【2019.3.13】毎日の天気図と波情報

  • 2019年3月13日
  • 2019年3月14日
  • 2019
毎日の気圧配置と波情報

地上天気図から見られる気圧配置の変化、風と波および潮の状況から、主に千葉と湘南エリアのサーフポイントの波情報と今後の波予想に関する記事を毎日更新中。

サーフポイントの選び方やいい波をあてるために参考になる情報です。

また、日々の天気概況や季節変化、シビアな気象現象が見込まれるときにはその注意点など安全にサーフィンを楽しむための知識や経験則についても記載しています。

twitter/Instagramでも随時情報配信中
twitter : https://twitter.com/asasfsas24
Instagram : https://www.instagram.com/asasfsas24/
facebook:https://www.facebook.com/asasfsas24/

西~南西の風が強く吹き昼は春本番の暖かさ、夜は気温が急降下

3/13 (水) 今日の波と天気概況

千島付近の低気圧はやや勢力は落としながらも978hpaの中心気圧で東へゆっくり進んでいます。

日本海には新たに発生した低気圧があり前線を伴いながら東進中、今日はこの低気圧に吹き込む南西の風が強く吹く一日となり、昼間の気温は高くなりそうです。

ただ夜には気温が急降下してきそうなので、帰りが遅い方は少し暖かくなるアイテムを持参して行った方が良さそうです。

千葉エリア:今日のこよみと潮まわり(勝浦)

日の出:05:54 / 日の入:17:46

小潮

満潮:07時44分(125cm) / 21時20分(104cm)

干潮:01時43分(62cm) / 14時42分(30cm)

千葉・湘南 今朝の風と波

今朝の千葉エリアは西南西から南西の風が南部では強く吹いており、北部はまだ風は弱め。

千島近海にある月曜日に通過した低気圧からの東ベースのうねりが残り、千葉エリアはどこも遊べるだけのサイズがあります。

九十九里エリアでは腰腹サイズあり風は合わないですがまだ強くは吹いてないためサーフィンは可能なコンディション。

今朝は一宮周辺が風も合いサイズも腹胸くらいのセットが入ってきて良さそうなコンディションです。

千葉南エリアは南西の風が強めに入り鴨川から和田エリアは影響がでているようです。

千歳から千倉は腰腹くらいで比較的に出来そうなコンディションになっている模様。

湘南は腿腰くらいのサイズ残っているポイントありまだショートでも遊べるコンディションが続いています。

これから南西の風の影響で面は荒れてきそうな状況です。

早めに1R入っておいたほうが良さそう

午後9時の予想天気図

午後から夜にかけても西~南西の風が強く吹き続ける見込みです。

千葉エリアでは一宮周辺や千倉千歳などの南の風をかわすポイントが良さそうです。

かなり風にあおられながらも、遊べるコンディションにはなると思いますが、午後の方がサイズ下げてきそうです。

早めに入っておいた方が良さそうです。

湘南も南西の風で面は荒れてきそうです。後半はサイズアップしてきそうですが、ジャンクなコンディションとなります。

風の影響が少ないうちに入っておいた方がよさそうです。

明日午前9時の予想天気図

明日は冬型の気圧配置に移行していきます。

日本海側は今は雨のところもこれから雪になるエリアもありそうです。

上空にはこの時期としては強い寒気が南下してきていて、関東地方も朝はかなり冷え込む陽気となりそうです。

明日は風は西成分が多く入った風がやや強めに吹き続けそうです。

千葉エリアは多くのポイントでオフショアベースとなりますが、サイズダウン傾向となるでしょう。

【Kindle版】
週末サーファーのための波乗り気象学(前編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。
Amazonで見てみる!

Kindle無料アプリの入手

↑Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↑

最新情報をチェックしよう!