12/4 3:00 ASAS

  • 2017年12月4日
  • 2018年10月8日
  • 2017-01

12/4 3:00 ASAS
昨日日本付近を覆っていた2つの中心のある高気圧は東の海上に抜けて今朝は南の海上に低気圧が東進中。東海上にも小さな低気圧が解析されている。総観規模でいうと気圧の谷となり明日からはまた強い寒気が流れ込む。
大潮まわりで満月なのは知っていたが今朝はやけに月がデカいと思ったらスーパームーンであった。
今朝の千葉エリアは北から西の風。冬の時間らしくオフショアが吹いている。ここ最近ははるか東の海上にある高気圧からの吹き出しがベースとなりコンスタントに腰腹サイズはずっとある状況。今朝も九十九里では腰腹から胸くらい。ブレイクにパワーはないものの遊べるだけのサイズはあり今朝も朝から楽しめる。一宮周辺も同じくらいのサイズ感で、西寄りのオフショア。
千葉南では朝一は割れにくい時間帯なものの腰腹から胸サイズあり鴨川から千倉までどのポイントでも楽しめそう。これから潮が引いてくればもう少し良くなってくるかも。
湘南はスモールコンディション。11時頃の干潮時間帯のほうが良さそうか。明日から冬型が強まってきて御前崎沖で西風が強く吹くかもしれなく鎌倉エリアにも影響でてくるかも。
#surf #surfer #surfing #wave #beach #波 #波情報 #海 #波乗り #気象 #天気 #サーフィン #サーフ #いい波 #sunrise #japan #swell #海 #ocean #気圧配置

目次 1 週末は波があるのか?ないのか?2 うねりの向きとは3 うねりの向きとサーフポイントの関係4 うねりの向きでポイントを選ぶ5 地上天気図からうねりの向きを見つける5.1 太平洋側は高気圧の位置で東うねりの反応がざっくりわかる5.2 低気圧や台風の位置からうねりの方向を見つける5.2.1 台風 […]

目次 1 なぜ潮まわりを知っておく必要があるのか2 リーフブレイクでは潮まわりを知らないと危険2.1 満潮時刻に合わせて海へ向かう2.2 逆に干潮にならないと波が割れないポイントも3 ビーチブレイクでも潮まわりは重要なファクター4 潮が動く時間帯に合わせて海にはいる サーフィン関連商品ならQUIKS […]

【Kindle版:\250】
週末サーファーのための波乗り気象学(前編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。
Amazonで見てみる!

Kindle無料アプリの入手

↑Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↑

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!