湘南と千葉南は朝から西うねりでコンスタントに遊べる冬の波!【2020.12.26】

今日は西うねりで遊べそうですね。

はるべえ

おはようございます。
はるべえ@サーフィン大好きな気象予報士です。

12月26日土曜日の天気図と波情報/波予想を本日も更新していきます。

冬型の気圧配置となり昨日よりも寒い朝ですが、東海沖の西風が強く吹いている状態が続いてます!

湘南や千葉南エリアでは朝一から程よいサイズで遊べる波が入って楽しめているようです。

昨日で仕事納めという方も多いと思いますので、今日から1月3日まで存分にサーフィン楽しむ方も多いと思います。

混雑したポイントではトラブルないように楽しみたいですね。

参考)昨日の気圧配置と風と波はこちら

昨日の天気図と波情報

もうちょっとサイズアップすると思ったんですが・・・はるべえおはようございます。はるべえ@サーフィン大好きな気象予報士です。12月25日金曜日の天気図と波情報/波予想を本日も更新していきます。昨日は[…]

思ったよりサイズアップせず
このブログでは、日々の気圧配置の推移と千葉と湘南エリアの波のコンディションについての記事を毎日更新
~約4年分の毎日の天気図と波の状況を記載しています。

今日の気圧配置/潮回りと波情報

午前3時の実況天気図 ASAS

実況天気図

昨日からの西高東低の冬型の気圧配置は続いており、今朝はカムチャッカ半島~アリューシャン列島あたりにかけての広い範囲で大きな低圧部が形成されています。

この大きな低圧部の中には低気圧の中心となるLスタンプが5つもありますね。。。

その中でも前線を伴った南側にある低気圧がこれからまだまだ発達する予想がでており、今夜にかけては周囲の小さな低気圧を巻き取って1つの低気圧として猛烈に発達していく予想です。

ただ西から高気圧が早くも張り出してきており、西日本では等圧線の間隔がやや広め。

北日本は等圧線の間隔が狭く、猛吹雪となっているところもありそうなくらい。

一方で太平洋側は空気が乾燥した冬晴れのエリアが広がっています。

 

今朝の実況データ

まずは今朝の雲の様子から

冬型の気圧配置へと移行してきたことで、日本海側には寒気を伴った筋状の雲が昨日の朝よりも多くなってきています。

北日本は太平洋側にも筋状の雲が多く抜けており、北陸の若狭湾から琵琶湖~関ヶ原~伊勢湾をとおって東海沖へと流れる風によって、東海沖でも雲がみられます。

衛星画像

 

冬型の気圧配置となってきていることで、日本海側は雨や雪、太平洋側は晴れという冬型の天気分布

北日本では大平洋側まで雪雲が流れ込んでいる模様。新潟から若狭湾あたりにかけて雨雲・雪雲が広くひろがってます。

レーダーナウキャスト

 

今朝は冬型が強まってきたことにより関東各地でも冷え込んでいます

一昨日の朝の千葉南部は10度くらいはありましたが今朝は3~4度くらい。

朝一に外の空気を感じても寒く感じるはずです。

アメダス気温

 

今朝のアメダス風向。今朝も北西ベースの風が吹いています。

千葉や湘南では弱いオフショアからのスタートで各ポイントでは風は合っていますね。

アメダス風向

 

石廊崎の波浪観測データも見てみますと、昨日の朝の時点では波の反応は鈍かったのですが、昨日の昼くらいから西うねりの反応が良くなってきた感じで波高データにも変化が見られてきていました。

今朝の午前3時からは1m以上の波高が続いており、西うねりの反応が良くなってきてそうです。
石廊崎の波浪観測データ

以下の図は海の安全情報のサイトから引用しています
https://www6.kaiho.mlit.go.jp/03kanku/shimizu/omaesaki_lt/kisyou/index.html

御前崎灯台の風は西の風で12m/sくらいで引き続き強く吹いています

御前崎灯台の風

ただ伊豆大島灯台の風が昨夜22時くらいから北東~東ベースの風に変わってきているのがわかります

東海沖からの西うねりを打ち消す方向の風になってきていることから、今後少しこの影響が出てくるかもしれませんね。

伊豆大島灯台の風

その他の実況データはこちらをご覧ください

Windy.com:https://www.windy.com/

☀️気象庁 アメダス 風向風速(関東地方)
https://www.jma.go.jp/jp/amedas/206.html?elementCode=1

☔️気象庁 レーダーナウキャスト
https://www.jma.go.jp/jp/radnowc/

🌊気象庁 波浪実況・予想図
https://www.data.jma.go.jp/gmd/waveinf/tile/jp/index.html

🌀気象庁台風情報
http://www.jma.go.jp/jp/typh/

今日の暦と潮回り

今日は中潮。朝一のタイミングでは潮が引いているので割れやすい時間帯。

午前中の潮が上げに動くタイミングを狙いたいところですね。

千葉エリア:こよみと潮まわり(勝浦)

2020/12/26
日の出:06:45 / 日の入:16:33
中潮
満潮:02:51(111cm) / 13:37(130cm)
干潮:07:42(86cm) / 20:43(31cm)

湘南エリア:こよみと潮まわり(江の島)

2020/12/26
日の出:06:49 / 日の入:16:36
中潮
満潮:03:05(112cm) / 13:53(130cm)
干潮:08:04(86cm) / 21:00(30cm)

週末サーファーがいい波に乗るためのKindle電子書籍

こちらのページではるべえのKindle本を紹介しています!
https://amzn.to/35BqIrQ

今朝の波のコンディション(千葉・湘南エリア)

今日のポイント

はるべえ
  • 冬型の気圧配置で北日本では猛吹雪、太平洋側は乾燥した冬晴れ
  • 湘南と千葉南エリアには西うねりが反応し、腰腹~胸サイズの遊べる波!
  • 千葉北エリアは東ベースの波が北西の風で抑えられ、腿腰サイズの物足りないサイズが続く
  • 西うねりは午後にかけて少しサイズ下げてくるかもだけど、夕方まで遊べる波はありそう

千葉エリア

今朝の鴨川マルキポイントは北~北西の弱いオフショアの風で面はクリーンなコンディション。

昨日の朝二くらいの時間帯からは波がまとまってきて夕方までコンスタントに腰腹くらいのサイズの波で遊べていましたが、

今朝も同じくらいのセットで腰腹サイズの波で十分遊べるコンディション。

南西方向から入ってくる波でたまの大きめのセットでライト方向にポジションいいところからテイクオフすると、そこそこ走れる波もあって今朝も楽しめてますね。

水温はまだまだ温かくブーツは要らないです。

 

白渚ポイントも同じくらいのセットで腰腹くらいでしょうか。

マルキよりも若干まとまりがない感じのブレイクに見えてますけど、たまに大きめのセットが入ってきて遊べる波はあります。

 

平砂浦には西うねりが反応していて、こちらも腰腹サイズの波でコンディション良さそうですね。

湘南でも同じくらいのサイズの反応があるので、今日は平砂浦にも多くのサーファーが集まりそうです。

 

千葉北エリアは東ベースの波の反応となってますけど、昨日よりかは少しサイズが出たような感じもしますが、、、

ただ東ベースのうねりは北西の風により抑えられてしまっていることから、力のない波が中心のようです。

それでも一宮周辺では東ベースのうねりには敏感で、セットでは腰腹くらいの波はありそうですね。

ただ昨日の風の影響も残っているようで、面はヨレてザワつき気味な波が多いようです。

湘南エリア

東海沖からの西うねりの反応がコンスタントに続いており、小ぶりなサイズながらも十分遊べるコンディションです。

西うねりの反応のときは頭くらいまでのサイズにまではならず、だいたい腰腹くらいのミドルサイズの波となることが多いのですが、

今日もそんなサイズ感からのスタート。

鵠沼ではセットで腹胸くらいのサイズもあるようで、今朝も十分に遊べる波が入ってきているようですね。

各ポイントでは朝から混雑しているようなので、トラブルのないようテイクオフするときは左右をよく見てから波に乗るようにしましょう。

※YouTubeにも波チェック動画や雲の流れタイムラプス映像などをアップしています。
こちらは過去動画の中から紹介しています

https://www.youtube.com/channel/UChclptxfHQYAEE6LnBsJHhQ

よろしければご覧ください&チャンネル登録をお願いします!

今後の気圧配置と風と波

今夜9時の予想天気図 FSAS24

予想気圧配置24時間

アリューシャン列島付近にある低気圧が猛烈に発達してきます。

中心気圧はなんと944hPa!

台風の強さとしてもかなり強い勢力に相当する低気圧となっていて、北西~西の風により巨大な北西うねりがハワイやカリフォルニアまでこれから数日かけて届くことになりそうです。

一方で日本付近は冬型は弱まってきて、西から高気圧に覆われてきます。

午後の沿岸の風は南東ベースの風が弱めに入ってきそうですが、面にはそれほど影響はないくらいの風となるでしょう。

西うねりが反応している湘南や千葉南エリアでは午後も十分遊べるコンディションが続くのではないでしょうか。

 

明日夜9時の予想天気図 FSAS48

予想気圧配置48時間

明日になってもアリューシャン列島付近の低気圧は猛烈に発達したまま、等圧線の間隔がかなり狭くてかなり強い北西の風が吹いてそうです。

かなり大きな北西うねりがハワイとカリフォルニアには届きそうです。

明日は日本付近は引き続き高気圧の覆われる予想となり、冬型の気圧配置ではなくなります。

朝には東海沖の西うねりは弱まっていそうであり、今日反応が続く西うねりは明日はダウンしてしまいそう。

ただ午前中まではサイズダウンしながらもセットで腿腰くらいのサイズは残りそうな感じもするので、少し小ぶりになってしまいそうですが明日も早めの時間帯は遊べる波はあるのではないかと思います。

潮回りも8時くらいが干潮なので、朝一か昼前の潮が動く時間帯にタイミングを合わせてはいると、遊べる波はありそうです。

少し物足りない波にもなりそうなので、厚めの板を持参していくとよりサーフィンが楽しめるんじゃないかと。

風は午前中は弱い北西~午後は東よりの弱い風も入ってきそうです。

明日の暦と潮回り

千葉エリア:こよみと潮まわり(勝浦)

2020/12/27
日の出:06:45 / 日の入:16:34
中潮
満潮:03:40(120cm) / 14:14(134cm)
干潮:08:38(88cm) / 21:19(20cm)

湘南エリア:こよみと潮まわり(江の島)

2020/12/27
日の出:06:49 / 日の入:16:36
中潮
満潮:03:54(122cm) / 14:31(135cm)
干潮:08:59(88cm) / 21:38(20cm)

過去の気圧配置と波情報

今日と同じ日の気圧配置と波情報 過去3~4年分の記事です。

ほぼ毎日記事を書いてきてますが、1日に複数記事を書いた日などは上手く表示されない場合もあったり、記事が一部ない期間もあります。

OnThisDay-2016.12.25

12/26 3:00日本付近は高気圧の後面にさしかかり西から下り坂、東シナ海には低気圧がありこれから西日本へ東進。関東付近も朝から曇り空、層状雲が覆い日差しのない朝、夜遅くから明日未明にかけて雨が降り出すところがありそう今朝の千葉エリ[…]

IMG
OnThisDay-2017.12.26

12/26 3:00 ASAS冬型の気圧配置が強まっており北海道と日本海側は大荒れ。発達した低気圧は944hpaまで中心気圧を深めほぼ停滞している。このためこの大荒れは長引きそうであり厳重な警戒が必要に。東日本から西日本にかけてはや[…]

IMG
OnThisDay-2018.12.26

12/26 3:00 地上天気図と波情報高気圧の中心が東海上へシフトして、太平洋側は東から南東うねりの反応が昨日より良くなってきています。明日にかけて大陸から高気圧の張り出しが強くなり冬型の気圧配置へ移行していく見込みとなります。一[…]

OnThisDay-2019.12.26

気圧配置&天気と波情報 : 大晦日から元旦は強い冬型の予想気圧配置午前3時の実況天気図 ASAS東海上に高気圧がありますが日本付近は低気圧のLスタンプが4つも記載されています。これから明日の夜にかけての風と波に大きく影響し[…]

今日の記事は以上です。

こちらの記事がもし参考になったり気にいってもらえたら、ぜひコメントを残してもらえると嬉しいです。

またTwitter/Instagram/Facebook/Youtubeでも発信してますので、いいねやコメントもお願いします!


こちらの記事も合わせてご覧ください!

高気圧からの吹き出し

高気圧からの吹き出しサーファーは海に行く前に必ず波の状況がどうなのかを確認します。今のこの時代は波情報やSNSが発達していて、海にいかなくても波のコンディションやブレイクの様子が写真や動画で見れるようになりましたが、波予想の基本は天[…]

エリア毎の特徴:千葉~伊良湖

ポイント毎に異なるうねりの反応前回の記事では「うねりの向き」について記載してみましたが、今回は日本のサーフエリアの特徴や反応するうねりの向きについて記載してみようと思います。ポイントの向きによってうねりが入りやすいのかどうか[…]

エリア毎の特徴とうねりの向き(千葉~伊良湖)
防寒アイテム

1枚持っているとかなり使えるサーフィン用インナー秋が深まってくると水温は気温に遅れて徐々に冷たくなってきます。今年2018年は例年よりもかなり水温は暖かく、千葉エリアは12月に入ってもまだセミドライは不要な状況が続いています。[…]

冬のサーフィン防寒対策

冬もサーフィンを快適に楽しみたいサーフィンの魅力にハマってしまった人は、冬の冷たい海に入ってでもサーフィンします。 当然ながら、冬は夏に比べると格段に人も少なくなり、混雑しない海でサーフィンができます。[…]

冬のサーフィン防寒対策

【新刊のご紹介】
サーファーが知っておきたい台風の知識

台風スウェルをあてるための台風の知識と経験則、
台風による災害への備えについて
サーファー目線でまとめました

週末サーファーのための波乗り気象学(前編/中編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。Kindle本の紹介画像
Amazonで見てみる!

Kindle無料アプリの入手

↑Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↑

コンスタントに遊べる波!
最新情報をチェックしよう!