毎朝の気圧配置と波情報/波予想記事を毎日更新 ~ 読み続けると「週末の波」が見えてくる ~

鴨川マルキのJPSA特別戦はいい波が続いて素晴らしい大会でした!ライブ配信も面白かった【2020.10.17】

おはようございます。10月17日の土曜日、週末の朝の気圧配置と風と波の状況です。

今朝は小雨の降るどんよりとした空模様からのスタートです。

まずは昨日まで鴨川マルキポイントで開催されていた、JPSAの大会について振り返ってみるところから。

ショートボード優勝は西 慶司郎選手と脇田 紗良選手

本ブログでも記載してきていますが、今週は月曜~金曜まで、鴨川マルキポイントにて、コロナ後初のJPSAの大会となる さわかみチャレンジシリーズ鴨川 が開催されていました。

久しぶりのプロのサーフィン大会で、しかもマルキでの開催ということで、開催までの間ずっと楽しみにしていましたが、

ホント面白かったですね。

初日と2日目は仕事でライブ配信見れるような時間が少なかったのですが、

3日目は仕事中もiPhoneには常にABEMAが映っているような状況にしつつ、見逃せないヒートも沢山でてきて潮が引いている時間帯はかなりいい波も入ってきていたので、4日目は午前中は在宅勤務とし、昨日の5日目は一日在宅勤務としましたが・・・

今週後半は仕事がほとんどできませんでしたね・・・

次々と見逃せないヒートといい波での素晴らしいライディングが次々と見られたので、もう1ヒートの20分があっとゆうまに過ぎてしまい、

休憩もなしに次のヒートがすぐ開始するもんですから、トイレに行くタイミングすら微妙な感じでした。

昨日の記事にも書きましたけど、1位通過した選手のインタビューが良かったです。

選手それぞれの人柄やキャラクターが見れたのがよかったですし、サーフィンに対する熱い想いを語ってくれた選手も多く、実況をされていたNICOさんと水野さんが選手の魅力をいろいろ引き出してくれたのが良かったと思います。

一番面白かったのは、NICOさんが小川直久選手のことを、実況の都合上 ”小川” と呼び捨てにすることに触れたとこでした。「・・・実況の関係で小川と呼び捨てでお伝えしますが、”あいつ小川って呼び捨てにしてましたぜ” っとか言わないようにぜひお願いします」みたいな感じのことを言われていたの聞いたときには、大笑いしてしまいました。

それと、期間を通してずっと東うねりが続き、潮の引いている時間帯は素晴らしい波が次々と入ってきていたのが、今回の大会が良かったことの大きな要因でもあったのかと思います。

期間をとおして胸肩~頭サイズのコンディションが続き、潮の少ない時間帯は岩場からのレフトの波が素晴らしかったです。

ボクの見ていた限りでは、4日目の午前中の波はサイズもありレフト方向にきれいに割れる波も多く、そんな波に日本のトッププロが次々に素晴らしいライディングを披露してくれました。ロングの初日のほうがサイズもあり素晴らしいコンディションでしたが、この日はあんまり見れなかったです。

優勝は、メンズは大原洋人選手をファイナルで破った西 慶司郎選手、ウィメンズは松田 詩野選手をファイナルで破った脇田 紗良選手

西 慶司郎選手は大会前の週の土日?マルキで入っていたのを見かけました、真っ青なボードが大きなスプレー上げて物凄いスピードで波を切り刻んでいて目の前で見るとホント凄かったの覚えています。

脇田 紗良選手はファイナルで9.5を叩き出したレフトの波は凄かったですね。右足が怪我をしていたとのことですけど、そんな中での優勝は素晴らしいです。怪我を長引かせないようにしてほしいですね。

そんな大会が終わった今日の鴨川マルキポイントは、朝から雨が降る中多くのサーファーが海に入っています。

駐車場の最前列はまだ大会の片づけをしているので駐車できないようです。

なんだか来週も1週間また開催してほしいくらいな感じですけど、、、また次の大会の開催を楽しみにしていようと思います。

大会開催中の様子はJPSAのサイトにアップされていますし、ABEMAのライブ配信ページからはアーカイブ配信もされているので、見てない方はぜひご覧になってもらえればと思います。

JPSAホームページ
https://www.jpsa.com/
ABEMA
ABEMAの公式サイトはこちらから

10/12(月)06:30-18:00 DAY1 ロングボート
https://abema.tv/channels/world-sports-1/slots/DWMMy9ggL8fUHM

10/13(火)06:30-18:00 DAY2 ロングボート
https://abema.tv/channels/world-sports-1/slots/F2b1VtUb5SdW6T

10/14(水)06:30-18:00 DAY3 ショートボード
https://abema.tv/channels/world-sports-1/slots/AC3fdErJYhTCfh

10/15(木)06:30-18:00 DAY4 ショートボード
https://abema.tv/channels/world-sports-1/slots/F2b1SFrsTHsKQs

10/16(金)06:30-18:00 DAY5 ショートボード
https://abema.tv/channels/world-sports-1/slots/F2b1VHoHfktY23

今日の気圧配置と風と波

午前3時の実況天気図 ASAS

実況天気図

大陸から高気圧は日本付近へと張り出してきています。

南海上には秋雨前線があってほぼ停滞しているような感じ。やや北偏する高気圧の縁辺を回る風が秋雨前線に向けて吹き込み、太平洋側は全般的に北よりの風がやや強く吹く朝です。

今朝は気温も低く寒いくらいの朝を迎えており、関東地方も朝から雨が降っているところが多くなっていますね。

昨日の気圧配置と風と波はこちら

昨日の気圧配置と波情報

ライブ配信の選手インタビューにも注目したい午前3時の実況天気図 ASAS10月16日 週末金曜日の朝の気圧配置と風と波の状況です。今週月曜日からはじまりました、コロナ後初のJPSAの大会となる さわかみチャレンジシリ[…]

今朝の千葉・湘南エリアの風と波

アメダス風

☀️気象庁 アメダス 風向風速(関東地方)
https://www.jma.go.jp/jp/amedas/206.html?elementCode=1

☔️気象庁 レーダーナウキャスト
https://www.jma.go.jp/jp/radnowc/

🌊気象庁 波浪実況・予想図
https://www.data.jma.go.jp/gmd/waveinf/tile/jp/index.html

🌀気象庁台風情報
http://www.jma.go.jp/jp/typh/

今朝の千葉エリアは北からの強い風

朝から雨が降って北からの風が強く吹いており、なんだかもう冬がやってきた感じがします。

東からのうねりの反応はやや落ち着きつつも続いてますが、千葉北ではハードなコンディションが続いてるポイントも多いです。

千葉南

今朝の鴨川マルキポイントは強い北の風。いつもの週末の様子が戻ってきました。

今日も朝から多くのサーファーが訪れており、昨日までの大会の様子を見てマルキに来たサーファーも多いんじゃないかと思います。

波は昨日よりもサイズダウンしており、腰腹くらいでしょうか。たまーに胸くらいのセット入ってきますけど、ワイドな波。

朝6時くらいはまだ潮も多くて正面あたりしかブレイクしていなかったですけど、8時くらいになって左の岩場のほうでも割れるようになってきてます。

水温はまだ温かいのですが外が北風が強く寒いです。ジャージのフルでも風が強く吹くと寒く感じます。

オフショアが強くて煽られがちな波、波に力はあまりなくテイクオフしてもすぐに捕まってしまうような波が多いです。

潮が10時半ころに干潮を迎えますけど、そんなに引かないんですよね。干潮時でも50㎝くらいの潮位なので、大潮といってもそんなには引いてこないですが、潮が上げてくると割れなくなってバックウォッシュがかなり入ってしまうので、昼前までに入っておいたほうがよいでしょう。

今日は北寄りの風が各ポイントで強く吹いており白渚も強いオフ~サイドオフの風。

マルキよりもワンサイズ大きめのセット入ってきてますが、あんまりまとまりがない感じの波で、斜めに入ってくる波はワイドなものが多く、そんなに走れそうな波は少ない感じですね。

千歳は北の風が強すぎてほぼクローズアウト。千倉も同じ感じで北風強すぎなコンディションです。

千葉北

北風が強く吹いており東うねりもまだ十分反応が続いています。

無難なのがやはり片貝エリアで今日も胸肩サイズのワイドな波ですが十分に楽しめるコンディションが続いているようです。

その他一宮周辺は北寄りの風でハードなコンディション、たぶんアウトに出れなそうな波でしょう。

かといって飯岡までいくとちょっと物足りない感じにもなるので、飯岡の手前の椎名内あたりがちょうどいいかもしれませんね。

ボクは個人的に椎名内の安太郎ポイントが好きです。

湘南

物足りないサイズ感の波が続く湘南エリア

北風がすこし強めに吹く時間帯もあるようでオフショアで面はいいですけど、サイズがもう少しあればといったところですね。

今日もロングや厚めの板で入るのが良さそうです。

※YouTubeには今日の波チェック動画、海と空の映像や雲の流れタイムラプス映像などをアップしています。

https://www.youtube.com/channel/UChclptxfHQYAEE6LnBsJHhQ

よろしければご覧ください&チャンネル登録をお願いします!

明日も北の風が強めに吹いて寒い・・・

今夜9時の予想天気図 FSAS24

予想気圧配置24時間

今夜にかけても北日本を中心として覆う高気圧の帯から南海上の秋雨前線にむけて強めの北風が続く見込み。

千葉南エリアでは午後は潮が大きく上げてきてくるので、割れにくいコンディションになってしまいます。

鴨川マルキポイントも午後は正面から右のほうが中心となり、バックウォッシュもかなり入ってしまうコンディションとなりそう。

片貝は無難にそこそこ出来そうな状態が続きそうですが混雑してそうなので、周囲に注意しながらのサーフィンですね。

北風をかわす飯岡や御宿では少し物足りないサイズ感が続きそうなので、毎回記載してますがそれぞれ南下した椎名内や部原が少しサイズもあって遊べるコンディションになっているのではないかと思われます。

北風がかなり冷たいので、そろそろ防寒対策が必要な季節になってきましたね。

関連記事

冬もサーフィンを快適に楽しみたいサーフィンの魅力にハマってしまった人は、冬の冷たい海に入ってサーフィンします。冬は夏に比べると格段に人も少なくなり、混雑しない海でサーフィンができます。また千葉・湘南目線でいえば北西のオフ[…]

明日夜9時の予想天気図 FSAS48

予想気圧配置48時間

明日も傾向としては同じような気圧配置が続き、北偏する帯状の高気圧から南海上の秋雨前線へと吹き込む北よりの風が強い一日に。

波のコンディションとしては今日と同じような傾向となってきそうです。

東ベースのうねりは続き北~北東の強めの風。

明日も強い北~北東の風をかわすポイントが中心のサーフィンとなるでしょう。

千葉南エリアでは鴨川マルキや和田・白渚あたりで潮の少ない時間帯、明日も昼前が干潮時刻となりますのでその前後ですね。

千葉北では片貝エリアが無難な感じが続きそう。

ちょっとサイズがハード気味と感じたら飯岡や御宿へ向かい、飯岡や御宿だと逆に物足りないというなら、それぞれ南下した椎名内や部原へ向かうのがいいんじゃないかなと思いますけど、

明日も寒くて小雨も降る一日となりそうなので、体調には十分注意し防寒対策もして楽しみたいですね。

各エリア : 今日の暦と潮まわり

千葉エリア:こよみと潮まわり(勝浦)

2020/10/17
日の出:05:46 / 日の入:17:01
大潮
満潮:04:33(163cm) / 16:32(161cm)
干潮:10:35(45cm) / 22:54(20cm)

湘南エリア:こよみと潮まわり(江の島)

2020/10/17
日の出:05:50 / 日の入:17:04
大潮
満潮:04:54(161cm) / 16:54(157cm)
干潮:11:00(38cm) / 23:17(18cm)

伊良湖エリア:こよみと潮まわり(赤羽根)

2020/10/17
日の出:05:58 / 日の入:17:14
大潮
満潮:05:38(196cm) / 17:43(192cm)
干潮:11:43(43cm) / 23:59(21cm)

磯ノ浦:こよみと潮まわり(和歌山)

2020/10/17
日の出:06:06 / 日の入:17:23
大潮
満潮:06:18(213cm) / 18:27(209cm)
干潮:00:04(37cm) / 12:23(47cm)

宮崎:こよみと潮まわり(宮崎)

2020/10/17
日の出:06:19 / 日の入:17:39
大潮
満潮:06:09(219cm) / 18:15(216cm)
干潮:12:13(42cm) / 00:00(cm)

仙台新港:こよみと潮まわり(仙台新港)

2020/10/17
日の出:05:46 / 日の入:16:55
大潮
満潮:03:45(157cm) / 15:38(156cm)
干潮:09:43(54cm) / 22:05(25cm)

過去の気圧配置と波情報

今日と同じ日の気圧配置と波のコンディションの過去3~4年分の記事です。

ほぼ毎日記事を書いてきてますが、1日に複数記事を書いた日などは上手く表示されない場合もあったり、記事が一部ない期間もあります。

昨年、一昨年の今日はどんな天気でどんな波だったのか?

記憶に残るいい波だった日もきっとあるかと思いますので、少し振り返って見てもらえればと思います。

OnThisDay-2016.10.16

10/17 3:00日本付近は移動性高気圧の後面に位置しており、天気図には載らない低気圧や前線によって関東地方は曇りや雨で肌寒いこの記載のない低気圧や前線に向かっての風が不安に吹いており千葉北の九十九里から北ではまとまりなくボヨつきよく[…]

IMG
OnThisDay-2017.10.17

10/17 3:00 ASAS南の海上に停滞する前線に向けて北から北東の風が強く吹き込む。今朝も気温が低い朝を迎えており、コートやマフラーを身につける人も多くなってきた。台風21号は北上を続けており、週末日曜から週明けにかけて日本列島に[…]

IMG
OnThisDay-2018.10.17

10/17 3:00 地上天気図と概況日本の南には秋雨前線が停滞し関東の東の海上には前線上に低気圧が発生して東進している。はるか東の海上にはこの前線を挟むようにして南北にそれぞれ高気圧がありほぼ停滞。この2つの高気圧からの吹き出しによる[…]

OnThisDay-2019.10.17

気圧配置&天気と波情報 : 前線がジワジワ北上してくる午前3時の実況天気図 ASAS大陸から連なる高気圧が北から本州付近を覆っていますが、関東から西の太平洋側が高気圧の南側に位置しており、東から湿った空気が入りやすい気圧配置で[…]

今日の記事は以上です。

こちらの記事がもし参考になったり気にいってもらえたのであれば、ぜひコメントを残してもらえると嬉しいです。

またTwitter/Instagram/Facebook/Youtubeでも発信してますので、いいねやコメントをお願いします!


こちらの記事も合わせてご覧ください!

梅雨の波

気圧配置と天気図パターンによる波のコンディションを解説前回のこのカテゴリでは、「高気圧からの吹き出し」と「アリューシャンからの北東うねり」による波のコンディションについて記載しました[sitecard subtitle=関連記事[…]

梅雨の波アイキャッチ
エリア毎の特徴:伊勢~宮崎

ポイント毎に異なるうねりの反応前回の記事ではサーフエリア毎の特徴とうねりの反応について、千葉を起点にして伊良湖までのエリアについて記載しました。[sitecard subtitle=関連記事 url=https://asasfs[…]

波をつくるための風

サーファーにとっての風とは[caption id="attachment_3998" align="alignnone" width="1024"] 平砂浦@千葉[/caption]こちらのブログでは毎日の気圧配置の変化によって[…]

波をつくるための風

【新刊のご紹介】
サーファーが知っておきたい台風の知識

台風スウェルをあてるための台風の知識と経験則、
台風による災害への備えについて
サーファー目線でまとめました

週末サーファーのための波乗り気象学(前編/中編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。Kindle本の紹介画像
Amazonで見てみる!

Kindle無料アプリの入手

↑Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↑

JPSA面白かった
最新情報をチェックしよう!