オリンピックの波に影響ありそうな南海上の熱帯擾乱の動向に注目【2021.7.17】

 

はるべえ
来週のオリンピック開幕までは
南海上の雲の動きは要チェックです

おはようございます。
はるべえ@サーフィン大好きな気象予報士です。

7月17日 土曜日の
気圧配置と風と波の状況を

本日も更新していきます。

昨日は関東甲信・東北地方で
梅雨明け
が発表されましたね

今年の千葉エリアの梅雨時期の波は
去年に続きコンスタントにサーフィン
できる波はあったような気がします

特に風が弱い日が多くて
小ぶりなサイズながらも
いい波が続いたのではないかと
思います

梅雨明けして太平洋高気圧に
広く覆われてきますが、
早速、南海上には熱帯擾乱が発生し
今後の動きに要注目な状況と
なってきています

この時期多くの方が関心があるのは
オリンピックのサーフィン競技中の
波はどうなるのか?

ではないかと思いますが、
これら熱帯擾乱の動向により
波のコンディションに大きく
影響してきそうです・・・

まずは今日の気圧配置から
見ていきましょう

参考)昨日の気圧配置と風と波はこちら

昨日の天気図と波情報

 はるべえハワイから千葉まで東風が吹いてます東~南東うねりがしばらく続きそう!おはようございます。はるべえ@サーフィン大好きな気象予報士です。7月16日 金曜日の気圧配置と風と波の状[…]

5000㎞以上続く東風

今日の夕方の状況~
明日のサーフポイント情報は
こちらのLINE公式アカウントから
毎晩配信しています!

よろしければこちらから
友達追加をお願いします

友だち追加

このブログでは、
日々の気圧配置の推移と
千葉と湘南エリアの
波のコンディションについて
記事を毎日更新しています

今日の気圧配置と風と波

午前3時の実況天気図 ASAS

実況天気図

今朝は、引き続き東海上には太平洋高気圧の
中心があって例年よりも北に位置している状況

高気圧が張り出しを強めていて
日本付近を広く覆ってきています。

昨日も記載したハワイ付近からずっと続く
東よりの風
が続いており、
数日前にはるか東海上でつくられた波が
長い旅を経て、各サーフポイントに押し寄せます

長い旅の終わりに我々サーファーがその締めくくりを
飾るという感じ?ですかね

今朝のアメダス風向風速データですが
午前7時に時点では風は各地で弱い状態で吹いており
波の面に影響を与えるような風ではありません

アメダス風向210717_0700

波のほうは、引き続き
はるか東海上からやってくる東~南東うねりが
継続的に千葉・茨城エリアには反応しています

今朝は朝一の時間帯はちょうど潮が上げに動く
時間帯で、朝一サーファーにとっては
ちょうどいい潮回り
になってきました。

千葉南エリアでは昨日の朝よりも少し
サイズアップしてきた感じもあり、
コンスタントに腹胸くらいのセット
入ってきていましたが

クリーンなフェイスって感じではなく
沖合で吹いている東よりの風の影響もあるのか
ちょっとヨレた感じの波

それでもたまに入ってくるセットは
十分に乗れる波が入ってきています

これから潮が上げてくるので
割れにくくなってきそうですが
東うねりの反応がよいポイントを中心に
サイズは同じくらいで続きそう
ですね

南海上の熱帯擾乱の動向に注目

TD_210717

南海上にあった低気圧は
熱帯低気圧として解析され
ゆっくり北へ進む
予想気圧配置となっています

海外の予想モデルでは
昨日からだいぶ予想が変わってきて
この熱帯低気圧は西へ向かうけど
新たに別の熱帯擾乱が北上してくる??

Video by Windy.com

1週間先の予想でしかも台風が
絡むとなるとかなり予想は
ブレブレな感じになるのは仕方なくて
まだもう少し経過しないと
わからない状況ではありますが、

はるべえ
南海上の雲の動きには
要注目な状況は続きます

この夏は太平洋高気圧の中心が北に
偏った位置にあることから

日本から近い南海上で突然、熱帯低気圧が
発生して台風となって
いきなり接近してくる
なんていうことが例年よりも発生しやすい
かと思います

現にWindyのECMWFのモデルでは
来週木曜に南海上で熱帯擾乱が発生する
予想となっています

東京オリンピックで初のサーフィンが
競技となって世界中から凄いサーファーが
志田下に集結しているので

サイズのあるいい波入ってきて欲しいですが
台風の接近などで災害をもたらすようなことだけは
ないように・・・都合のいいこと言ってますけど
お願いしたいところであります

こちらのブログやLINEでも
南海上の動向を引き続きウォッチしていきます

午後9時の予想天気図

予想気圧配置

夕方にかけても引き続き千葉エリアには
東~南東うねりが朝と同じくらいの
強さで反応は続きそうです

東うねりの反応に敏感な
ポイントでは腹胸くらいのサイズ感で
波は続くでしょう

朝一は風の影響は少なそうですけど
昼に近づくにつれて
昨日と同じように東よりの風が入って
きそうです。

午後は風の影響を受けて潮も上げて
きますが、ジャンクになるまでの風には
ならないかと思いますので

まとまりなくなってくるものの
ポイント選べば遊べる波はありそうです

今日の暦と潮回り

千葉エリア:こよみと潮まわり(勝浦)

2021/07/17
日の出:04:37 / 日の入:18:53
小潮
満潮:09:15(115cm) / 21:52(133cm)
干潮:03:28(68cm) / 15:22(58cm)

湘南エリア:こよみと潮まわり(江の島)

2021/07/17
日の出:04:39 / 日の入:18:56
小潮
満潮:09:27(116cm) / 22:13(137cm)
干潮:03:59(75cm) / 15:38(59cm)

 

明日の気圧配置と風と波

明日朝9時/夜9時の予想天気図

予想気圧配置

明日も気圧配置としては
今日とほとんど変わらないですね

東~南東うねりは今日と同じくらいの
サイズ感で千葉・茨城エリアには反応が
続きそうで

南東の風が入りやすいですが
朝一は風の弱い時間帯もありそうで
明日の干潮は午前4時40分です。

明日も朝一から
今日と同じく東うねりの反応がよい
ポイントへ向かうとよいかと思います

宮崎や四国の中村エリアなどは
だいぶサイズアップしてきたようですね

東うねりが十分なサイズで反応してきている
ようですが、風があわなそうな状況も
続いてしまいそう

これから和歌山の新宮方面や伊勢などの
東うねりに反応するポイントでも
もう少しサイズアップしてくるのではないかと
思います

予想気圧配置

明日の夜までには南海上の熱帯低気圧は
台風へと昇格する予想気圧配置です。

この熱帯低気圧からの南よりのうねりは
この週末には反応はなさそうで
それよりも広大な東風のエリアでつくられる
東うねりの反応が続きそうです

今日の夕方までの状況を踏まえて
明日のサーフポイント情報を
LINE公式アカウントから毎晩配信してます!
友だち追加

明日の暦と潮回り

千葉エリア:こよみと潮まわり(勝浦)

2021/07/18
日の出:04:38 / 日の入:18:52
小潮
満潮:10:55(109cm) / 22:36(133cm)
干潮:04:40(59cm) / 16:18(75cm)

湘南エリア:こよみと潮まわり(江の島)

2021/07/18
日の出:04:40 / 日の入:18:56
小潮
満潮:11:18(110cm) / 22:58(136cm)
干潮:05:14(65cm) / 16:36(78cm)

【大人気の耳栓】冷たい海に入るときの必須アイテム
SurfEars 3.0は超オススメです
Amazonだと少し安く購入できます

実況データ・リンク

Windy

Windy.com:https://www.windy.com/

Wind

Waves

Swell1

気象庁各種データへのリンク

天気図

アメダス風向風速

台風情報

 


過去の気圧配置と波情報

今日と同じ日の気圧配置と波情報
過去3~4年分の記事です。

毎年のこの日はどんな波だったのか・・・
サーフィンライフを振り返ってみましょう

OnThisDay-2017.07.17

7/17 9:00 ASAS連休最終日の月曜日。日本の南には夏の太平洋高気圧が居座り、梅雨前線は朝鮮半島から北陸東北地方を通り北海道の東には前線上に低気圧が解析されている。昨日一昨日とウネリを残してくれた熱帯低気圧は消滅した。今朝の千葉[…]

IMG
OnThisDay-2018.07.17

7/17 3:00 ASAS 今朝も朝から気温は上昇し茹だるような暑さが続く。背の高い高気圧にすっぽりと覆われて今日も猛暑になる地点が多くなりそう。 フィリピン北部にある熱帯低気圧はそれほど発達はしないまま西へ進んでいる。太平洋高気[…]

IMG
OnThisDay-2019.07.17

今朝のtwitter波情報まとめtwitterに投稿された全国の波情報をピックアップしてまとめています。主に動画や画像で波のコンディションがわかる投稿をピックアップ。湘南と千葉の波情報が多めですが、その他ポイントの波情報もtwitt[…]

OnThisDay-2020.07.17

気圧配置&天気と波情報 : 今年の梅雨は雨がよく降る・・・午前3時の実況天気図 ASASおはようございます。7月17日金曜日 朝の波の状況と今後の見通しです。梅雨前線が南海上に停滞しており九州の近くには前線上[…]

今日の波アイキャッチ

 

※YouTubeにも波チェック動画や雲の流れ
タイムラプス映像などをアップしています。

こちらは過去動画の中から紹介しています

https://www.youtube.com/channel/UChclptxfHQYAEE6LnBsJHhQ

よろしければご覧ください
&チャンネル登録をお願いします!

 

今日の記事は以上です。

Twitter/Instagram/Facebook/Youtube
でも発信しています!


こちらの記事も合わせてご覧ください!

梅雨の波

気圧配置と天気図パターンによる波のコンディションを解説前回のこのカテゴリでは、「高気圧からの吹き出し」と「アリューシャンからの北東うねり」による波のコンディションについて記載しました[sitecard subtitle=関連記事[…]

梅雨の波アイキャッチ
エリア毎の特徴:日本海

ポイント毎に異なるうねりの反応前回と前々回の記事にて、千葉から宮崎までのメジャーなエリアを中心に、どのエリアにはどんな方向のうねりが反応するのかをざっくり書いてみました。[sitecard subtitle=関連記事 url[…]

エリア毎の特徴とうねりの向き(日本海エリア)
熱帯擾乱の動向
最新情報をチェックしよう!