毎朝の気圧配置と波情報/波予想記事を毎日更新 ~ 読み続けると「週末の波」が見えてくる ~

午後から南~南西の風が吹きはじめて明日は再びジャンクアップ【2020.6.30】

気圧配置と波情報 : 朝一はサイズダウンながらも遊べる波

午前3時の実況天気図 ASAS

実況天気図

おはようございます。6月30日の火曜日の朝6時です。

今日で6月も終わり、明日からは7月へと突入します。

すでに夏至は過ぎているため、太陽と地球の位置関係的には既に冬に向かった動きをはじめているところですが、

実際はこれからが夏本番となります。

今年はコロナの影響が続き様々なイベントが中止になることが決まっており、海水浴もエリアによっては出来ないなど、

夏のイベントとしては物足りないことにもなってしまうかもしれませんね。

さて昨日は低気圧が残した南西の風波・うねりが夕方まで続きました。

朝は風も弱かったものの千葉南エリアでは午後は南東の風がはいってやや面がザワついてきましたが、昼過ぎから午後にはまだまだセットで頭サイズのラインナップが入ってきており、サイズ的には十分な波。

鴨川エリアでは夕方は少しサイズダウンして腹胸くらいまでになり、ワイドで早いブレイクになりましたがそれでもポジション選べば遊べる波。

昨日は19時20分くらいまでサーファーが波に乗ってましたね。

湘南も南西の波が残って夕方も十分遊べるコンディションが続いたようです。

昨日の気圧配置と風と波はこちら

昨日の気圧配置と波情報

気圧配置と波情報 : 平砂浦もサイズ十分午前3時の実況天気図 ASASおはようございます。6月29日月曜日です。梅雨前線は南海上に少し離れたところにあり前線上の低気圧も東の海上へと抜けていきました。昨夜通過した低気圧は関東の南[…]

今朝の気圧配置は、

黄海にあった低気圧が発達しながら朝鮮半島にさしかかりその後日本海へと進んでいくような状況。

今日もこの低気圧の南側に位置するエリアでは大雨になるところが出てきそうであり、注意が必要です。

特に九州から四国では激しい雨となる地点も出てくる見込みで、山沿いでは土砂災害に警戒が必要なレベル。

関東地方もこの低気圧の前面に位置しており天気は下り坂。

西の空では次第に雲に厚みが増してきて夕方までには千葉南部も雨が降り出す予想がでています。

東海上には太平洋高気圧が停滞しており、関東付近の等圧線の間隔は朝のうちは広いですけど、次第に間隔が狭くなります。

今日も午後からは、この高気圧の縁辺をまわって吹き込む南よりの風が強まってきそうです。

南西の波はいったんはサイズダウンとなり、明日にかけてはまた南西の風でサイズアップしてくるパターンとなります。

今朝の千葉・湘南エリアの風と波

アメダス風

☀️気象庁 アメダス 風向風速(関東地方)
https://www.jma.go.jp/jp/amedas/206.html?elementCode=1

☔️気象庁 レーダーナウキャスト
https://www.jma.go.jp/jp/radnowc/

🌊気象庁 波浪実況・予想図
https://www.data.jma.go.jp/gmd/waveinf/tile/jp/index.html

🌀気象庁台風情報
http://www.jma.go.jp/jp/typh/

今朝の千葉エリアは南よりの風が吹いてますけどまだ風は弱いです。

千葉南

一面を灰色の空に覆われて日差しはありませんが風もほぼ無風な朝一のビーチ。

鴨川エリアは昨日の夕方には腹胸くらいのセットが入ってきていましたが、今朝はワンサイズ小さくなってアベレージ腰腹くらいでしょうか。

たまに大きめのセットもまだ入ってきて、サーフィンはまだまだ十分できるコンディション。

潮もちょうど午前の干潮時刻あたりで引いておりブレイクしやすい時間帯です。

和田エリアや千歳も同じくらいの腰腹くらいのサイズはキープしている感じですね。

千葉北

南西の波がベースになっているので千葉南よりもワンサイズ小さい波が続いています。

今朝も同じくらいのサイズ感でアベレージで腿腰くらいのやや物足りないサイズの波。

一宮周辺では遊べる波も入ってきているようです。

湘南

今朝も鵠沼では潮が引いてる時間帯ということもありなんとか膝腿から腰くらいの波は残っているようです。

今日は入るなら今のうちに入っておいたほうがいいかもしれません。

今日の空と海の注意事項は?

次第に南よりの風が強まってきそうです。

千葉の多くのポイントでは左への流れができるくらい、夕方にかけては強めに風が吹きそうなのでビギナーの方は午前中に入っておくのが良さそう。

湘南もオンショアとなり再びサイズアップしてきそうですが面はぐちゃぐちゃになり、夕方にはジャンクな感じになっていそうです。

午後は強い風に注意が必要となります。

※YouTubeには今日の波チェック動画、海と空の映像や雲の流れタイムラプス映像などをアップしています。
https://www.youtube.com/channel/UChclptxfHQYAEE6LnBsJHhQ
よろしければご覧ください&チャンネル登録をお願いします!

今後の気圧配置と波: 南西の強い風が明後日まで続きそう

今夜9時の予想天気図 FSAS24

予想気圧配置24時間

今夜にかけては朝鮮半島付近の低気圧はやや発達しながら日本海西部へとゆっくり進んできます。

その前面からのびる温暖前線と寒冷前線の南側のエリア=暖域では、東海上の高気圧の縁辺を通って吹き込む南西の風が強く吹いてきます。

関東地方は午後から次第に風が強くなり夕方には結構な強さで南よりの風が吹いてきそうです。

雨はまだ今夜の時点では大雨にはならなそうですけど、午後からポツポツと降る地点が多くなりそう。

この南風により多くのポイントが影響を受けるので、今日は風の影響のまだ少ない午前中の早い時間帯に入っておくのが良さそうです。

午後に入るなら南風をかわすポイントへ向かうのがよいですけど、コンディション的にはあまり期待はできないと思います。

湘南も夕方には結構荒れた波になってくるでしょう。

明日夜9時の予想天気図 FSAS48

予想気圧配置48時間

明日は動きの遅い日本海の低気圧は前線上から切り離されて日本海中部に居座る見込み。

梅雨前線は東北から関東をとおって南海上を西へとのびる感じの予想気圧配置です。

明日も一日この前線の南側に位置することになり、南西の風が強く吹き続く見込みとなります。

特に千葉南部は雨雲の通り道にもなってきそうで、大雨となる地点もでてきそう。雨への警戒も必要となります。

南西の風により再びジャンクアップしてきて、明日のうちはジャンクなままとなりそうです。

南西の風をかわす千歳や千倉、一宮周辺では多少できるかもしれませんが、オフショアがかなり強く雨も強まり、海に入るモチベーションがダウンするくらいな感じにもなってきそう。

湘南も明日は朝からジャンクな波からのスタートで夕方まで荒れた状態が続きそうです。

今日のうちに入っておきましょう。

過去の気圧配置と波情報

今日と同じ日の気圧配置と波のコンディションの過去3年分の記事です。
過去の今日はどんな天気でどんな波だったのかご覧ください

6/30 3:00 ASAS梅雨前線が西日本から北上をはじめており午前3時の解析ではキンクが九州北部付近にありそこから西へ紀伊半島を通り関東の南の海上へのびている。また沖縄付近には弱い熱帯低気圧が解析されゆっくり北上しているが明日以降は[…]

IMG

今朝のtwitter波情報まとめtwitterに投稿された全国の波情報をピックアップしてまとめています。主に動画や画像で波のコンディションがわかる投稿をピックアップしています。千葉と湘南はこれから南西の風が強く入りそうです。コンディシ[…]

各エリア : 今日の暦と潮まわり

千葉エリア:こよみと潮まわり(勝浦)

2020/06/30
日の出:04:27 / 日の入:18:57
小潮
満潮:12:40(109cm) / 00:00(cm)
干潮:06:18(54cm) / 17:55(74cm)

湘南エリア:こよみと潮まわり(江の島)

2020/06/30
日の出:04:30 / 日の入:19:01
小潮
満潮:13:05(114cm) / 00:00(cm)
干潮:06:53(62cm) / 18:22(78cm)

伊良湖エリア:こよみと潮まわり(赤羽根)

2020/06/30
日の出:04:41 / 日の入:19:08
小潮
満潮:00:34(160cm) / 13:46(141cm)
干潮:07:26(66cm) / 19:17(88cm)

磯ノ浦:こよみと潮まわり(和歌山)

2020/06/30
日の出:04:50 / 日の入:19:15
小潮
満潮:01:28(166cm) / 14:34(150cm)
干潮:08:20(74cm) / 20:10(98cm)

宮崎:こよみと潮まわり(宮崎)

2020/06/30
日の出:05:11 / 日の入:19:24
小潮
満潮:01:07(174cm) / 14:11(155cm)
干潮:07:49(64cm) / 19:51(86cm)

仙台新港:こよみと潮まわり(仙台新港)

2020/06/30
日の出:04:15 / 日の入:19:03
小潮
満潮:11:44(111cm) / 23:00(141cm)
干潮:05:23(66cm) / 16:45(84cm)

こちらの記事がよろしければSNSでシェアをお願いします!

アリューシャンからの北東うねり

気圧配置と天気図パターンによる波のコンディション久しぶりにこのカテゴリの記事を書いていきます。前回のこのカテゴリでは、「高気圧からの吹き出し」による波のコンディションについて記載しました。[sitecard subtitle[…]

エリア毎の特徴:鳥取~福井

ポイント毎に異なるうねりの反応[caption id="attachment_6294" align="alignnone" width="1600"] 島根:稲佐の浜[/caption]前回は日本海エリアの波のあがるコンディシ[…]

波のコンディション

前回の記事では、波の要素と種類、波の発生から終わりまでについて記載してみました。[sitecard subtitle=関連記事 url=https://asasfsas24.com/20181029/wave-5097/]今[…]

波をつくるための風

サーファーにとっての風とは[caption id="attachment_3998" align="alignnone" width="1024"] 平砂浦@千葉[/caption]こちらのブログでは毎日の気圧配置の変化によって[…]

波をつくるための風

【新刊のご紹介】
サーファーが知っておきたい台風の知識

台風スウェルをあてるための台風の知識と経験則、
台風による災害への備えについて
サーファー目線でまとめました

週末サーファーのための波乗り気象学(前編/中編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。Kindle本の紹介画像
Amazonで見てみる!

Kindle無料アプリの入手

↑Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↑

最新情報をチェックしよう!