毎朝の気圧配置と波情報/波予想記事を毎日更新 ~ 読み続けると「週末の波」が見えてくる ~

台風1号は週明けから南西諸島へ影響出そう、南うねりの反応はしてくるか?【2020.5.14】

気圧配置&天気と波情報 : カテゴリは強い台風へ

午前3時の実況天気図 ASAS

※しばらくは個別ポイントのコンディションや動画の掲載は控えてまして、概況レベルの記載に留めています。

おはようございます。
5月14日 木曜日に朝を迎えました。

昨日はほぼ一日中雲の出番のないよく晴れた一日で、いつも雲の動きを観察している私としてはちょっと物足りない感じも…しましたけど、でもよく晴れて気持ちのいい一日でしたね。

今朝も朝からよく晴れています。
沖合ではすこし白い空になっていますけど、沿岸部は雲ひとつなく薄い青空が広がっています。

今日は5時半頃に外の空気を感じましたが、風は無風で朝の散歩するにはいい感じです。

台風1号は週明けに沖縄へ?

さて一昨日フィリピンの東で発生した台風1号ですが、この一日で結構発達してます。

午前3時の状況ですが、中心気圧は965hPa、
中心付近では秒速40mの風が吹いており、台風のカテゴリランクとしては「強い」台風となります。

あわせて読みたい

なぜサーファーが台風に注目するのか?[caption id="attachment_8459" align="alignleft" width="2016"] 某ポイント:台風の強い南うねりが入ったときに素晴らしい波が現れる[/capt[…]

西へと進んでおりその後北へ進路をシフトしてくる予想がでていて、フィリピン北部を縦断しながら、週明けには台湾から沖縄の南海上まで進む現時点での予想です。

フィリピンは台風慣れしているとはいえ注意が必要な状況。いつも台風がフィリピンに向かうと以前にオンライン英会話でよく教えてくれた先生を思い出します…関係ないですけど。

また沖縄と奄美地方は既に梅雨入りしていることから、週明けに台風が近づいてきたときにはまだ台風は遠いけど、前線が活発となり大雨となる懸念もあります。

以前よりこちらのブログで記載してきましたとおり、コロナが出てきてから始めての台風シーズンです。

こちらのツイートも参考にしておいてもらいたいと思います。

来週は低気圧も通過しそうなので、その波のほうが卓越するかもしれませんが、周期の長い波が混じってくるかもしれません。

はっきりとしたグランドスウェルというわけにはいかなそうな感じはしますけど、

来週は南から南西うねりが太平洋側には反応してきてサイズアップはしてくるでしょう。

昨日の気圧配置と風と波はこちら

昨日の気圧配置と波情報

気圧配置&天気と波情報 : 全国的に熱中症にご注意午前3時の実況天気図 ASAS※しばらくは個別ポイントのコンディションや動画の掲載は控えてまして、概況レベルの記載に留めています。おはようございます。5月[…]

今朝の千葉・湘南エリアの風と波

☀️気象庁 アメダス 風向風速(関東地方)
https://www.jma.go.jp/jp/amedas/206.html?elementCode=1

☔️気象庁 レーダーナウキャスト
https://www.jma.go.jp/jp/radnowc/
🌊気象庁 波浪実況・予想図
https://www.data.jma.go.jp/gmd/waveinf/tile/jp/index.html

🌀気象庁台風情報
http://www.jma.go.jp/jp/typh/

今朝の千葉エリアはほぼ無風の風から弱い北よりの風。

今朝も千葉北と千葉南ともに風の影響はほぼない状況からのスタート。

西日本から高気圧に覆われてきており、今朝の関東地方は高気圧の前面に位置しています。

風は無風から午前中は北よりの風が少し吹いてくるかもしれないくらい

気温が上昇してくると海からの風が入ってきてオンショアの波へとシフトしてきそうな、そんな一日にもなりそう。

はるか東海上にある高気圧からの南東ベースのうねりが弱く反応を続けている状況で、
千葉南エリアは腰腹くらいのサイズ感での反応が続いていて、朝一は風もよわく面も整っています。

ただ潮が今朝も多い時間帯なので、やや割れにくい波。午前9時頃からは潮が動きはじめますけど、オンショアの風が入ってくるタイミングと微妙な感じです。

湘南にもしぶとくスモールサイズですけどロングや厚めの板でできるくらいの波は反応していますね、、、

ポイント毎の状況は駐車場が閉鎖されているので記載できない状況が続きます。また閉鎖が解除されたら、以前のような情報で記載していこうかと思います。

※緊急事態宣言によりしばらくは個別ポイントのコンディションや動画の掲載は控えています。

※YouTubeには千葉の海や空の映像などをアップしています。

https://www.youtube.com/channel/UChclptxfHQYAEE6LnBsJHhQ

チャンネル登録をお願いします!

今後の気圧配置と波: 来週は南うねり波はありそう

今夜9時の予想天気図 FSAS24

今夜にかけては高気圧の中心が東へと移動してきます。

日中の気温が上がることによるサーマルウインドに加え、高気圧の中心が移動してきたことによる南よりの風も加わりそうで、やや強めの南から南西の風が入ってきそうです。

千葉は腰腹くらいの反応はあるので、面への影響が少ない午前中の方が潮の引きのタイミングもあり良さそうな時間帯。

湘南もスモールサイズですけど波に合わせた板を使えば遊べる波はありそうです。こちらも潮が引いてきたタイミングがいいでしょう。

明日夜9時の予想天気図 FSAS48

明日は高気圧の後面に位置するようになり
朝から南西の風が入りやすい一日となりそうです。

西日本には前線がかかってきており、西から天気は下り坂へ。

土曜日は関東地方も一日雨になりそうなので、洗濯物は今日か明日のうちにやっておいたほうがよいでしょう。

ただ黄砂がかなり飛んできているので、取り込むときには注意が必要です。

台風はフィリピン北部あたりをゆっくり北上している状況が予想されています。この台風から太平洋沿岸へうねりの反応があるかどうか?

来週は低気圧も通過しそうなので、その波のほうが卓越するかもしれませんが、周期の長い波が混じってくるかもしれませんね。

過去の気圧配置と波情報

今日と同じ日の気圧配置と波のコンディションの過去3年分の記事です。
過去の今日はどんな天気でどんな波だったのかご覧ください

OnThisDay(2017/05/14)

5/14 3:00 ASAS昨日各地に大雨をもたらした低気圧は昨夜未明に千葉沖の海上へ抜けたが、朝からスッキリしない空模様が続いている。この低気圧からの南ウネリが反応し、今朝は東海から以東のエリアで十分楽しめるコンディション。今朝の千[…]

IMG
OnThisDay(2019/05/14)

気圧配置と波情報 : 高気圧からの吹き出しで南東うねりが強まる午前3時の実況天気図 ASAS先週末の日曜に北から張り出してきた高気圧は中心を東海上に移して日本付近は高気圧の後面に位置するようになってきました。この高気[…]

各エリア : 今日の暦と潮まわり

千葉エリア:こよみと潮まわり(勝浦)

2020/05/14
日の出:04:35 / 日の入:18:35
中潮
満潮:07:42(114cm) / 23:34(111cm)
干潮:02:55(95cm) / 15:36(36cm)

湘南エリア:こよみと潮まわり(江の島)

2020/05/14
日の出:04:38 / 日の入:18:38
中潮
満潮:07:49(121cm) / 23:55(118cm)
干潮:03:17(103cm) / 16:02(44cm)

伊良湖エリア:こよみと潮まわり(赤羽根)

2020/05/14
日の出:04:49 / 日の入:18:46
中潮
満潮:09:07(129cm) / 00:00(cm)
干潮:04:36(112cm) / 16:44(54cm)

磯ノ浦:こよみと潮まわり(和歌山)

2020/05/14
日の出:04:58 / 日の入:18:53
中潮
満潮:00:19(146cm) / 09:32(129cm)
干潮:05:44(122cm) / 17:46(59cm)

宮崎:こよみと潮まわり(宮崎)

2020/05/14
日の出:05:17 / 日の入:19:03
中潮
満潮:10:03(140cm) / 00:00(cm)
干潮:05:08(112cm) / 17:22(56cm)

仙台新港:こよみと潮まわり(仙台新港)

2020/05/14
日の出:04:25 / 日の入:18:39
中潮
満潮:06:47(123cm) / 22:45(108cm)
干潮:01:40(96cm) / 14:42(35cm)

こちらの記事がよろしければSNSでシェアをお願いします!

あわせて読みたい

週末は波があるのか?ないのか?[caption id="attachment_5553" align="alignnone" width="1024"] 写真:メローな程よいサイズのいい波、こんなコンディションなら最高だ[/captio[…]

うねりの向き
あわせて読みたい

サーファーにとっての風とは[caption id="attachment_3998" align="alignnone" width="1024"] 平砂浦@千葉[/caption]こちらのブログでは毎日の気圧配置の変化によって[…]

波をつくるための風
あわせて読みたい

サーファーにとってのもうひとつの”風”前回の記事に記載しましたとおり、サーファーにとっての風には二側面あるということをお伝えしました。[sitecard subtitle=関連記事 url=https://asasfsas24.[…]

サーフチェックサムネイル

【Kindle版】
週末サーファーのための波乗り気象学(前編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。
Amazonで見てみる!

Kindle無料アプリの入手

↑Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↑

最新情報をチェックしよう!