毎朝の気圧配置と波情報/波予想記事を毎日更新 ~ 読み続けると「週末の波」が見えてくる ~

低気圧の影響で全国的に荒れ模様な天気、午後から南西の風が強まる 【2020.2.16】

気圧配置&天気と波情報 :

午前3時の実況天気図 ASAS

日本海西部と西日本の太平洋沿岸にはそれぞれ低気圧が東進してきました。

今日はこの二つの低気圧により全国的に雨が降り荒れた天気となる地域が多くなりそうです。

西日本各地の降水確率は100%として予報がでており、関東地方も日の出の時刻あたりから雨が降る地域が多くなってきました。

夜遅くまで降り続ける見込みで横殴りの雨となる地域や時間帯がありそうなので、お出かけには雨具などあるとよいでしょう。

今日も気温が高い状態からのスタート、例年ならこの時期に朝一のビーチに到着する時間には気温がマイナスなんてことはしょっちゅうあるのですが、今年はそんな日はごくわずか。

今日も朝は8度くらいはあって暖かい朝です。日中も20度までは届かないものの18度くらいまでは気温が上がる予想なので、今日は寒さ対策というよりも雨対策をしてお出かけしたほうが良さそうです。

昨日の気圧配置と風と波はこちら

昨日の気圧配置と波情報

気圧配置&天気と波情報 :午前3時の実況天気図 ASAS日本の南の海上には長い前線が横たわっています。真冬の天気図ではこんな前線が停滞することはあまりないのですが、今年は冬型も長く続かず寒気の南下も少なくて暖か過ぎる冬になって[…]

今朝の千葉南エリアの風と波

気象庁 アメダス 風向風速(関東地方)
https://www.jma.go.jp/jp/amedas/206.html?elementCode=1

今朝の千葉エリアは不安定に弱い風からのスタート。

千葉と湘南は目立って波源はない気圧配置で今日はどのエリアも物足りないサイズからのスタートとなっているようです。

東海上にある高気圧からの吹き出しが弱く反応しているくらいの弱いうねり。

千葉北エリアでは九十九里から一宮周辺までは腿腰くらいのサイズ感、どのポイントもパワーのないブレイクになっている模様。比較的一宮周辺のほうがサイズはあるようですね。

千葉南エリアはスモールサイズな上に午前中は潮の多い時間帯でほぼフラットなポイントが多くなっています。

昨年の台風15号と19号の直撃により鴨川から和田エリアの地形がだいぶ深くなってしまいました。波打ち際は砂が斜面になって盛り上がり打ち寄せた波がバックウォッシュになりやすくなってしまっており、砂が持っていかれてしまった状態が続いています。

まだしばらくはこの状態が続きそうで、千葉南エリアへ向かうときは風と波の状況に潮回りをちゃんと確認してから行かないとサーフィンできないときがあるので、こちらのブログやツイッターでチェックしてから向かうようにしてもらえればと思います。

twitter:https://twitter.com/asasfsas24

まあでも潮まわりでサーフィンできるできない時間帯があるのは普通のことで、潮の時間を見るのは基本です。

満潮のときしか出来ないポイント、干潮前後しかできないポイントなど様々で、特にリーフのポイントでは潮を知っておかないと危険な状況にもなってくるので、その辺はよく知っておいたほうがよいでしょう。

こちらの記事を参考にしてもらえればと思います。

あわせて読みたい

なぜ潮まわりを知っておく必要があるのか週末サーファーがいい波に乗るために。いままでの記事では、主に風と波に関する内容を記載してきました。ですが、いい波に乗るためには気象のことだけでなく、潮汐に関して把握しておかなければなりま[…]

あわせて読みたい

潮の満ち干きはそもそもどうして起こるのか??週末サーファーがいい波に乗るために。前回の以下記事では、サーフィンをするときには潮の状況をよく知っておく必要があるという内容を記載しました。[sitecard subtitle=関[…]

潮の満ち干き

YouTubeにもアップしていますのでチャンネル登録をお願いします。
https://www.youtube.com/channel/UChclptxfHQYAEE6LnBsJHhQ

今後の気圧配置と波:

今夜9時の予想天気図 FSAS24

今夜かけて太平洋沿岸を東進する低気圧は東海上へと抜けていきますが、日本海にある低気圧はゆっくりと日本海の中部に移動してきます。

今日の千葉エリアはこの低気圧に向けて南西の風が強めに吹いてくる予想です。

この南西の風により明日にかけて風波がサイズアップしてくるでしょう。

今日は午前中はそれほど風の影響はなさそうですが午後はこの南西の風をかわすポイントに移動したほうがよさそう。

でも風をかわすポイントはサイズも物足りなくなりそうなので、今日は厚めの板を持参するなど波にあわせて板をセレクトしたほうがよさそうです。

明日夜9時の予想天気図 FSAS48

明日の夜には日本海の低気圧は北海道付近までゆっくり東進し太平洋側の低気圧は千島近海まで移動する予想。

明日も朝から南西から西よりの風にシフトして強めに吹きそうです。

南西の風波でサイズアップしてきて回り込みにより風をかわすポイントでも出来るくらいのサイズになるかもしれません。

一宮周辺や千倉千歳エリアの状況はチェックしておいても良さそうです。ただ風がかなりネックとなるでしょう。

湘南も南西の風が強い予想ですが、沿岸部はオフショアのままなんて時間帯も今回もあるかもしれないので、サイズとともに風もチェックしておいた方が良さそうです。

過去の同じ日の気圧配置と波情報

OnThisDay(2017/02/16)

2/16 3:00 ASAS 日本付近は高気圧に覆われ、これから次第に南高北低の気圧配置へ移行する千葉北、一宮周辺では昨日の夕方から今朝にかけてなかなかのいい波がブレイク、北西弱めで面はクリーン、胸肩から頭サイズで時間帯により[…]

IMG
OnThisDay(2018/02/16)

2/16 3:00 ASAS昨日三陸沖に抜けた低気圧は千島の東へ移動し964hpaまで発達、そこから伸びる前線は日本の南を通り台湾の東まで繋がっている。本州付近は北日本中心とした冬型は緩み高気圧に覆われてきている。千島の東にある程度か[…]

IMG
OnThisDay(2019/02/16)

毎日の天気図と波情報2/16 (土) 午前3時 地上天気図と波の概況日本海と南海上には前線を伴った低気圧があり、関東の東海上にも低気圧が解析されていて関東地方はこれらの低気圧に囲まれる形となっています。朝はこれら[…]

各エリア : 今日の暦と潮まわり

千葉エリア:こよみと潮まわり(勝浦)

2020/02/16
日の出:06:24 / 日の入:17:21
小潮
満潮:08:55(128cm) / 23:29(94cm)
干潮:02:43(68cm) / 16:21(39cm)

湘南エリア:こよみと潮まわり(江の島)

2020/02/16
日の出:06:28 / 日の入:17:24
小潮
満潮:09:01(126cm) / 23:36(97cm)
干潮:03:02(69cm) / 16:35(41cm)

伊良湖エリア:こよみと潮まわり(赤羽根)

2020/02/16
日の出:06:36 / 日の入:17:34
小潮
満潮:10:08(137cm) / 00:00(cm)
干潮:04:03(73cm) / 17:30(42cm)

磯ノ浦:こよみと潮まわり(和歌山)

2020/02/16
日の出:06:44 / 日の入:17:42
小潮
満潮:10:59(136cm) / 00:00(cm)
干潮:04:55(81cm) / 18:32(45cm)

宮崎:こよみと潮まわり(宮崎)

2020/02/16
日の出:06:55 / 日の入:18:00
小潮
満潮:10:51(151cm) / 00:00(cm)
干潮:04:45(72cm) / 18:01(40cm)

仙台新港:こよみと潮まわり(仙台新港)

2020/02/16
日の出:06:25 / 日の入:17:14
小潮
満潮:07:51(134cm) / 22:30(91cm)
干潮:01:36(70cm) / 15:21(39cm)

こちらの記事がよろしければシェアをお願いします!

あわせて読みたい

サーファーにとっての風とは[caption id="attachment_3998" align="alignnone" width="1024"] 平砂浦@千葉[/caption]こちらのブログでは毎日の気圧配置の変化によって[…]

あわせて読みたい

サーファーにとってのもうひとつの”風”前回の記事に記載しましたとおり、サーファーにとっての風には二側面あるといくことをお伝えしました。[sitecard subtitle=関連記事 url=https://asasfsas24.[…]

【Kindle版】
週末サーファーのための波乗り気象学(前編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。
Amazonで見てみる!

Kindle無料アプリの入手

↑Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↑

最新情報をチェックしよう!