台風19号の南東うねりは明日の朝から、土曜日は厳重警戒【2019.10.9】

毎日の気圧配置と波情報

地上天気図から見られる気圧配置の変化、風と波および潮の状況から、主に千葉と湘南エリアのサーフポイントの波情報と今後の波予想に関する記事を毎日更新中。

サーフポイントの選び方やいい波をあてるために参考になる情報です。

また、日々の天気概況や季節変化、シビアな気象現象が見込まれるときにはその注意点など安全にサーフィンを楽しむための知識や経験則についても記載しています。

twitter/Instagramでも随時情報配信中
twitter : https://twitter.com/asasfsas24
Instagram : https://www.instagram.com/asasfsas24/
facebook:https://www.facebook.com/asasfsas24/

気圧配置&天気と波情報 : 台風の通過までしばらく北東の風

午前3時の実況天気図 ASAS

大型で猛烈な台風19号は勢力をキープしながらマリアナ諸島付近にあります。

中心気圧は915hPa、中心付近の最大風速は秒速55mとして解析されており、北西に時速20kmの速さで進んでいます。

午前3時の時点でもうまもなく北緯20度線を越えてきそうな位置まで北上してきました。

昨日までは気象庁の衛星画像の日本域の画像では台風の雲域が見られませんでしたが、今朝は台風の北側の雲域がしっかりと見られるようになってきています。

予想進路が非常に懸念されるコースになってきていて、台風予想の中心線だけ見ると、、千葉県に甚大な被害をもたらした台風15号と同じようなコースになってきています

15号のときは相模湾から三浦半島を通過して東京湾にでてそのまま北上し千葉市付近に上陸しました。台風の中心から右側に位置した千葉県では瞬間最大風速が秒速60m弱の暴風により、大きな被害がでてしまい長期化したのは記憶に新しいかと思います。

12日土曜日の午前3時には紀伊半島沖合、13日日曜日の午前3時には福島と茨城の県境あたりに中心がありそうな予想が出ています。

関東地方は12日土曜日は厳重警戒が必要。
15号が通過したときは日曜の夜中でしたが、今回は土曜の日中帯に通過となりそう。

15号のときよりも外にいる人が多い時間帯であり被害が大きくならないか心配です。

また復旧作業がまだ続いている千葉県に再び大きな被害が出ないかがとっても心配な状況です。まだ屋根の修復が終わってなくてブルーシートがかぶっている家屋が多数ある状況。

とにかく金曜の夜までに台風に対する備えを十分にすることと、あとは上陸せず東海上を
北東方向へ通過していくように祈るのみです。

昨日の状況はこちら

昨日の気圧配置と波情報

気圧配置&天気と波情報 : 19号は急発達して猛烈な台風に午前3時の実況天気図 ASAS台風19号に関しては昨日から様々なメディアでも取り上げられるようになり、次の三連休への影響が全国的に心配されると報じられています。午前[…]

千葉・湘南 風、波、潮の状況と今日の注意事項

気象庁 アメダス 風向風速(関東地方)
https://www.jma.go.jp/jp/amedas/206.html?elementCode=1

今朝の千葉エリアは、北から北西の風がやや強めに吹いています

大陸から張り出してきた高気圧の前面に関東地方は位置しており、昨日の南西の風から一転して、高気圧からの吹き出しの風により北よりの風が吹いています。

千葉エリアでは東よりの波が続いていましたが今朝はサイズダウンしてきている模様。

九十九里から一宮周辺では腿腰くらいまでダウンしているようで、物足りないサイズ感になってきているようです。

千葉南エリアも同じくらいのサイズ感にまでダウンしてきているようで、こちらも物足りないコンディションに。

湘南も東からの波のときはスモールコンディションが続いてしまい、今朝もほぼフラットなポイントが多数。吉浜までいけばなんとかできるかどうかといったところでしょう。

朝は北からの風が強めに入ってますが、高気圧が東進してくることにより日中にかけては北東から東の風にシフトしてきそうです。

さらにコンディションに影響を与えるようになってしまい、サイズ不足もあって北東の風をかわす片貝や鴨川でもコンディションは期待できなさそうです。

今日の注意事項は、、、

台風19号からのうねりは今日はまだ届かなそうですが、後半になって筋張った波が入ってくるのが見られるかもしれません。

今回の台風は南から北上してきているので
千葉と湘南エリアには南から南東のうねりがベースで反応してきます。

おそらく千葉南部が一番早く反応してきそうですが、台風のうねりのときにいつもチェックしている石廊崎の波浪観測データも同じようなタイミングで反応してくるものと思われます。周期が10秒以上の波が観測されはじめれば、千葉南部にもうねりの反応が出てきそうです。

ビギナーの方は明日からしばらくは、海に行くのは控えましょう。

今後の気圧配置と波: 明日の朝から大きくサイズアップしそう

午後9時の予想天気図 FSAS24

大陸から張り出してきた高気圧が東日本に中心をシフトさせてきて、黄海に中心のある高気圧と連なり東西に広がってくる気圧配置です。

高気圧が東にシフトしてくることにより、その吹き出しの風が次第に北東から東よりになってやや強めに吹きそうです。

今日の千葉エリアはこの北東ベースの風の影響を受けてしまい、コンディションは期待できなさそう。
少しでも風を軽減する片貝や鴨川エリアで何とかできるかといった状況になりそうです。

湘南も風は合いますがスモールコンディションのままでしょう。

明日午後9時の予想天気図 FSAS48

台風19号が北緯25度付近まで北上してくる予想です。
台風を取り巻く等圧線の北端が日本のすぐ南の位置で解析されてきます。

明日には台風19号からのうねりが千葉や湘南に反応してきそう。千葉と湘南だけでなく、太平洋沿岸には強い南から南東のうねりの反応が出てきそうです。

Windy.comの千葉南部の波高と周期を見てみると、今日の後半から周期が14秒の南南東の波が反応しそうで、明日の朝には波高も1.5mから2mで周期が15秒くらいの波が反応してくる予想に。

千葉のビーチではいきなり朝からクローズアウトになってそうなデータになってます。

湘南も朝からサイズアップした状態からのスタートとなりそう。どこまでサイズアップしてくるかですが鵠沼などのビーチでも朝から頭サイズの波が反応してきているかもしれません。

千葉と湘南ともに明日はうねりをかわすポイントを考慮しておいた方が良いでしょう。

千葉なら平砂浦から内房エリア、湘南なら鎌倉から東のエリアなどがうねりが抑えられ風もオフショアとなるエリアです。

これから台風の通過までは台風に吹き込む北東の風が吹き続くでしょう。

過去の同じ日の気圧配置と波情報

OnThisDay(2016/10/09)

10/9 3:00北海道の東にある低気圧から伸びる前線が日本列島に沿って停滞している前線の南に位置するエリアでは南から南西ベースの風が強く吹いている千葉、茨城ともにこの強い南西の風を交わせるポイントで今日は楽しめてるようだ鹿嶋は風も[…]

IMG
OnThisDay(2017/10/09)

10/9 3:00 ASAS本州付近は今日も移動性の高気圧に覆われており関東地方では朝から晴れ。東の海上にある低気圧は10ktとゆっくりした速度で東進中、動きが遅いこともありこの低気圧からのうねりがこの三連休を楽しませてくれることに。今朝[…]

IMG
OnThisDay(2018/10/09)

10/9 3:00 地上天気図と概況本州付近は弱い気圧の谷がありながらも東西にある高気圧に覆われて晴れている。南の海上に中心を持つ高気圧との間に前線が停滞。フィリピンの東には小さな低気圧があるが、特に大きな発達することはなさそうな状況。[…]

各エリア : 今日のこよみと潮まわり

千葉エリア:今日のこよみと潮まわり(勝浦)

2019/10/09
日の出:05:41 / 日の入:17:13
若潮
満潮:00時45分(116cm) / 14時49分(133cm)
干潮:07時46分(53cm) / 20時36分(86cm)

湘南エリア:今日のこよみと潮まわり(江の島)

2019/10/09
日の出:05:43 / 日の入:17:15
若潮
満潮:01時06分(110cm) / 15時01分(130cm)
干潮:08時05分(49cm) / 20時50分(78cm)

伊良湖エリア:今日のこよみと潮まわり(赤羽根)

2019/10/09
日の出:05:53 / 日の入:17:26
若潮
満潮:02時19分(136cm) / 15時47分(159cm)
干潮:08時57分(65cm) / 21時44分(91cm)

磯ノ浦:今日のこよみと潮まわり(和歌山)

2019/10/09
日の出:06:00 / 日の入:17:34
若潮
満潮:03時14分(143cm) / 16時33分(172cm)
干潮:09時47分(71cm) / 22時30分(105cm)

宮崎:今日のこよみと潮まわり(宮崎)

2019/10/09
日の出:06:13 / 日の入:17:50
若潮
満潮:02時57分(155cm) / 16時16分(177cm)
干潮:09時31分(70cm) / 22時12分(97cm)

仙台新港:今日のこよみと潮まわり(仙台新港)

2019/10/09
日の出:05:39 / 日の入:17:09
若潮
満潮:14時04分(131cm) / 時分(0cm)
干潮:06時51分(55cm) / 19時31分(94cm)

関連データリンク情報

気象庁 アメダス 風向風速

関東地方
https://www.jma.go.jp/jp/amedas/206.html?elementCode=1

近畿地方
https://www.jma.go.jp/jp/amedas/211.html?elementCode=1

気象庁 波浪実況・予想図

https://www.data.jma.go.jp/gmd/waveinf/tile/jp/index.html

気象庁 レーダーナウキャスト


https://www.jma.go.jp/jp/radnowc/

台風情報

台風情報は刻々と更新されるので以下より最新の情報をご確認ください。

気象庁台風情報

http://www.jma.go.jp/jp/typh/

米軍台風情報

http://www.metoc.navy.mil/jtwc/jtwc.html

あわせて読みたい

週末は波があるのか?ないのか?週末が近づくとこの土日はどんな波になりそうなのか、沿岸の風はどこから吹きそうか 風が強いのか弱いのか 潮回りは何か 干潮と満潮の時間は 地形は決まっているのか どの[…]

あわせて読みたい

サーファーが知っておきたい台風に関する知識シリーズ4回目です。前回までの記事をざっとおさらいしておきますと1回目はそもそもの台風の定義のところから、台風の強さや大きさのカテゴリについて記載していますhttps://asasfsa[…]

【Kindle版】
週末サーファーのための波乗り気象学(前編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。
Amazonで見てみる!

Kindle無料アプリの入手

↑Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↑

最新情報をチェックしよう!