毎朝の気圧配置と波情報/波予想記事を毎日更新 ~ 読み続けると「週末の波」が見えてくる ~

台風14号の南東うねりは次第に南~南西うねりへシフト、ハードな波になってきました【2020.10.8】

お知らせ:サーファーと台風についてのKindle電子書籍
【Kindle】サーファーが知っておきたい台風の知識

千葉の外海はクローズ気味、湘南はいい感じのコンディション!

午前3時の実況天気図 ASAS

実況天気図

おはようございます。10月8日の朝の気圧配置と風と波の状況です。
台風14号は8日午前6時の発表では、

南大東島の北東約250kmにあって北北西に時速20㎞で進んでいます。

中心気圧は970hPaまで深まり、もうしばらく北北西へ向かったあとに転向点を迎えたあたりで勢力はピークとなりそうです。

その後種子島の東海上から四国沖へ向けて北~北北東へと進み、その後本州南岸に沿って北東方向へと進む予想進路図です。

予想進路図

関東地方に接近するころの中心気圧は975hPaが予想されており、中心付近の最大風速のカテゴリとしては強い台風ではなくなっている予想ではありますが、警戒が必要な状況になってきそうです。

そんな今朝の気圧配置は、昨日と同じく大陸から北偏する高気圧が東へと進んできており、その高気圧から台風14号と秋雨前線へ向けて北東の風が吹き込む気圧配置となっています。

今日の千葉エリアも終日北~北東の風が強く吹く状況が続き、最高気温も20度に届かない寒い一日となりそうです。

波は東~北東ベースの風波・うねりがベースとして反応していた千葉エリアですが、これに台風14号からの南よりのうねりが昨日の朝からしっかりと反応してきました。

こちら石廊崎の波浪観測データは、昨日の昼12時頃から波高と周期が10秒以上の波が観測されるようになり、

千葉南エリアでは昨日の朝6時過ぎくらいから南東うねりがしっかりしてきたことから、千葉よりも西に位置する石廊崎のデータでは

6時間くらいのタイムラグにて観測されるようになってきた感じでしょうか。

石廊崎の波浪観測データ

台風と秋雨前線の北側で北~北東の風が強く、台風のうねりとしてはいわゆる「前線ブロック」的な状況になっており、

うねりはやや抑えられ気味なところもありますけど、これから週末にかけて更にサイズアップしてくるのと、次の週末土日は大荒れな天候にもなってきそうですので、無理な行動はしないようご自身の技量に見合ったポイントへ向かうなど、慎重な行動をお願いしたいところです。

昨日の気圧配置と風と波はこちら

昨日の気圧配置と波情報

明け方よりサイズアップ!うねりがしっかりしてきた午前3時の実況天気図 ASASおはようございます。10月7日水曜日の朝の気圧配置と風と波の状況です。昨日の南房総の昼間は北東からの風が強めに吹いていて、外にでると風が冷[…]

台風14号からのうねり

今朝の千葉・湘南エリアの風と波

アメダス風

☀️気象庁 アメダス 風向風速(関東地方)
https://www.jma.go.jp/jp/amedas/206.html?elementCode=1

☔️気象庁 レーダーナウキャスト
https://www.jma.go.jp/jp/radnowc/

🌊気象庁 波浪実況・予想図
https://www.data.jma.go.jp/gmd/waveinf/tile/jp/index.html

🌀気象庁台風情報
http://www.jma.go.jp/jp/typh/

今朝の千葉エリアは北よりの風。まだ沿岸部でもそれほど風は強まってはいない模様です。

千葉南

今朝の鴨川マルキポイントは少し北の風が吹いてます。

面はクリーンなコンディションで、今朝も夜明け前から頭オーバーのセットがバンバン入ってきています。

潮が多い時間帯ですけどサイズは十分あるので、岩場からのレフトの波が今朝も割れていて、いいポジションから乗ればインサイドまで5発は当て込んでいるライディングをしている上手なサーファーもいます。

今朝のうねりは南東うねりから南うねりにシフトしてきたような感じがします。これからの時間帯は南うねりがメインとなってきて更に時間の経過とともに南西うねりへとシフトしていきそうです。

マルキはまだクローズアウトまでにはなっておらず、上級者を中心に十分にいい波が入っているコンディションです。

https://www.instagram.com/p/CGD7hj3D0vO/?igshid=bhwdvafj1rvv

その他の千葉南エリアのビーチはかなりハードなコンディションとなっていて、ほぼクローズアウト。

こちら白渚ポイントもこんな感じでクローズアウトですね、、、

勝浦エリアまで行けば、御宿や部原はまだ落ち着いていてサーフィンは可能。上級者の方は勝浦のリーフも気になるところかと思います。

外海のポイントは引き続きハードなコンディションなので、北東の風が吹いていることから、強いうねりと風をかわす平砂浦へ向かうのが無難かもしれません。

千葉北

千葉北の九十九里から一宮周辺ではハードなポイントが増えてきています。

北東の風をかわす片貝ではなんとか出来るコンディションはキープしている模様ですが、今後は更にハードになってくる見込み。

今のところ北東の風とうねりをかわす飯岡へ向かえばサイズも抑えられて出来るコンディションとなりそうですが、

今後南うねりが強まってくると一気にサイズアップしてくる可能性もあります。

湘南

朝一から頭サイズのセットが入ってきており北からのオフショアの風。

鵠沼では今朝はいい感じのセットが入ってきているようで、十分にサーフィン楽しめるコンディション。

鎌倉エリアも昨日より若干サイズアップしてきているような感じもあり、今後南東うねりは南~南西うねりへとシフトしてくることから、

時間の経過とともにサイズアップしてくるのではないかと思われます。

今朝の由比ガ浜はまだ腿腰くらいのサイズなので、まだ反応はしていないですが南~南西うねりが入ってくる目安として由比ガ浜のサイズをチェックしておくとよいでしょう。

ここの波の状況をリファレンスとすれば、どこでどれくらい出来そうだということがいろいろ想定がつくようになってきます。

※YouTubeには今日の波チェック動画、海と空の映像や雲の流れタイムラプス映像などをアップしています。

https://www.youtube.com/channel/UChclptxfHQYAEE6LnBsJHhQ

よろしければご覧ください&チャンネル登録をお願いします!

技量に見合ったポイントで慎重な行動を

今夜9時の予想天気図 FSAS24

予想気圧配置24時間

引き続き台風と秋雨前線へ吹き込む北東の風が強く吹き、台風14号からの南うねりの反応も更によくなってきます。

強い北東の風と強い南うねりをかわすポイントのみサーフィン可能な状況は続きそうで、今はまだサイズ小さめな飯岡や勝浦エリアでもサイズアップしてきてハードになってくる可能性もあります。

繰り返しになりますが、技量に見合ったポイントへ向かい無理のないようにして楽しみたいところです。

明日朝9時の予想天気図 FSAS24

予想気圧配置24時間

更新が夜になってしまったので、こちらは明日朝9時の予想気圧配置を掲載しました。

日本海にある高気圧は東へと中心をシフトさせてきており、この高気圧から台風14号と秋雨前線に向けて

強い北東ベースの風が明日も吹き続きそうです。

こちらは台風14号の夜9時発表の予想進路図、今朝の予想よりも少し南よりのコースが予想されていますが、千葉には土曜の後半から日曜の朝にかけて最も接近してきそうな状況です。

台風14号

こちらは午後10時の衛星画像、中心にはやや大きめの台風の眼が見られ、雲域も引き締まってきており、

もうそろそろこの台風としての勢力はピークを迎えそうです。

衛星画像

明日も北東の風が強めに吹く状態が続き、台風14号からの南よりのうねりの反応も続くでしょう。

ただ、夜になって海の音を聞いてみると、台風の波がブレイクしているような音があまり聞こえてないような気がします。

台風からの大きなうねりがブレイクしているときは、真っ暗な海からもっと豪快な波の音がするのですが、

どうもそんな感じではないような・・・気がします。

台風の北側で吹く北東の風が強い状態が続いているからなのか、うねりは少し抑えられているような感じかもしれません。

明日の朝は今日よりも落ち着いたサイズの波からのスタートになる可能性もありそう・・・です。

明日の朝一の状況を確認しましょう。

過去の気圧配置と波情報

今日と同じ日の気圧配置と波のコンディションの過去3年分の記事です。
過去の今日はどんな天気でどんな波だったのかご覧ください

OnThisDay-2016.10.07

10/8 9:00 ASAS千葉 一宮 5:15この写真の時間帯はまだ無風から弱いサイド昨日のオンショアの影響が朝一にも残り、かなりザワつきまとまらず&ボヨつき気味のコンディション肩が張らずにテイクオフし[…]

IMG
OnThisDay-2017.10.08

10/8 9:00 ASAS本州は移動性の高気圧に覆われており関東ではお出かけ日和。日本の東の海上に移動した低気圧からの東ベースのうねりが千葉から北のポイントには今日もヒット中今朝の千葉エリアはほぼ無風の濃い霧。朝一は昨日の夕方から若干[…]

IMG
OnThisDay-2018.10.08

10/8 3:00 ASAS 地上天気図台風25号から変わった温帯低気圧は東海上へ抜けて西から高気圧に覆われてきている。連休最終日は広く晴れとなるが、関東地方は弱い気圧の谷となり雲は多め、昨日の南風から風向きが北にシフトし涼しい朝。台風[…]

OnThisDay-2019.10.08

気圧配置&天気と波情報 : 19号は急発達して猛烈な台風に午前3時の実況天気図 ASAS台風19号に関しては昨日から様々なメディアでも取り上げられるようになり、次の三連休への影響が全国的に心配されると報じられています。午前[…]

各エリア : 今日の暦と潮まわり

千葉エリア:こよみと潮まわり(勝浦)

2020/10/08
日の出:05:39 / 日の入:17:13
中潮
満潮:08:19(125cm) / 18:52(138cm)
干潮:01:30(38cm) / 13:12(95cm)

湘南エリア:こよみと潮まわり(江の島)

2020/10/08
日の出:05:42 / 日の入:17:16
中潮
満潮:08:50(125cm) / 18:54(135cm)
干潮:01:49(30cm) / 13:34(98cm)

伊良湖エリア:こよみと潮まわり(赤羽根)

2020/10/08
日の出:05:51 / 日の入:17:26
中潮
満潮:09:15(150cm) / 20:01(153cm)
干潮:02:30(50cm) / 14:30(106cm)

磯ノ浦:こよみと潮まわり(和歌山)

2020/10/08
日の出:05:59 / 日の入:17:34
中潮
満潮:10:09(159cm) / 20:41(160cm)
干潮:03:26(58cm) / 15:15(122cm)

宮崎:こよみと潮まわり(宮崎)

2020/10/08
日の出:06:12 / 日の入:17:50
中潮
満潮:09:45(166cm) / 20:43(169cm)
干潮:03:05(55cm) / 15:04(114cm)

仙台新港:こよみと潮まわり(仙台新港)

2020/10/08
日の出:05:38 / 日の入:17:08
中潮
満潮:07:36(125cm) / 17:58(143cm)
干潮:00:48(39cm) / 12:14(100cm)

こちらの記事も合わせてご覧ください!

エリア毎の特徴:鳥取~福井

ポイント毎に異なるうねりの反応[caption id="attachment_6294" align="alignnone" width="1600"] 島根:稲佐の浜[/caption]前回は日本海エリアの波のあがるコンディシ[…]

台風の知識

なぜサーファーが台風に注目するのか?[caption id="attachment_8459" align="alignleft" width="2016"] 某ポイント:台風の強い南うねりが入ったときに素晴らしい波が現れる[/capt[…]

沿岸で吹く風

サーファーにとってのもうひとつの”風”前回の記事に記載しましたとおり、サーファーにとっての風には二側面あるということをお伝えしました。[sitecard subtitle=関連記事 url=https://asasfsas24.[…]

サーフチェックサムネイル

【新刊のご紹介】
サーファーが知っておきたい台風の知識

台風スウェルをあてるための台風の知識と経験則、
台風による災害への備えについて
サーファー目線でまとめました

週末サーファーのための波乗り気象学(前編/中編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。Kindle本の紹介画像
Amazonで見てみる!

Kindle無料アプリの入手

↑Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↑

最新情報をチェックしよう!