この週末はよく行くポイントの津波避難ルートを確認しておきましょう【2022.3.11】

はるべえ
はるべえ@
波乗りブログ毎日書いてる
気象予報士
です

3月11日 金曜日の
気圧配置と風と波の状況を

本日も更新していきます。

今日は東日本大震災が
発生してから11年となる日です。

もう11年が経過するのか
という感じがします。

復興は進んでいることは
いろんなニュースを見ても
わかりますが、

11年経過した今でもまだ
避難生活を余儀なくされている方も
多くいるのが現状です。

これだけ年月が経過してくると、
この地震による記憶と教訓を
後世に伝え続けていくことが
課題となってきます。

特にサーファーは
海にいる時間が長いことから、
津波に関しては敏感になっておく
必要があると思います。

こちらのブログやLINE公式アカウントでも、
毎年この日はこちらの記事を
紹介していくことで、

1人でも多くのかたに
海からの避難について少しでも
意識してもらえたら・・・
っと思っています。

関連記事

2021年2月13日 午後11時8分、福島県沖を震源とするマグニチュード(M)7.3の地震が発生しました。この地震で福島県や宮城県では震度6強を観測した地点があり、東北地方から関東地方までの広い範囲で大きな揺れが[…]

サーフィン中に緊急地震速報2

また地震や津波の話題が
あったときなども
なるべく紹介するように、
今後も発信を続けていこうと思います。

関連記事

午前0時15分、気象庁は津波警報、注意報を発表しました。津波警報・注意報は全ての地域において解除されました(16日 14時)警報・注意報が出ている間は決して海に近づかないようにお願いします千葉沿岸部の各地域で[…]

220116津波警報注意報 (1)

普段よく行くポイントの
避難ルートを一度チェック
するだけでも、

いざというときの行動が
変わってくると思いますので、

この週末に海に行かれるかたは、
ぜひこの機会に一度
ホームポイントやよく行くポイントの
避難ルートについてチェック
しておいてもらえればと思います。

今日の気圧配置と風と波

午前9時の実況天気図

今日の午前9時の実況天気図です

日本付近は高気圧に覆われている
状態が続いています。

昨日の朝の時点では日本海と東シナ海に
それぞれあった高気圧中心が
ゆっくりと東進を進めてきており

今朝は三陸沖と紀伊半島の南あたりまで
移動してきました

今日は昨日よりも更に気温あがり
4月並みの暖かさとなったようで
花粉の飛散も多くなってきそうです・・・

今朝はまだ風は弱いポイントが多く
北西のオフショアベースの風が吹いている
ところが多くなり、面には影響はない
時間帯でしたが、

午前中から南海上の高気圧の北側で吹く
南西ベースの風へとシフトしてきて
次第に強く吹いてくるところが
多くなってきました

こちらは13時のアメダス風向風速データです

アメダス風向風速_220311_1300

波のほうは昨日よりややサイズは
落ちてきたところがありましたが
ここ最近続いているアリューシャン
方面からの北東うねりの反応が
まだ続いており

一宮周辺ではミドルサイズの
腹胸~肩くらいなサイズ感で
風も合う時間が多かったので

そこそこ十分楽しめる感じだったかと
思いますがオフショアベースの風が
かなり強く吹いたので
あおられてしまう感じだったかと思います

千葉南エリアも
南西の風が吹いてきてからは
潮が引いてくる時間帯にもなってきて
千歳や千倉でそこそこ遊べる
コンディションながら
こちらも風がかなり強くふいてました

南向きの鴨川~和田エリアは
南西の風によって
だいぶまとまりのない
波になってきてしまいました

こちらは朝の
千葉南エリアの波の様子です

まだ風の影響は少ない時間帯でしたが
潮も多めでブレイクはイマイチな
感じに見えました・・・

こちらもまだ風の影響なかったんですけど
少しヨレはありながらも
乗れそうなブレイクがありました。

誰も入ってなかったんですけど
入ったらそこそこ出来そうに
見えました。

朝の風が吹きはじめる前は
比較的にまとまった波で

上手な方はインサイドまで
何発も当て込みながらの
ライディングをされてました。

今日の暦と潮回り

千葉エリア:こよみと潮まわり(勝浦)
2022/03/11
日の出:05:55 / 日の入:17:42
小潮
満潮:08:16(115cm) / -(-cm)
干潮:01:46(88cm) / 17:04(41cm)

湘南エリア:こよみと潮まわり(江の島)
2022/03/11
日の出:05:58 / 日の入:17:45
小潮
満潮:08:15(118cm) / -(-cm)
干潮:02:05(93cm) / 17:16(43cm)

明日の気圧配置と風と波

明日午前9時の予想気圧配置

明日午前9時の予想気圧配置です

今朝は日本海北部から沿海州あたりにあった
前線をともなった低気圧は
明日の朝までには中心をサハリンあたり
まで移動させてくる見込み

低気圧の後面には別の高気圧が
追従して日本海に中心を移動させてきて
日本の南側に拡がる高気圧帯と
繋がるような予想気圧配置です。

明日も気温の高い状態が続きそうで
東京の最高気温は20℃予想がでています

日曜も同じくらいの暖かさとなりそうなので
春真っ盛りな週末となりそうですね

沿岸部の風は昨日の記事にも
記載しましたとおり
微妙な風向きとなってきそうで

時間帯やエリアによっても
吹く風が異なるといった状況に
なってくるのではないかと思います

朝の早い時間は今日と同じく
西~北西のオフショアベースの
風からのスタートとなり
風の合うポイントが多くなりそうですけど

今日風の合わなかった南向きの
ポイントなどは
朝の時点ではまだまとまりのない
波からのスタートになってしまうかも
しれません

 

早いところでは午前中から東~南東の
風が入ってくる
エリアもありそうで
次第に風が合わなくなってきて

再びまとまりのない
波になってきてしまいそう・・・

石廊崎の波浪観測データ_220311

こちらは石廊崎の波浪観測データですが
今日吹いた南西ベースの風は
20時のデータでもほとんど反応は
でていない状況ですが

これから明日の朝にかけても
南海上では南西の風が続きそうなので
明日の朝はもう少し反応が良くなって
くる可能性があります

湘南や千葉南エリアの
南向きポイント
では
西~南西からの波で
少しできるくらいの波は残るのでは
ないかと思いますが

サイズはそこまで期待はできなそうで
腿腰~腹くらいなサイズ感での
サーフィンになるのかなと想定します

風が東~南東にシフトする前に
入っておきたいところですが

明日の朝も潮が多い時間帯が
ベターっと続くので
なかなか割れない厚い波
が多くなってきそうです

今日はオフショアが強いながらも
東~北東うねりの反応も残って
サイズもそこそこ反応していた
一宮周辺や茨城の鹿嶋エリア

明日の朝も風が良さそうなので
朝一から入るなら
今日と同じくこれらのエリアで
入るというのが無難かもしれません

風が東~南東にシフトする前の
早めに入っておくのが良さそうです

明日の暦と潮回り

千葉エリア:こよみと潮まわり(勝浦)
2022/03/12
日の出:05:54 / 日の入:17:43
長潮
満潮:08:47(107cm) / -(-cm)
干潮:18:43(38cm) / -(-cm)

湘南エリア:こよみと潮まわり(江の島)
2022/03/12
日の出:05:57 / 日の入:17:46
長潮
満潮:08:31(110cm) / -(-cm)
干潮:19:00(42cm) / -(-cm)

明後日の気圧配置と風と波

明後日の午前9時の予想気圧配置

明後日の午前9時の予想気圧配置です

高気圧が南東海上に中心を移し
日本海には低気圧が予想されています

高気圧の西の縁辺をまわる風が
低気圧へと流れ込むような
風の流れとなりそうで

この日も西~南西の風が
吹きやすい一日となりそうです。

ただ風波でサイズアップしてくる
くらいまでの風とはならなそうで
明日土曜よりも波はダウン傾向と
なってきてしまうかも・・・

翌月曜にかけても南西の風が
続きそうなので
また千葉エリアは来週前半には
水温が下がってくるかもしれませんね

また明日の状況見て
更新します


気象関連実況データ

Twitterタイムライン

Windy:https://www.windy.com/

Wind

Waves

Swell1

過去の「今日の気圧配置と波情報」

過去5年分の今日の記事を紹介しています

3月11日の気圧配置と波情報
2021
https://asasfsas24.com/20210311/wave-18275/
2020
https://asasfsas24.com/20200311/wave-12179/
2019
https://asasfsas24.com/20190311/wave-6574/
2018
https://asasfsas24.com/20180311/wave-547/
2017
https://asasfsas24.com/20170311/wave-183/

今日の記事は以上です。

波をつくるための風

/サーファーはいつも風を気にしています\はるべえはるべえ@サーフィン大好きな気象予報士です。そうなんですサーファーはいつも風を気にしているんですよね海に行く前日はもとより平日の[…]

波をつくるための風
沿岸で吹く風

はるべえはるべえ@波乗りお天気ブログを毎日更新している気象予報士です今回はビーチで実際に我々が感じることのできる「風」について・・・サーファーにとってのもうひとつの”風”前回の記事に記載しましたと[…]

サーフチェックサムネイル
“天気図から風と波を予想していい波をあてる”をテーマに、週末サーファーがいい波にのるための、気象・海の知識と経験則についてKindle電子書籍にしました。

Kindle Unlimited」への登録で、全ての本は30日間無料で読めます。Amazonユーザなら登録は簡単です Kindle Unlimitedはこちらから
今週末はよく行くポイントの津波避難ルートの確認を・・・
最新情報をチェックしよう!