週末サーファーが限られた時間の中でいい波に乗るために ~ 天気図パターンによる風と波を知っていい波をあてよう!~

西うねりはダウン&東うねりはアップ傾向~明日は太平洋側も雪と路面凍結に要注意【2021.1.11】

西うねりは弱くなってきましたね・・・

はるべえ

おはようございます。
はるべえ@サーフィン大好きな気象予報士です。

1月11日 月曜日(成人の日)の天気図と波情報/波予想を本日も更新していきます。

3連休の最終日の月曜 祝日です。成人の皆様、本日はおめでとうございます。

昨日は湘南と千葉南エリアでも終日西うねりが続いて遊べる波が続きましたけど、今朝の西うねりはサイズダウン傾向・・・

でも強い西風に抑えられていた北東~東うねりが千葉北で反応良くなってきているようで、エリアとポイント選べば連休最終日も遊べる波はありそうです。

それでは今日の気圧配置を見ていきましょう。

参考)昨日の気圧配置と風と波はこちら

昨日の天気図と波情報

今朝の天気図はなかなか珍しい気圧配置ですはるべえおはようございます。はるべえ@サーフィン大好きな気象予報士です。1月10日日曜日の天気図と波情報/波予想を本日も更新していきます。今朝も朝一は氷点下[…]

低気圧綺麗に並ぶ
このブログでは、日々の気圧配置の推移と千葉と湘南エリアの波のコンディションについての記事を毎日更新
~約4年分の毎日の天気図と波の状況を記載しています。

今日の気圧配置/潮回りと波情報

午前3時の実況天気図 ASAS

実況天気図

昨日は記事タイトルにも記載したとおりずらーっと低気圧がならんでいましたけど、今朝も低気圧が整列しているような感じがありますね。

日本海側では記録的な大雪が続いています。

特に北陸から新潟にかけて大変な状況になっているようで、北陸道では一部区間で立ち往生が発生してしまった模様。

また雪下ろしなどの除雪作業中にも事故も発生してしまっているようで、大変な状況が続いてしまっているようです。

厳しい寒さにより電力需給が逼迫してきているとの報道もあり、節電も呼びかけられています。

Yahooのトップに「JPCZ」日本海寒帯気団収束帯 のニュースが取り上げられるなど、記録的な大雪に警戒が必要となった3連休でした。
https://news.yahoo.co.jp/pickup/6381853

 

日本付近の気圧配置的には、だいぶ等圧線の間隔が広くなり等圧線が湾曲している部分も多くなってきました。

御前崎灯台のデータをみても昨夜からは西風が10m以下になる時間帯が多くなり、西うねりはダウン傾向です。

 

ただ千葉北や茨城エリアには、強い西風により抑えられていた東ベースの波の反応が持ち直してきているような感じもあります。

各エリアともに北よりの風が吹き、午前中は北西ベース、午後は少し北東の風が混じってくるかもしれません。

 

ポイント選べば連休最終日も十分遊べる波がありそうですが、防寒対策はしっかりして楽しみたいですね。

 

2020年の風と波(前半)~記事タイトルとアイキャッチ画像から振り返る~

関連記事

2020年も元旦から大みそかまでこちらのブログにて毎日記事を書いてきましたが、2020年は歴史に残る大きな出来事が沢山ありました。我々の普段の生活も仕事のやり方や人とのコミュニケーションの仕方まで、あらゆる面で大きな変化を受け入れざ[…]

2020年の振り返り(前半)

2020年の風と波(後半)~記事タイトルとアイキャッチ画像から振り返る~

関連記事

2020年の風と波について毎日更新している本ブログ記事のタイトルとアイキャッチ画像からどんな年だったのかを振り返る(後半)です。2020年前半の記事はこちら[sitecard subtitle=2020年を振り返る([…]

2020年の振り返り(後半)

 

今朝の実況データ

衛星画像

引き続き日本海には雪雲が多く広がっており、北陸から北日本にかけては今日の朝まで大雪が続いてそうです。

また西日本も広く雲がかかっており、九州では早くも天気は下り坂になってきている模様。

明日にかけては太平洋側でも広く雪が降る可能性がありそうです。

気象衛星

アメダス気温

今朝6時の気温データです。

千葉も内陸部の牛久では-6度台を観測しており、今朝もかなり冷え込んでいます。

一般道で海へ向かうとき、特に朝一の海へ向かう道中では路面凍結に要注意です。

今朝も鴨川アメダスは氷点下を観測しています。

アメダス気温

アメダス風向風速

北よりの風が吹いており千葉と湘南ともにオフショアベースの風。強くは吹いていませんね。

アメダス風向

石廊崎の波浪観測データ

石廊崎の波浪観測データを見ても西うねりの反応がダウン傾向な感じが見てとれます。

波高は1mを下回ってきましたね。午後にはだいぶサイズ下がってしまいそうな感じがします。

石廊崎の波浪観測データ

その他の実況データはこちらをご覧ください

Windy.com:https://www.windy.com/

◆Wind

◆Waves

◆Swell1

☀️気象庁 アメダス 風向風速(関東地方)
https://www.jma.go.jp/jp/amedas/206.html?elementCode=1

☔️気象庁 レーダーナウキャスト
https://www.jma.go.jp/jp/radnowc/

🌊気象庁 波浪実況・予想図
https://www.data.jma.go.jp/gmd/waveinf/tile/jp/index.html

🌀気象庁台風情報
http://www.jma.go.jp/jp/typh/

今日の暦と潮回り

千葉エリア:こよみと潮まわり(勝浦)

2021/01/11
日の出:06:47 / 日の入:16:46
中潮
満潮:04:10(129cm) / 14:08(141cm)
干潮:08:53(98cm) / 21:37(-3cm)

湘南エリア:こよみと潮まわり(江の島)

2021/01/11
日の出:06:51 / 日の入:16:48
中潮
満潮:04:30(133cm) / 14:31(138cm)
干潮:09:24(96cm) / 22:03(0cm)

週末サーファーがいい波に乗るためのKindle電子書籍

こちらのページではるべえのKindle本を紹介しています!
https://amzn.to/35BqIrQ
はるべえの電子書籍

今朝の波のコンディション(千葉・湘南エリア)

今日のポイント

はるべえ
  • 東海沖からの西うねりの反応はダウン傾向、東ベースの波が少し持ち直してくる
  • 湘南と千葉南の西うねりは昨日よりもサイズダウン、午後は物足りないサイズになるかも
  • 千葉北は東ベースの波が反応良くなり一宮周辺では腹胸サイズで遊べる波
  • 午前中は北~北西の風、午後は北東の風が少し入ってくるかも

千葉エリア

今朝の千葉エリアは北~北西の風

 

今朝の鴨川マルキポイントは昨日の夕方よりもサイズダウンしてのスタート。

海に向かって右斜めから入ってくる波は少なくなっていて、西うねりの反応が弱くなってきているのがわかります。

腿腰くらいのサイズの波が入ってきていて、腹くらいのサイズのセットはかなり待ちます。

今日の日中は潮が多い状態が続き干潮時刻でも100㎝くらいの潮位があり、ブレイクしても厚くなってしまう波も多いですね。

 

 

白渚や花籠あたりも同じくらいで腿腰くらいのサイズの波が多く、こちらは昨日と同じくらいのサイズ感でしょうか。

平砂浦も西うねりが弱くなってきていて、時間の経過とともに厳しいサイズになってきてしまいそうです。

千葉北エリアは逆に東ベースのうねりの反応が良くなってきている模様。

抑えられていた北東~東うねりの反応が持ち直してきているようですね。

一宮周辺では腹胸くらいのセットが入ってきているようで、北西からのサイドオフで今朝は十分遊べる波がありそうです。

片貝エリアも新堤が遊べる波が朝から入ってきているようで、午後は北東の風も混じってっきそうなのでやはり無難なポイントとなりそうです。

湘南エリア

湘南も昨日よりサイズダウンしてのスタートに。

今朝はだいぶ物足りないサイズになってきていて、今日は厚めの板で入ったほうが良さそうな感じですね。

潮が少し引いてくる9時前後に入っておくのが時間帯的には無難な感じがします。

午後は更にサイズ下げてきてしまいそうな・・・

※YouTubeにも波チェック動画や雲の流れタイムラプス映像などをアップしています。
こちらは過去動画の中から紹介しています

https://www.youtube.com/channel/UChclptxfHQYAEE6LnBsJHhQ

よろしければご覧ください&チャンネル登録をお願いします!

今後の気圧配置と風と波

今夜9時の予想天気図 FSAS24

予想気圧配置24時間

今夜にかけては、高気圧が東日本から北日本を覆ってきます。

午後の千葉と湘南エリアは北東の風が混じって吹いてくるかもしれないので、千葉エリアでは一宮周辺などでは少し影響でてくるかもです。

西うねりの反応はダウンが続きそうで、千葉南エリアも午後には東ベースの波が多くなってきそうです。

千葉北は腰腹くらいのサイズのあるポイントでは、午後は北寄りの風をかわすポイントで入るのが波のコンディション的には無難です。

そんなに強く吹いてなければ一宮周辺でも十分遊べる波は続きそうですね。

明日夜9時の予想天気図 FSAS48

予想気圧配置48時間

明日の朝には四国の南海上に前線を伴った低気圧が接近してくる見込み、その低気圧が更に東進して夜には関東の南東海上まで移動してくる見込み。

明日は太平洋側でも雨や雪になるエリアが多くなりそうであり、沿岸部でも雪が降る可能性があります。

関東地方では今夜から明日早朝にかけてと明日の夕方から夜にかけてが雨や雪になる可能性があり、内陸部や山沿いの道では積雪するところもありそう。

明日の朝一も路面凍結に要注意です

 

風は朝から北西~北の風で少し強めに吹くところもあり、かなり寒そうです。

千葉エリアは東ベースの波がメインとなって反応し、今日と同じか少し反応がよくなってポイントによって腰腹~胸くらいのサイズはあり遊べる波は続きそう。

千葉南エリアにも東ベースの波が反応してきそうなので、腰腹くらいのサイズはあるのではないでしょうか。

湘南は東ベースの波となって反応が鈍くなり、また低気圧が南岸を通過していきますが南うねりが反応してくるかちょっと微妙な感じもしますね・・・

午後には少し反応あるかもなので、チェックは続けておいてもよいかもです。

 

とにかく寒そうで海へ向かう道中は路面凍結などに十分注意が必要となります。

少し日が昇って暖かくなってから入るなど、無理せず海に入るなどしてもよいかもしれませんね。

明日の暦と潮回り

千葉エリア:こよみと潮まわり(勝浦)

2021/01/12
日の出:06:47 / 日の入:16:47
中潮
満潮:04:57(136cm) / 14:59(146cm)
干潮:09:48(96cm) / 22:23(-10cm)

湘南エリア:こよみと潮まわり(江の島)

2021/01/12
日の出:06:50 / 日の入:16:49
中潮
満潮:05:17(140cm) / 15:19(144cm)
干潮:10:14(95cm) / 22:48(-7cm)

過去の気圧配置と波情報

今日と同じ日の気圧配置と波情報 過去3~4年分の記事です。

ほぼ毎日記事を書いてきてますが、1日に複数記事を書いた日などは上手く表示されない場合もあったり、記事が一部ない期間もあります。

OnThisDay-2017.01.11

1/11 3:00日本付近は冬型の気圧配置、等圧線が6本日本列島にかかっており、太平洋側は晴れ、日本海側は雪になっている地点が多い千葉エリア、昨日よりかは落ち着きを見せ始めているが、北東ウネリをダイレクトに受けるポイントではまだまだハー[…]

IMG
OnThisDay-2018.01.11

1/11 3:00 ASAS千島近海にあった低気圧はアリューシャン付近まで移動し968hpaまで発達、日本付近は冬型の気圧配置が続き今回も西日本まわりで寒気が南下してきており日本海側は大荒れ。寒気から一番遠い位置にある関東地方にも今日か[…]

IMG
OnThisDay-2019.01.11

1/11 3:00 地上天気図と波情報一時的に冬型の気圧配置が強まり北日本では北から北西の風がかなり強く吹いています。昨夕から御前崎沖合では西北西から西の風が強い状態が続いており、今朝の湘南には西うねりがコンパクトながらも反応していま[…]

OnThisDay-2020.01.11

気圧配置&天気と波情報 : 北東うねりのいい波!午前3時の実況天気図 ASASアリューシャン付近には台風並みに発達した低気圧があり中心気圧は964hpaとして解析されています。千葉エリアにはこの低気圧からの北東うねりが反応[…]

今日の記事は以上です。

こちらの記事がもし参考になったり気にいってもらえたら、ぜひコメントを残してもらえると嬉しいです。

またTwitter/Instagram/Facebook/Youtubeでも発信してますので、いいねやコメントもお願いします!


こちらの記事も合わせてご覧ください!

気象キーワード2

前回の記事「天気と気象を知るためのキーワード/用語集(その1)」では、主に気象学の観点から大気の熱力学、降水過程、大気の放射と運動に関してのキーワード/用語をずらずらと記載しました。[sitecard subtitle=あわせて読み[…]

天気キーワード2
エリア毎の特徴:鳥取~福井

ポイント毎に異なるうねりの反応[caption id="attachment_6294" align="alignnone" width="1600"] 島根:稲佐の浜[/caption]前回は日本海エリアの波のあがるコンディシ[…]

冬のサーフィン準備と行動

冬の海へ行く時に注意したいこと前回は冬のサーフィンを快適に楽しむための防寒対策アイテムについて記載しました。冬のサーフィンで気をつけること~防寒対策アイテム編[sitecard subtitle=関連記事 url=https[…]

冬のサーフィン

【新刊のご紹介】
サーファーが知っておきたい台風の知識

台風スウェルをあてるための台風の知識と経験則、
台風による災害への備えについて
サーファー目線でまとめました

週末サーファーのための波乗り気象学(前編/中編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。Kindle本の紹介画像
Amazonで見てみる!

Kindle無料アプリの入手

↑Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↑

西うねりダウン
最新情報をチェックしよう!