腿腰くらいのブレイクでしたが、風もほとんどなく外気も暖かで、今朝はまったりと楽しめる波でした。こんなときは、少し厚めの板で入ると十分遊べる波になりますね。

今朝の波のコンディションはこちら

波にあわせて板を変えることができれば、サーフィンの楽しみの幅が広がります。

YouTubeにもアップしていますのでチャンネル登録をお願いします。
https://www.youtube.com/channel/UChclptxfHQYAEE6LnBsJHhQ

今後の気圧配置と波:

今夜9時の予想天気図 FSAS24

今夜にかけては、高気圧の中心が南海上を東へとシフトしていき、日本付近には南西の風が入りやすい気圧配置へと以降していきます。

また大陸から朝鮮半島を経由している前線も山陰地方までのびてきており、西から雨のエリアが広がってくるような状況。

千葉エリアも昼前から南西ベースの風が入ってきそう。
そんなに強くは吹かなそうですけど、面には影響がでてきそうなくらいは吹きそうなので、
南西から南の風をかわすポイントで潮が少ない時間帯に入っておいたほうが良さそうです。

明日夜9時の予想天気図 FSAS48

明日は樺太付近にある低気圧から伸びる寒冷前線が夜までに南下してくる予想。
東海上の高気圧はやや中心をシフトさせながらも、明日はこの前線へと吹き込む南西の風が一日強く吹く見込みです。

関東地方も午前中から雨が降り出してくる予報

この南西の強い風をかわすポイントが中心となりそうですが、東からのうねりが弱いこともあり一宮や千倉周辺では面はよいけど更に抑えられてしまいそう。

風のあわない南に開いたポイントでは風波によりサイズアップしてきそうですが、まとまりのないブレイクでコンディションは期待できないでしょう。

朝一はまだそれほど風も強まってなさそうなので、風のよわいうちに早めに一宮や千倉千歳などの南西の風をかわせるポイントで入っておくのが良さそうな感じですね。

寒冷前線が通過するのは土曜になってからになりそうで、北風ベースにかわるのも土曜の昼くらいに、、、ちょうどその前後では関東南部はまとまった雨となりそうです。

過去の気圧配置と波情報

今日と同じ日の気圧配置と波のコンディションの過去3年分の記事です。
過去の今日はどんな天気でどんな波だったのかご覧ください

OnThisDay(2017/03/26)

3/26 3:00 ASAS 四国の南に前線を伴った低気圧が東進中北海道の東に中心がある高気圧と四国の南にある低気圧との間で南東から東の風が強く吹く気圧配置今朝の千葉エリア、この東よりの風によりほぼ全域でよくないコンディショ[…]

IMG
OnThisDay(2018/03/26)

3/26 3:00 ASAS日本付近は帯状となった高気圧にすっぽりと覆われて全国的に晴れ。今週は高気圧の勢力が優勢で東京では週の中頃に夏日になる可能性がでてきた。一方はるか南の海上にあったTDはTS1803に昇格した。徐々に発達しながら北[…]

IMG
OnThisDay(2019/03/26)

南海上を低気圧が通過中で沿岸部では午後まで雨、昨日よりヒンヤリ感じる3/26 (火) 今日の波と天気概況おはようございます。日本の南海上には前線を伴った低気圧があり東北東へ進んでいます。当初は陸地から離れて通過する予想でしたが[…]

各エリア : 今日の暦と潮まわり

千葉エリア:こよみと潮まわり(勝浦)

2020/03/26
日の出:05:33 / 日の入:17:55
大潮
満潮:05:36(133cm) / 17:53(134cm)
干潮:11:43(25cm) / 23:55(37cm)

湘南エリア:こよみと潮まわり(江の島)

2020/03/26
日の出:05:36 / 日の入:17:58
大潮
満潮:05:51(141cm) / 18:11(140cm)
干潮:12:04(28cm) / 00:00(cm)

伊良湖エリア:こよみと潮まわり(赤羽根)

2020/03/26
日の出:05:46 / 日の入:18:07
大潮
満潮:06:39(159cm) / 18:54(158cm)
干潮:00:30(31cm) / 12:44(29cm)

磯ノ浦:こよみと潮まわり(和歌山)

2020/03/26
日の出:05:54 / 日の入:18:15
大潮
満潮:07:23(163cm) / 19:38(166cm)
干潮:01:13(32cm) / 13:28(29cm)

宮崎:こよみと潮まわり(宮崎)

2020/03/26
日の出:06:09 / 日の入:18:29
大潮
満潮:07:13(176cm) / 19:29(175cm)
干潮:01:04(30cm) / 13:19(26cm)

仙台新港:こよみと潮まわり(仙台新港)

2020/03/26
日の出:05:29 / 日の入:17:53
大潮
満潮:04:46(130cm) / 17:04(132cm)
干潮:10:58(27cm) / 23:06(42cm)

こちらの記事がよろしければシェアをお願いします!

あわせて読みたい

サーファーにとっての風とは[caption id="attachment_3998" align="alignnone" width="1024"] 平砂浦@千葉[/caption]こちらのブログでは毎日の気圧配置の変化によって[…]

波をつくるための風
あわせて読みたい

サーファーにとってのもうひとつの”風”前回の記事に記載しましたとおり、サーファーにとっての風には二側面あるということをお伝えしました。[sitecard subtitle=関連記事 url=https://asasfsas24.[…]

サーフチェックサムネイル

【新刊のご紹介】
サーファーが知っておきたい台風の知識

台風スウェルをあてるための台風の知識と経験則、
台風による災害への備えについて
サーファー目線でまとめました

週末サーファーのための波乗り気象学(前編/中編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。Kindle本の紹介画像
Amazonで見てみる!

Kindle無料アプリの入手

↑Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↑

最新情報をチェックしよう!