奄美地方で平年並みの梅雨入り、関東は煮え切らない寒冷前線が通過中【2020.5.11】

気圧配置&天気と波情報 : 南西の風波がややアップ

午前3時の実況天気図 ASAS

※しばらくは個別ポイントのコンディションや動画の掲載は控えてまして、概況レベルの記載に留めています。

おはようございます。
5月11日 月曜日の朝6時にこの記事を書いています。

昨日の千葉南部は1日中どんよりとした曇り空
で雨こそ昼くらいまでで、それほど強くは降ってなかったですけど、南西の風が強めに吹いた時間帯が続き、海もスープだらけとなっていました。

北海道を横断している低気圧から伸びる寒冷前線が太平洋沿岸に沿って南下してきていますが、南下するのはかなりゆっくりな感じ。

昨日夜9時の天気図の位置とあんまり変わってないような、、、少し南下したくらいでしょうか。

南西から西の風は朝は落ち着いていて、今は強くは吹いていません。

昨日は白い部分が多かった海も少しはまとまってきていますが、ヨレヨレな感じ。

サイズは出ていますが、昨日の風の強さとしてはそこまで大きなサイズアップにはなってない感じがします。

低気圧の中心は北海道を通過して千島近海あたりに差しかかる感じ

そこから伸びる寒冷前線が関東地方を通り南西諸島から台湾北部まで繋がっています。

昨日の10日は奄美地方が梅雨入りしました。
平年が5月11日なのでほぼ平年並みですね。

沖縄地方もそろそろ梅雨入りの発表が出るのではないかと思います。

一方で南海上のフィリピンの東にある雲域は当初予想どおり熱帯低気圧として解析されました。この時期なので日本へ向けて北上してくることはなく、うねりも届かないですけど、これからの季節は南海上の雲の状況は要チェックとなります。

昨日の気圧配置と風と波はこちら

昨日の気圧配置と波情報

気圧配置&天気と波情報 : 全国的に曇りや雨の一日午前3時の実況天気図 ASAS※しばらくは個別ポイントのコンディションや動画の掲載は控えてまして、概況レベルの記載に留めています。おはようございます。5月[…]

今朝の千葉・湘南エリアの風と波

☀️気象庁 アメダス 風向風速(関東地方)
https://www.jma.go.jp/jp/amedas/206.html?elementCode=1

☔️気象庁 レーダーナウキャスト
https://www.jma.go.jp/jp/radnowc/

🌊気象庁 波浪実況・予想図
https://www.data.jma.go.jp/gmd/waveinf/tile/jp/index.html

🌀気象庁台風情報
http://www.jma.go.jp/jp/typh/

今朝の千葉エリアは南西から西の風。
北部では北西の風が朝は吹いていたところもあるようです。

今朝はちょうど上空にイマイチはっきりしない寒冷前線があるようで、風は南西から西の風に少しシフトしてきているような状況。

朝一のタイミングで満潮を迎えているので、潮が多くて割れにくい時間帯です。

先程も書きましたが、昨日の南西の風のわりにはあんまりサイズアップはしていない感じ。

潮が多い時間帯というのもありますが、体感的にはもう少しサイズアップしていても良さそうな風が吹いていたと思いましたが、、、

やはりこの煮え切らない寒冷前線の南側では、中途半端な風となっていたことでしょう。

寒冷前線はもう少し男らしくバシっと通過してくれたほうが、寒冷前線っぽいですからね。今回は少しナヨナヨした煮え切らない男が通過してるような感じです。

南風の影響をうけるポイントではサイズアップはしてきているものの、中途半端なサイズアップ。しかもまだ風は吹いていて面は整わないといった状況。

湘南もサイズアップしてきてますが、それほど大きくはサイズ上がってないかもしれません。

石廊崎の波浪観測も反応はしていますがすでにダウントレンドです。

さば雲/いわし雲/うろこ雲 大漁の一日

さば雲/いわし雲/うろこ雲 いろんな魚の雲が次々と通りすぎた一日でした。

これは上空5,000m以上の高層に現れる巻積雲の一種です。 秋によく見られる雲ですけど、この5月の空でも現れました。

白い小石を敷き詰めたような空。 これらの雲は氷の結晶でできていて上空に寒気が入ってきているときに現れることが多いです。

天気はゆっくり下り坂になるサインとなる雲でもあり、この雲の塊がだんだん大きくなって高積雲が現れだすと雨が近づいてます。

※緊急事態宣言によりしばらくは個別ポイントのコンディションや動画の掲載は控えようと思います。

※YouTubeには千葉の海や空の映像などをアップしています。

https://www.youtube.com/channel/UChclptxfHQYAEE6LnBsJHhQ

チャンネル登録をお願いします!

今後の気圧配置と波: サイズダウンは早そう

今夜9時の予想天気図 FSAS24

今夜にかけては前線は南海上を離れていき、午前中から青空が広がってきそうです。

風ははじめ南西から西の風が残りますが、昼くらいから不安定な風向きとなってきそう。

オフショアで面がまとまるという感じにはならなそうです。

ヨレが入った波ではありますが、風も弱まってきているので、南に開いたポイントでは腰腹くらいのサイズで遊べるだけのコンディションにはなってきそう。

湘南も同じくらいのサイズが残りそうですけど、サイズダウンも早いかもしれません

明日夜9時の予想天気図 FSAS48

明日は北海道を通過した低気圧は、アリューシャンでまとまりながら発達する予想です。

もうしばらく見れないなと思っていたら、そこそこ発達してきています。ただ今回もいまのところはこの低気圧からの北東うねりは期待はできなさそうな感じがします。

明日の朝の関東地方は等圧線がかからないエリアになってきて風は弱い時間帯が昼くらいまで続きそう。

午後からは沿海州あたりに進んでくる低気圧に向けて南よりの風が入りだしそうなので、サイズが残っているなら朝一は面もまとまってきていると思います

でも今回の風波はすぐにサイズダウンしてしまいそうな感じで今日の夕方にサイズ残っていたとしても明日の朝までにダウンしてそうな、、、

あんまり期待しないでおきたいと思います。

過去の気圧配置と波情報

今日と同じ日の気圧配置と波のコンディションの過去3年分の記事です。
過去の今日はどんな天気でどんな波だったのかご覧ください

OnThisDay(2017/05/11)

5/11 3:00 ASAS南海上を低気圧が通過し低気圧の中心は三陸沖へ移動した。本州付近は西から高気圧に覆われる。大潮の3日目。この時間は引きの潮が動く時間帯となりコンディションが上向いてくるポイントも多くなってきそう。今朝の千葉[…]

IMG
OnThisDay(2019/05/11)

毎日の天気図と波情報5/11(土) 3:00 今日の波と天気概況日本付近は東海上と黄海付近の2つの高気圧に覆われるかたちとなって、九州から東北までの広い範囲で晴れてます。小さな低気圧が東海沖にまで移動してきましたが、あまり発達して[…]

各エリア : 今日の暦と潮まわり

千葉エリア:こよみと潮まわり(勝浦)

2020/05/11
日の出:04:38 / 日の入:18:32
中潮
満潮:05:48(143cm) / 20:21(124cm)
干潮:00:25(85cm) / 13:03(1cm)

湘南エリア:こよみと潮まわり(江の島)

2020/05/11
日の出:04:40 / 日の入:18:36
中潮
満潮:05:59(148cm) / 20:37(134cm)
干潮:00:50(92cm) / 13:24(10cm)

伊良湖エリア:こよみと潮まわり(赤羽根)

2020/05/11
日の出:04:51 / 日の入:18:43
中潮
満潮:07:04(164cm) / 21:13(157cm)
干潮:01:44(95cm) / 14:07(14cm)

磯ノ浦:こよみと潮まわり(和歌山)

2020/05/11
日の出:05:00 / 日の入:18:51
中潮
満潮:07:53(167cm) / 21:56(164cm)
干潮:02:26(102cm) / 14:59(14cm)

宮崎:こよみと潮まわり(宮崎)

2020/05/11
日の出:05:19 / 日の入:19:01
中潮
満潮:07:49(179cm) / 21:40(169cm)
干潮:02:20(91cm) / 14:43(10cm)

仙台新港:こよみと潮まわり(仙台新港)

2020/05/11
日の出:04:28 / 日の入:18:36
中潮
満潮:04:48(151cm) / 19:32(120cm)
干潮:12:13(0cm) / 23:59(94cm)

こちらの記事がよろしければSNSでシェアをお願いします!

あわせて読みたい

サーファーにとっての風とはサーファーはいつも波のことを気にしていますが、風のことも常に気にしています。サーファーにとっての風とは2つの側面があると思います。ひとつは、波をつくるための風、もうひとつは、波の形を[…]

あわせて読みたい

サーファーにとってのもうひとつの”風”前回の記事に記載しましたとおり、サーファーにとっての風には二側面あるといくことをお伝えしました。[sitecard subtitle=関連記事 url=https://asasfsas24.[…]

【Kindle版:\250】
週末サーファーのための波乗り気象学(前編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。
Amazonで見てみる!

Kindle無料アプリの入手

↑Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↑

最新情報をチェックしよう!