毎朝の気圧配置と波情報/波予想記事を毎日更新 ~ 読み続けると「週末の波」が見えてくる ~

九州南部に続き四国も梅雨入り、約1ヶ月半の雨の季節へ【2020.5.31】

気圧配置と波情報 : 波はイマイチな日曜日

午前3時の実況天気図 ASAS

本日は午後の更新となります。
5月31日日曜日、明日からは6月に入ります。

先週は全国のサーフポイントも閉鎖解除されたところも多くなり、この週末は多くの方が海に戻ってきたのではないかと思います。

まだ県をまたぐ移動の自粛については控えるようにとは自治体からメッセージは出ているところではありますが、

先日も掲載したサーフィンにおける新たなルールを意識して行動すれば、サーフィンにおいてクラスターの発生や感染拡大に繋がるようなことはほぼないと、個人的には思います。。

実際にサーフィンやビーチでクラスター発生したなんて事例はないはず。

今まで得た多くのデータや経験を十分活用して方針をだすことが重要だと思います。イメージだけで行動を縛る方針を続けるようなことからは早く移行していってほしいですね。

多くの方が海に戻ってこられましたけど、サイズも物足りなく風も入って波としてはイマイチな週末でした。

ですが、久しぶりに海に入ってサーフィンの楽しみや素晴らしいところを改めて認識された方も多かったのではないでしょうか。

Twitter投稿でもやっぱり海はいいねとかサーフィン最高というような内容が多く、見ていて何だかとても嬉しい気持ちになりました。

明日からさらに駐車場の閉鎖が解除されるところもありますので、次の週末にはポイントの選択肢も広がりますし、幾分と分散もされるのかもしれませんね。

九州南部と四国が梅雨入り

昨日気象庁から九州南部が梅雨入りしたと見られると発表がありましたが、先程四国地方も梅雨入りの発表がありました。

九州南部はほぼ平年並み、四国は平年より少し早めの梅雨入りとなります。

これから7月の中旬から下旬にかけての梅雨明けまで、約1ヶ月半の雨の季節へ入ります。

週間予想天気図を見てみるとこの先は週の後半まで梅雨前線が本州の南海上に停滞する予想となっており、四国のみならず近畿から関東の太平洋側は木曜あたりまで雨が降りやすい気圧配置。

その後には晴れ間が出そうな感じなので、地方単位で発表される梅雨入りは今回は見逃されそうな感じもします。

梅雨入りが発表されるとなると、それなりに経済活動にも影響が出てくるので、気象庁もそれなりに気を使うのではないかと思いますが、今回はどんな感じで発表されるのか。
今週はそんなところも注目しておきたいと思います。

波の方は大きなサイズアップはなさそうな1週間となりそうで、東海上へと中心を移す高気圧からの吹き出しによる南東うねりが弱く続き、南東の風も入りやすい1週間となりそうです。

昨日の気圧配置と風と波はこちら

昨日の気圧配置と波情報

気圧配置&天気と波情報 : 朝は潮が多く割れにくい午前3時の実況天気図 ASASおはようございます。5月30日土曜日の朝5時を過ぎたところです。昨日の午後の空は雲がほとんどなく真っ青な色した空でしたけど、今朝[…]

今朝の千葉・湘南エリアの風と波

☀️気象庁 アメダス 風向風速(関東地方)
https://www.jma.go.jp/jp/amedas/206.html?elementCode=1

☔️気象庁 レーダーナウキャスト
https://www.jma.go.jp/jp/radnowc/

🌊気象庁 波浪実況・予想図
https://www.data.jma.go.jp/gmd/waveinf/tile/jp/index.html

🌀気象庁台風情報
http://www.jma.go.jp/jp/typh/

今日の千葉エリアは昨日と同じようなサイズ感のコンディションの波。

南東からの弱いうねりで、今日も全体的には腿腰からたまに腹くらいのセット間隔長めでパワーのない波のポイントが多くなってるようです。

潮は夕方にかけて引いてきますけど、小潮で大きな動きではないです。

南東ベースの風も入ってきており、風の影響で波質も下がってきてしまってそうなので、全体的に物足りないコンディションとなっています。

湘南も朝からスモールサイズが続いておりロングでなんとかといった感じでしょうか。

※YouTubeには千葉の海や空の映像などをアップしています。

https://www.youtube.com/channel/UChclptxfHQYAEE6LnBsJHhQ

チャンネル登録をお願いします!

今後の気圧配置と波:  梅雨前線上の低気圧が東進

今夜9時の予想天気図 FSAS24

今夜にかけては高気圧の中心が東へと移動して梅雨前線上と東シナ海には低気圧が発生する予想です。

もう少し早く高気圧が離れて南東うねりが入りやすくなるのかと思いましたが、弱いうねりのままで夕方まで変化はほとんど見られなさそうですね、、、

風も入ってイマイチなコンディションのまま日没を迎えてしまいそうですが、この時期は19時まで海に入れるのでそれまでに風がおさまり少しサイズアップしてくるかどうかといったところでしょう。

明日夜9時の予想天気図 FSAS48

明日は南海上の低気圧が夜には関東の南海上まで東進してくる予想気圧配置。

東海上の高気圧から吹き出す南東の風が朝から吹きやすい状況となるでしょう。

雨は午後からが中心となり後半になる程しっかりと降ってきそうです。

明日は南東からのうねりが少し反応がよくなりそうですが、同時に風の影響も出てしまいそうですね。

午後には東の風へとシフトしてきそうなのでほとんどのポイントでは風の影響で波質的にはよくないコンディションでしょう。

朝一は風の影響少ない時間帯あるかもしれないので、やるならその時間帯狙いでしょうか。

過去の気圧配置と波情報

今日と同じ日の気圧配置と波のコンディションの過去3年分の記事です。
過去の今日はどんな天気でどんな波だったのかご覧ください

OnThisDay(2017/05/31)

5/31 3:00 ASAS日本の南には梅雨前線が停滞。昨日まで日本を覆っていた高気圧は東へ移動し本州付近は高気圧の後面に位置するようになる。東へ移動した高気圧からの吹き出しが途中に梅雨前線で遮らない気圧配置となってきたことから昨日と比[…]

IMG
OnThisDay(2019/05/31)

気圧配置と波情報 : 九州南部はこの週末にも梅雨入りしそうな気配に午前3時の実況天気図 ASAS南海上と中国東北区には低気圧がありそれぞれ東から北東方向へ進んでいます。その間にある日本列島は、東海上に中心を持つ高気圧に覆われていま[…]

各エリア : 今日の暦と潮まわり

千葉エリア:こよみと潮まわり(勝浦)

2020/05/31
日の出:04:26 / 日の入:18:47
小潮
満潮:10:54(105cm) / 00:00(cm)
干潮:05:45(80cm) / 17:33(44cm)

湘南エリア:こよみと潮まわり(江の島)

2020/05/31
日の出:04:28 / 日の入:18:50
小潮
満潮:00:18(132cm) / 11:12(112cm)
干潮:06:26(91cm) / 17:59(47cm)

伊良湖エリア:こよみと潮まわり(赤羽根)

2020/05/31
日の出:04:39 / 日の入:18:58
小潮
満潮:00:39(152cm) / 12:25(131cm)
干潮:07:01(91cm) / 18:45(58cm)

磯ノ浦:こよみと潮まわり(和歌山)

2020/05/31
日の出:04:48 / 日の入:19:05
小潮
満潮:01:35(159cm) / 13:23(136cm)
干潮:08:01(99cm) / 19:40(64cm)

宮崎:こよみと潮まわり(宮崎)

2020/05/31
日の出:05:09 / 日の入:19:14
小潮
満潮:01:04(164cm) / 12:56(145cm)
干潮:07:18(91cm) / 19:18(57cm)

仙台新港:こよみと潮まわり(仙台新港)

2020/05/31
日の出:04:14 / 日の入:18:52
小潮
満潮:09:28(107cm) / 23:40(123cm)
干潮:04:40(90cm) / 16:37(48cm)

こちらの記事がよろしければSNSでシェアをお願いします!

あわせて読みたい

気圧配置と天気図パターンによる波のコンディションを解説前回のこのカテゴリでは、「高気圧からの吹き出し」と「アリューシャンからの北東うねり」による波のコンディションについて記載しました[sitecard subtitle=関連記事[…]

梅雨の波アイキャッチ
あわせて読みたい

週末は波があるのか?ないのか?[caption id="attachment_5553" align="alignnone" width="1024"] 写真:メローな程よいサイズのいい波、こんなコンディションなら最高だ[/captio[…]

うねりの向き
あわせて読みたい

サーファーにとっての風とは[caption id="attachment_3998" align="alignnone" width="1024"] 平砂浦@千葉[/caption]こちらのブログでは毎日の気圧配置の変化によって[…]

波をつくるための風
あわせて読みたい

サーファーにとってのもうひとつの”風”前回の記事に記載しましたとおり、サーファーにとっての風には二側面あるということをお伝えしました。[sitecard subtitle=関連記事 url=https://asasfsas24.[…]

サーフチェックサムネイル

【新刊のご紹介】
サーファーが知っておきたい台風の知識

台風スウェルをあてるための台風の知識と経験則、
台風による災害への備えについて
サーファー目線でまとめました

週末サーファーのための波乗り気象学(前編/中編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。Kindle本の紹介画像
Amazonで見てみる!

Kindle無料アプリの入手

↑Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↑

最新情報をチェックしよう!