毎朝の気圧配置と波情報/波予想記事を毎日更新 ~ 読み続けると「週末の波」が見えてくる ~

台風14号の南東うねりが反応してきたかも?湘南も更にサイズアップしてきそう!【2020.10.7】

お知らせ:サーファーと台風についてのKindle電子書籍
【Kindle】サーファーが知っておきたい台風の知識

明け方よりサイズアップ!うねりがしっかりしてきた

午前3時の実況天気図 ASAS

実況天気図

おはようございます。10月7日水曜日の朝の気圧配置と風と波の状況です。

昨日の南房総の昼間は北東からの風が強めに吹いていて、外にでると風が冷たくて肌寒さを感じました。

この北東の風により風をかわしきれないポイントでは面は荒れてきましたが、風波によって波はサイズアップ傾向。

今朝の気圧配置を見ても昨日と同じように北東の風が強めに入りそうな状況となっていて、

大陸にある高気圧がゆっくりと西へ移動してきており、高気圧は日本列島よりも北側に中心が位置していることから、

高気圧の南側の縁辺で吹く風が台風14号に向けて吹き込む風の流れとなっています。

そして気になる台風14号ですが、今日の午前3時の予想進路図は以下のような状況です。

台風14号

昨日の予想進路図から大きな変更はなく、九州の南海上までは北西に進みその後転向して東北東方向へと進む予想。

予報円はまだ大きめな状況が続いてますけど、予報円の中心だけたどるとするならば、南海上を東へと進むようなコース。

ただ必ずしも予報円の中心を通るということではないので、西日本から東日本の広い範囲でまだまだ接近・上陸の可能性も残されています。

この週末は台風14号の影響を受ける地域が多くなりそうであり、秋の行楽シーズンでいろいろ計画している方も多いと思いますが、

最新の情報を確認しながら、屋外でのイベントは柔軟に対応できるように準備しておいたほうが良さそうです。

🌀気象庁台風情報
http://www.jma.go.jp/jp/typh/

昨日の気圧配置と風と波はこちら

昨日の気圧配置と波情報

今週末は広い範囲で台風の影響があるかも午前3時の実況天気図 ASASおはようございます。10月6日火曜日の朝の気圧配置と風と波の状況です。昨日は朝の10時頃に台風14号が発生したというニュースが流れてきまして、個人的には熱帯[…]

ゆっくり西へ

今朝の千葉・湘南エリアの風と波

アメダス風

☀️気象庁 アメダス 風向風速(関東地方)
https://www.jma.go.jp/jp/amedas/206.html?elementCode=1

☔️気象庁 レーダーナウキャスト
https://www.jma.go.jp/jp/radnowc/

🌊気象庁 波浪実況・予想図
https://www.data.jma.go.jp/gmd/waveinf/tile/jp/index.html

🌀気象庁台風情報
http://www.jma.go.jp/jp/typh/

今朝の千葉エリアは北西~北東の風、一部ではやや強めに吹いているところもあるようです。

千葉エリアは東ベースのうねりの反応が続いており、北東の風による風波によってもサイズアップしてきている傾向。

今朝の明け方の頃よりも、うねりはまとまってしっかりした波になってきている感じがします。

台風14号からのうねりの反応が出てきたのかもしれません。

千葉南エリア

昨日から北東の風が吹き続けていますが、鴨川マルキポイントは風をかわしています。

マルキの朝のコンディションですが、今朝も朝一は風の影響はほとんどないですが、沖合で吹く北東の風の影響があるのでしょうか、

波は少しボヨつき気味ではありますけど、今朝は昨日の夕方よりも少しサイズアップしてきた感じで、セットで胸肩~くらいの波がコンスタントに入ってきています。

これから7時半ころに満潮時刻を迎えますけど、潮が多いながらもうねりの反応があるため、乗れる波は十分にあります。

ワイドなブレイクが多いながらも、今朝もレフトの波を中心にいい感じでインサイドまで走れる波が入っており、

見た感じ今朝も上手なサーファーが沢山入ってますね。

今日も北東の風が続きそうなので、無難なポイントセレクトとなりそうです。

午前7時前あたりからしっかりとしたうねりが入ってくるようになってきました。

潮が多いながらも左の岩場からブレイクするセットも入ってきており、潮が引いてくれば更に割れやすくなってくるでしょう

 

白渚の今朝は既にサイズは頭くらいのセットが入ってきており、北東の風の影響が既に出ていて面もザワつき気味。

セットが入ってくるとハードな感じになっているためか、今朝は海の中はかなり空いてました。

北東の風の影響が鴨川マルキよりも大きくなりそうなので、この後は更にハードなコンディションになってきそうです。

千葉北

北東の風が続いているので、千葉北の今日も片貝周辺が無難なポイントセレクトです。

北東の風になると片貝が良くなることから、今日も平日だけど多くのサーファーが訪れているようで混雑気味な感じな様子。

また北東~東うねりなので飯岡はまだ少し物足りないサイズ感かもしれませんが、少し南へ下った椎名内や吉崎あたりまでなら

風を多少かわして出来ることも多いので、片貝が混雑しているなら北へ向かうのもいいかもしれません。

湘南

鵠沼の今朝は遊べるサイズの波が入ってきている模様で、南東のうねりの反応が出てきているようです。

千葉南部でも先ほどからうねりがしっかりしてきたことから、台風14号からのうねりの反応が入ってきているのではないかと思います。

南東うねりがベースなので石廊崎の波浪観測データでは反応は遅れてでてきそうですが、今日はこの後もサイズアップ傾向となってきそうで

北東の風で湘南は全般的に遊べるコンディションになってきそう。

鎌倉エリアはうねりが入りにくい南東うねりですけど、西湘エリアや吉浜ではこれからもう少しサイズアップしてくるのではないかと思います。

※YouTubeには今日の波チェック動画、海と空の映像や雲の流れタイムラプス映像などをアップしています。

https://www.youtube.com/channel/UChclptxfHQYAEE6LnBsJHhQ

よろしければご覧ください&チャンネル登録をお願いします!

南東うねりの反応で更にサイズアップ

明日午前9時の予想天気図 FSAS24

予想気圧配置24時間

今日はいろいろとやることが出てきてしまい、、、更新が夜になってしまいました・・・

なので明日午前9時の予想気圧配置を掲載しています。

大陸から移動してきた高気圧は日本海に中心をシフトし、この高気圧から秋雨前線と台風14号へと吹き込む風が明日も強めに吹きそうです。

台風14号の影響もあり秋雨前線の活動が活発になってきて、既に千葉南部も小雨が降ってきていますが明日は朝から雨。

しかも朝からかなり冷え込みそうで、11月並みの寒さが予想されています。

海の中はまだ温かいですけど、明日はもうロンスプかジャーフルを用意しておいたほうが良さそうです。

台風14号のうねりも今日の朝から反応してきたようで、千葉南エリアはすでに頭オーバーのセットでハード気味なポイントも。

秋雨前線の北側で吹く強い北東の風により、前線ブロック的な感じとなってうねりの反応は少し抑えられる傾向にはありますけど、

明日の朝も千葉南エリアの各ポイントでは頭オーバーのセットが入っていることと思います。

北東の風をかわす鴨川マルキではまだクローズにはならずホールドしそうですけど、上級者が中心のコンディションになっているかもしれません。

技量に合わせたポイント選びが必要で、少し落ち着いたところでやりたいなら平砂浦へ向かったほうがよいでしょう。

湘南も夕方には頭サイズまで反応してきたポイントもあるようで、明日も同じくらいのサイズは朝からキープしているんじゃないかと思います。

北東の風でオフショアベースとなることから、鎌倉エリアでももうちょっとサイズアップした波で楽しめる波があるかも。

台風14号の7日18時発表の予想進路図はこちら

千葉南と湘南エリアには、明日は次第に南西うねりの反応が出てくるかもしれません。

由比ガ浜のサイズの変化を気にしておきましょう。

台風14号

こちらは石廊崎の波浪観測データ

南東うねりからの反応なので、千葉のサイズアップのタイミングから6時間くらい経過してからの反応となっているのがわかります。

波浪観測データ

明後日午前9時の予想天気図 FSAS48

予想気圧配置48時間

金曜日の朝の予想気圧配置です。

金曜朝には卓越したうねりの向きは南西ベースに変わっていると思われます。

台風が南海上を西へ移動したときには、うねりの向きは南東→南→南西へとシフトしていきます。

風は変わらずに北東から東の風が強めに吹きそうであり、東の成分が強まってしまうとコンディション的には厳しくなってしまいます。

この台風の北側で吹く北東~東の風により、台風からの南西~南うねりがどこまで反応してくるか?

平砂浦でも頭オーバーくらいのサイズにまで反応してくるのか、それとも風に抑えられてそこまでは大きくならないのか?

どこまで反応してくるか、注目したいと思います。

南西うねりだとして、そこそこ反応はしてきそうですけど、由比ガ浜で腰腹~胸くらいの反応までかな?っと、、、

個人的にはそんな予想をしています。

過去の気圧配置と波情報

今日と同じ日の気圧配置と波のコンディションの過去3年分の記事です。
過去の今日はどんな天気でどんな波だったのかご覧ください

OnThisDay-2017.10.07

10/7 3:00 ASAS昨日から本州南岸沿いに東進してきている低気圧は、午前3時時点では遠州灘の沖合に中心があり東進を続けている。日本の東の海上に中心を持つ高気圧からの吹き出しが低気圧前面の温暖前線に沿って強く吹き、東ベースの風が関[…]

IMG
OnThisDay-2018.10.07

10/7 3:00 ASAS 地上天気図日本海を北東進していた台風25号は秋田沖合あたりで温帯低気圧に変わった。中心気圧は980hpaで等圧線間隔がまだ狭い状況が続いていて北海道から東北にかけて暴風に警戒継続。昨日から台風25号に吹き込[…]

OnThisDay-2019.10.07

気圧配置&天気と波情報 : 警戒が必要な危険な台風となりそう午前3時の実況天気図 ASAS台風19号は南鳥島の近海を西北西に時速30kmで進んでいます。この19号に関しては早くもいろいろなメディアで取り上げられるようになり[…]

各エリア : 今日の暦と潮まわり

千葉エリア:こよみと潮まわり(勝浦)

2020/10/07
日の出:05:38 / 日の入:17:15
中潮
満潮:07:30(133cm) / 18:30(143cm)
干潮:00:54(34cm) / 12:47(86cm)

湘南エリア:こよみと潮まわり(江の島)

2020/10/07
日の出:05:41 / 日の入:17:17
中潮
満潮:07:56(132cm) / 18:36(139cm)
干潮:01:13(28cm) / 13:08(87cm)

伊良湖エリア:こよみと潮まわり(赤羽根)

2020/10/07
日の出:05:50 / 日の入:17:27
中潮
満潮:08:28(160cm) / 19:39(161cm)
干潮:01:54(45cm) / 13:58(95cm)

磯ノ浦:こよみと潮まわり(和歌山)

2020/10/07
日の出:05:58 / 日の入:17:35
中潮
満潮:09:17(169cm) / 20:25(169cm)
干潮:02:46(53cm) / 14:42(109cm)

宮崎:こよみと潮まわり(宮崎)

2020/10/07
日の出:06:12 / 日の入:17:51
中潮
満潮:08:59(176cm) / 20:16(178cm)
干潮:02:28(49cm) / 14:30(102cm)

仙台新港:こよみと潮まわり(仙台新港)

2020/10/07
日の出:05:37 / 日の入:17:10
中潮
満潮:06:47(133cm) / 17:37(147cm)
干潮:00:12(36cm) / 11:54(92cm)

こちらの記事も合わせてご覧ください!

エリア毎の特徴:千葉~伊良湖

ポイント毎に異なるうねりの反応前回の記事では「うねりの向き」について記載してみましたが、今回は日本のサーフエリアの特徴や反応するうねりの向きについて記載してみようと思います。ポイントの向きによってうねりが入りやすいのかどうか[…]

台風の知識

台風を良く知るための連載(2回目)前回の記事では台風の基本的な知識として、台風の定義と名前について、および台風情報でも表現に使う強さと大きさについて、記載しました[sitecard subtitle=台風のことを知っておく(その[…]

沿岸で吹く風

サーファーにとってのもうひとつの”風”前回の記事に記載しましたとおり、サーファーにとっての風には二側面あるということをお伝えしました。[sitecard subtitle=関連記事 url=https://asasfsas24.[…]

サーフチェックサムネイル

【新刊のご紹介】
サーファーが知っておきたい台風の知識

台風スウェルをあてるための台風の知識と経験則、
台風による災害への備えについて
サーファー目線でまとめました

週末サーファーのための波乗り気象学(前編/中編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。Kindle本の紹介画像
Amazonで見てみる!

Kindle無料アプリの入手

↑Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↑

台風14号からのうねり
最新情報をチェックしよう!