波と闘ってはダメ。いかに優しく抱かれるか。【2022.2.24】

はるべえ
はるべえ@
波乗りブログ毎日書いてる
気象予報士
です

2月24日 木曜日の
気圧配置と風と波の状況を

本日も更新していきます。

今日はいつもと違った感じの
タイトルにしていますが

何でかと言いますと
今日はふとこちらの記事が目にとまり
読んでいたのですが

サーフィンのない人生なんて!
日本のビジネスマンよ、もっと遊ぼう

https://forbesjapan.com/articles/detail/45974

この記事の中にタイトルにした言葉があり
とても共感したからなんです。

こちらの記事はForbes Japanのサイトの
中で掲載されている
「エグゼクティブ異種交遊録」です

ビジネスリーダーの私的な交遊を通して、
彼らの“裏の顔”に迫る新連載
ということで連載の1回目から
とてもいい記事を読ませていただきました

今回のビジネスリーダーは髙島郁夫さん
「Francfranc」の元社長さんというと
おわかりになるかと思います。

内容は記事を直接読んでいただければと
思いますが、この言葉にはとても共感しました
波と闘ってはダメ。いかに優しく抱かれるか。

まさにその通りなんですけど
この「いかに優しく抱かれるか」という
表現がとてもいいですよね。

自然・海のことをよく理解して
波のチカラ、潮の流れを上手に
使わせてもらって
優しく抱かれるように波に乗る

カレントを使って沖にでたり
波が巻き上げる力をフルに使ってテイクオフ
パワーゾーンをキープしながらの
ライディングなど

自然のチカラを存分に使わせてもらい
「他力本願」でサーフィンすること
意識すると、よりサーフィンが楽しく
なるのではないかと思います。

そんな自然のチカラ、波のチカラを
使ってサーフィンすることは
コレクトサーフさんの授業で教えてもらいました
詳細はこちらから

そんなコレクトサーフさんからお知らせを頂きまして
明日の2月25日(金)20時~22時に

サーフィンを簡単に理解する
オンラインセミナー(ZOOMで開催)

を開催されるとのことです

しかもこちらから登録すると
1,000円割引で参加できるということで
お知らせをいただきました

一度聞いてみてもらえれば
とても興味の湧く内容かと思いますので
よろしければと思いご紹介させて頂きました

明日ご予定のつく方は参加されて
みては如何でしょうか?

まずはこちらからLINE登録して頂き
参加希望を押してもらえると
明日の開催10分前にZoomのURLが
届きますのでそちらから参加できます

今日の気圧配置と風と波

午前9時の実況天気図

今日の午前9時の実況天気図です

アリューシャンにある低気圧は、
引き続きほぼ同じ勢力を維持しており、
中心気圧は982hPaとして
巨大な低圧場が解析されています。

日本付近も
引き続き西高東低の冬型の
気圧配置が続いており、

西日本から北日本の
日本海側の広い地域は
大雪や着雪に注意が必要な
状況も続いています。

積雪の多い地域は
なだれにも注意が必要な
状況にもなってきそうです。

冬型の気圧配置が続いていることにより、
東海沖の西風も続いていますが、

舞阪灯台のデータを見ると
やや西風は弱くなってきていました。

御前崎到達の西風は
今朝になって再び少し強まって
きた感じで推移しています。

 

こちら石廊崎の波浪観測データは、
東海沖の西風の強弱により
波高もアップダウン
している感じで、

まったく波がなくなる
という訳ではなく
地味になんとか続いている
という状況。

湘南エリアは物足りないながらも、
西うねりが何とか続いていて、

ポイント選べば
少しできるくらいの波が
入ってきているようです。

 

また東北の唐桑の波浪観測データでは、
短い周期の波も混じって
観測されるようになってきましたが、

10秒以上の周期の長い波も
コンスタントに観測されています。

千葉北に反応している
北東うねりは今日も続いて
腰胸くらいのミドルサイズの
セットの波も続いているようでした。

アメダス風向風速_220224_1000

今日の千葉沿岸部は
北西の風が強めに吹いていたので、

オフショアとなるポイントでは
次第に波が抑えられてしまうかもしれません。

 〜

千葉南エリアにも
平砂浦には西うねりの残りが
湘南と同じく物足りない
感じで続いてますが、

御宿〜千倉までは
千葉北と同じく北東ベースの
うねりが反応してきている
ように見えますが、

昨日の西うねりの反応よりも
サイズは下がっている
ような状況でした。

白渚の朝はどんよりした空模様で
冷たい北よりの風が吹いてました。

朝のサイズはセットで
腰腹くらいでしょうか。

昨日のほうができる波は
多かったのではないかと思います。

こちらも北よりの風が冷たく、
潮が多いこともあり
割れにくい腰くらいのブレイク。

北東からの波へと
シフトしてきているようです。

昨日は西うねりがもう少し
反応良かったのですが、

今朝は西うねりはダウンし
潮が多い時間帯ということもあり、

今朝はショアブレイクっぽい感じで
乗れる波は少なかったです。

今日の暦と潮回り

千葉エリア:こよみと潮まわり(勝浦)
2022/02/24
日の出:06:15 / 日の入:17:29
小潮
満潮:08:34(127cm) / -(-cm)
干潮:02:31(78cm) / 16:19(31cm)

湘南エリア:こよみと潮まわり(江の島)
2022/02/24
日の出:06:18 / 日の入:17:32
小潮
満潮:08:39(130cm) / -(-cm)
干潮:02:49(83cm) / 16:40(32cm)

明日の気圧配置と風と波

明日午前9時の予想気圧配置

明日午前9時の予想気圧配置です

アリューシャンにある低気圧は
やや勢力は弱くなってくる見込みで、
日本付近は西高東低の気圧配置ですが、

東シナ海から高気圧が張り出してきて
冬型が西から緩んでくる
予想気圧配置です。

北日本にかかる等圧線の間隔は
まだ狭い状況が続きそうですが、

等圧線の流れは
だいぶ東西のゾーナルな流れと
なってくるようです。

関東地方は
高気圧の前面に位置するようになり、

前半は北西ベースで吹きそうですが
高気圧が進んできて
次第に風向は不安定になって
くるかもしれなく、

オンショアが吹いてくる
可能性もありそうです。

冬型は緩んできそうですが、
高気圧の前面で日本海側から
北西の風が入りやすい状況は
続きそうであり、

東海沖では西よりの風が
続きそうです。

ただ西風は強い冬型のときのような
強い西風とはならず
それほど強くは吹かなそうなので、

西うねりは物足りない状態で
なんとか続くといった感じでしょうか。

また千葉エリアに反応している
北東うねりは今日と同じくらいで
続きそうかといったところで、

千葉エリアでは遊べるくらいの
サイズの波はあるのでは
ないかと想定します。

明日も前半は
潮が多い時間帯がべたーっと
続く潮回りとなり、

夕方にかけて
一気に引いてきます。

朝から向かうなら
今日も反応している
北東うねり狙いで

千葉北へ向かうのが
無難になってきそう
ではあります。

千葉南は潮が引いてくる
後半を中心に考えた方が
よいのではないでしょうか

明日の暦と潮回り

千葉エリア:こよみと潮まわり(勝浦)
2022/02/25
日の出:06:13 / 日の入:17:30
長潮
満潮:00:30(97cm) / 09:13(122cm)
干潮:03:07(94cm) / 18:01(27cm)

湘南エリア:こよみと潮まわり(江の島)
2022/02/25
日の出:06:17 / 日の入:17:33
長潮
満潮:01:08(102cm) / 09:13(124cm)
干潮:03:21(101cm) / 18:25(28cm)

明後日の気圧配置と風と波

明後日の午前9時の予想気圧配置

明後日の午前9時の予想気圧配置です

北からの高気圧に覆われていた
真冬の気圧配置から
西から暖かい空気を持った高気圧に
覆われてくるようになってきそうです

日本付近は久しぶりに
南高北低」の気圧配置に
なってくる見込みで

昨日の記事にも書いたとおり
この週末はだいぶ暖かくなって
くるものと思われます。

千葉はアリューシャンからの
北東うねりが何とか続いて
欲しいところですが・・・

また明日の状況みて
更新します!

気象関連実況データ

Twitterタイムライン

Windy:https://www.windy.com/

Wind

Waves

Swell1

過去の「今日の気圧配置と波情報」

過去5年分の今日の記事を紹介しています

2月24日の気圧配置と波情報
2021
https://asasfsas24.com/20210224/wave-18068/
2020
https://asasfsas24.com/20200224/wave-11874/
2019
https://asasfsas24.com/20190224/wave-6380/
2018
https://asasfsas24.com/20180224/wave-531/
2017
https://asasfsas24.com/20170224/wave-168/

今日の記事は以上です。

うねりの向きを知っていい波をあてる

はるべえはるべえ@波乗りお天気ブログを毎日更新している気象予報士です/貴重な週末の休みの日に海に行くならいい波に乗りたいですよね!\週末サーファーの方なら誰もがそう思っているかと思いま[…]

うねりの向き
“天気図から風と波を予想していい波をあてる”をテーマに、週末サーファーがいい波にのるための、気象・海の知識と経験則についてKindle電子書籍にしました。

Kindle Unlimited」への登録で、全ての本は30日間無料で読めます。Amazonユーザなら登録は簡単です Kindle Unlimitedはこちらから
波と闘ってはダメ。いかに優しく抱かれるか。
最新情報をチェックしよう!