南東うねりが続きサイズは十分、太平洋側は波のある日が続きます【2021.4.4】

太平洋側は波のある日が続いています!

はるべえ

おはようございます。
はるべえ@サーフィン大好きな気象予報士です。

4月4日曜日の気圧配置と波の概況、
レベル別サーフポイント情報

本日も更新していきます。

先週の火曜日の記事には
また東~南東うねりが続くかもという
タイトルで記事を書きましたが、

やはりこの週末も太平洋側は
波のある状態が続きました。

東~南東うねりが続くパターンにまた入るかも⁈【2021.3.30】
https://asasfsas24.com/20210330/wave-18557/

今日も十分な南東うねりが
続いていますけど、今日から明日の朝に
かけては南寄りの風が吹いてきます。

そして前線が通過する明日の朝以降は
北風に代わって結構強めに吹いてきそう
です

波は十分ある状態が続くので
風向きと潮の動きに合わせて
柔軟に行動できるようにしておきたいですね。

今日/明日のレベル別ポイント情報はこちらの
LINE公式アカウントから配信しています!

参考)昨日の気圧配置と風と波はこちら

昨日の天気図と波情報

東海上の高気圧が同じような位置から東うねりを送り続けてくれてますはるべえおはようございます。はるべえ@サーフィン大好きな気象予報士です。4月3日土曜日の気圧配置と波の概況、レベル別サーフポイン[…]

ブロッキング気味の高気圧
このブログでは、日々の気圧配置の推移と千葉と湘南エリアの波のコンディションについての記事を毎日更新
~約4年分の毎日の天気図と波の状況を記載しています。

今日の気圧配置と風と波

午前3時の実況天気図 ASAS

実況天気図

東海上の高気圧がゆっくりと
東へと離れていき、

今日はオホーツク海にある低気圧から
のびる前線が北日本にかかり
日本海側までのびています。

日本付近は高気圧の後面から
気圧の谷となってきており
全国的に曇りや雨の日曜日に。

西日本では既に雨が降っているところ
が多く、東海地方でも雨が朝から降り出して
いるところがある模様。

関東地方は既に雲の形状からは
雨が降りだす前の雲になってきており
午後には雨がポツポツと降り出すところが
多くなりそうです。

今日は東海上の高気圧から
前線に向かって吹く南の風。

今日のざっくり風向き矢印は
こんな感じでしょうか。

210404高気圧から南の風

 

午前6時のアメダス風向風速を
見て見ると、朝から各地で
南~南西の風が吹いてきてますね

アメダス風向210404_0600

今日も東海上の高気圧から
南東うねりの反応が続き、

大平洋側では十分なサイズの
波が続くので、今日は南~南西の風を
かわすポイントが中心の
サーフィンとなりそうです。

風をかわせないポイントでは
波にまとまりないまま
ハードなコンディションと
なっているポイントも多くありそう。

宮崎から四国、伊勢、伊良湖~御前崎、伊豆
の各太平洋側のエリアでは
今日も十分なサイズの波が入ってきている
はずですので、

特にビギナーの方は
ポイント選び・エリア選びは慎重に
して無理して入らないように
したほうがよいでしょう。

和歌山の磯ノ浦は南東うねりの場合は
紀伊半島にうねりがブロックされて
回り込んで弱く反応するくらいなので、

ビギナーの方は磯ノ浦では練習
できる波がありそうです。

午後9時の予想天気図

予想気圧配置24時間

今夜にかけては、前線が太平洋側まで
南下してくる予想気圧配置です。

風の向きとしては変わらず南の風が
続きそうな気圧配置となり、

今日は夕方まで太平洋側は南の風が
続くことになるでしょう。

千葉・茨城エリアでは南の風を
かわすメジャーなポイントはありますが、

その他西日本~東海までの太平洋側では
なかなか南の風をかわすメジャーなポイントが
少ないため、

今日はせっかくの日曜ですけど
コンディションが整わないポイントも
多くなってきそうです。

南風がオフショアとなる
日本海側は今日はほぼフラットですね・・・

 

今日の暦と潮回り

千葉エリア:こよみと潮まわり(勝浦)

2021/04/04
日の出:05:21 / 日の入:18:02
小潮
満潮:07:34(127cm) / -(-cm)
干潮:02:00(92cm) / 15:39(24cm)

湘南エリア:こよみと潮まわり(江の島)

2021/04/04
日の出:05:24 / 日の入:18:05
小潮
満潮:07:36(131cm) / -(-cm)
干潮:02:18(99cm) / 15:57(28cm)

週末サーファーのための波乗り気象学(Kindle電子書籍)

初・中級者の週末サーファー向け
いい波に乗るために
風・波・潮についてやさしく詳しく
解説しています
https://amzn.to/35BqIrQ
はるべえの電子書籍

今日のサーフポイント(千葉・湘南エリア)

はるべえ
  • 朝から夕方まで
    南の風が続く
  • 高気圧からの南東うねり
    太平洋側は十分なサイズ
  • 朝一は潮が多く
    干潮は午後3時頃
  • 南風かわすポイントか
    風の弱い時間帯に

今日も千葉エリアはサイズ十分で
南風をかわすポイントでは、

中級者以上の方で十分サーフィン可能
なコンディションとなってます。

ビギナーの方はサイズ大きいポイントは
今日は無理そうなので、
風が合わなくても小ぶりなポイント
へ向かうのが良いでしょう。

もう少し詳しい情報は
以下のLINEで配信しています。

サーフポイントの選び方は
風と波、潮の動きに加えて、

サーフィンのレベル・技量、
サーフボードの種類や
住んでいる地域によっても
変わってくるものだと思います。

本ブログでは
サーフィン初・中級者の方向けに
都内在住の週末サーファーを想定した

今日/明日のレベル別サーフポイント
情報をLINEで配信しています。

よろしければこちらから登録お願します
(もちろん無料です)
友だち追加

もしこちらの情報が少しでも役に立ったら・・・
TwitterやInstagramでいいねやRTを
ぜひお願いします。
毎日更新を続ける励みになります!

明日の気圧配置とサーフポイント選び

明日夜9時の予想天気図

予想気圧配置48時間

明日は前線が海上へと抜けていきます。

前線が通過するまでは
まだ南寄りの風が続き、

前線が通過した後は北よりの風
に変わって吹いてきます。

明日はこの前線が通過するタイミングが
重要なポイントになってきますが、

今のところ午前9時か10時くらいには
千葉エリアは北寄りの風に
変わってくる予想です。

朝一の時点ではまだ南風が吹いている
はずなので、朝一の仕事前狙いの
サーファーの方は、

今日と同じく南風をかわすポイントへ
向かうのが良さそうです。

湘南は千葉よりも1-2時間くらい
北風に変わるのが早いことが多いので
朝一から北風が吹きはじめている
のではないでしょうか。

この風が変わってからは
千葉湘南ともに北寄りの風が結構な
強さで吹いてきそうなので、

朝一を逃した方は
北~北東の風をかわすポイントへ
向かったほうがよいでしょう。

 

明日のサーフポイント情報も
LINE公式アカウントから配信してます。
友だち追加

 

明日の暦と潮回り

千葉エリア:こよみと潮まわり(勝浦)

2021/04/05
日の出:05:20 / 日の入:18:03
小潮
満潮:00:24(103cm) / 08:13(116cm)
干潮:02:57(101cm) / 17:16(31cm)

湘南エリア:こよみと潮まわり(江の島)

2021/04/05
日の出:05:22 / 日の入:18:06
小潮
満潮:00:55(109cm) / 08:03(121cm)
干潮:03:02(108cm) / 17:35(36cm)

実況データ・リンク

Wind/Waves/Swell

Windy.com:https://www.windy.com/

◆Wind

◆Waves

◆Swell1

気象庁各種データへのリンク

☀️気象庁 アメダス 風向風速(関東地方)
https://www.jma.go.jp/jp/amedas/206.html?elementCode=1

☔️気象庁 レーダーナウキャスト
https://www.jma.go.jp/jp/radnowc/

🌊気象庁 波浪実況・予想図
https://www.data.jma.go.jp/gmd/waveinf/tile/jp/index.html

🌀気象庁台風情報
http://www.jma.go.jp/jp/typh/

過去の気圧配置と波情報

今日と同じ日の気圧配置と波情報
過去3~4年分の記事です。

毎年のこの日はどんな波だったのか・・・
サーフィンライフを振り返ってみましょう

OnThisDay-2017.04.04

4/4 3:00 ASAS https://t.co/8FOG5d3BIY日本付近は高気圧に覆われて今日から週末までは平年より気温が高い日が続きそう5月の陽気にもなりそうで夜桜も楽しめそう今朝の千葉エリア、北寄りの風弱く全体的に面は[…]

IMG
OnThisDay-2018.04.04

4/4 3:00 ASAS寒冷前線が北日本を通過中、日本付近は南に中心を持つ高気圧に覆われているが、この寒冷前線が通過したあとは大陸の高気圧に覆われてくる見込み。北日本は一時的に冬型の気圧配置で寒さが戻る見込み。金曜には西から新[…]

OnThisDay-2019.04.04

毎日の天気図と波情報午前3時の実況天気図 ASAS昨日までしばらく続いた寒の戻り、上空にこの時期としてはかなり強い寒気が南下していた状態は一旦解消されそうです。寒気が抜けて今日は本来のこの時期の陽気が戻ってきそうです[…]

OnThisDay-2020.04.04

気圧配置&天気と波情報 : 9時前から南西の風強まる午前9時の実況天気図 ASAS今日は記事更新遅くなりました。4月4日の土曜日です。今日はこの時間になってしまいましたので午前9時の天気図を掲載します。日本海には低[…]

 

※YouTubeにも波チェック動画や雲の流れ
タイムラプス映像などをアップしています。

こちらは過去動画の中から紹介しています
昨年2020年4月4日の波の様子です。

https://www.youtube.com/channel/UChclptxfHQYAEE6LnBsJHhQ

よろしければご覧ください
&チャンネル登録をお願いします!

 

今日の記事は以上です。

Twitter/Instagram/Facebook/Youtube
でも発信しています!


こちらの記事も合わせてご覧ください!

気圧配置による風と波

刻々と変化する波のコンディション波のコンディションは気圧配置による風向きやうねりの向き、また潮回りや海岸の地形などのいろいろな要素によって常に変化するということは、過去の記事や毎日の天気図と波情報をよんでもられば理解していただけるかと思[…]

いい波に乗るために気圧配置パターン
エリア毎の特徴:千葉~伊良湖

ポイント毎に異なるうねりの反応前回の記事では「うねりの向き」について記載してみましたが、今回は日本のサーフエリアの特徴や反応するうねりの向きについて記載してみようと思います。ポイントの向きによってうねりが入りやすいのかどうか[…]

エリア毎の特徴とうねりの向き(千葉~伊良湖)
波をつくるための風

サーファーにとっての風とは[caption id="attachment_3998" align="alignnone" width="1024"] 平砂浦@千葉[/caption]こちらのブログでは毎日の気圧配置の変化によって[…]

波をつくるための風

【新刊のご紹介】
サーファーが知っておきたい台風の知識

台風スウェルをあてるための台風の知識と経験則、
台風による災害への備えについて
サーファー目線でまとめました

週末サーファーのための波乗り気象学(前編/中編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。Kindle本の紹介画像
Amazonで見てみる!

Kindle無料アプリの入手

↑Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↑

南東うねりサイズ十分
最新情報をチェックしよう!