2022 ISAワールドサーフィンゲームス トライアル強化合宿がマルキで開催【2022.3.12】

はるべえ
はるべえ@
波乗りブログ毎日書いてる
気象予報士
です

3月12日 土曜日の
気圧配置と風と波の状況を

本日も更新していきます。

今日は今週末に開催されている
2022 ISAワールドサーフィンゲームスにむけての
トライアル強化合宿についての話題から

今週末は2022 ISA トライアル強化合宿が開催中

この週末は鴨川マルキポイントで
2022ISAワールドサーフィンゲームス(WSG)の
代表選考にも大きく影響してくる
トライアル強化合宿というのが
開催されているようです。

この2022年のISA WSGは
まだどこで開催するのかいつやるのか
も決まってない?ようですが
例年と同じく男子3名と女子3名が
代表選手として選考されるようです。

その代表選手をどうやって選ぶのかというと
これがまたいろいろなステップがあるようで
まだ決まってないところも多いようなのですが

1つ決まっているのが
3月末になんとあの静波サーフスタジアムで開催予定の
第3回ジャパンオープンオブサーフィン
優勝した男女各1名が出場できるようです。

さらにこのジャパンオープンオブサーフィンに
出場できる選手を決めるというのが
今日明日で開催されている
トライアル強化合宿で

この強化合宿で男女14名を選出するという
ことになるようです。

強化合宿という名前なので
練習試合のイメージをしていたのですが
ジャパンオープンに出場するための
選考も兼ねているということのようなので
大事な強化合宿となるようですね

またこちらも3月末に志田下で開催予定の
QS1000 ASIA OPEN 2022においても
上位男女4名がジャパンオープンに参加できる
とのことなので、

この3月は大会が目白押しで
選手のみなさんは大事な1ヶ月となりそうですね

気温の変化が大きく、朝晩の寒暖差も大きいことから
体調など崩さないようにして
実力を発揮できるようにコンディション
整えて、みなさん頑張ってほしいですね

 

それでは今日も気圧配置から
みていきましょう

今日の気圧配置と風と波

午前9時の実況天気図

実況天気図

今日の午前9時の実況天気図です

千島近海には低気圧があって
前線が南へと伸びています

日本海には高気圧が東進しており
南海上にも東から高気圧が張り出して
きている実況天気図です。

季節が進んでだいぶ気圧配置も
変化がでてきているのがわかります。

アメダス気温_220312_1300

今日は各地で気温が上昇し
東京の最高気温は20℃を越えて
上着はいらない春本番な陽気と
なってきました。

街をあるくと上着をもっている人が多く
中にはもう半袖の人も見かけるくらいで
一気に季節が進んだ感じがしますね

昨日一昨日から今日の風の動向が
微妙な感じかなと記載してきましたけど

午前中はエリアによって風向きが
異なりやや不安定な風向でしたけど

昼前からは南~南東の風が
入ってきたエリアが多くなり
多くのポイントで風の影響を
受けてまとまりに欠ける波と
なったポイントが多くなったようでした

こちらは今日の千葉南エリアの
午前中の波の様子です

朝は風は弱かったのですが
昨日の南西の風波がまだまとまりきらず
ボヨついた波が多かった午前中の波でした。

一宮周辺220312_193418

朝の一宮の波の様子を
共有してもらいました。

水温はまだまだ低いようですが
面もよくて腰腹くらいで
できる波だったようです

石廊崎の波浪観測データ_220312

こちらは石廊崎の波浪観測データですが
南海上で昨日の後半から強まった
南西の風による風波が

石廊崎の波浪観測データには今日は
反応してきていたようで
この波が弱いながらも湘南や千葉南エリア
には反応がありました。

南海上で吹いた南西の風が
ちょっと中途半端な感じもあり
湘南は鵠沼でやっと腿腰くらい
あるかどうかといった感じで
物足りない感じだったかと思います

鵠沼220312_193443

今日も鵠沼の波の様子を共有してもらいました
ミドルで割れても消えちゃう
波が多かったようです。

今日の暦と潮回り

千葉エリア:こよみと潮まわり(勝浦)
2022/03/12
日の出:05:54 / 日の入:17:43
長潮
満潮:08:47(107cm) / -(-cm)
干潮:18:43(38cm) / -(-cm)

湘南エリア:こよみと潮まわり(江の島)
2022/03/12
日の出:05:57 / 日の入:17:46
長潮
満潮:08:31(110cm) / -(-cm)
干潮:19:00(42cm) / -(-cm)

明日の気圧配置と風と波

明日午前9時の予想気圧配置

予想気圧配置

明日午前9時の予想気圧配置です

明日は日本海に前線を伴った
低気圧が予想され
東海上に中心のある高気圧が日本付近を
東から覆ってくる気圧配置となりそうです

こんな感じで高気圧が東から覆って
くるのは冬の間はほぼない気圧配置なので
この天気図を見ただけでも
季節は進んだなあと思います。

明日はこの高気圧の縁辺をまわって
日本海の低気圧へと吹き込む
南西ベースの風が吹きやすい一日と
なりそうです

なんですが、Windyを見ると
明日も天気図上には現れない
低気圧性の循環が
関東の南海上を午前中に
通過していきそうであり

朝のうちはこの低気圧へと吹き込む
北西ベースの風が
吹いている可能性があります

昼前には南西の風へとシフトしてくる
ようになってきて
午後は南西の風がだいぶ強まって
きそうです

沿岸波浪予想図

明日の千葉エリアは
朝に北西の風が吹いていることを
期待して

今日の夕方に比較的にサイズのあった
ポイントへ向かうというのが
無難になってくるのではないでしょうか

勝浦の潮位データ_220312

こちら明日と明後日の勝浦の予想潮位
のグラフですが

今日と同じく明日の前半も潮がほとんど
動かない潮回りとなりそうなので
地形の深いポイントでは
厚くて割れにくい状態からの
スタートとなりそうです

サイズはそれほど期待はできないですが
明日も一宮周辺では腰~腹くらいで
できる波もありそうで
風が変わって南西になってもできる
時間帯が続くことから
一日を通しては一宮周辺で入る
というのが無難かもしれませんね

千葉南エリアの鴨川~和田エリアは
朝だけは風が合う時間帯が
ありそうなんですけど
潮が多い状態で動かないので
ブレイクするピークは限られて
しまうかもしれません。

朝は今日と同じくらいの腰~腹くらいで
サイズは続きそうですけど
次第に南西の風が入って
まとまりのない波になってきそう

午後から向かうなら千歳・千倉へ
向かうのがよいかもしれませんが
サイズは期待できなそうですね・・・

湘南の朝もサイズは物足りない感じと
なってしまいそうですが
午後は南西の風が強まってきて
少しサイズが出てくるかもしれません

朝から向かうのであれば
千葉の一宮周辺などへ向かったほうが
無難となりそうです

明日の暦と潮回り

千葉エリア:こよみと潮まわり(勝浦)
2022/03/13
日の出:05:52 / 日の入:17:44
若潮
満潮:03:43(105cm) / 11:47(101cm)
干潮:08:25(98cm) / 19:57(30cm)

湘南エリア:こよみと潮まわり(江の島)
2022/03/13
日の出:05:55 / 日の入:17:47
若潮
満潮:03:52(112cm) / 11:58(103cm)
干潮:09:09(101cm) / 20:16(34cm)

明後日の気圧配置と風と波

明後日の午前9時の予想気圧配置

予想気圧配置

明後日の午前9時の予想気圧配置です

三陸沖から日本海側をとおって
黄海にある低気圧まで前線がのびる
予想となり

明後日も東海上の高気圧から
この前線にむけての西~南西ベースの
風が続きそうです

明日の後半から南西ベースの風波が
サイズアップしてきそうで
月曜は更に南西の風が強まってきそうなので

南向きポイントでは
オンショアながらもサイズアップは
してきそうですが

かなり風の影響がでてきてしまいそうな
一日となりそうです

また明日の状況みて
ブログ更新していきます

気象関連実況データ

Twitterタイムライン

Windy:https://www.windy.com/

Wind

Waves

Swell1

過去の「今日の気圧配置と波情報」

過去5年分の今日の記事を紹介しています

【千葉・湘南】今日の気圧配置と波情報(2022/03/12)
3月12日の気圧配置と波情報
2021
https://asasfsas24.com/20210312/wave-18295/
2020
https://asasfsas24.com/20200312/wave-12187/
2019
https://asasfsas24.com/20190312/wave-6582/
2018
https://asasfsas24.com/20180312/wave-548/
2017
https://asasfsas24.com/20170312/wave-184/
2016

今日の記事は以上です。

潮回りの仕組み

潮の満ち干きはそもそもどうして起こるのか??週末サーファーがいい波に乗るために。前回の以下記事では、サーフィンをするときには潮の状況をよく知っておく必要があるという内容を記載しました。[sitecard su[…]

潮の満ち干き
潮回りに合わせて海に入る

なぜ潮回りを知っておく必要があるのか?週末サーファーがいい波に乗るために。いままでの記事では、主に風と波に関する内容を記載してきました。ですが、いい波に乗るためには気象のことだけでなく、潮汐に関してもいろ[…]

いい波に乗るために潮回りに合わせて海に入る
ぼっちサーフィン

このサイトでは週末サーファーが海にいる限られた時間の中で、いかにいい波に乗るかということをテーマに、気象の観点からいい波をあてるための記事を多く書いています。そんなこのブログのターゲットである多くの週末サーファーは、海から1時間以上[…]

ISA-WSG

世界レベルのサーフィンを観戦しに宮崎へ2019年9月7日から15日まで宮崎の木崎浜で開催されている、ISAワールドサーフィンゲームスを観戦してきました(Day6 ; 9/12)。実は元々は観戦する予定はなかったのですが、世界のト[…]

波をつくるための風

/サーファーはいつも風を気にしています\はるべえはるべえ@サーフィン大好きな気象予報士です。そうなんですサーファーはいつも風を気にしているんですよね海に行く前日はもとより平日の[…]

波をつくるための風
沿岸で吹く風

はるべえはるべえ@波乗りお天気ブログを毎日更新している気象予報士です今回はビーチで実際に我々が感じることのできる「風」について・・・サーファーにとってのもうひとつの”風”前回の記事に記載しましたと[…]

サーフチェックサムネイル
“天気図から風と波を予想していい波をあてる”をテーマに、週末サーファーがいい波にのるための、気象・海の知識と経験則についてKindle電子書籍にしました。

Kindle Unlimited」への登録で、全ての本は30日間無料で読めます。Amazonユーザなら登録は簡単です Kindle Unlimitedはこちらから
2022 ISAWSG トライアル強化合宿がマルキで開催
最新情報をチェックしよう!