低気圧により西日本から雨、関東でも夜にはまとまった雨になりそう【2019.2.22】

  • 2019年2月22日
  • 2019年4月16日
  • 2019
毎日の気圧配置と波情報

地上天気図から見られる気圧配置の変化、風と波および潮の状況から、主に千葉と湘南エリアのサーフポイントの波情報と今後の波予想に関する記事を毎日更新中。

サーフポイントの選び方やいい波をあてるために参考になる情報です。

また、日々の天気概況や季節変化、シビアな気象現象が見込まれるときにはその注意点など安全にサーフィンを楽しむための知識や経験則についても記載しています。

twitter/Instagramでも随時情報配信中
twitter : https://twitter.com/asasfsas24
Instagram : https://www.instagram.com/asasfsas24/


毎日の天気図と波情報

2/22 (金) 午前3時 地上天気図と波の概況

大陸からの高気圧に覆われていますが九州の南には前線があり、この前線上にはこれから低気圧が発生して南岸を東進してくる見込みです。

九州南部から奄美地方にかけては既に雨が降っており、この雨域がこれから東へシフトしてきます。

関東地方は夜には雨が降り出してまとまった雨になる地点もありそうです。

一方ではるか南の海上にある台風2号はカロリン諸島付近にあってゆっくり西北西に進んでいます。

今朝の千葉エリアは北西ベースの弱いオフショア

今朝も全体的には物足りないコンディションのポイントが多くなってきています。

九十九里エリアでは腿腰くらい、一宮周辺でも腿腰から腹あるかどうかといったサイズ感で朝一は潮が多い状況です。

@simplesurf_toramiさんのインスタをいつも見させて頂いてますが、東浪見は腰腹〜胸くらいあるようで遊べる波はありそうです。

千葉南エリアも和田エリアで腿腰くらいでこちらも場所選んでなんとかといった感じ。潮が引いてきたらもう少しできるようになるかもです。

湘南も今朝はサイズ不足なコンディション、膝くらいのサイズでロングでなんとかといった状況です。

雨は明日の朝一までには止みそう

午後9時の予想天気図

高気圧の中心は東海上にシフトし低気圧が南海上を東進してきます。

今日は夕方まで同じようなサイズ感のコンディションが続きそうです。

後半の方が東よりのうねりの反応が少し良くなってくるかもしれません。

台風2号は950hpaまで発達してきそうです。

明日午前9時の予想天気図

2030更新

今日は千葉・湘南ともに午後も同じようなコンディションでパッとしないコンディションが続きました。

今夜から明日にかけて、南海上を低気圧が東進していきます。

千葉・神奈川の沿岸部は、もうそろそろ21時頃までには雨になってきそうな状況。

低気圧への吹き込みによる風が卓越し、明日の朝は北から北東の風がかなり強めに吹く見込みです。

低気圧が陸からやや離れて通過し、低気圧の北側に発達した雲を従えて南海上を通過していきそうなので、千葉と湘南エリアは東から北東の波が反応してくるパターンです。

・湘南は強い北からの風と東うねりになるので、サイズアップは期待できないパターンとなります。

・千葉エリアは東から北東のうねりが反応し、強い北風をかわすポイントではできるようになりそう。

・メジャーなポイントでは、飯岡、御宿、鴨川マルキなどは風にあおられながらも他に比べてできるコンディションになりそうです。

・平砂浦も風はかわしますが、うねりがまわりこむため周辺よりもサイズは小さいながらも遊べるだけのサイズはあるかもしれません。

風が冷たいので防寒対策をしっかりして入ったほうがよいでしょう。

【Kindle版】
週末サーファーのための波乗り気象学(前編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。
Amazonで見てみる!

↓Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↓

最新情報をチェックしよう!