毎朝の気圧配置と波情報/波予想記事を毎日更新 ~ 読み続けると「週末の波」が見えてくる ~

北東うねりは今日で5日目、千葉は落ち着きつつもしっかり続き今日も楽しめる!【2020.1.21】

気圧配置&天気と波情報 :

午前3時の実況天気図 ASAS

昨日日本海から北日本を通過した低気圧は千島近海あたりまで移動し、日本付近は冬型の気圧配置へと移行してきています。

冬型といえど今年は冬型が強まって続くいわゆるキマることがまだほとんどなく、冬型になってもすぐに緩んでしまうような状況が続いています。

今回も西高東低の気圧配置ではあるものの、強い冬型ではなく、今夜には西から高気圧に覆われてくる見込み。

アリューシャン方面へと移動している低気圧からの北東ベースのうねりが今朝もしっかりと反応したスタートです。

今回の北東うねりは先週木曜午後あたりから反応をはじめており、今日で5日目。

千葉エリアでは今日も北部ではハードなコンディションのポイントが多い状況からのスタート、南エリアはすこし落ち着いてきながらも十分なサイズなコンディションが多くなっています。

今朝の千葉の日の出は6時44分頃、
15日あたりが一番日の出が遅い頃ですでに日の出の底は脱しており、これから夏至に向けてどんどん日が昇る時間が早くなります。

昨日の気圧配置と風と波はこちら

昨日の気圧配置と波情報

気圧配置&天気と波情報 :午前3時の実況天気図 ASAS今日1月20日は二十四節気の「大寒」です。暦の上では一年のうちで最も寒さが厳しい時季に入るころとなります。この大寒が過ぎると、次は節分を経て立春へと向かいます。暦の[…]

今朝の千葉南エリアの風と波

今朝の千葉エリアは北西の風、ところにより強く吹いているようです。

千葉北エリアはまだまだハードなコンディション多く、九十九里から一宮まではクローズなポイント多い状況が続きます。

飯岡や御宿から部原などは強いうねりをかわして程よいサイズ感になっているような感じ。

YouTubeにもアップしていますのでチャンネル登録をお願いします。
https://www.youtube.com/channel/UChclptxfHQYAEE6LnBsJHhQ

鴨川

朝一からまだまだしっかりとしたうねりが反応していて今朝も日の出頃からサーファーが10名くらい入ってます。

比較的潮の少ない時間帯で海に向かって左側からきれいなレフトの波が時々入ってきて、なかなかいい感じのコンディション!

今日はアウトにでるのもそんなに辛くなさそう、セットは間隔があります。ただ大きなセットはまだまだパワフルな頭サイズの波がブレイクしてます。

今日も一日楽しめそうです!

朝の千葉南エリアの波を追加しました。

今後の気圧配置と波:

明日午前9時までの予想天気図 FSAS24

西から高気圧に覆われてきます。

今日は北西の風ベースで続きそうなので、風とうねりを軽減できるポイントでは終日遊べるコンディションが続きそうです。

明後日午前9時までの予想天気図 FSAS48

通過した低気圧はカムチャツカ半島付近まで移動し発達していく予想です。

この低気圧からも新たな北東うねりが反応してきそうで、今週はずっと波のある一週間となりそうです。

ただ、これから天気は下り坂となります。

過去の気圧配置と波情報

OnThisDay(2017/01/21)

1/21 9:00昨日通過した低気圧が関東の東海上で発達中午前9時時点でこのASASの位置昨晩から北西の風が強めに各地で吹いており、今朝未明の時点でも強めの風朝3時から4時時点ではまだ鎌倉藤沢エリアはスネ膝サイズでサイズアップしてい[…]

IMG
OnThisDay(2018/01/21)

1/21 3:00 ASASはるか東の海上にあった低気圧は昨日の位置よりも北上しアリューシャン付近まで移動した。低気圧としてはピークを越えており等圧線も歪んできており北東うねりが入りにくい気圧配置となってきた。明日は本州南岸を低気圧が通過[…]

IMG
OnThisDay(2019/01/21)

1/21 3:00 地上天気図と波情報昨夜から冬型の気圧配置が強まってきています。北陸から北日本にかけては雪が降り吹雪くところもある見込み、太平洋側は晴れる所が多い模様ですが、暖かかった大寒の日に比べて北風強く寒く感じます。昨日[…]

各エリア : 暦と潮まわり

千葉エリア:こよみと潮まわり(勝浦)

2020/01/21
日の出:06:44 / 日の入:16:55
若潮
満潮:03:10(112cm) / 12:58(129cm)
干潮:07:21(96cm) / 20:41(17cm)

湘南エリア:こよみと潮まわり(江の島)

2020/01/21
日の出:06:48 / 日の入:16:57
若潮
満潮:03:27(113cm) / 13:15(125cm)
干潮:07:52(96cm) / 21:01(20cm)

伊良湖エリア:こよみと潮まわり(赤羽根)

2020/01/21
日の出:06:56 / 日の入:17:08
若潮
満潮:04:01(130cm) / 14:25(137cm)
干潮:09:03(95cm) / 21:45(15cm)

磯ノ浦:こよみと潮まわり(和歌山)

2020/01/21
日の出:07:03 / 日の入:17:17
若潮
満潮:04:52(135cm) / 15:13(139cm)
干潮:09:49(102cm) / 22:34(14cm)

宮崎:こよみと潮まわり(宮崎)

2020/01/21
日の出:07:13 / 日の入:17:37
若潮
満潮:04:19(141cm) / 15:05(151cm)
干潮:09:31(92cm) / 22:14(11cm)

仙台新港:こよみと潮まわり(仙台新港)

2020/01/21
日の出:06:49 / 日の入:16:44
若潮
満潮:02:38(109cm) / 11:36(135cm)
干潮:05:45(102cm) / 19:49(19cm)

関連データリンク情報

気象庁 アメダス 風向風速

関東地方
https://www.jma.go.jp/jp/amedas/206.html?elementCode=1

近畿地方
https://www.jma.go.jp/jp/amedas/211.html?elementCode=1

気象庁 波浪実況・予想図

https://www.data.jma.go.jp/gmd/waveinf/tile/jp/index.html

気象庁 レーダーナウキャスト


https://www.jma.go.jp/jp/radnowc/

梅雨の波

気圧配置と天気図パターンによる波のコンディションを解説前回のこのカテゴリでは、「高気圧からの吹き出し」と「アリューシャンからの北東うねり」による波のコンディションについて記載しました[sitecard subtitle=関連記事[…]

梅雨の波アイキャッチ
エリア毎の特徴:日本海

ポイント毎に異なるうねりの反応前回と前々回の記事にて、千葉から宮崎までのメジャーなエリアを中心に、どのエリアにはどんな方向のうねりが反応するのかをざっくり書いてみました。[sitecard subtitle=関連記事 url[…]

防寒アイテム

1枚持っているとかなり使えるサーフィン用インナー秋が深まってくると水温は気温に遅れて徐々に冷たくなってきます。今年2018年は例年よりもかなり水温は暖かく、千葉エリアは12月に入ってもまだセミドライは不要な状況が続いています。[…]

冬のサーフィン防寒対策

冬もサーフィンを快適に楽しみたいサーフィンの魅力にハマってしまった人は、冬の冷たい海に入ってサーフィンします。冬は夏に比べると格段に人も少なくなり、混雑しない海でサーフィンができます。また千葉・湘南目線でいえば北西のオフ[…]

【新刊のご紹介】
サーファーが知っておきたい台風の知識

台風スウェルをあてるための台風の知識と経験則、
台風による災害への備えについて
サーファー目線でまとめました

週末サーファーのための波乗り気象学(前編/中編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。Kindle本の紹介画像
Amazonで見てみる!

Kindle無料アプリの入手

↑Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↑

最新情報をチェックしよう!