いい波に乗るために~週末に通うポイント- 関東エリア –

週末サーファーがいい波に乗るために

週末サーファーがサーフィンできる時間は非常に限られていますが、その限られた時間の中で ”いい波” をあてるために知っておきたい気象や海に関する知識と経験則についての記事です。

・風の向き・強さ・持続時間によるうねりの向きと強さ

・太陽と月と地球の位置関係から変化する潮まわりと毎日の干潮・満潮の時間による潮の動き

・ポイント毎の向きと地形・周辺ロケーションの環境などによる波のコンディション

その他、台風の記録や安全にサーフィンを楽しむための情報を記事にしています。

twitter/Instagramでも随時情報配信中
twitter : https://twitter.com/asasfsas24
Instagram : https://www.instagram.com/asasfsas24/


都内から週末に通える海

週末サーファーは毎週のように海に通ってサーフィンする方が多いと思います。
1年間はだいたいの年は52週あるとして、春夏秋冬の毎週欠かさず海に行くとすると1年間で52回海に行くことになります。

私の場合、海に行った日には必ず手帳にその日どのポイントで入ったかと波のサイズ・風と入った時間を手帳に記録しているのですが、だいたい毎年50~55回くらい海に行ってます。ほとんど毎週ですが、たまに体調わるかったり都合わるかったりして海に行けない週もあったり、逆に三連休や夏休みとか正月休みには連続で海に行ったりするので、平均するとだいたいこれくらいの回数です。

都内に住んでいると仮定して、関東地方で週末に通う海としては、千葉、茨城、湘南のサーフポイントがメインになると思います。
都内のどこに住んでいるのかによっても通う海は変わってくるかと思いますが、概ねこの3つのエリアになります。

まずは都内から通える範囲の海はどんなところなのでしょうか?

今回の記事ではエリア毎の概要を記載していきます。
千葉、茨城、湘南のエリア毎のメジャーなサーフポイントを中心にどんなポイントがあるのかの概要です。

ベテランサーファーの方はもうこれらエリアのポイントは私よりも熟知している方も多いと思いますが、サーフィンビギナー/初心者の方やこれからサーフィンを始める方など、海に向かう際の参考にしてもらえればと思います。

パタゴニア

千葉エリア

一宮サーフポイント
千葉北 一宮エリア

広範囲のうねりに反応する千葉エリア

千葉エリアといっても北は飯岡から南は平砂浦、状況によっては内房まで、バラエティに富んだポイントが存在します。

北風がオフショアになるポイントもあれば、南がオフショアになるポイントまで地形によってさまざま。

外房は西風がオフショアとなるポイントが多く、内房まで入れると東風がオフショアになるポイントもあります。

詳細なポイントについては、いろんなHPに記載されているので、ここでは1つ1つは記載していきませんが、、、

千葉の波が豊富なのは、

北~東~南~南西まで広範囲のうねりに反応する位置に千葉県があること

本州の太平洋側のエリアの中でも、これだけ広範囲にうねりを拾うエリアは千葉だけだけだと思います。

都内からでも1.5~2時間もあれば到着できるところにこれだけ豊富な波のあるエリアがあることは、首都圏に住む週末サーファーはとても恵まれた環境にいるということになります。

バラエティに富んだサーフポイント

千葉にあるサーフポイントの代表的なエリアについて少し記載します。

まず千葉県を大きく北と南に分けたときには「千葉北エリア」と「千葉南エリア」があります。
明確な境界線というのがあるのかないのかはよくわかりませんが、多くの波情報サービスでは、

  • 飯岡から部原までを「千葉北
  • 鴨川から平砂浦までを「千葉南

としているところが多いようです。

これについては個人的には少し違和感があって、水温のボーダーで分けるのが自然なのかなとも思いますので、
飯岡~大原までを千葉北、御宿から平砂浦までを千葉南 のほうが個人的にはしっくりきます。

千葉県の沖合では北からの海流である「親潮」と、南からの「黒潮」がちょうど合流するエリアがあり、水温のボーダーとしては大原から御宿の間くらいにあるはずです。実際、冬場の水温は大原から北のポイントと御宿より南のポイントではブーツ有無が異なるくらいの水温差があります。


この二つの大きな北と南エリアの中に、代表的なポイントが多く存在しています。

飯岡エリア

九十九里の一番北に位置するのが飯岡エリア、南に開いたポイントで北東の風をかわす貴重なポイントです。
飯岡エリアといっても様々なポイントがあり、メインとなるポイント周辺はテトラの間でブレイクする波が中心。
飯岡から九十九里を南下していけば、その間にも無数のサーフポイントがあり、良く知られているところでは椎名内や吉崎などのポイントがあります。吉崎はヘッドランド周辺をピークとしてきれいにブレイクする波がよく見られます。

飯岡ポイント
飯岡

片貝エリア

千葉北エリアの中でも都内から一番近い片貝エリアは、高速出口からも近くコンスタントに波もあり北東の風を軽減します。
片貝は昔から北東の風をかわすことで重宝されている漁港のポイントや、新しくできた堤防脇でコンスタントにブレイクする新堤ポイントが波がよいときが多く、北東の風が吹くとこれらポイントはかなり混雑します。
また少し北に足を伸ばせば、作田や本須加などのポイントへも近く、うねりの向きや風向きによってもポイントを選ぶことができます。

一宮エリア

片貝エリアから南に20分ほど下ると一宮エリアに到着します
ここは言わずとしれたオリンピック会場となる志田下ポイントがあることで、今後世界的にも名の知られたエリアとなりそうです。
南から南西の風をかわすエリアで、東からのうねりに非常に敏感に反応し、ヘッドランドや堤防があることでコンスタントにブレイクする波があるエリアです。オリンピック会場となるエリアであることから、海岸沿いには多くのサーフショップや新たな飲食店が立ち並び、非常に活気のあるサーフエリアになってきています。そんなことから混雑もよくするエリアですが、海に入っているサーファーのレベルも高く、ビーチから見ているだけで楽しめる日もあるサーフエリアです。

九十九里エリア

飯岡から片貝までの間、および片貝から一宮までの間の九十九里浜のエリアには、上記記載した以外にも無数のサーフポイントがあり、人知れずいい波が割れていることも多いです。
だだっぴろい海岸になっているポイントでは風の影響を受けやすいことから、風の弱い朝一のサーフィンが良いときが多かったりします。

夷隅~大原

太東からさらに国道128号を南下して夷隅川を越えてから大原までの間にも多くのサーフポイントが存在します。
このエリアはテトラの間にブレイクする波が中心となり、いいコンディションのときも多いですが駐車スペースも限りがあることやピークが限られていることもあり、ビジターとしては少し入りにくいエリアかもしれません。

勝浦エリア

大原からさらにR128を南下すると御宿~部原エリアに到着します。
冬場になると御宿より南のポイントは水温が比較的温かいことから多くのサーファーが集まります。
北風をかわす御宿は部原よりもワンサイズ小さめのときが多く、ビジターや初心者サーファーも入りやすいポイント。
部原はR128沿いに見えるポイントで、素晴らしいロケーション。以前はここで丸井プロという世界大会も毎年行われていたこともあるポイント。ボトムはリーフと砂でピークからきれいにブレイクすることから混雑することも多いです。

部原ポイント
部原ポイント

鴨川~和田エリア

千葉南エリアへはアクアラインを使えば川崎から鴨川エリアまで、夜中なら1.5時間くらいで到着可能。
コンスタントに波があって北東の風も軽減する「マルキ」は人気のポイントで、波も良くて週末は混雑します。
鴨川から南に20分程走れば和田エリアです。冬でも海水は温かく波もコンスタントにあることから、冬場で千葉北の水温が下がってくる頃になると、このエリアに多くのサーファーが集まります。
非常にロケーションのいい「白渚」や老舗のサーフショップの前のポイントとなる「J’s前」など、ビジターにも入りやすいエリアです。

鴨川エリアの写真を以下の記事にまとめてあります。
今後、これと同じように各ポイントの画像をまとめて記事にしていこうかと思っています。

関連記事

鴨川エリアアクアラインができてからは都内からもアクセスが良く、波が豊富で水温も温いことから、1年中多くのサーファーが集まる鴨川エリア。一番東に位置するのがみんな大好きなマルキポイント。 昔近くにマルキ食堂があったため[…]

千倉エリア

千葉南エリアで南の風を軽減するのが千倉と千歳のポイント。
南西の風が吹くとこのエリアにサーファーが集まりだします。館山道が冨浦ICまでのびたことにより、このエリアへのアクセスもかなり良くなりました。千倉は駐車場もビーチの目の前に停められて、波チェックもしやすくビジターも入りやすいポイント。
千歳は千倉よりも少し北にあるポイントで、東よりのうねりに敏感に反応することが多く南の風が強いときには千倉よりもコンディションが良い時が多い気がします。ここはインサイドに岩があることだけ注意が必要で、潮が引いてるときに岸に上がるときに岩で怪我をしてしまうことが良くあります。ビギナーの方は千倉で入るほうが良いでしょう。

千歳ポイント
千歳ポイント:波チェック場所より撮影

平砂浦エリア

館山道の終点となる冨浦ICから千葉の最南端のポイントとなる平砂浦までは20分くらい。
千葉の外房などとは異なり、南西方向に大きく開いたロケーションで非常にきれいなビーチが続きます。
南西から西のうねりによく反応することで、
台風からの南~南西うねりが強まったときに良くなることが多く、北東~東の風をかわす貴重なエリアです。
台風の南うねりが反応しそうなときは平砂浦をチェック。湘南に台風のうねりが反応していれば平砂浦も波があることがほとんどで、湘南の波がいい時は平砂浦は比較的空いていることも多くねらい目。
駐車場からビーチまで少し距離があり、波チェックは一旦車を駐車場に停めてから見にいきましょう。

平砂浦エリア
平砂浦

内房エリア

台風や低気圧からの南~南西うねりが強まれば、内房にもエクセレントな波が出現することがあります。
強い台風からのうねりが入り、千葉の外海は全域でクローズアウト。平砂浦も頭オーバーでハードなコンディションのような感じになってきたら内房にもうねりが入っていることが多いです。もちろん、うねりの向き次第ではあります。
内房エリアの中でもメジャーな「岩井」では、波がそんなになくても乗れる波があればサーファーが集まります。
その他、いろいろなポイントがありますが、ここでは記載できないポイントが多いです。

岩井ポイント
岩井ポイント
関連記事

ポイント毎に異なるうねりの反応前回の記事では「うねりの向き」について記載してみましたが、今回は日本のサーフエリアの特徴や反応するうねりの向きについて記載してみようと思います。ポイントの向きによってうねりが入りやすいのかどうか[…]

私は主に千葉エリアをメインにして毎週末に海に通ってます。
毎週末に海に通うとなると、実はバカにならないのが高速代やガソリン代です。

朝一の波に入って昼頃には家に帰ってくるというパターンで海に通っていることから、朝一に間に合うように海に到着するよう行きは夜中に出発します。夜中であれば高速を使わなくてもそれ程時間的なロスがなくポイントに到着することが出来ますし、海からの帰りの時間帯もちょうど渋滞しているのとは逆方向になるので道が空いていて、効率的です。

千葉の各ポイントへの行き帰りの道のりに関して記事にしていますので、併せてご覧ください。

まだ鴨川までの道のりの記事しか書けてませんが、なるべく一般道を使ってコストかけずに時間的ロスも抑えた海への行き方と帰り方を日々探求?しています。その他ポイントへの記事もこれから順次追加していきます。

合わせて読みたい

毎週海に通う週末サーファーは、1-2時間のドライブをして海に行くケースがほとんどかと思います。特に関西のサーファーはコンスタントに波のあるポイントに行くにはかなりの時間のドライブが必要となり、海に入っている時間よりも運転している時間[…]

合わせて読みたい

 先日に川崎から鴨川マルキポイントへのアクセスに関する動画をアップしました。[sitecard subtitle=関連記事 url=https://asasfsas24.com/20190519/wave-7465[…]

茨城エリア

鹿嶋サーフポイント
鹿嶋エリア

北は高萩日立エリアから、南に下ると大洗・大貫エリア、更に南へいくと鹿嶋・波崎エリアまで海岸線が続き、メジャーなポイントからポイント名もついてないようなビーチまで無数にポイントが点在しています。

北から南うねりまで反応するポイントがあり、海岸線を走ればどこかしらでサーフィンはできる波の豊富なエリア。
しかも千葉に比べると人も少なく、混雑してないポイントでサーフィンすることができます。

海岸線の形状から、基本的には西ベースの風がオフショアになりますが、

  • 南の風ベースなら鹿嶋~波崎エリアと河原子エリア
  • 北ベースの風なら大洗~大貫エリア

などが比較的風をかわせるエリアとなります。

また波崎と千葉の飯岡は、南の風なら波崎北の風になれば飯岡へ移動すれば、どちらの風もかわせる便利なエリアです。
風の吹き方によってポイント移動して風をかわし、クリーンなフェイスを追いかけることができます。


埼玉や千葉北西部に住んでいるサーファーは千葉よりも茨城に通う人が多いです。
千葉に行くよりも茨城のほうが近いというのと、あと利根川沿いの道を使うと一般道ながら快適に鹿嶋方面まで行けるというのがあります。

都内からも東関道を終点の潮来まで行けば、そこから鹿嶋エリアまでの道も整備されてアクセスしやすくなりました。

大洗も海のすぐ近くまで高速が伸びてアクセスよく、常磐道の各ICからも北茨城の各ポイントまではそんなに遠くなくて、高速代さえ払えば都内からも意外と近いエリアになってきています。

ただ冬場の水温は千葉や湘南に比べてかなり冷たく、また南の風が数日吹き続けると夏場でも朝一はジャージのフルスーツが必要なくらいの水温になるときがあります。

湘南エリア

湘南の海
湘南 辻堂ポイントから見える富士山

都内からは一番近いビーチ。
電車でも行くことができるサーフポイントも多く、たくさんのサーファーが訪れます。

主なサーフポイントは、東の鎌倉エリアから西は西湘エリアまでの相模湾に多く点在しています。
同じ相模湾のポイントながら、リーフ中心の鎌倉エリアからビーチ中心の藤沢エリア、西に行けば河口の波など、バラエティに富んだポイントがあります。

鵠沼は駅からも近く多くの電車サーファーも訪れるエリアで、夏場は海水浴場として大賑わいのエリア。
夏の鵠沼はポイントパニックな状態が毎日続き、1つの波に数十人くらい同時にテイクオフしているような光景が見られ、おそらく日本では一番混雑するポイントではないかと。和歌山の磯ノ浦も混雑しますが、やはり鵠沼のほうが混雑度合いとしては上だと思います。

湘南のポイントはほとんどが北の風がオフショアです。

南や南西の風が吹くとオンショアとなり、面が整わないチョッピーなコンディションとなります。
一部、大磯や茅ヶ崎パークなど南西の風をかわすポイントもありますが、南風が吹く日は湘南全域で面は整わないため、クリーンなコンディションを求めるなら千葉や茨城に向かうことになります。

相模湾は内海となり三浦半島と伊豆半島に囲まれていることから、うねりの向きは南うねりがベースです。

ポイントによってどの向きのうねりがいいかは異なりますが、鎌倉エリアであれば南西うねり西湘エリアであれば南東うねりが強いときにはエキスパートオンリーのポイントが真価を発揮します。

また冬になり西高東低の気圧配置になると、御前崎沖合で西風が強く吹き続くときがあり、湘南には程よいサイズのクリーンなオフショアのグッドコンディションになることがしばしばあります。

鎌倉から藤沢エリアは都内への通勤も可能なエリアとなり、朝一に1ラウンド入ってから都内の会社へ向かうサーファーも多く、波がある朝は多くのサーファーで賑わうエリアです。

都内からは空いていれば車で1時間もあれば到着できるポイントが多く、第三京浜から横浜新道を使えば、鵠沼や七里ヶ浜までは夜中なら40~50分程度で到着できます。

まとめ

関東の代表的な3つのエリア(千葉、茨城、湘南)についての概要を記載しました。

都内に住んでいたとしたら、その日の風向きやうねりの向きによって、今回記載した3つのエリアのどのポイントにも行ける範囲です。また目指したポイントのコンディションがイマイチだったとしても、そこから移動すれば風やうねりをかわすポイントへもそれ程距離を走らなくても移動することができます。

関西のサーフポイントは大阪を中心に考えるとなかなかそのような移動が出来ないことがあるので、そういう意味では関東近郊のサーフポイントに毎週通える位置に住んでいたとしたら、非常に恵まれた環境であると思います。

また、このブログを読んでいただきつつ天気図を毎日見ていると、どんなときにどのエリアでいい波が割れてそうなのかがざっくりわかるようになってくるかと思いますので、毎日更新している気圧配置と波情報の記事も合わせて読んでもらえればと思います。

次回は関西の代表的なエリアについて記載します。

関連記事

大阪市内から週末に通える海前回の記事では、都内に住んでいると仮定して関東地方で週末に通える千葉、茨城、湘南の各エリアの概要について記載しました。[sitecard subtitle=関連記事 url=https://asasfs[…]

以上、「いい波に乗るために~週末に通うポイント- 関東エリア –」 でした。

【Kindle版】
週末サーファーのための波乗り気象学(前編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。
Amazonで見てみる!

Kindle無料アプリの入手

↑Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↑

最新情報をチェックしよう!