南西の風波は思ったよりサイズアップせず・・・午後は西うねりの反応に期待!【2020.12.25】

もうちょっとサイズアップすると思ったんですが・・・

はるべえ

おはようございます。
はるべえ@サーフィン大好きな気象予報士です。

12月25日金曜日の天気図と波情報/波予想を本日も更新していきます。

昨日は低気圧へと吹き込む西南西から南西の風が強く吹いたんですけど、思ったよりサイズアップしていませんね・・・

昨日からのような強い南西の風が吹いたときには、湘南や千葉南はもう少しサイズアップすることが多いんですけど、

今回はそんなにサイズアップせず・・・

もう少しサイズあって北よりの風にかわって、波がまとまる朝二くらいからいい感じになると思っていたのですが・・・

少しサイズは期待はずれですけど、遊べる波はありそうなので波がまとまるタイミングでクリスマスもサーフィン楽しみましょう!

参考)昨日の気圧配置と風と波はこちら

昨日の天気図と波情報

暖かいクリスマスイブの朝をむかえました。はるべえおはようございます。はるべえ@サーフィン大好きな気象予報士です。12月24日金曜日の天気図・気圧配置と波情報/波予想を本日も更新していきます。今朝も[…]

南西の風サイズアップ
このブログでは、日々の気圧配置の推移と千葉と湘南エリアの波のコンディションについての記事を毎日更新
~約4年分の毎日の天気図と波の状況を記載しています。

今日の気圧配置/潮回りと波情報

午前3時の実況天気図 ASAS

実況天気図

低気圧からのびる寒冷前線は、午前3時の時点でちょうど房総半島の上空にあるような感じ。

南海上には前線を伴った低気圧があり、この低気圧が急速に発達することが予想されています。

日本付近は等圧線が縦にかかり、昨日までの暖かさから今日は冬型の気圧配置へと移行していく段階です。

今朝の実況データ

まず雲の様子から見ていきますと、冬型の気圧配置へと移行していっていることで、

日本海には寒気を伴った筋状の雲が見られるようになってきています。

上空にある寒冷前線の影響で関東地方には前線に沿った形で雲がかかっているのがわかりますね。

衛星画像

 

こちらは午前5時のアメダス気温です。

今朝もまだ昨日までの温かい空気が残っていて千葉南では10度くらい、湘南でも7度くらいはあり冷え込みは厳しくありません。

アメダス気温

今朝午前5時の風は寒冷前線が通過したと思われる湘南や千葉北~茨城方面では北寄りの風に変わってきています。

千葉南ではまだ西よりの風になっていて、北風にシフトするにはもう少し時間がかかりそう。

アメダス風向

石廊崎の波浪観測データも昨日から反応が鈍いんですよね、、、

石廊崎の波浪観測データ

ただ御前崎灯台~大島灯台までは強い西風が吹き続いているので、今日は朝のサイズはキープして午後のほうがサイズの反応がでてくるかもしれません。

海の安全情報のサイトから引用しています
https://www6.kaiho.mlit.go.jp/03kanku/shimizu/omaesaki_lt/kisyou/index.html

御前崎灯台の風

 

こちらはWindyの波の状況を埋め込みしておきます

 

その他の実況データはこちらをご覧ください。

☀️気象庁 アメダス 風向風速(関東地方)
https://www.jma.go.jp/jp/amedas/206.html?elementCode=1

☔️気象庁 レーダーナウキャスト
https://www.jma.go.jp/jp/radnowc/

🌊気象庁 波浪実況・予想図
https://www.data.jma.go.jp/gmd/waveinf/tile/jp/index.html

🌀気象庁台風情報
http://www.jma.go.jp/jp/typh/

今日の暦と潮回り

千葉エリア:こよみと潮まわり(勝浦)

2020/12/25
日の出:06:45 / 日の入:16:33
若潮
満潮:01:43(102cm) / 12:57(127cm)
干潮:06:33(81cm) / 20:04(44cm)

湘南エリア:こよみと潮まわり(江の島)

2020/12/25
日の出:06:48 / 日の入:16:35
若潮
満潮:01:58(103cm) / 13:11(125cm)
干潮:06:55(82cm) / 20:18(42cm)

週末サーファーがいい波に乗るためのKindle電子書籍

こちらのページではるべえのKindle本を紹介しています!
https://amzn.to/35BqIrQ

今朝の波のコンディション(千葉・湘南エリア)

今日のポイントは

はるべえ
  • 思ったより昨日の南西の風によって風波はサイズアップしていない
  • 朝のうちに北の風にシフト、午後も北よりの風が続きそう
  • 湘南や千葉南の南向きポイントでは波がまとまってきて小ぶりだけど遊べるコンディション
  • 東海沖からの西うねりは午後のほうが反応よくなるかも

千葉エリア

今朝の鴨川マルキポイントは日の出頃はまだ西風が吹いてましたけど、太陽が地平線に見えてきたくらいはもう北風が吹いてました。

朝一の波はまとまらない風波でセットで腿腰くらいの波。

でも午前8時前くらいからだいぶ面はヨレが少なくなりまとまってきて、セットでは腰腹くらいの波も入ってきて遊べるコンディション。

思ったよりサイズアップしなかったですけど、波はまとまり遊べる波はありますね。

 

白渚ポイントも同じくらいなサイズ感で腿腰~腹くらいでしょうか。

だいぶ波もまとまってきていて、たまに形よいセットも入ってきているようです。遊べる波はありますね。

 

千歳ポイントは南西~西の波だと反応は鈍く今朝は鴨川や白渚と比較するとワンサイズは小さい波でちょっと厳しいです。

 

千葉北エリアも南西~西うねりになってくると千葉南よりもサイズの反応が鈍い状態が続きます。

今朝も一宮周辺で腿腰くらいの物足りない波からのスタートとなっているようです。

湘南エリア

昨日からの南西~西風ではあまりサイズアップせず、ちょっと期待はずれな感もありますけど、、、

ただ鵠沼では腰腹くらいのサイズの波がコンスタントには入ってきている模様。

これから夕方にかけて、東海沖からの西うねりの反応に期待したいところです。

※YouTubeにも波チェック動画や雲の流れタイムラプス映像などをアップしています。
こちらは過去動画の中から紹介しています

https://www.youtube.com/channel/UChclptxfHQYAEE6LnBsJHhQ

よろしければご覧ください&チャンネル登録をお願いします!

今後の気圧配置と風と波

今夜9時の予想天気図 FSAS24

予想気圧配置24時間

今夜にかけては、南海上にあった低気圧が発達しながら東海上で大きな低圧部を形成していきます。

日本付近は冬型の気圧配置となり、関東地方各地でも北よりの風が続くでしょう。

これから東海沖の西風が更に強くなってきそうです。

沿岸部は北寄りの風、西うねりの反応が午後のほうがよくなってきそうなので、湘南や千葉南では午後も遊べるだけのサイズはキープするでしょう。

千葉北は西うねりの反応ではなく東ベースの波となり、小ぶりなサイズが続きそうです。

明日夜9時の予想天気図 FSAS48

予想気圧配置48時間

明日は、早くも冬型の気圧配置は緩んできますが、アリューシャンの低気圧が猛烈に発達してきていますね。

アリューシャンからの北東うねりは入りにくい等圧線の流れですけど、ハワイにはまた大きな北西うねりが届きそうです。

土曜日も朝から北西の風で面は良さそうなんですが、西うねりの反応は今日よりも弱くなってしまいそう。

午前中は湘南や千葉南エリアではまだ西うねりの反応は続きそうなので、明日は朝一から入っておいたほうが良さそうです。

午後には物足りないサイズにダウンしてしまう感じかなと。

明日の朝は今日よりもだいぶ寒い朝となりそうなので、朝一から入るときは防寒対策と耳栓をしっかりとしてサーフィン楽しみましょう。

明日の暦と潮回り

千葉エリア:こよみと潮まわり(勝浦)

2020/12/26
日の出:06:45 / 日の入:16:33
中潮
満潮:02:51(111cm) / 13:37(130cm)
干潮:07:42(86cm) / 20:43(31cm)

湘南エリア:こよみと潮まわり(江の島)

2020/12/26
日の出:06:49 / 日の入:16:36
中潮
満潮:03:05(112cm) / 13:53(130cm)
干潮:08:04(86cm) / 21:00(30cm)

過去の気圧配置と波情報

今日と同じ日の気圧配置と波情報 過去3~4年分の記事です。

ほぼ毎日記事を書いてきてますが、1日に複数記事を書いた日などは上手く表示されない場合もあったり、記事が一部ない期間もあります。

OnThisDay-2016.12.24

12/25 9:00日本付近は移動性の高気圧に広く覆われる今朝の湘南、さすがにサイズダウン鎌倉はキビシイサイズ、鵠沼辻堂でセットでもも腰のスモールコンディションに千葉ははるか東の高気圧吹き出しからの影響もあり腰胸サイズがブレイク、朝[…]

IMG
OnThisDay-2017.12.25

12/25 3:00 ASASクリスマスは雨上がりからのスタート。昨日夕方から日本海と四国沖にある二つの低気圧が急速に発達し東進、午前3時のASASでは秋田沖と関東の南海上に中心がありこれから東の海上に抜ける見込み。[…]

IMG
OnThisDay-2018.12.25

12/25 3:00 地上天気図と波情報北日本は冬型の気圧配置が続いてますが西日本から東日本にかけては高気圧に覆われ冬型は緩んできています。今日は等圧線の間隔も広く風の弱い地域が多くなりそうです。日本海側もサイズは昨日後半から落ち着[…]

OnThisDay-2019.12.25

気圧配置&天気と波情報 : 西から天気は下り坂午前3時の実況天気図 ASAS北陸付近に中心のある高気圧に覆われており朝は広い範囲で晴れています。カムチャツカ半島とアリューシャン付近にはそれぞれ低気圧があり発達しながら北東方[…]

今日の記事は以上です。

こちらの記事がもし参考になったり気にいってもらえたら、ぜひコメントを残してもらえると嬉しいです。

またTwitter/Instagram/Facebook/Youtubeでも発信してますので、いいねやコメントもお願いします!


こちらの記事も合わせてご覧ください!

エリア毎の特徴:日本海

ポイント毎に異なるうねりの反応前回と前々回の記事にて、千葉から宮崎までのメジャーなエリアを中心に、どのエリアにはどんな方向のうねりが反応するのかをざっくり書いてみました。[sitecard subtitle=関連記事 url[…]

エリア毎の特徴とうねりの向き(日本海エリア)
波のコンディション

前回の記事では、波の要素と種類、波の発生から終わりまでについて記載してみました。[sitecard subtitle=関連記事 url=https://asasfsas24.com/20181029/wave-5097/]今[…]

波のコンディションとブレイク
沿岸で吹く風

サーファーにとってのもうひとつの”風”前回の記事に記載しましたとおり、サーファーにとっての風には二側面あるということをお伝えしました。[sitecard subtitle=関連記事 url=https://asasfsas24.[…]

サーフチェックサムネイル

【新刊のご紹介】
サーファーが知っておきたい台風の知識

台風スウェルをあてるための台風の知識と経験則、
台風による災害への備えについて
サーファー目線でまとめました

週末サーファーのための波乗り気象学(前編/中編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。Kindle本の紹介画像
Amazonで見てみる!

Kindle無料アプリの入手

↑Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↑

思ったよりサイズアップせず
最新情報をチェックしよう!