10/2 3:00 ASAS

  • 2017年10月2日
  • 2018年10月8日
  • 2017-01

10/2 3:00 ASAS
この週末に秋晴れの晴天をもたらしてくれた移動性の高気圧は中心を東の海上に移し、西からは前線を伴った低気圧が東進してくる。
今朝は西日本では朝から雨が降りこれから雨域が東へシフトしてくる。この低気圧が通過するとまた1つ秋が深まり今週は北日本と東日本を中心に平年よりも寒い日が続きそう。
今朝の千葉エリアは南からの風。これから温暖前線に沿って南東の風が強まりそう。九十九里から一宮周辺にかけて腰腹から胸サイズはキープされている。一宮周辺のほうが今朝はコンディションは比較的良さそう。
千葉南エリアは北西の弱い風、まだ南からの風は入ってない模様。腰腹から胸サイズをこちらもキープしているけど、これから南東の風が強く吹いてきそう。今のうち入っておいたほうが良さそう。
湘南は南の風が入ってきた。サイズは昨日より少し風波に反応して鵠沼では膝腿サイズ、大磯でも腿腰、吉浜はセットで腰腹くらいある。これから風の影響がでてきてサイズアップしてくるが波質は落ちてきそう。
西日本太平洋側も東の海上にある高気圧からの吹き出し東うねりが反応して、東うねりに反応するポイントでは腰腹から胸くらいのサイズがある。茨城から東北にかけてもポイント選べば楽しめる波はある。
#surf #surfer #surfing #wave #beach #波 #波情報 #海 #波乗り #気象 #天気 #サーフィン #サーフ #いい波 #sunrise #japan #swell #海 #ocean

あわせて読みたい

このサイトでは週末サーファーが海にいる限られた時間の中で、いかにいい波に乗るかということをテーマに、気象の観点からいい波をあてるための記事を多く書いています。そんなこのブログのターゲットである多くの週末サーファーは、海から1時間以上[…]

目次 1 台風を良く知るための連載(2回目)2 台風の発生するエリア2.1 ①風が収束して大量の雲が発生2.2 ②海水温が26~27度以上2.3 ③渦を巻く力が働きだす3 台風のエネルギー源と発達3.1 上昇気流が大量の水蒸気を吸い込む3.2 発達の過程でも重要なのは海水温4 季節ごとの台風のコース […]

目次 1 なぜ潮まわりを知っておく必要があるのか2 リーフブレイクでは潮まわりを知らないと危険2.1 満潮時刻に合わせて海へ向かう2.2 逆に干潮にならないと波が割れないポイントも3 ビーチブレイクでも潮まわりは重要なファクター4 潮が動く時間帯に合わせて海にはいる サーフィン関連商品ならQUIKS […]

【Kindle版:\250】
週末サーファーのための波乗り気象学(前編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。
Amazonで見てみる!

Kindle無料アプリの入手

↑Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↑

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!