2020年乗り納めには最高なコンディションのいい波!防寒対策しっかりして海へ!【2020.12.31】

乗り納めには最高のいい波はいってきてますね!

はるべえ

おはようございます。
はるべえ@サーフィン大好きな気象予報士です。

12月31日木曜日の天気図と波情報/波予想を本日も更新していきます。

今日は2020年の乗り納めとしてはかなりいいコンディションとなってます!

昨日の低気圧の通過により南西からの波でサイズアップした波が、今朝はオフショアの風で整っていい波に。

昨夜から寒気が関東地方にも流れ込んできてかなり寒くなりましたけど・・・

でも、、、今日海に行かれた方は、2020年は最高の乗り納めになりそうですね

しっかり防寒対策していい感じで今年のサーフィンを締めくくりましょう!

参考)昨日の気圧配置と風と波はこちら

昨日の天気図と波情報

強い南西の風によってサイズアップしてきてますはるべえおはようございます。はるべえ@サーフィン大好きな気象予報士です。12月30日水曜日の天気図と波情報/波予想を本日も更新していきます。西から低気圧[…]

今夜から強烈寒気
このブログでは、日々の気圧配置の推移と千葉と湘南エリアの波のコンディションについての記事を毎日更新
~約4年分の毎日の天気図と波の状況を記載しています。

今日の気圧配置/潮回りと波情報

午前3時の実況天気図 ASAS

実況天気図

昨日、日本付近を通過した低気圧が北東方向に移動しながらまとまって急速に発達してきています。

午前3時の気圧配置の中心気圧は960hPa。

一方でシベリア高気圧の中心気圧は1048hPaとなり、一時1084hPaまでになった高気圧ですが下層の寒気をだいぶ吐き出してきた模様

日本列島には8本の等圧線が縦じま模様にかかり、広範囲に北西からの季節風が強く吹いています。

 

昨日の低気圧へ吹き込んだ南西の強い風によりサイズアップした波。

湘南は昨日の午後から北寄りの風に変わって、昨日からいい波が続いています。

千葉エリアも昨日の午後は頭サイズまでジャンクアップした波が、今朝は北西からのオフショアで整った波に。

 

今日は南西の風波はサイズダウンしてきますけど、強い冬型の気圧配置により、東海沖からの西うねりが反応。

湘南と千葉南エリアを中心に、今日は西うねりがメインとなって十分なサイズで反応しています。

 

参考記事)2020年の風と波を振り返りました。

関連記事

2020年も元旦から大みそかまでこちらのブログにて毎日記事を書いてきましたが、2020年は歴史に残る大きな出来事が沢山ありました。我々の普段の生活も仕事のやり方や人とのコミュニケーションの仕方まで、あらゆる面で大きな変化を受け入れざ[…]

2020年の振り返り(前半)
関連記事

2020年の風と波について毎日更新している本ブログ記事のタイトルとアイキャッチ画像からどんな年だったのかを振り返る(後半)です。2020年前半の記事はこちら[sitecard subtitle=2020年を振り返る([…]

2020年の振り返り(後半)

 

今朝の実況データ

今朝の衛星画像の雲の様子

少し前からこの非常に強い寒気に警戒が必要なことは多く報道されてきてましたが、

その強い冬型の気圧配置・寒気を物語るかのように日本海と黄海、東シナ海、太平洋側までびっしりと寒気を伴った筋状の雲が敷き詰められています。

大陸から筋状の雲が発生するまでの離岸距離がかなり短く、寒気が強いことをあらわしています。

衛星画像

レーダーナウキャストをみてもまさに冬の天気分布。

日本海側には北西から西北西からの雪雲が次々と流れ込んでいる様子がわかりますね。

仙台のあたりと名古屋のあたりには日本海から太平洋へと雪雲が流れて抜けているのもわかります。

あと今回は黄海から東シナ海の筋状の雲が南西諸島にも広くかかっています。

レーダーナウキャスト

 

今朝のアメダス気温、冷えてます・・

内陸部は氷点下の地点が多くなり、千葉沿岸部でも1度くらい、、、厳しい寒さになってます。

アメダス気温

 

今朝のアメダス風向風速

北西から西北西の風が吹いており、ほとんどのポイントではオフショアの風。

アメダス風向

 

石廊崎の波浪観測データは昨日の南西の風によりサイズアップした様子がよくわかります。

そして今朝まで波高は落ちてないですが、南西の風波はサイズダウンしてきつつも東海沖からの西うねりが引き続き反応するため

波高はやや下がりながらも1m以上はキープした状態が続きそうです。

石廊崎の波浪観測データ

御前崎灯台の風

東海沖の風も西風が強く吹き続いています。西うねりが続きそうです

海の安全情報のサイトから引用しています
https://www6.kaiho.mlit.go.jp/03kanku/shimizu/omaesaki_lt/kisyou/index.html

御前崎灯台の風

 

その他の実況データはこちらをご覧ください

Windy.com:https://www.windy.com/

◆Wind

◆Waves

◆Swell1

☀️気象庁 アメダス 風向風速(関東地方)
https://www.jma.go.jp/jp/amedas/206.html?elementCode=1

☔️気象庁 レーダーナウキャスト
https://www.jma.go.jp/jp/radnowc/

🌊気象庁 波浪実況・予想図
https://www.data.jma.go.jp/gmd/waveinf/tile/jp/index.html

🌀気象庁台風情報
http://www.jma.go.jp/jp/typh/

今日の暦と潮回り

千葉エリア:こよみと潮まわり(勝浦)

2020/12/31
日の出:06:47 / 日の入:16:37
大潮
満潮:06:06(138cm) / 16:30(146cm)
干潮:11:11(89cm) / 23:38(-5cm)

湘南エリア:こよみと潮まわり(江の島)

2020/12/31
日の出:06:50 / 日の入:16:39
大潮
満潮:06:26(143cm) / 16:44(147cm)
干潮:11:35(92cm) / 00:00(cm)

週末サーファーがいい波に乗るためのKindle電子書籍

こちらのページではるべえのKindle本を紹介しています!
https://amzn.to/35BqIrQ
はるべえの電子書籍

今朝の波のコンディション(千葉・湘南エリア)

今日のポイントは

はるべえ
  • 昨日の南西の風波でサイズアップした波がオフショアでまとまった波に
  • 湘南は昨日の午後から今朝まで胸肩サイズのいい波が続いてます!
  • 千葉南は昨日のジャンクな波が今朝は整った頭サイズのきれいな波!
  • 南西の風波から西うねりにシフトしつつ午後もいい波は続きそうです

千葉エリア

今朝の千葉エリアは北西からのオフショアが吹いてます。

鴨川マルキポイントの昨日はサイドオンの強い風により頭サイズくらいまでジャンクアップした荒れた波となりましたが、

昨日の夜からの北西の風により今朝は波はまとまり、整った肩頭サイズのいい波が入ってきています。

ややワイドな波が多いですけど、南西の風波の残りと西うねりも反応してきて、ライト方向の波を中心に十分遊べるコンディションです。

乗り納めには十分なコンディションです。

 

白渚ポイントも同じくらいの肩頭サイズで面は整った波が入ってます!

オフショアが強くなってきてワイドな波も多いですけど、たまに形良く入るセットも入ってきていい感じの波。

こちらも乗り納めには十分いい感じのコンディション。

 

千葉北は南西~西うねりというよりも、東海上を遠ざかった低気圧からの東ベースのうねりの反応がメインになっている模様。

千葉南よりかはワンサイズくらい小さめの波ですけど、それでも腹胸くらいのセットが各ポイントに入って、オフショアの風。

北西の風が強く吹いていてかなり寒く、テイクオフのときにスプレーが目に入ってくる感じだと思いますけど、

一宮周辺や片貝エリアなどでは遊べるコンディションです。

湘南エリア

南西の風によりサイズアップした波は昨日の午後も北よりの風でまとまってきて、十分なサイズでいい波入ってたようですね!

今朝もサイズは昨日の午後と同じくらいでしょうか、鵠沼では胸肩サイズのセットで面もクリーンな波が続いてます。

南西の風波から西うねりの反応が続きそうで、午後もいい波が続きそう。

午後は少し風が不安定になるかもですけど、夕方までサイズは続いていい乗り納めができそうですね!

※YouTubeにも波チェック動画や雲の流れタイムラプス映像などをアップしています。
こちらは過去動画の中から紹介しています

https://www.youtube.com/channel/UChclptxfHQYAEE6LnBsJHhQ

よろしければご覧ください&チャンネル登録をお願いします!

今後の気圧配置と風と波

今夜9時の予想天気図 FSAS24

予想気圧配置24時間

今夜にかけては、低気圧はアリューシャン方面へと進み、中心気圧は926hPaが予想されています。

猛烈に発達した低気圧からまたハワイやカリフォルニアには北西からの巨大なうねりが届きそうです。

 

千葉と湘南は引き続き十分なサイズは続いて、夕方までいい波が続きそう。

千葉は北西からの風が続き、湘南は午後は少し風が不安定にオンショアになる時間帯もありそうですけどそんなに強くは吹かなそう。

2020年はいい波でフィニッシュできそうですね!

 

明日夜9時の予想天気図 FSAS48

予想気圧配置48時間

明日の元旦もアリューシャンの低気圧は発達した状態が続きますが、明日は西から少しずつ高気圧が張り出してきそうです。

西日本から等圧線の間隔が少し広くなっていきそうですけど、引き続き強い寒気は南下したまま。

 

明日も日本海側は大雪に警戒が必要で記録的な大雪となるところがあり、交通障害などに懸念があります。

大平洋側は晴れて初日の出が見られそう

湘南と千葉南エリアでは東海沖からの西うねりが続き、波は十分なサイズで続きそうですが、明日の朝は西の風が沿岸部でも強く吹きそう。

今朝のように北よりの風が入ってくれば、明日の湘南や千葉の南向きポイントでもまとまったいい波のポイントが多くなりそうですが、

明日は西の風がかなり強く、南向きポイントではサイドからの風で流れが入って、まとまりがない波になりそうです。

 

千葉エリアは今のところの予想では西の風が夜明け前から強く吹きそうなので、西の風をかわすポイントからチェックするのが良さそうです。

風をかわす反面でサイズは抑えられてしまう傾向でサイズ的には物足りなくなってしまうかもしれません。

南向きのポイントではかなりサイドの風が強くて、横に流れもあって流されてしまいがちなコンディションとなりそう。

 

千葉北は一宮周辺から九十九里エリアまで広くオフショアとなりますが、今日よりもサイズダウンしての朝一になりそうか。

千葉南もマルキや白渚はサイドの風がかなり強く、サイズはあるけど横に流れも入ってやや荒れ気味な波にもなりそう。

千歳や千倉が風をかわして物足りないサイズながらも少し出来る波はあるかもですね。

湘南もサイドからの風で波にまとまりはなくなりますけどサイズはそこそこありそう、でも風の強さ次第ではジャンク気味になってしまっているかも

 

明日は元旦で多くの方が初日の出を見にビーチに来られるかと思います。

いつもの朝一と異なり、海岸にはクルマが沢山停まっていて、一度駐車してしまうとすぐに移動できない状況にもなることがあります。

ただ日が昇ってしまうと一気に人はいなくなるので、少し日が昇ってからビーチに到着するくらいのほうがいいかもしれません。

どうしても初日の出を見ながらサーフィンしたいというかたは、防寒対策をしっかりして海に入るポイントは早めに決めてスタンバイする感じにしたほうがよいでしょう。

今年はコロナの影響もあり、何か規制が入るとかもあるかもしれないので、その点も踏まえて行動したほうが良さそうですね。

 

いい初乗りができますように。

明日の暦と潮回り

千葉エリア:こよみと潮まわり(勝浦)

2020/01/01
日の出:06:47 / 日の入:16:37
中潮
満潮:08:52(126cm) / 19:28(118cm)
干潮:01:46(27cm) / 14:20(83cm)

湘南エリア:こよみと潮まわり(江の島)

2020/01/01
日の出:06:50 / 日の入:16:39
中潮
満潮:09:09(126cm) / 19:53(117cm)
干潮:02:15(29cm) / 14:46(80cm)

過去の気圧配置と波情報

今日と同じ日の気圧配置と波情報 過去3~4年分の記事です。

ほぼ毎日記事を書いてきてますが、1日に複数記事を書いた日などは上手く表示されない場合もあったり、記事が一部ない期間もあります。

OnThisDay-2016.12.30

12/31 3:00冬型の気圧配置は緩み西から高気圧に覆われる今日はこのまま高気圧圏内となり穏やかな冬晴れとなりそう冬型が弱まり昨日と打って変わって風の弱い朝、千葉エリア各ポイントで楽しめる波がブレイクやや力のない波だが面は[…]

IMG
OnThisDay-2017.12.31

2017/12/31 3:00 ASAS千島の東からアリューシャンの南にある低気圧は980hpaで昨日と同じくらいの位置にある。一方で西からは日本海に低気圧が発生しまたこれから四国の南にも低気圧が新たに発生する見込み。今[…]

OnThisDay-2018.12.31

12/31 3:00 地上天気図と波情報大晦日も冬型の気圧配置が続いています。アリューシャン付近まで移動した低気圧は952hpaと勢力をキープしており、シベリアの高気圧も1062hpaが解析されています。日本列島には縦に等圧線がのび[…]

OnThisDay-2019.12.31

気圧配置&天気と波情報 : 夕方から一気に寒くなるので服装注意午前3時の実況天気図 ASAS日本付近は気圧の谷になっているものの天気の崩れは小さく、千葉南部の雨も午前3時すぎにはあがり晴れのエリアがひろがってきました。午前[…]

今日の記事は以上です。

こちらの記事がもし参考になったり気にいってもらえたら、ぜひコメントを残してもらえると嬉しいです。

またTwitter/Instagram/Facebook/Youtubeでも発信してますので、いいねやコメントもお願いします!


こちらの記事も合わせてご覧ください!

気象キーワード2

前回の記事「天気と気象を知るためのキーワード/用語集(その1)」では、主に気象学の観点から大気の熱力学、降水過程、大気の放射と運動に関してのキーワード/用語をずらずらと記載しました。[sitecard subtitle=あわせて読み[…]

天気キーワード2
気圧配置による風と波

刻々と変化する波のコンディション波のコンディションは気圧配置による風向きやうねりの向き、また潮回りや海岸の地形などのいろいろな要素によって常に変化するということは、過去の記事や毎日の天気図と波情報をよんでもられば理解していただけるかと思[…]

いい波に乗るために気圧配置パターン
うねりの向きを知っていい波をあてる

週末は波があるのか?ないのか?[caption id="attachment_5553" align="alignnone" width="1024"] 写真:メローな程よいサイズのいい波、こんなコンディションなら最高だ[/captio[…]

うねりの向き
防寒アイテム

真冬のサーフィンには持っておきたいアイテム前回もオニールのインナーについて紹介しましたが、今回もオニールの商品の紹介です。今回はサーフィン用のソックスです。今年(2018年)は海水温が例年よりも高く、千葉南エリアではまだ[…]

冬のサーフィン準備と行動

冬の海へ行く時に注意したいこと前回は冬のサーフィンを快適に楽しむための防寒対策アイテムについて記載しました。冬のサーフィンで気をつけること~防寒対策アイテム編[sitecard subtitle=関連記事 url=https[…]

冬のサーフィン

【新刊のご紹介】
サーファーが知っておきたい台風の知識

台風スウェルをあてるための台風の知識と経験則、
台風による災害への備えについて
サーファー目線でまとめました

週末サーファーのための波乗り気象学(前編/中編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。Kindle本の紹介画像
Amazonで見てみる!

Kindle無料アプリの入手

↑Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↑

2020年乗り納め
最新情報をチェックしよう!