石廊崎の波浪観測で周期14秒の東うねりを観測、明日以降も東うねりは強まりそう・・・【2021.12.6】

はるべえ@波乗りブログ毎日書いてる気象予報士です。

12月6日 月曜日の
気圧配置と風と波の状況/
明日のサーフポイント情報を

本日も更新していきます。

今日は高気圧の後面に位置してきたので
雲が多くどんよりした寒い一日に
なりましたね・・・

先週金曜くらいから
はるか東海上の高気圧からの
東うねりが反応してきましたが

今日は石廊崎の波浪観測データにも
周期14秒の波が長い時間観測されており

波高は小さいながらも
しっかりとした力のある
ブレイクの波が入ってきていたのでは
ないかと思います

この東うねりは明日も続きそうで
週後半にかけても更に強まって
くるかもしれません。

そんな状況踏まえまして
まずは今日の気圧配置から見ていきましょう

🔷昨日の記事

今週は東うねりが
十分なサイズで毎日続きそう、
千葉の北風をかわすポイントへ
【2021.12.5】
https://asasfsas24.com/20211205/wave-23645/

🔷一昨日の記事

高気圧から周期の長い
東うねりで波のある土曜日、
明日は北東の風をかわす
ポイントへ【2021.12.4】
https://asasfsas24.com/20211204/wave-23629/

★お知らせ★

以前よりKindleにて出版しておりました
「週末サーファーのための波乗り気象学(前編)」
の内容を分割して加筆・更新し
新たなKindle本として出版いたしました

いい波にのるために(1): 週末サーファーというスタイル Kindle版
https://amzn.to/3rBZP2v

いい波にのるために(2): サーファーにとっての風と波 Kindle版
https://amzn.to/3opBknd

Kindle Unlimitedの30日間無料体験を使えば
こちら2冊ともに無料でお読みいただけます

また現在2ヶ月で290円(通常は1960円)という
キャンペーンも実施していますので、
Kindle Unlimitedで見ていただくのがお得です
Kindleアプリでスマホからも読めます

こちらのバナーリンクからKindleでお試しください

今日の風と波:周期の長い東うねりが続く

実況天気図

今日の午後3時の実況天気図です

昨日日本付近を覆っていた高気圧は
中心を東海上に移動させて
今日の関東地方は高気圧の後面に
位置した一日
となりました

千葉エリアは
高気圧の後面に位置していたことで
朝から雲の多い空模様

今朝の南房総には
こんな雲も見られました

wada-211206_cloud

日中も日が差す時間はほとんどなく
12月らしい寒さの一日に

高気圧の後面で東よりの風が
沿岸部にも入ってくるかと
思っていましたが

今日の千葉エリアは
東風というよりも北風が
吹いている時間帯が多く

北西~北東までの風が
各ポイントで吹いていましたが
北~北東の風をかわず
南向きのポイントへ向かうのが
無難な一日
となりました

はるか東海上の高気圧からの
東うねりの反応と
東海上の高気圧の東うねりも加わって
今日も十分なサイズで東うねりは続き

千葉エリアは昨日よりも
ややサイズもアップ傾向な
十分なサイズの反応
がありましたね

東うねりが強くなってきたことで
強いうねりをかわすという点でも
北~北東の風をかわす南向きのポイントへ
向かうのが無難でした

wada-211206

和田エリアの午前は風はほとんど
吹いておらず比較的にまとまった波
でしたがワイドな波が中心

頭サイズのセットがコンスタントに
入ってきていてややハード気味な
コンディション

今日は写真はないのですが
白渚ポイントのほうが少しサイズは
落ち着いていてコンディション的には
白渚のほうが良さそうなブレイクでした

湘南エリアも東うねりだと
サイズ小さく物足りないコンディションに
なってしまうのですが

今回は周期の長いしっかりとした
東うねりであることから
湘南にも腰腹くらいで遊べるサイズの
波がブレイクしていたようですね

鵠沼のライブ映像などを見ていると
そこそこ遊べる波が入っているようでした

石廊崎の波浪観測データ_211206

こちらは石廊崎の波浪観測データですが
東うねりのときはあまり反応がよくない
石廊崎のデータなんですけど

今日は波高はそれほどアップはしてないまでも
周期が14秒の波が朝から反応しており
このしっかりしたうねりが
東うねりでも湘南に腰腹~胸サイズの
セットをもたらしたのではないかと思います

湘南の海に入ってないのでわからないですけど
ワイドながらもセットはしっかりした
力のあるブレイクだったのでは
ないでしょうか?

🔷今日の暦と潮回りはこちら🔷

千葉エリア:こよみと潮まわり(勝浦)
2021/12/06
日の出:06:33 / 日の入:16:26
大潮
満潮:06:33(149cm) / 16:46(162cm)
干潮:11:28(98cm) / -(-cm)

湘南エリア:こよみと潮まわり(江の島)
2021/12/06
日の出:06:36 / 日の入:16:29
大潮
満潮:06:54(151cm) / 17:05(158cm)
干潮:11:55(96cm) / -(-cm)

明日の風と波:東うねりと北東の風をかわすポイントへ

予想気圧配置

明日午前9時の予想気圧配置です

明日は東海上の高気圧は
中心を更に東へと移動させ
日本の南東海上にあった前線上に
新たに低気圧が発生する見込み

高気圧の南側で吹く東よりの風は
低気圧へと吹き込んで
この低気圧の北側では等圧線の間隔が狭く
なっていきそうです

低気圧の北側では
更に強い東よりの風が
吹くエリアができそうで

反応している東うねりは
明日はもう少し強まってきそうです

 

沿岸部の風は
低気圧の北側で吹く北東の風が
関東地方には入ってきそう

朝からやや強めに吹く風は
夕方まで同じくらいの強さで
続きそう

東うねりが十分なサイズで
反応が続き
北東の風が強めに吹く時間帯が
あるということで

明日もポイント選びとしては
今日と同じ傾向

北東の風をかわす南向きのポイント
でのサーフィンが中心

なりそうですね

北東の風をかわしきれないポイントでは
東うねりが今日よりも強まってきそうで
だいぶハードな感じになって
しまうかもしれません

まずは千葉北なら片貝、千葉南なら鴨川マルキ
からチェックするのが良さそうですね

千葉南エリアでは白渚や和田浦などは
北東の風をかわしきれず朝からハードな感じ
になっているかもしれません

片貝やマルキでも少しハード気味な
感じになっていたら
飯岡や御宿、平砂浦などの強いうねりを
軽減するポイントへ移動するのが
よいのではないでしょうか

関連記事

年間を通してサーフィンしていると当然ですけど波があるときとないときがあります。地形的にあらゆる方向から広範囲にうねりの反応があり波の豊富な千葉エリアでも波がない日が続くこともあれば波がある日が続くこともあ[…]

波が続いたときの気圧配置

湘南もこれだけ周期の長い東うねりが
はいってくると
明日もまわりこんでのうねりの反応が
続きそうで

明日も今日と同じくらいの
遊べるサイズの波は入ってくるのでは
ないかと思いますが

周期の長い東うねりはダウンして
周期の短い東うねりにかわってきそう
なので
今日よりは少しダウンしてくるかも・・・

北東の風で面も影響はなさそうなので
千葉にいくにはちょっとハードだなという方は、
明日は湘南でほどよいサイズで
遊べる波の時間帯があるかもですね

サイズ重視の方は千葉の北東の風を
かわすポイントや勝浦エリアなど

向かうのがよいかと思います

🔷明日の暦と潮回りはこちらです🔷

千葉エリア:こよみと潮まわり(勝浦)
2021/12/07
日の出:06:33 / 日の入:16:26
中潮
満潮:07:24(143cm) / 17:26(157cm)
干潮:00:05(-11cm) / 12:10(100cm)

湘南エリア:こよみと潮まわり(江の島)
2021/12/07
日の出:06:37 / 日の入:16:29
中潮
満潮:07:44(144cm) / 17:42(154cm)
干潮:00:32(-8cm) / 12:35(100cm)


【お知らせ】
サーファーズイヤーにならないために
冬の海に入る時は耳栓をおすすめします
SurfEars 3.0は超オススメです
Amazonだと少し安く購入できます

明後日の風と波:雨風強く気温もかなり下がりそう・・・

予想気圧配置

明後日の午前9時の予想気圧配置です

南海上の前線を伴った低気圧は
やや発達しながら北東方向へと進む見込み

関東の南東海上には小さな低気圧が
新たに発生する予想にもなっており

日本海に東進してくる高気圧との間で
気圧傾度が大きくなって
等圧線の間隔は更に狭くなってくる

予想気圧配置です

明後日もこれら高気圧と低気圧との間で
強めに北~北東の風が関東に
向けて入ってきて

東うねりから北東の風波・うねりも
加わりサイズが大きい状態が続く
のでは
ないでしょうか

低気圧へと吹き込む風になるかもしれなく
沿岸部の風は北西~北が強めに
吹いてくるかもしれません

低気圧が近いこともあり
まとまった雨にもなってきそうで

サイズと風は良さそうなものの
雨風つよくて気温も真冬並みまで
下がってきそうなので

朝一から海に入るモチベーションが
萎えてしまいそうな天候に
なる可能性がありそうです

 

また明日の状況みて
記事に更新していきたいと思います!


気象関連実況データ

Twitterタイムライン

Windy:https://www.windy.com/

Wind

Waves

Swell1

天気図

アメダス風向風速

台風情報

過去の「今日の気圧配置と波情報」

過去5年分の今日の記事を紹介しています

OnThisDay-2016.12.05

12/6 3:00日本海の低気圧が北東進中寒冷前線が日本海沿岸に沿うように位置しており、本州は広くこの低気圧の暖域に入っている湘南では低気圧に向かっての南から南西の風が吹いており、オンショアコンディション千葉もだんだんと南よりの風に[…]

IMG
OnThisDay-2017.12.06

12/6 3:00 ASAS昨日は冬型の気圧配置ながらも日本海で発生した小低気圧が東へ抜けたこともあり関東地方は低気圧に吹き込む南西の風が強く吹いた。湘南では風波のオンショアながらもサイズアップし夕方には少しまとまって出来るようになってい[…]

IMG
OnThisDay-2018.12.06

12/6 3:00 地上天気図と波情報今朝は昨日までの高温のぶり返しの序章的な感じで、関東地方でも最高気温は昨日に比べて7度くらい下がり、冷たい雨の木曜日。低気圧からのびる前線がはるか東の海上まで移動し、日本付近は新たな低気圧が複数これ[…]

OnThisDay-2019.12.06

気圧配置&天気と波情報 : 次第に冬型は緩むが寒さ続く午前3時の実況天気図 ASAS今朝も冬型の気圧配置が続いていますが等圧線の間隔を見てもわかるように、大陸にある高気圧が張り出してきており、冬型は緩んでいく傾向です。衛星[…]

OnThisDay-2020.12.06

おはようございます。はるべえです。12月6日日曜日の天気図と波情報/波予想を更新していきます。昨日の千葉エリアは午後になっても日差しはほとんどなく雲が多い空模様が続きました。午後も一部では雨が降って気温も低かったので[…]

今日の記事は以上です。

Twitter/Instagram/Facebook/Youtube
でも発信しています!


こちらの記事も合わせてご覧ください!

気圧配置による風と波

刻々と変化する波のコンディション波のコンディションは気圧配置による風向きやうねりの向き、また潮回りや海岸の地形などのいろいろな要素によって常に変化するということは、過去の記事や毎日の天気図と波情報をよんでもられば理解していただけるかと思[…]

いい波に乗るために気圧配置パターン
エリア毎の特徴:千葉~伊良湖

ポイント毎に異なるうねりの反応前回の記事では「うねりの向き」について記載してみましたが、今回は日本のサーフエリアの特徴や反応するうねりの向きについて記載してみようと思います。ポイントの向きによってうねりが入りやすいのかどうか[…]

エリア毎の特徴とうねりの向き(千葉~伊良湖)
波をつくるための風

/サーファーはいつも風を気にしています\はるべえはるべえ@サーフィン大好きな気象予報士です。そうなんですサーファーはいつも風を気にしているんですよね海に行く前日はもとより平日の満員[…]

波をつくるための風
石廊崎で周期14秒の東うねり
最新情報をチェックしよう!