毎朝の気圧配置と波情報/波予想記事を毎日更新 ~ 読み続けると「週末の波」が見えてくる ~

低気圧へ吹き込む南西の風、南海上には熱帯低気圧が発生しそう【2020.5.10】

気圧配置&天気と波情報 : 全国的に曇りや雨の一日

午前3時の実況天気図 ASAS

※しばらくは個別ポイントのコンディションや動画の掲載は控えてまして、概況レベルの記載に留めています。

おはようございます。
5月10日 日曜日の朝の更新です。

今日は朝からどんよりした空からのスタートです。

外を見ても地面は濡れてないようなので雨は夜中も降らなかったのようです。

7時前は風は吹いていましたけど、そんなに強くはなく風向は南西ベースの風でしたけど少し風がまわっているような感覚がありましたが、

7時半くらいからは南西の風が強めに吹いてきたようです。

今朝の気圧配置は、

日本海に低気圧の中心がありそこから北陸あたりまで温暖前線がのびていて、
寒冷前線は九州北部あたりを通過し東シナ海へとのびている状況。

東海上には高気圧の中心があり、この高気圧から吹き出す風が低気圧へ向けて南から南西の風として吹き込みます。

今日は全国的に曇りや雨となるところが多くなりスッキリしないお天気が続きそうです。

昨夜の予想よりも北日本や東日本では雨はそれほど降ってはないようなんですが、雨の降りやすい状態は夜まで続きそう。

今日は南西からの暖かく湿った空気が入り込んできて、昨日よりも湿度が高く気温も上がって蒸し暑く感じるようになりそうです。

太平洋側の南向きのポイントでは、昨日から吹き続く南よりの風により少し風波でサイズが出てきたような感じに。

磯ノ浦も南の風波が少し出てきてるかもしれません。

また九州や四国では高気圧からの吹き出しによる南東うねりの反応が続いており、そこそこ遊べるサイズのブレイクがありそうです。

昨日の気圧配置と風と波はこちら

昨日の気圧配置と波情報

気圧配置&天気と波情報 : 北東うねりは反応しないパターン午前3時の実況天気図 ASAS※しばらくは個別ポイントのコンディションや動画の掲載は控えてまして、概況レベルの記載に留めています。おはようございます。[…]

今朝の千葉・湘南エリアの風と波

☀️気象庁 アメダス 風向風速(関東地方)
https://www.jma.go.jp/jp/amedas/206.html?elementCode=1

☔️気象庁 レーダーナウキャスト
https://www.jma.go.jp/jp/radnowc/

🌊気象庁 波浪実況・予想図
https://www.data.jma.go.jp/gmd/waveinf/tile/jp/index.html

🌀気象庁台風情報
http://www.jma.go.jp/jp/typh/

今朝の千葉エリアは南西の風。

先程7時半過ぎから南西の風が強まってきました。

南に開いたポイントでは昨日から吹き続く南西の風により面はヨレヨレ。

昨日よりは少しサイズアップしてきた感じはありますけど、良くはないコンディションが昨日から続きます。

湘南も中途半端なオンショアですけど昨日から続いていることもあり少しサイズに変化が出てきているようですね。

石廊崎の波浪観測も少し反応し始めました。

今日はこれからも強めの南西の風が続くことにより、さらに風波がサイズアップしてきそうです。

南西の風を交わすポイントではまったくフラットかというとそうではなくて、東からのうねりも弱く反応しているような状況。

千葉では一宮周辺や千倉千歳が南西の風をかわしつつ遊べるサイズが反応してそうですけど、

駐車場はまだ閉鎖されていてビジターサーファーはまだ入れない状況が続きます。

路上駐車して入るようなことだけは絶対にやめてもらいたいですね。そんな一部の人がもし出てしまったら更に駐車場は閉鎖な状況が続いてしまい、自分たちの首を締めることになってしまいます。

もうホントそろそろ気兼ねなく海に入りたいじゃないですか。

少しビーチでの行動を変えないといけないですけど、夏も近づいてきたことですし今までのようにセミドライ脱いでジャーフルで気持ちよくサーフィンしたいですよね。

NSA 一般社団法人日本サーフィン連盟

会員の皆様には、長期に渡る外出自粛にご理解をいただき感謝いたします。そして、県をまたいでの移動規制、行政機関の指示の厳守…

NSAからもはっきりとは明言されてない内容ですけど、部分的・段階的に自粛緩和の方向にも進んでいるようにも見えます。

ここで提示されている新たな生活様式を今後は海に行くときのルールとして定着しそうな感じでしょうか。

新型コロナウイルスを想定して「三つの密」の回避を守り、感染防止策を取ってください。サーフィンにおいても以下のような「新しい生活様式」の実践例を取り組んで下さい。

  • 個人、少人数で海に行く。
  • 海岸や駐車場などで集まらず、着替えて速やかに海に入る。
  • 海から上がったら、着替えて速やかに帰る。
  • 陸にいる時はマスクを着用、こまめに手洗い消毒をする。
  • 混んでいる海、混んでいる時間帯は避ける。
  • 海の中でもお互いに十分な距離をとる。
  • 握手などのコミュニケーションは避ける。
  • 移動の際は立ち寄らずに真っ直ぐ帰宅する。

引用元:NSA https://www.nsa-surf.org/news/20200507/

 

そしてクラスターの発生する場所や年代別の症状的なデータ、全国の新規感染者数などのトレンドも見えてきている状況になってきたので、

医療崩壊を起こさないレベルでの自治体による自粛要請の緩和や、巷に広がる過度な自粛ムードの醸成を早く是正して、元の状態に部分的・段階的に戻していく動きになっていけばいいなぁっと思います。

今週の空模様(タイムラプス動画)

5月10日から16日までの空模様をタイムラプス動画にまとめました。

今週のハイライト

  • 2:49 鯖雲、いわし雲、うろこ雲の大漁の空
  • 4:36 夕焼けに照らされた鯉のぼりのような雲
  • 5:47 霞かかった高層雲による太陽
  • 7:15 ロール状の一直線に横たわる長い雲
  • 10:10 透き通るような青空
  • 14:20 怪しげな高積雲の動きの日没

※緊急事態宣言によりしばらくは個別ポイントのコンディションや動画の掲載は控えてます。

※YouTubeには千葉の海や空の映像などをアップしています。

https://www.youtube.com/channel/UChclptxfHQYAEE6LnBsJHhQ

チャンネル登録をお願いします!

今後の気圧配置と波:  熱帯低気圧が発生しそう

今夜9時の予想天気図 FSAS24

今夜にかけては北海道付近にある低気圧からのびる前線がゆっくりと南下してきて、夜9時には太平洋沿岸付近まで移動してくる予想です。

このため日が暮れるころまで今日は南西の風が吹き続くでしょう。

夕方から夜にかけても南西の風は強いままとなりそうです。

南に開いたポイントではジャンク気味なコンディションにもなってきますが、風波によるサイズアップはしてくるでしょう。

サーフィンできそうなのは南西の風をかわすポイントや、オンショアでも由比ヶ浜など湾の奥に位置するようなポイントなら、ジャンク度合いが少し軽減される傾向ではあります。

明日夜9時の予想天気図 FSAS48

明日は前線がゆっくり南下して通過していきますけど、通過後にスパッと北風に変わるというケースではなさそうです。

ジワジワと前線は南下していくことで、明日も朝から南西から西よりの風となりそう。

ただ前線が少し離れていく昼ころにかけては風が弱まる可能性もあり、その後風がシフトしてくるかもしれません。

明日も南西から西の風をかわすポイントが中心となりそう、西の成分が多くなれば波がまとまってくるポイントも増えそうですが、東の風が午後は入ってくる可能性もあり、風向は不安定となりそう。

明日の21時の予想天気図には、今年に入ってもしやはじめて?のTD熱帯低気圧のマークが予想されています

冬の間はあんまり赤道付近の雲の様子は気にかけてなかったのですが、今年はまだ台風が1つも発生していない状況。

この低圧部がどこまで発達するかはわかりませんけど、動向はチェックしておきたいと思います。

過去の気圧配置と波情報

今日と同じ日の気圧配置と波のコンディションの過去3年分の記事です。
過去の今日はどんな天気でどんな波だったのかご覧ください

OnThisDay(2017/05/10)

5/10 3:00 ASAS 日本海には低気圧があり四国の南海上にある前線が東進中。南西諸島では梅雨入りが秒読みの段階になってきた。伊勢から西の東向きのポイントでは温暖前線に沿った南東の風波によりサイズアップしポイントによって[…]

IMG
OnThisDay(2019/05/10)

毎日の天気図と波情報5/10(金) 3:00 今日の波と天気概況千島近海とはるか南の海上および四国の南には低気圧が解析されており、本州付近はこれら低気圧に囲まれる気圧配置となり周辺には等圧線は描かれてない状況。今日は広い範囲で晴れ[…]

各エリア : 今日の暦と潮まわり

千葉エリア:こよみと潮まわり(勝浦)

2020/05/10
日の出:04:38 / 日の入:18:31
大潮
満潮:05:16(148cm) / 19:29(132cm)
干潮:12:21(-7cm) / 00:00(cm)

湘南エリア:こよみと潮まわり(江の島)

2020/05/10
日の出:04:41 / 日の入:18:35
大潮
満潮:05:31(152cm) / 19:44(143cm)
干潮:00:15(83cm) / 12:42(3cm)

伊良湖エリア:こよみと潮まわり(赤羽根)

2020/05/10
日の出:04:52 / 日の入:18:43
大潮
満潮:06:33(172cm) / 20:22(167cm)
干潮:01:05(84cm) / 13:25(4cm)

磯ノ浦:こよみと潮まわり(和歌山)

2020/05/10
日の出:05:01 / 日の入:18:50
大潮
満潮:07:23(177cm) / 21:01(176cm)
干潮:01:45(89cm) / 14:13(2cm)

宮崎:こよみと潮まわり(宮崎)

2020/05/10
日の出:05:20 / 日の入:19:00
大潮
満潮:07:15(188cm) / 20:50(181cm)
干潮:01:39(79cm) / 14:00(-2cm)

仙台新港:こよみと潮まわり(仙台新港)

2020/05/10
日の出:04:29 / 日の入:18:35
大潮
満潮:04:15(153cm) / 18:40(128cm)
干潮:11:31(-7cm) / 23:22(91cm)

こちらの記事がよろしければSNSでシェアをお願いします!

エリア毎の特徴:千葉~伊良湖

ポイント毎に異なるうねりの反応前回の記事では「うねりの向き」について記載してみましたが、今回は日本のサーフエリアの特徴や反応するうねりの向きについて記載してみようと思います。ポイントの向きによってうねりが入りやすいのかどうか[…]

波の要素と種類

前回こちらの記事にて波をつくるための風について記載しました。[sitecard subtitle=関連記事 url=https://asasfsas24.com/20181003/wave-4905/]今回からは風によって作[…]

沿岸で吹く風

サーファーにとってのもうひとつの”風”前回の記事に記載しましたとおり、サーファーにとっての風には二側面あるということをお伝えしました。[sitecard subtitle=関連記事 url=https://asasfsas24.[…]

サーフチェックサムネイル

【新刊のご紹介】
サーファーが知っておきたい台風の知識

台風スウェルをあてるための台風の知識と経験則、
台風による災害への備えについて
サーファー目線でまとめました

週末サーファーのための波乗り気象学(前編/中編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。Kindle本の紹介画像
Amazonで見てみる!

Kindle無料アプリの入手

↑Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↑

最新情報をチェックしよう!