11/25 3:00 ASAS

  • 2017年11月25日
  • 2018年10月8日
  • 2017-01
毎日の気圧配置と波情報

地上天気図から見られる気圧配置の変化、風と波および潮の状況から、主に千葉と湘南エリアのサーフポイントの波情報と今後の波予想に関する記事を毎日更新中。

サーフポイントの選び方やいい波をあてるために参考になる情報です。

また、日々の天気概況や季節変化、シビアな気象現象が見込まれるときにはその注意点など安全にサーフィンを楽しむための知識や経験則についても記載しています。

twitter/Instagramでも随時情報配信中
twitter : https://twitter.com/asasfsas24
Instagram : https://www.instagram.com/asasfsas24/


11/25 3:00 ASAS
冬型は緩んできており西から高気圧に覆われてきている。今夜には太平洋側を中心にすっぽりこの高気圧に覆われてきて、日本海北部には前線を伴った低気圧が東進する見込み。この週末は太平洋側はお出かけ日和だが、日本海側は西寄りの風が強く吹きぐずつく。
今朝の千葉エリアは無風から弱い北西の風。一昨日通過した低気圧からのうねりは弱まりうねりの元ははるか東の海上の高気圧からの吹き出しがベース。昨日よりサイズダウン傾向だが、今朝は風も弱く程よいサイズ感で天気もよくサーフィン日和。九十九里では作田から片貝では腰腹から胸くらいでファンコンディション。飯岡はサイズダウンして腿腰くらいだが今朝は点在する無数のポイントではどこでもサーフィンできそう。混雑を避けてこっそりいい波を独り占めしたいところだが、駐車スペースへの配慮と車上荒らしなどに遭わないように注意したい。サーフロックを使っている方も多いと思うが、鍵のある位置を教えているようなものでサーフロック自体は簡単に壊せるから気をつけたい。
一宮周辺も今朝はファンコンディションで十分楽しめる波。今日の朝一はみんな笑顔のはず。千葉南は沖合の西寄りの風の影響があるのか、腰腹から胸サイズあるもののヨレが入り千葉北のようにはまとまらない。鴨川から千歳までは腰胸くらい、千倉はサイズダウンして膝腰サイズ。
平砂浦には御前崎沖合からの大西による波が反応していて胸肩サイズ。西風による風波に反応していて波数が多くハード気味。冬場はこの大西により湘南や平砂浦のほうがサイズがあるときがある。
その湘南は昨日からはサイズダウン傾向なものの御前崎沖合の西寄りの風による波が鎌倉から藤沢エリアを中心に反応している。由比ヶ浜から辻堂あたりまでは腰腹サイズが残り、西寄りの風の影響で面はまとまりないが十分サーフィン可能。これから明日にかけても西から南西の風によりサイズは持ちこたえそう。面はまとまりないがサーフィンはできるコンディションにはなりそう。もう少し北成分が入った風にシフトしてくれれば良さそうなのだが。
#surf #surfer #surfing #wave #beach #波 #波情報 #海 #波乗り #気象 #天気 #サーフィン #サーフ #いい波 #sunrise #japan #swell #海 #ocean

週末サーファーがいい波に乗るために 週末サーファーがサーフィンできる時間は非常に限られていますが、その限られた時間の中で ”いい波” をあてるために知っておきたい気象や海に関する知識と経験則についての […]

週末サーファーがいい波に乗るために 週末サーファーがサーフィンできる時間は非常に限られていますが、その限られた時間の中で ”いい波” をあてるために知っておきたい気象や海に関する知識と経験則についての […]

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!