毎朝の気圧配置と波情報/波予想記事を毎日更新 ~ 読み続けると「週末の波」が見えてくる ~

大雨による災害は毎年必ずどこかで発生するを前提に生きていく【2020.7.9】

気圧配置&天気と波情報 : 7月に入り7県で大雨特別警報

午前3時の実況天気図 ASAS

実況天気図

おはようございます。7月9日の木曜日の朝を迎えました。

梅雨前線の活動が活発になり、昨日は午前6時半頃に長野と岐阜にも大雨特別警報が発令されました。

7月4日に熊本と鹿児島で特別警報が発令され、そのあと7月7日には佐賀、長崎、福岡にも発令。

そして昨日の7月8日に長野と岐阜にも特別警報の発表がありました。

7月に入ってからすでに7つの県で大雨特別警報が発令されたことになります。

特別警報が発表されたということをもう一度おさらいしておきますと、、、気象庁HPには以下の記載があります。

お住まいの地域は、これまでに経験したことのないような、重大な危険が差し迫った異常な状況にあります。
この数十年間災害の経験が無い地域でも、重大な災害の起こるおそれが著しく高まっていますので、油断しないでください。
気象庁HP(https://www.jma.go.jp/jma/kishou/know/tokubetsu-keiho/

発表は県単位ではなく地方単位となりますけど、

もう毎年この7月の梅雨末期には、どこかで特別警報が出されるような状況になってきています。

ここ数年の大きな災害発生による人的被害は、地震よりもこの大雨による被害のほうが確実に多くなっているはずで、

今後もこの傾向が毎年続くのではないかと思います。

もちろん大きな地震が発生してしまったら大きな被害にもなってしまいますけど、でもいつくるかわからない。

その点、この大雨による被害は事前にある程度は予想ができるため、

その情報を対象となる地域の方に如何に行き届けることができるか
我々がいかに正確な情報を早く入手して避難などの行動に移せるか

が重要になってくると思います。

withコロナという言葉がありますが、もうコロナがある前提での暮らしや社会活動をこれからしていくことになりますけど、

この大雨による被害が毎年必ずどこかであるということも皆が認識し、警報がでたら空振りでもいいから避難する などの具体的な行動が一般化し浸透していけば、人的被害を抑えることに繋がるのではないかと思います。

どういうキャッチコピーが適当なのかわかりませんが、大雨による災害・被害は毎年必ずどこかで発生するを前提にして我々の意識や行動も災害に備える方向により向けていかなければならないです。

大雨による被害でこれ以上悲しい思いをする人が増えないように、こんな意識が多くの方にもっと広まり情報が行き届くようになればと思います。

昨日の気圧配置と風と波はこちら

昨日の気圧配置と波情報

気圧配置&天気と波情報 : 大雨のエリアが近畿~東海地方へ午前3時の実況天気図 ASASおはようございます。7月8日水曜日の朝6時をまわりました。昨日も千葉エリアは一日中南西の風が吹き続きました。毎日[…]

今日の波アイキャッチ

今朝の千葉・湘南エリアの風と波

アメダス風

☀️気象庁 アメダス 風向風速(関東地方)
https://www.jma.go.jp/jp/amedas/206.html?elementCode=1

☔️気象庁 レーダーナウキャスト
https://www.jma.go.jp/jp/radnowc/

🌊気象庁 波浪実況・予想図
https://www.data.jma.go.jp/gmd/waveinf/tile/jp/index.html

🌀気象庁台風情報
http://www.jma.go.jp/jp/typh/

今朝の千葉エリアはまたまた南西の風がベースで吹いています。

昨日の記事にも昨日一日の空模様タイムラプス映像を追加しましたけど、朝から晩までずっと南西の風が吹いてましたね・・・

千葉南

今朝の鴨川エリアは風はほぼ無風。昨日と同じく霧がでていますが、今のところそれほど濃い霧ではありません。

波はまとまりのない波が続いてはいますけど、昨日よりも少しまとまってきた感じがあります。

ただちょうど午前の満潮時刻と朝一が重なり、潮が多く厚いブレイクでショルダーの張りづらいボヨついた波が中心です。

昨日や一昨日よりかは全然できる波ではありますけど、風がこのまま弱ければ・・・もう少し潮が引いてきた時間帯のほうが良さそうですね。

千葉北

千葉北も今朝は昨日より風は弱い朝となっているようですけど、オンショアが続いたポイントではヨレヨレでまとまりのないブレイク。

一宮周辺はサイドオフで風はかわしてますけど、膝腿から腰くらいの物足りないサイズ感のブレイクが中心です。

湘南

昨日よりサイズダウンしてのスタートとなりました。

鵠沼でもセットで腰くらいでしょうか。ロングや厚めの板では遊べる波ではありそうですけど、こちらは既に南からの風がやや強めに入っているようで、オンショアなコンディションが続いてしまいそうです。

今日の空と海の注意事項は?

朝の湘南はビギナーの方でも入りやすいくらいのサイズ感にはなってきましたけど、これからまたオンショアが吹いてきそうです。

昨日よりかは風は弱くなりそうではありますけど、まとまりない波での練習となりそう。

千葉は一宮周辺や千倉周辺など比較的面が整っているポイントで入るのがサイズも抑えられて良さそうです。混雑しているピークは避けましょう。

これだけ南西の風が吹き続くと水温もかなり下がります。

スプリングで入りたいところですけど、30分もしないうちにノックアウトくらいそうなので、最低でもフルスーツを持っていったほうが無難です。

 

雲を眺めるタイムラプス映像

今日はいろんな雲が見られたのでノーカットで一日の雲の流れ

撮影時間:AM6:00~PM7:15

梅雨前線は日本付近に停滞していて九州を中心とした大雨が各地で降り続いており、大きな被害も発生してしまっています。

今日も南西の風。

でも昨日よりも風は弱く、昨日のような一日中南西の風がすごいスピードでこちらに向かってくる空模様ではなく、いろんなパターンや形の雲が見られてずっと見ていても飽きない映像となりました。

いつも動きが単調なときは再生スピードを上げて投稿していますが、今日は撮影間隔1秒のままの映像をノーカットでご覧ください

※YouTubeには今日の波チェック動画、海と空の映像や雲の流れタイムラプス映像などをアップしています。
https://www.youtube.com/channel/UChclptxfHQYAEE6LnBsJHhQ
よろしければご覧ください&チャンネル登録をお願いします!

今後の気圧配置と波: 週末も南西~西の風が強そう

今夜9時の予想天気図 FSAS24

予想気圧配置24時間

今夜にかけても梅雨前線は同じような位置に停滞する見込み。

今日もこれからは南西の風が続きそうです。同じようなコンディションが続きます。

千葉エリアではオンショアとなるポイントで腰腹から胸くらいはサイズありそうですけど、風で潰されたまとまりのない波。

オフショアとなるポイントでは物足りない膝腿から腰くらいの波ですけど面は比較的よい状態といった二極化なコンディションが続きそうです。

湘南はおおむねオンショアとなるポイントですけど、大磯などは少し南西の風をかわせるので他よりもまとまった波があるかもしれませんね。

週末にむけて

予想気圧配置48時間

明日も同じような気圧配置が続きます。

金曜の夜には日本海に低気圧が進んできそうな状況。土曜の朝には日本海の中部あたりに位置してやや発達してきそうな感じ。

太平洋にある高気圧からの南西の風が太平洋側には吹き続くのは変わらずで、土曜日も同じようなコンディションとなりそうです。

後半になるほど南西の風が強まってきそうで、低気圧も近づいてきて荒れたコンディションにもなってきそう。

土曜に入るなら朝一にサクッと入っておいたほうが良さそうです。

日曜には北日本を低気圧が通過していきそうなので、日曜の朝には西よりの風が強めに吹く状況になってきそう。

この週末も南西から西の風が強い時間帯が多くなりそうです。

過去の気圧配置と波情報

今日と同じ日の気圧配置と波のコンディションの過去3年分の記事です。
過去の今日はどんな天気でどんな波だったのかご覧ください

7/9 3:00 ASAS昨日と同じような気圧配置だが、東日本を覆う高気圧はゆっくり東へ進んでいる。少なくとも明日までは同じような気圧配置が続き、火曜日以降に変化がでてくるかもしれない。今朝の千葉エリアは風は不安定で弱い状況だが北部か[…]

IMG

7/9 3:00 ASAS 台風8号は915hPaで西北西に14ktで進んでいる。中心付近の最大風速は105ktとなり日本の台風のランクでいうところの猛烈な台風となっている。この台風の発達により太平洋高気圧が勢力を増しており西日本に[…]

IMG

今朝のtwitter波情報まとめtwitterに投稿された全国の波情報をピックアップしてまとめています。主に動画や画像で波のコンディションがわかる投稿をピックアップ。湘南と千葉の波情報が多めですが、その他ポイントの波情報もtwitt[…]

各エリア : 今日の暦と潮まわり

千葉エリア:こよみと潮まわり(勝浦)

2020/07/09
日の出:04:32 / 日の入:18:56
中潮
満潮:06:04(140cm) / 20:05(132cm)
干潮:00:43(84cm) / 13:06(18cm)

湘南エリア:こよみと潮まわり(江の島)

2020/07/09
日の出:04:34 / 日の入:18:59
中潮
満潮:06:16(144cm) / 20:23(139cm)
干潮:01:05(91cm) / 13:29(23cm)

伊良湖エリア:こよみと潮まわり(赤羽根)

2020/07/09
日の出:04:46 / 日の入:19:06
中潮
満潮:07:18(164cm) / 20:59(166cm)
干潮:01:55(97cm) / 14:08(33cm)

磯ノ浦:こよみと潮まわり(和歌山)

2020/07/09
日の出:04:55 / 日の入:19:14
中潮
満潮:08:13(171cm) / 21:44(175cm)
干潮:02:38(107cm) / 15:00(38cm)

宮崎:こよみと潮まわり(宮崎)

2020/07/09
日の出:05:15 / 日の入:19:23
中潮
満潮:08:03(182cm) / 21:26(180cm)
干潮:02:29(94cm) / 14:43(31cm)

仙台新港:こよみと潮まわり(仙台新港)

2020/07/09
日の出:04:20 / 日の入:19:01
中潮
満潮:05:08(153cm) / 19:18(135cm)
干潮:12:19(25cm) / 00:00(cm)

こちらの記事がよろしければSNSでシェアをお願いします!

気象キーワード2

前回の記事「天気と気象を知るためのキーワード/用語集(その1)」では、主に気象学の観点から大気の熱力学、降水過程、大気の放射と運動に関してのキーワード/用語をずらずらと記載しました。[sitecard subtitle=あわせて読み[…]

天気キーワード2
高気圧からの吹き出し

高気圧からの吹き出しサーファーは海に行く前に必ず波の状況がどうなのかを確認します。今のこの時代は波情報やSNSが発達していて、海にいかなくても波のコンディションやブレイクの様子が写真や動画で見れるようになりましたが、波予想の基本は天[…]

波をつくるための風

サーファーにとっての風とは[caption id="attachment_3998" align="alignnone" width="1024"] 平砂浦@千葉[/caption]こちらのブログでは毎日の気圧配置の変化によって[…]

波をつくるための風

【新刊のご紹介】
サーファーが知っておきたい台風の知識

台風スウェルをあてるための台風の知識と経験則、
台風による災害への備えについて
サーファー目線でまとめました

週末サーファーのための波乗り気象学(前編/中編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。Kindle本の紹介画像
Amazonで見てみる!

Kindle無料アプリの入手

↑Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↑

大雨アイキャッチ画像
最新情報をチェックしよう!