今夜から強烈寒波が南下してくるけど乗り納めは明日のほうが良さそう【2020.12.30】

強い南西の風によってサイズアップしてきてます

はるべえ

おはようございます。
はるべえ@サーフィン大好きな気象予報士です。

12月30日水曜日の天気図と波情報/波予想を本日も更新していきます。

西から低気圧が近づいてきており、朝から雨が降っています。

今日はこの低気圧へと吹き込む南西の風、昨日の夜遅くから海上では強く吹いていて風波でサイズアップしてきているところ。

そしてこの低気圧が抜けたあとには、西高東低の冬型の気圧配置となり強い寒気が南下してきます。

今日は暖かいですけど、明日からはかなり冷え込みそうです。

今年の乗り納めがまだの方は、

これから明日にかけての風の変化とポイント選びと海に入るタイミングを押さえておけば、いい乗り納めができるかもしれませんね。

今日の気圧配置から見ていきましょう。

参考)昨日の気圧配置と風と波はこちら

昨日の天気図と波情報

今年の乗り納めはどのタイミングがいいかなぁ~はるべえおはようございます。はるべえ@サーフィン大好きな気象予報士です。12月29日火曜日の天気図と波情報/波予想を本日も更新していきます。今年もあと3[…]

このブログでは、日々の気圧配置の推移と千葉と湘南エリアの波のコンディションについての記事を毎日更新
~約4年分の毎日の天気図と波の状況を記載しています。

今日の気圧配置/潮回りと波情報

午前3時の実況天気図 ASAS

実況天気図

三陸沖と西日本にはそれぞれ前線を伴った低気圧があり東へと進んでいます。

西日本にある低気圧は昼くらいには関東地方を通過して東の海上へと抜けていく見込み。

今朝はこの低気圧へと吹き込む南西の風が各地で吹いています。

 

今日は風向きの変化がかなり微妙な感じで、低気圧が抜けた昼頃には湘南エリアでは北からのオフショアにシフトしている可能性あり。

千葉エリアも北部から北よりの風にシフトしてきそうですが、南部では西寄りの風のままとなりそうな感じ。

 

特に千葉南エリアでは少しの気圧系の変化や少しの場所の違いによっても風向きが変わる可能性があり、ポイントを柔軟に移動できるようなエリアにいったほうが良さそうな状況です。

 

そしてこの低気圧が抜けたあとには、大陸から強烈な寒波に覆われてきます。

既に報道でも多く取り上げられているとおり、今回の年越し寒波は特に日本海側では厳重警戒が必要な寒波です。

大雪や猛吹雪にもなるところが多くなりそうです。

雪に慣れている日本海側の方にとっても警戒を強めていただきたいレベル、そして年明けまで続く可能性がありますので十分ご注意ください。

 

参考記事)2020年の風と波について振り返ってみました

2020年の風と波(前半)

2020年も元旦から大みそかまでこちらのブログにて毎日記事を書いてきましたが、2020年は歴史に残る大きな出来事が沢山ありました。我々の普段の生活も仕事のやり方や人とのコミュニケーションの仕方まで、あらゆる面で大きな変化を受け入れざ[…]

2020年の振り返り(前半)
2020年の風と波(後半)

2020年の風と波について毎日更新している本ブログ記事のタイトルとアイキャッチ画像からどんな年だったのかを振り返る(後半)です。2020年前半の記事はこちら[sitecard subtitle=2020年を振り返る([…]

2020年の振り返り(後半)

今朝の実況データ

今朝の衛星画像ですが、

2つの低気圧が日本付近を東進していることもあり、この低気圧により膨らんだ雲の部分(バルジ)がよく映し出されてますね。

そのバルジの北側には寒気を伴った筋状の雲がすでにびっしり敷き詰められており離岸距離がかなーり短いです

そして黄海から東シナ海にかけても筋状の雲がびっしりと敷き詰められており、今回の寒気の強さを物語っています。

衛星画像

昨日の記事にも記載しましたけど(朝みたときは見間違えてましたけど・・・)

昨日の朝のシベリア高気圧の中心気圧はなんと1084hPaとして描かれていました。

それだけ下層には重くて冷たい空気をため込んでいる高気圧ということで、その寒気が吹きだしてきているということです。

 

こちらは今朝のアメダス気温

南西の風が吹き込んでいることもあり、千葉南部では16-17度くらいあってかなり暖かい朝を迎えています。

この下の風向風速のデータと照らし合わせて見てもらえるとわかるように、風向きが南よりと北よりの地点で10度近い気温差があるのがわかります。

東京都心は既に北の風になっていて6度、でも横浜は南西の風で15度もあり、京浜東北線を乗っているだけで10度近い気温差を体感できる?ことになります。

アメダス気温

 

こちらは今朝のアメダス風向風速

午前7時の時点では羽田空港あたりまで南西の風が入っており暖かい空気に覆われてますが、これから今夜にかけては全ての地点で北風に変わります。

湘南のほうが北風になるのは早くて昼過ぎくらいには変わっているかも?

この風が変わるタイミングを今日はよく見ておいたほうが良いでしょう。

アメダス風向

石廊崎の波浪観測データも少し反応してきてますね。

南西の風波により午前5時からは波高が1mを越えてきました。

石廊崎の波浪観測データ

その他の実況データはこちらをご覧ください

Windy.com:https://www.windy.com/

◆Wind

◆Waves

◆Swell1

☀️気象庁 アメダス 風向風速(関東地方)
https://www.jma.go.jp/jp/amedas/206.html?elementCode=1

☔️気象庁 レーダーナウキャスト
https://www.jma.go.jp/jp/radnowc/

🌊気象庁 波浪実況・予想図
https://www.data.jma.go.jp/gmd/waveinf/tile/jp/index.html

🌀気象庁台風情報
http://www.jma.go.jp/jp/typh/

今日の暦と潮回り

今日も大潮回りです。

潮回りというよりも今日は風向きの変化のほうを気にしておいたほうが良いでしょう。

千葉エリア:こよみと潮まわり(勝浦)

2020/12/30
日の出:06:46 / 日の入:16:36
大潮
満潮:05:30(137cm) / 15:56(145cm)
干潮:10:38(89cm) / 23:02(-3cm)

湘南エリア:こよみと潮まわり(江の島)

2020/12/30
日の出:06:50 / 日の入:16:38
大潮
満潮:05:49(141cm) / 16:12(145cm)
干潮:11:00(91cm) / 23:25(-1cm)

週末サーファーがいい波に乗るためのKindle電子書籍

こちらのページではるべえのKindle本を紹介しています!
https://amzn.to/35BqIrQ
はるべえの電子書籍

今朝の波のコンディション(千葉・湘南エリア)

今日のポイントは?

はるべえ
  • 南西の風波によって朝からサイズアップ、雨は昼過ぎにはあがりそう
  • 昼からの湘南は不安定ながら北寄りの風が吹いてくるかも?波がまとまるタイミングあるかもしれません
  • 千葉北の午前は南西の風、午後は北西~北の風で一宮周辺→片貝エリアへの移動が良さそう
  • 千葉南は南西の風から午後も西の風が続きそう、風が強いので千歳や千倉が無難な感じ
  • 明日は西うねりと北の風でコンディション整ってきそう、乗り納めは明日のほうがいいかも

千葉エリア

今朝の千葉エリアは朝から雨がふっています。

南西の風は沿岸部ではそれほど強くは吹いてないのですが、鴨川マルキや白渚などはまとまりのない南西からの風波で昨日よりサイズアップ。

鴨川マルキポイントはセットで腹胸くらいまでサイズアップしてきており、そこまで荒れた感じはないですけどまとまりのない波。

サイズでてきたので多少は乗れる波もありますが、風の影響がこれから強くなってきそうです。

 

白渚ポイントも同じくらいの腹胸サイズ、こちらもまとまりのない波ながらもサイズアップしています。

今日は南西の風が強く吹いてくるので、千葉南エリアでは千歳か千倉へ向かうのが無難でしょう。

千歳は潮が多い時間帯は割れにくいので午前の潮が引いている時間帯に入っておくのが良さそう。千倉もサイズがでてきたので風をかわして出来るコンディションになってきそうです。

 

千葉北エリアも朝から南西の風が吹いており、一宮周辺が風をかわして南東ベースの波もあり遊べるコンディション。

こちらもセットで腹胸くらいはあって午前中まではいい乗り納めができる波かもしれません。

湘南エリア

風波によりサイズアップしてきていますが、まだそこまで一気にサイズは上がってきてないようです。

ただ腰腹くらいまでは上がってきているようであり、今後は南西の風波というよりも東海沖からの西うねりの反応が良くなってきそうな感じ。

午後になると風向きが微妙な感じになりそうで、北からのオフショアになってくるかもしれません。

昼過ぎくらいから風の変化をよく見ておくと、もしかしたら夕方にはまとまった波になっているかも??

 

※YouTubeにも波チェック動画や雲の流れタイムラプス映像などをアップしています。
こちらは過去動画の中から紹介しています

https://www.youtube.com/channel/UChclptxfHQYAEE6LnBsJHhQ

よろしければご覧ください&チャンネル登録をお願いします!

【大人気の耳栓】冷たい海に入るときの必須アイテム
SurfEars 3.0は超オススメです
Amazonだと少し安く購入できます

今後の気圧配置と風と波

今夜9時の予想天気図 FSAS24

予想気圧配置24時間

今夜にかけては、低気圧が東海上へと抜けていき猛烈に発達していきます。

日本付近は西高東低の冬型の気圧配置となり、等圧線の間隔がかなり狭くなってきて北よりの風が強く吹いてきそうです。

等圧線に沿って描かれている矢羽の数が凄いです。あんまりこんな矢羽がたくさん描かれた予想気圧配置も珍しいかと思います。

夜からは警戒が必要な時間帯に入っていきます。

今日の午後の波は先ほど記載したポイントに書いたとおりな感じです。

明日夜9時の予想天気図 FSAS48

予想気圧配置48時間

明日は、低気圧がまとまっていつものパターンでアリューシャン方面へと向かい猛烈に発達していきます。

明日夜9時の予想気圧配置では、アリューシャンの低気圧の中心気圧はなんと928hPaが予想されています。

昨日のシベリア高気圧の1084hPaといい明日のアリューシャンの低気圧といい、今回はかなり極端な状況になってきてますね。

 

明日は完全に冬型の気圧配置となり、東海沖からの西うねりが湘南と千葉エリアには反応してきます。

風は概ね北からの風で、湘南や千葉南エリアの南向きポイントでは西うねりが反応しオフショアの風。

朝からコンディションが整っている可能性があります。

 

御前崎灯台の風や石廊崎の波浪観測データなどを今日はチェックしておいて、乗り納めは明日に備えておいても良さそうですね。

海の安全情報のサイト
https://www6.kaiho.mlit.go.jp/03kanku/shimizu/omaesaki_lt/kisyou/index.html

明日の暦と潮回り

千葉エリア:こよみと潮まわり(勝浦)

2020/12/31
日の出:06:47 / 日の入:16:37
大潮
満潮:06:06(138cm) / 16:30(146cm)
干潮:11:11(89cm) / 23:38(-5cm)

湘南エリア:こよみと潮まわり(江の島)

2020/12/31
日の出:06:50 / 日の入:16:39
大潮
満潮:06:26(143cm) / 16:44(147cm)
干潮:11:35(92cm) / 00:00(cm)


過去の気圧配置と波情報

今日と同じ日の気圧配置と波情報 過去3~4年分の記事です。

ほぼ毎日記事を書いてきてますが、1日に複数記事を書いた日などは上手く表示されない場合もあったり、記事が一部ない期間もあります。

OnThisDay-2016.12.29

12/30 6:45冬型の気圧配置となっているが強い冬型ではなく西から高気圧が覆い始めてきている等圧線が南北にはしり北から北西の風が強い6時のマルキは北西のサイドオフかなり強く、ちょうど大潮の満潮時間帯と重なりセットがはいってもイン[…]

IMG
OnThisDay-2017.12.30

12/30 3:00 ASAS今朝も冬型の気圧配置が継続、昨日千島の東にあった低気圧はやや西進し1つの低気圧としてまとまり中心付近は972hpaで南西方向へゆっくり動いている。低気圧による風向きとうねりの向きが日本付近へ向いてき[…]

IMG
OnThisDay-2018.12.30

12/30 3:00 地上天気図と波情報強い冬型の気圧配置が続いています。アリューシャン付近の低気圧は944hpa、シベリアの高気圧の中心気圧は1060hpaと解析されて今朝も100hpa以上の気圧差が発生しています。今朝は一段と冷[…]

OnThisDay-2019.12.30

気圧配置&天気と波情報 : アリューシャンからの北東うねりが続く午前3時の実況天気図 ASAS高気圧の中心は東の海上にシフトし、西からは気圧の谷が東進してきています。すでに西日本から雲に覆われており今日は全国[…]

今日の記事は以上です。

こちらの記事がもし参考になったり気にいってもらえたら、ぜひコメントを残してもらえると嬉しいです。

またTwitter/Instagram/Facebook/Youtubeでも発信してますので、いいねやコメントもお願いします!


こちらの記事も合わせてご覧ください!

エリア毎の特徴:鳥取~福井

ポイント毎に異なるうねりの反応[caption id="attachment_6294" align="alignnone" width="1600"] 島根:稲佐の浜[/caption]前回は日本海エリアの波のあがるコンディシ[…]

エリア毎の特徴とうねりの向き(鳥取〜福井)
防寒アイテム

短い夏が終わりスッキリした秋空を経てどんよりした空模様と北東の風が続くともう冬はすぐそこまできている感じになってきます。海パンとラッシュでサーフィンできた季節が懐かしくすら思えて早くまた次の夏がこないかなと恋しく[…]

冬のサーフィン防寒対策

冬もサーフィンを快適に楽しみたいサーフィンの魅力にハマってしまった人は、冬の冷たい海に入ってでもサーフィンします。 当然ながら、冬は夏に比べると格段に人も少なくなり、混雑しない海でサーフィンができます。[…]

冬のサーフィン防寒対策
波のコンディション

前回の記事では、波の要素と種類、波の発生から終わりまでについて記載してみました。[sitecard subtitle=関連記事 url=https://asasfsas24.com/20181029/wave-5097/]今[…]

波のコンディションとブレイク
沿岸で吹く風

サーファーにとってのもうひとつの”風”前回の記事に記載しましたとおり、サーファーにとっての風には二側面あるということをお伝えしました。[sitecard subtitle=関連記事 url=https://asasfsas24.[…]

サーフチェックサムネイル
今夜から強烈寒気
最新情報をチェックしよう!