関東地方は北東の風が吹き続く肌寒い一日、湘南は早めにサーフィンしておきたい【2019.9.18】

毎日の気圧配置と波情報

地上天気図から見られる気圧配置の変化、風と波および潮の状況から、主に千葉と湘南エリアのサーフポイントの波情報と今後の波予想に関する記事を毎日更新中。

サーフポイントの選び方やいい波をあてるために参考になる情報です。

また、日々の天気概況や季節変化、シビアな気象現象が見込まれるときにはその注意点など安全にサーフィンを楽しむための知識や経験則についても記載しています。

twitter/Instagramでも随時情報配信中
twitter : https://twitter.com/asasfsas24
Instagram : https://www.instagram.com/asasfsas24/
facebook:https://www.facebook.com/asasfsas24/

気圧配置&天気と波情報 : 千葉は北東の風を軽減するポイントへ

午前3時の実況天気図 ASAS

カムチャッカ半島の南あたりにある低気圧から日本の南海上まで前線がのびて停滞しています。
気圧配置は昨日から大きな変化はなく、今日も北海道付近に中心のある高気圧に覆われています。
関東地方はこの高気圧から前線に吹き込む形で今日も北東の風が吹きやすく、気温はあがらずに涼しい一日となりそう。

一方でフィリピンの東海上付近にある熱帯低気圧はほぼ停滞しており今のところ動きはない状況

これから明日の夜にかけても同じような位置に停滞する予想となっており、まだ台風への昇格に関する予想は気象庁からはでていません。

ただWindyのECMWFの予想を見てみると、まだ動きはゆっくりですが今週末にかけて雲域がまとまって発達してくる予想、来週月曜にかけて東シナ海を北上して九州に接近してくるようなコースを予想しています。

それと同時に気になるのが同じ期間に関東の南の海上にも小さな低気圧か熱帯低気圧を予想している点。この動向次第では東シナ海を通る熱帯低気圧もしくは台風からの南西うねりが入るのかどうか、また関東の南の低気圧から南東うねりが入るのかどうかに大きく影響してきます。

今週末にかけてはこの2つの低気圧の動向を要チェックです。次の三連休は南西うねりと南東うねりが反応してくる可能性もあり、波は十分ありそうな期間となりそうです。

九州は低気圧からの影響が懸念されますので、少し注意しておいたほうが良さそうです。

昨日のコンディションはこちら

昨日の気圧配置と波情報

気圧配置&天気と波情報 : 湘南は終日遊べるコンディション午前3時の実況天気図 ASAS関東沿岸部に接近した熱帯低気圧から変わった低気圧は、東日本の太平洋側を沿うように北上して今朝は千島近海まで到達しています。東の海上には[…]

千葉・湘南 風、波、潮の状況と今日の注意事項

気象庁 アメダス 風向風速(関東地方)
https://www.jma.go.jp/jp/amedas/206.html?elementCode=1

今朝の千葉エリアは、北から北東の風がやや強めに吹いています。

一昨日に関東の南海上から北へ進んだ低気圧による南東うねりが昨日よりもだいぶ落ち着いてきて、今朝は多くのポイントでサーフィン可能なコンディション。

九十九里エリアから一宮周辺までは腹胸から肩くらいのサイズがありそうですが、朝から
北東の風が既にやや強く吹いており影響が出ています。

今日も北東の風をかわせるポイントでのサーフィンが中心となりそうです。飯岡や御宿でもサイズが残っているようなので、これら風をかわせるポイント、もしくは片貝周辺のポイントへ向かうのが無難なポイントセレクトになりそう。

千葉南エリアもまだまだサイズ残っていて胸肩サイズはありそう。こんな北東の風が吹いていてサイズがあるときは鴨川マルキが頼りになります。これから潮が引いてきたらブレイクしやすくなりコンディションが上向いてきそうです。

あとは平砂浦も北東をかわしますが、こちらはサイズダウンが早そうなので、午前中くらいまでに入っておいたほうが良さそうです。

湘南は昨日よりさすがにサイズダウンしてのスタートですが、鵠沼では腰腹くらいのサイズが残っているようです。もうすこしサイズダウンが進んでいるかと思いましたが、そこそこ遊べるサイズが残っていて、午前中のこれから潮が引いてくる時間帯を中心にサーフィン楽しめそう。

今日の注意事項は、、、

千葉エリアでは引き続きまだ停電や断水、および復旧作業をしている地域が多くあります。

毎日繰り返しのように記載していますが、これらエリアに行ってのサーフィンは十分地元の方への配慮が必要となってきますので、ご注意ください。

食料やガソリンは現地では手配できないものと考えておいて、事前に手配してから向かうなどが必要となってきます。
もうすこし復旧まで時間がかかる地域がありそうです。

今後の気圧配置と波: 北東の風が吹き続き肌寒い

午後9時の予想天気図 FSAS24

午後も関東地方は北東の風が吹きやすく肌寒い一日となりそうです。

千葉エリアでは引き続き北東の風をかわすポイントでのサーフィンが良さそう。

湘南は風は一日を通して合いますがサイズダウンが進んでしまいそうなので、早めに1ラウンド入っておいた方が良いでしょう。

明日午後9時の予想天気図 FSAS48

明日も北から北東の風がベースとなり吹きやすい気圧配置となりそうです。

気温はあまり上がらず明日も肌寒さを感じる一日となりそうなので、湘南では長袖のタッパーなどが良いでしょう。

湘南はサイズダウンして物足りないコンディションへ。千葉はサイズダウンしながらも遊べるサイズはありそうですが、北東の風を軽減する片貝周辺などがサイズも残りやすく比較的出来るコンディションとなりそうです。

過去の同じ日の気圧配置と波情報

OnThisDay(2017/09/18)

9/18 3:00 ASAS台風18号は四国を縦断し鳴門付近から福井の敦賀を通過し富山から日本海に一旦抜けた。その後北日本の日本海沿岸を沿うように北上し秋田の西から函館の南西付近まで到達している。一気にスピードを上げて北東に37ktで進ん[…]

IMG
OnThisDay(2018/09/18)

9/18 3:00 地上解析図 / 48時間天気図東海上の低気圧は発達しながら北西方向へ、日本付近は西から高気圧に覆われてきている。はるか南の海上には新たな低気圧が発生していて、次第に発達しながら西へ進んでいきそうな状況。動向は[…]

各エリア : 今日のこよみと潮まわり

千葉エリア:今日のこよみと潮まわり(勝浦)

2019/09/18
日の出:05:24 / 日の入:17:44
中潮
満潮:06時30分(143cm) / 18時30分(146cm)
干潮:00時21分(43cm) / 12時27分(59cm)

湘南エリア:今日のこよみと潮まわり(江の島)

2019/09/18
日の出:05:26 / 日の入:17:45
中潮
満潮:06時49分(140cm) / 18時40分(145cm)
干潮:00時42分(39cm) / 12時43分(57cm)

伊良湖エリア:今日のこよみと潮まわり(赤羽根)

2019/09/18
日の出:05:37 / 日の入:17:56
中潮
満潮:07時33分(172cm) / 19時35分(172cm)
干潮:01時22分(53cm) / 13時31分(68cm)

磯ノ浦:今日のこよみと潮まわり(和歌山)

2019/09/18
日の出:05:44 / 日の入:18:03
中潮
満潮:08時23分(184cm) / 20時25分(183cm)
干潮:02時11分(62cm) / 14時17分(77cm)

宮崎:今日のこよみと潮まわり(宮崎)

2019/09/18
日の出:06:00 / 日の入:18:17
中潮
満潮:08時07分(192cm) / 20時09分(192cm)
干潮:01時56分(57cm) / 14時04分(73cm)

仙台新港:今日のこよみと潮まわり(仙台新港)

2019/09/18
日の出:05:21 / 日の入:17:41
中潮
満潮:05時44分(146cm) / 17時40分(150cm)
干潮:11時37分(68cm) / 時分(0cm)

関連データリンク情報

気象庁 アメダス 風向風速

関東地方
https://www.jma.go.jp/jp/amedas/206.html?elementCode=1

近畿地方
https://www.jma.go.jp/jp/amedas/211.html?elementCode=1

気象庁 波浪実況・予想図

https://www.data.jma.go.jp/gmd/waveinf/tile/jp/index.html

気象庁 レーダーナウキャスト


https://www.jma.go.jp/jp/radnowc/

台風情報

台風情報は刻々と更新されるので以下より最新の情報をご確認ください。

気象庁台風情報
http://www.jma.go.jp/jp/typh/

米軍台風情報
http://www.metoc.navy.mil/jtwc/jtwc.html

あわせて読みたい

週末は波があるのか?ないのか?週末が近づくとこの土日はどんな波になりそうなのか、沿岸の風はどこから吹きそうか 風が強いのか弱いのか 潮回りは何か 干潮と満潮の時間は 地形は決まっているのか どの[…]

【Kindle版】
週末サーファーのための波乗り気象学(前編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。
Amazonで見てみる!

Kindle無料アプリの入手

↑Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↑

最新情報をチェックしよう!