低気圧へ吹き込む西風が全国的に強い一日、千葉の午後は波がまとまってきそう!【2020.3.11】

気圧配置&天気と波情報 :

午前3時の実況天気図 ASAS

おはようございます。

3月11日水曜日の朝をむかえました。

東日本大震災から9年。

まだ福島では4万人の方が避難生活を余儀なくされている状況であり、9年経った今もさまざまな影響が残っています。

海に多く携わるサーファーにとってもあの日のことは目に焼き付いて忘れられない光景として今も思い起こされるときがあるかと。

今年は地震とは異なる大きな脅威に世界中が襲われており、その影響で3.11の追悼に関する行事も開催されないなどの影響がでてしまってますが、

9年前のこの日の出来事は決して風化させないようにしないといけないと思います。

普段はあんまりこういうことブログには書かないんですけど、思ったこと書いて行こうかなと思いました。。。

さて、そんな2020年オリンピックの年の3.11ですが、

昨日まとまった雨を降らせた低気圧がまとまって、北海道付近に中心を移し発達しています。

日本列島には等圧線が8本かかり、今日は朝から全国的に風の強い一日となりそうです。

衛星画像を見るとちょうどこの低気圧に対応して渦がオホーツク海あたりにありますね

天気図は午前3時のものですけど衛星画像は6時前のものなので、中心はすでにオホーツク海まで移動しているのがわかります。

また今朝はこの低気圧に吹き込む西から南西の風が吹いていることもあり、朝から15度くらいあります。

朝外にでたらかなり湿度高めでジワっとくるような空気感でした。

昨日の気圧配置と風と波はこちら

昨日の気圧配置と波情報

気圧配置&天気と波情報 :午前3時の実況天気図 ASASおはようございます。3月10日火曜日の朝です。大潮まわりで昨夜は満月が照らす夜の海がとてもきれいでした。夜でも南東うねりがまだまだ炸裂しているのわかるくらい明る[…]

よろしければ記事をSNSでシェア頂けるとやる気がでて嬉しいです!

今朝の千葉エリアの風と波

気象庁 アメダス 風向風速(関東地方)
https://www.jma.go.jp/jp/amedas/206.html?elementCode=1

今朝の千葉エリアは西から南西の風。

一昨日から一気に反応しだした南東ベースのうねりはピークを越えていますが、まだまだうねりは残って反応を続けています。

また、昨日の後半から吹き続く南→西の風による風波が反応してきている感じ。

千葉北エリアはハードなポイントが多い状態からのスタート、九十九里エリアではほとんどクローズですね。

一宮周辺は風があいつつもまだハードなコンディション。上級者の方なら朝から入れるコンディションになってそうです。

強いうねりをかわす飯岡や御宿は風があわないのですが、サイズは抑えられていますね。

湘南もこの西から南西の風波の影響で今朝はサイズアップしてのスタート。でも風が合わないのでコンディション的にはイマイチな感じが続いてしまいそう。

石廊崎の波浪観測もちゃんと反応してくれています。

今朝の鴨川マルキポイント

今朝は西から南西の風が吹いていて湿気がかなりすごい感じ、、、

昨日の夜も南からの風が吹き続いていたので今朝のマルキポイントはまとまりないコンディション。

一昨日からの南東うねりに加えて南西からの波が卓越するようになってきました。

南向きのポイントなので風はサイドからサイドオンになってしまい、今日は一日風が合わない状況が続きそうです。

シーサイドの方がまとまっているかもしれません。千葉南エリアなら千倉や千歳方面へ向かった方が良いでしょう。

千葉南エリア 朝一波チェック

後ほど動画をアップします。

YouTubeにもアップしていますのでチャンネル登録をお願いします。
https://www.youtube.com/channel/UChclptxfHQYAEE6LnBsJHhQ

今後の気圧配置と波:

今夜9時の予想天気図 FSAS24

今夜かけてはオホーツク海で低気圧が猛烈に発達してきます。

中心気圧は964hPaを予想しており北日本は大荒れな状況が続いてしまいそうです。

関東地方の午後は午前中よりも風はおさまってきそうなので、東向きのポイントを中心に夕方までにはまとまってくるポイントが増えてきそうです。

ただサイズはまだまだ大きくて、見た目は入れそうだけどセット入ってくると一気にハードになってしまうことがあるので、

チェックするときは事前にセットが入った状態を見てから判断するようにしましょう。

カレントが残っているポイントも多そうなので、自身の技量に合わせてポイントを選んで判断しましょう。

明日夜9時の予想天気図 FSAS48

明日は低気圧はさらにカムチャッカ半島の付け根あたりまで移動して勢力はキープしてきそうです。

この低気圧のコースだとまったく北東うねりは期待できないコースです。

また、別の低気圧が沿海州あたりに進んできており、その南側の日本付近は高気圧に覆われて晴れの一日となりそう

午前中は北よりの風がふきそうですが、午後には南東ベースの風へとシフトしてくるかもしれません。

明日の朝一は南向きのポイントでも波はまとまってそうで日の出からサーフィン可能となりそうかなと。

過去の気圧配置と波情報

今日と同じ日の気圧配置と波のコンディションの過去3年分の記事です。たまに記事がない年もあります。
去年の今頃はどんな天気でどんな波だったのか、、、興味ある方はこちらご覧ください

OnThisDay(2017/03/11)

3/12 3:00 asas 弱い冬型もさらに緩み高気圧の前面に位置する変わらず日本付近への波源は乏しく、今日もスモールな状況に千葉エリアは今朝も膝腰サイズ、風は北から今後北東もまじりはじめてやや強めに吹いてきそう千葉南で[…]

IMG
OnThisDay(2018/03/11)

3/11 3:00 ASAS東経180度北緯40度付近に中心を持つ高気圧は1040hpaとなりゆっくり南東へ移動している。依然として強い勢力を維持し東うねりは継続しそう。日本海には小さな低気圧があるが概ね全国的には晴れの日曜日、関東は午[…]

IMG
OnThisDay(2019/03/11)

南岸低気圧により大荒れ、沿岸部は午前中まで警戒が必要。午後も大気の状態は不安定に。3/11 (月) 今日の波と天気概況低気圧は南岸を東へ進んでいます。午前3時時点では986hpaとして中心気圧は解析されていますが、これから夜にかけ[…]

各エリア : 今日の暦と潮まわり

※貼り付け

こちらの記事がよろしければシェアをお願いします!

あわせて読みたい

週末は波があるのか?ないのか?週末が近づくとこの土日はどんな波になりそうなのか、沿岸の風はどこから吹きそうか 風が強いのか弱いのか 潮回りは何か 干潮と満潮の時間は 地形は決まっているのか どの[…]

【Kindle版】
週末サーファーのための波乗り気象学(前編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。
Amazonで見てみる!

Kindle無料アプリの入手

↑Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↑

最新情報をチェックしよう!