【2019.5.24】全国的に晴れて各地で真夏日、太平洋側は今日もサーフィン楽しめる

毎日の気圧配置と波情報

地上天気図から見られる気圧配置の変化、風と波および潮の状況から、主に千葉と湘南エリアのサーフポイントの波情報と今後の波予想に関する記事を毎日更新中。

サーフポイントの選び方やいい波をあてるために参考になる情報です。

また、日々の天気概況や季節変化、シビアな気象現象が見込まれるときにはその注意点など安全にサーフィンを楽しむための知識や経験則についても記載しています。

twitter/Instagramでも随時情報配信中
twitter : https://twitter.com/asasfsas24
Instagram : https://www.instagram.com/asasfsas24/
facebook:https://www.facebook.com/asasfsas24/

気圧配置と波情報 : 千葉エリアの週末は朝一を中心に十分遊べそう

午前3時の実況天気図 ASAS

今朝も東海上には勢力の強い高気圧が南北に長く居座っています。

また東シナ海にある高気圧の前面に本州付近は広く覆われており、今日は全国的に晴れて暑くなりそう。

各地の最高気温は軒並み30度以上の真夏日になる予報が出ていて、まだ暑さに慣れていない体にはしんどく感じられるかと思います。

そんな時に熱中症にはなりやすいので、今日は特に屋外に長時間いるような場合は熱中症には十分注意が必要です。

今朝も東海上の高気圧からの南東うねりの反応が続いています。

千葉以北の太平洋側もだいぶ落ち着いてきて、千葉、茨城、福島、宮城から岩手と北海道までの太平洋側のポイントでは中上級者を中心にサイズのある波で楽しめそうです。

湘南はサイズダウン傾向ながらまだ腰腹くらいの波は残り朝は遊べる波が続いてます。

伊豆も白浜では胸肩くらいで遊べるコンディション、御前崎から伊良湖もだいぶ落ち着いてきてますが、伊良湖エリアはセット入るとまだしんどそうか、、、

伊勢は遊べる波が続いていて、ラスタ前とか良さそうな波が入ってそう。

四国や宮崎も頭サイズの反応が続いていて、エキスパートの方は河口やリーフのポイントでここ最近はずっと楽しめるコンディションが続いていると思います。

昨日もTwitterで四国の某リーフのポイントの波がシェアされてましたが、クリーンなフェイスのいい感じの波が割れてました。

日本海側はフラットなコンディションが続きます。

午後9時の予想天気図 FSAS24

明日も西から広く高気圧に覆われて全国的に晴れが続く見込みです。

風は朝はオフショアベースで吹いて日中はオンショアが吹きやすい。

南東うねりが明日も続くので、風の弱い朝一は今日サイズがあるエリアやポイントではいい波になりそう。

湘南はサイズダウン傾向で物足りないサイズになってしまいそうか。

明日午後9時の予想天気図 FSAS48

日曜日も南東うねりが弱まる傾向ながらも外海のエリアでは遊べるだけのサイズは残りそう。

土曜日よりも風の影響が気になるので、朝一の風の弱い時間帯狙いで入ればいい波をあてられる確率も高くなりそうです。

週間予想天気図 FEFE19

週の後半は気圧の谷などの影響により曇りや雨が多くなりそう。

千葉・湘南 風、波、潮の状況と今日の注意事項

今朝の千葉エリアは、不安定ながらも千葉北では南西の風、南部は西北西の風。

南東うねりは十分に続いており九十九里から一宮周辺までのポイントはだいぶ落ち着いてきてサーフィンできるコンディションになってきました。

一宮周辺では頭サイズで中上級者を中心になかなかよさげな波が入ってきているようですが、九十九里エリアはまだややハードなコンディションでもう少し落ち着いてきたほうが良さそう。

千葉南エリアも肩頭くらいのサイズが残りサイズは十分ですが、波数がまだ多くセットが入ると結構ハードな波となっている模様。

まだハードなポイントが残るので、うねりをかわす飯岡や御宿・部原、平砂浦などに行けば腰腹から胸くらいのサイズ感で程よく遊べる波がありそうです。また勝浦のリーフのポイントが目覚めている状況が続いているので、自身の技量に合わせてポイント移動すれば、今日も十分サーフィン楽しめる一日になりそう。ただ日中はオンショアが入ってしまうので、朝夕の風の弱い時間帯がよいでしょう。

湘南は昨日よりもサイズダウン傾向ながらも今朝も腰腹サイズは残っていて鵠沼や辻堂では十分遊べる波が割れています。

内海となる湘南はサイズダウンが進んでしまいそうなので、今日のうちに遊んでおきたいところ。南東うねりなので西湘エリアのほうがサイズは残りやすいでしょう。

昨日のコンディション

気圧配置と波情報 : 広く晴れて真夏日、南東うねりで太平洋側の波は続く午前3時の実況天気図 ASAS昨日と同じような気圧配置となり、大きな変化はない状況。東海上にある高気圧は今週に入ってからは東へ進んでいて、南北にか[…]

千葉エリア:今日のこよみと潮まわり(勝浦)

2019/05/24

日の出:04:29 / 日の入:18:45

中潮

満潮:06時32分(128cm) / 21時14分(118cm)

干潮:01時20分(88cm) / 13時50分(21cm)

湘南エリア:今日のこよみと潮まわり(江の島)

2019/05/24

日の出:04:31 / 日の入:18:47

中潮

満潮:06時43分(135cm) / 21時32分(128cm)

干潮:01時45分(96cm) / 14時14分(30cm)

今日の注意事項は、

南東うねりは落ち着いてきてはいるものの、まだまだセットが入るとハードなコンディションになっているポイントが多いです。

自身の技量に合わせてポイント選びして入るように、特にビギナーの方は海に入っているサーファーのレベルを見ながら慎重にポイント選びしたほうがよいです。

またリーフのポイントでは潮回りにも注意で、今日は昼過ぎに干潮をむかえて中潮でそこそこ引いてきます。露出した岩で怪我することも多いので、潮が多い朝夕の時間帯を考慮して入るなどよくリーフのポイントの特徴を事前に知って入るようにしたいです。

関連記事

なぜ潮まわりを知っておく必要があるのか週末サーファーがいい波に乗るために。いままでの記事では、主に風と波に関する内容を記載してきました。ですが、いい波に乗るためには気象のことだけでなく、潮汐に関して把握しておかなけれ[…]

あわせて読みたい

高気圧からの吹き出しサーファーは海に行く前に必ず波の状況がどうなのかを確認します。今のこの時代は波情報やSNSが発達していて、海にいかなくても波のコンディションやブレイクの様子が写真や動画で見れるようになりましたが、波予想の基本は天[…]

あわせて読みたい

週末は波があるのか?ないのか?週末が近づくとこの土日はどんな波になりそうなのか、沿岸の風はどこから吹きそうか 風が強いのか弱いのか 潮回りは何か 干潮と満潮の時間は 地形は決まっているのか どの[…]

【Kindle版】
週末サーファーのための波乗り気象学(前編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。
Amazonで見てみる!

Kindle無料アプリの入手

↑Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↑

最新情報をチェックしよう!