高気圧から周期の長い東うねりで波のある土曜日、明日は北東の風をかわすポイントへ【2021.12.4】

はるべえ@波乗りブログ毎日書いてる気象予報士です。

12月4日 土曜日の
気圧配置と風と波の状況/
明日のサーフポイント情報を

本日も更新していきます。

東海上の高気圧からの吹き出しによる
東~南東うねりは千葉エリアに
しっかり反応し

湘南には南西~西うねりの反応で
風の影響がありながらも遊べる
コンディションな土曜日でした

今日は西よりの風でしたけど
明日は北東からの風が入ってきそうです

千葉は東寄りのうねりが明日も
十分続きそうなので
風をかわすポイントへ向かうのが
良さそうです

湘南にも元台風21号からの
南うねりや高気圧からの南東うねりも
入って遊べる波がありそうです

そんな状況も踏まえて
まずは今日の気圧配置から見ていきましょう

昨日と一昨日の気圧配置の流れを把握しておくと
より明日にかけての風と波が見えてきます

🔷昨日の記事

高気圧の南側で
吹走距離2,000㎞以上の
東~南東うねりが
しっかり反応【2021.12.4】
https://asasfsas24.com/20211203/wave-23614/

🔷一昨日の記事

湘南は一日通して遊べた波、
台風21号は北緯20度を
越えてきそうだけど・・・
【2021.12.2】
https://asasfsas24.com/20211202/wave-23599/

今日の風と波:高気圧からの東うねりがしっかり反応

実況天気図

今日の午後3時の実況天気図です

昨日日本海を北東方向へと進んだ低気圧は
オホーツク海にまで移動し
西からは大陸にある高気圧との間で
等圧線が縦にはしる西高東低の気圧配置です

西高東低の気圧配置といっても
真冬の強い冬型のような西高東低ではなく
日本付近にかかる等圧線は
波打った感じでかかっています

また南海上を北東へと進んでいた
台風21号は午後3時の時点の天気図では
熱帯低気圧に降格して解析されていました

今朝の千葉エリアの朝は
午前9時くらいまでは風の弱い時間帯が
ありましたが

その後は各地で西よりの風が入り
千葉エリアはやや強めに入る西の風で
湘南も南西~西の風が入ってきていました

chibaminami-211204

千葉は千葉南エリアのほうが
西よりの風が強めに入り
南向きのポイントではサイドからの風で
波はヨレてまとまりのない感じに
なってきましたが

南西の風をかわす千倉や千歳などでは
強めの風でしたけど風をかわし
はるか東海上の高気圧からの
しっかりとした南東うねりが
反応してそこそこ遊べるコンディション

ライブ映像やSNS投稿の写真をみると
千葉北エリアでは一宮周辺では
サイズも十分ないい感じのコンディション
が続いたようですね

石廊崎の波浪観測データ_211204

湘南エリアも西よりの風が入ってきてましたが
はるか東海上の高気圧からの南東うねりと
東海沖からの西うねりの反応もあったようで

そこそこ遊べる腰腹くらいのサイズで
楽しめる時間帯があったようです

上記の石廊崎の波浪観測データを見ても
午前から午後にかけては東海沖からの
西うねりの反応が出てきていたのでは
ないかと思います

こちらいつも東海沖の西風の状況を見ている
海の安全情報のサイトですが
御前崎灯台では西よりの風が秒速10m以上で
続いていたことから

午後にかけて石廊崎の波浪観測データの
波高もアップしてきたのではないかと
思います

関連記事

季節毎の特徴的な気圧配置のときに、どのような風と波のコンディションになるのでしょうか?このブログでは、こちらのカテゴリにて、様々な気圧配置と天気図パターンによる波のコンディションについて解説してきています[…]

東海沖からの西うねり

🔷今日の暦と潮回りはこちら🔷

千葉エリア:こよみと潮まわり(勝浦)
2021/12/04
日の出:06:31 / 日の入:16:26
大潮
満潮:04:50(151cm) / 15:31(161cm)
干潮:10:04(86cm) / 22:36(-10cm)

湘南エリア:こよみと潮まわり(江の島)
2021/12/04
日の出:06:35 / 日の入:16:29
大潮
満潮:05:12(153cm) / 15:56(157cm)
干潮:10:33(82cm) / 23:03(-7cm)

明日の風と波:北東の風をかわすポイントへ

予想気圧配置

明日午前9時の予想気圧配置です

明日は西から高気圧が東へ移動し
日本付近を覆ってくる予想気圧配置です

台風21号は熱帯低気圧となり
北緯30度付近を北東方向へと進み

はるか東海上の高気圧は
やや東西の幅が狭くなってきそうなものの
高気圧の南側では東~南東うねりが
つくられてそうな気圧配置に

明日もはるか東海上の高気圧からの
東よりのうねりは十分なサイズで
千葉エリアには反応が続きそうです

沿岸波浪予想図では
房総半島沖で周期11秒、波高は2.1mの
東の波が予想されています

沿岸部の風は
高気圧の張り出しの縁辺部に沿って
明日は北東の風がやや強めに入ってきそうです

朝のうちは北風のポイントもありそうですが
すぐに北東の風になってきそう

関連記事

高気圧からの吹き出しサーファーは海に行く前に必ず波の状況がどうなのかを確認します。今のこの時代は波情報やSNSが発達していて、海にいかなくても波のコンディションやブレイクの様子が写真や動画で見れるようになりましたが、波予想の基本は天[…]

明日の千葉エリアは東うねりは
十分なサイズで続きそうなので
北東の風をかわすポイントでのサーフィン
となりそうですね

千葉北なら片貝エリア、
千葉南なら鴨川マルキポイント
からのチェックが無難となりそうで

少しサイズ小さめなところであれば
飯岡や御宿などの南向きのポイント
へ向かうのが良さそうな
いつもの北東の風が入るときの
パターンですね

湘南エリアの明日は
今日も反応していた西うねりは
ダウンしてきてしまいそうで

千葉と同じく東~南東うねりの反応が
ありそうですが

元台風21号が残した南うねりが
明日になって反応してくる可能性も
ありそうです

今回も北緯20度を越えてきても
台風からのうねりの顕著な反応はありませんでしたが
台風が残してくれたうねりが
明日になって反応してくるかもしれません

どこまで反応してくるかは
なんとも言い難いところがありますが

南うねりとして腰腹~胸くらいのサイズの
波が入ってくる可能性もあり
北東の風もかわすのでいい感じのコンディション
になってくるかもしれませんね

湘南の各ポイントのコンディションを
チェックしておくのと

湘南でサイズ出てきたなら平砂浦でも
できるコンディションになってきそうなので
こちらもポイント選びの
選択肢にいれておくと良さそうです

🔷明日の暦と潮回りはこちらです🔷

千葉エリア:こよみと潮まわり(勝浦)
2021/12/05
日の出:06:32 / 日の入:16:26
大潮
満潮:05:41(152cm) / 16:08(163cm)
干潮:10:46(93cm) / 23:20(-14cm)

湘南エリア:こよみと潮まわり(江の島)
2021/12/05
日の出:06:35 / 日の入:16:29
大潮
満潮:06:03(154cm) / 16:30(159cm)
干潮:11:14(89cm) / 23:47(-11cm)

明後日の風と波:高気圧からの東うねりが強まりそう

予想気圧配置

明後日の午前9時の予想気圧配置です

明日日本付近を覆ってくる高気圧は
中心を東海上へとシフトさせてくる
予想気圧配置です

沿岸部の風は
高気圧からの吹き出しによって
東よりの風が入りやすくなりそうです

朝のうちは北風がふく時間帯が
あるかもしれなくて
湘南では北東の風となるかのしれません

 

波のほうは
はるか東海上の高気圧からの吹き出しによる
東~南東うねりが続くのに加えて

東海上にシフトした高気圧からも
東よりのうねりの反応が出てきそうで
東うねりの反応は明日より強まって
くるのではないかと思います

千葉エリアは東風が入りそうですが
明日とポイント選びは同様の傾向で
北東の風をかわすポイントへ向かっての
サーフィンとなりそうです

明日よりも風の影響がでそうですが
サイズはありそうなので
少しでも風を軽減するポイントでの
サーフィンが良さそうですね

 

湘南は元台風21号からの南うねりは
弱くなってしまいそうですけど
高気圧からの東から南東うねりが
まわりこんで少し反応は続きそうなので

遊べるだけのコンディションは
続くかもしれませんが

また明日の状況を見て
明日の記事にて更新したいと思います

気象関連実況データ

Twitterタイムライン

Windy:https://www.windy.com/

Wind

Waves

Swell1

天気図

アメダス風向風速

台風情報

過去の「今日の気圧配置と波情報」

過去5年分の今日の記事を紹介しています

OnThisDay-2016.12.03

12/4 3:00日本付近は移動性高気圧の後面にさしかかる九州の南部にキンクが見られこれから低気圧が発生し前線を伴って東進してくる西から天気は下り坂今朝の千葉はどこもいい感じ風は北西オフショアが弱めに吹いていて、サイズも昨日と同じ[…]

IMG
OnThisDay-2017.12.04

12/4 3:00 ASAS昨日日本付近を覆っていた2つの中心のある高気圧は東の海上に抜けて今朝は南の海上に低気圧が東進中。東海上にも小さな低気圧が解析されている。総観規模でいうと気圧の谷となり明日からはまた強い寒気が流れ込む。大潮まわ[…]

IMG
OnThisDay-2018.12.04

12/4 3:00 地上天気図と波情報高気圧の中心ははるか東海上にまで移動し太平洋側には南から南西の風が入りやすい気圧配置に。日本海には昨夜から低気圧が東進してきており、前線を伴って発達しながら東進を続けています。今日は高気圧から日[…]

OnThisDay-2019.12.04

気圧配置&天気と波情報 : 御前崎沖合の風を要チェック午前3時の実況天気図 ASAS今日は まさに西高東低の冬型の気圧配置。オホーツク海には低気圧が猛烈に発達しており等圧線の間隔が非常に狭くなっています。北日本までこの[…]

OnThisDay-2020.12.04

おはようございます。はるべえです。12月4日金曜日の天気図と波情報/波予想を本日も更新していきます。今日は太平洋側は良く晴れますけど日本海側は雲が広がるところが多くなりそうです。冬型がバッチリきまった感じの気圧配置で[…]

腰腹の程よい波

今日の記事は以上です。

Twitter/Instagram/Facebook/Youtube
でも発信しています!


こちらの記事も合わせてご覧ください!

気圧配置による風と波

はるべえ今回は気圧配置の型によってどんな波になるのかを詳しく解説していきます毎日毎日天気図みて気圧配置の流れからどんな波のコンディションになるのかを見ていますが、、、気圧配置にもいろんなパター[…]

いい波に乗るために気圧配置パターン
うねりの向きを知っていい波をあてる

はるべえはるべえ@波乗りお天気ブログを毎日更新している気象予報士です/貴重な週末の休みの日に海に行くならいい波に乗りたいですよね!\週末サーファーの方なら誰もがそう思っているかと思いま[…]

うねりの向き
波をつくるための風

/サーファーはいつも風を気にしています\はるべえはるべえ@サーフィン大好きな気象予報士です。そうなんですサーファーはいつも風を気にしているんですよね海に行く前日はもとより平日の[…]

波をつくるための風
沿岸で吹く風

はるべえはるべえ@波乗りお天気ブログを毎日更新している気象予報士です今回はビーチで実際に我々が感じることのできる「風」について・・・サーファーにとってのもうひとつの”風”前回の記事に記載しましたと[…]

サーフチェックサムネイル
“天気図から風と波を予想していい波をあてる”をテーマに、週末サーファーがいい波にのるための、気象・海の知識と経験則についてKindle電子書籍にしました。

Kindle Unlimited」への登録で、全ての本は30日間無料で読めます。Amazonユーザなら登録は簡単です Kindle Unlimitedはこちらから
明日は北東の風をかわすポイントへ
最新情報をチェックしよう!