毎朝の気圧配置と波情報/波予想記事を毎日更新 ~ 読み続けると「週末の波」が見えてくる ~

梅雨末期の豪雨、土砂災害の危険度分布と河川の水位情報を要チェック【2020.7.8】

気圧配置&天気と波情報 : 大雨のエリアが近畿~東海地方へ

午前3時の実況天気図 ASAS

実況天気図

おはようございます。7月8日水曜日の朝6時をまわりました。

昨日も千葉エリアは一日中南西の風が吹き続きました。

毎日の空模様をタイムラプスで撮影してみているんですけど、もうここ最近はずっと南西の風ばかり吹いていて、

朝から晩まで同じような雲の流れが続いています。

YouTubeにはここ最近は雲を眺めるタイムラプス映像を上げてなかったんですけど、昨日久しぶりにアップしました。

といってもずっと南西方向から雲がどんどんこちらに向けてやってくる映像が6分くらい続くだけの映像ですけど…。

昨日の記事にもアップしていますので、よろしければご覧ください。

雲の流れをボーっとして眺めるのが好きなので、同じようにそんな映像が好きな方が多ければこれからもアップしていこうかと思います。

昨日の気圧配置と風と波はこちら

昨日の気圧配置と波情報

気圧配置&天気と波情報 : 中四国地方も警戒が必要午前3時の実況天気図 ASASおはようございます。7月7日火曜日の朝です。今日は二十四節気の「小暑」であり七夕の日です。本ブログでは季節の移り変わりを[…]

今日の波画像

早めに情報を入手して行動に移したい

今朝の梅雨前線はこの時間は九州付近では昨日よりもやや南下しているようで、それに伴い降水域も九州南部にシフトしてきている模様。

九州南部から四国東部、そして今朝は近畿地方を中心とした大雨となっている状況です。

レーダーアメダス

梅雨前線は明日9日にかけて西日本~東北地方に停滞しこの前線の周辺では大雨に警戒が必要。

雨のエリアがこれから東海地方にもシフトしてきそうであり、また前線の南側では相変わらずの南西の風が継続して強く吹く状態が続きます。

太平洋側には海からの暖かく湿った空気が大量に流れ込み、特に南に向いた山の斜面では降水量が多くなる傾向になります。

梅雨の最盛期であり、梅雨末期の豪雨の時季です。

特に怖いのが、土砂災害と河川の氾濫です。南に開いた斜面が近くにある方は地盤がかなり緩んでいて土砂崩れの危険性が高まります。

また川の近くにお住まいの方は、今まで氾濫などしたことがない川が氾濫する可能性があります。

今まで多くの河川の氾濫の被害に遭われた方が言っているのは、今まで数十年この地で生きてきてこんなことは初めてだといいます。

決してこの辺は大丈夫だと過信せず、早めに避難するようにしていただければと思います。

特に高齢の方がおられるご家庭では避難するにも時間がかかります。気象情報や河川の状況を確認し早め早めに行動に移せるようご準備ください。

国土交通省:川の防災情報
http://www.river.go.jp/kawabou/ipAreaJump.do

Yahooのほうが見やすいかも
https://typhoon.yahoo.co.jp/weather/river/

土砂災害の危険度分布は気象庁がよいでしょう
https://www.jma.go.jp/jp/doshamesh/

 

今朝の千葉・湘南エリアの風と波

アメダス風

☀️気象庁 アメダス 風向風速(関東地方)
https://www.jma.go.jp/jp/amedas/206.html?elementCode=1

☔️気象庁 レーダーナウキャスト
https://www.jma.go.jp/jp/radnowc/

🌊気象庁 波浪実況・予想図
https://www.data.jma.go.jp/gmd/waveinf/tile/jp/index.html

🌀気象庁台風情報
http://www.jma.go.jp/jp/typh/

今朝の千葉エリアは相変わらずの南西の風が吹いています。

関東地方はまだ大雨のエリアで被害になるような地域は出ていませんが、これから梅雨明けまでの間には大雨の危険度が高まってきます。

先ほど掲示したサイトで土砂災害や河川の水位の状況をチェックして情報を入手し行動に移せるようにしておきましょう。

千葉南

今朝は外に出たときにはかなりヒンヤリした空気を感じました。

風はまだ強くは吹いてはいなく、朝起きたときには一面雲に覆われており見通しがほとんどないくらいの状況。

今日も曇りや雨の空模様となり、南西の風が続きそうです。

昨日と同じようなコンディションが続き、今日もパッとしない波となりそう。

ただこの時期に気になるのが、河口の地形ですね。

大雨が降って川の水量が増して海に多くの砂や土が流れこむとそこだけ海底が浅い部分ができあがります。

つまり波がブレイクしやすくなるということですね。

海にはよく見てみると小さい川も含め多くの川が流れ込んでいます。そんな河口の地形が気になる頃になりました。

千葉北

こちらも変わらずの南西の風のときの二極化の波パターン。

オンショアとなるポイントではジャンクながらもサイズあり、オフショアとなるポイントでは面はいいけど物足りないスモール。

一宮周辺では腿たまに腰くらいのかなり物足りない波ですけど、周辺に比べたら何とかできるくらいのコンディションかもしれません。

湘南

相変わらずのオンショアの波でどこも良くないコンディションが続きます。

比較的波にまとまりのある由比ガ浜などの湾の奥のポイントでやるのが良さそうでしょうか。

あとは大磯は少し南よりの風をかわすのでちょっとはマシな感じかもしれません。

今日の空と海の注意事項は?

今日も南西の風でオンショアとなるポイントが多くなります。

ビギナーの方は荒れた海には入らないよう十分ご注意ください。

流れもあり霧もでているポイントがあるので、いつのまにか気づいたらテトラが目の前だったなんてことがよくあります。

もし入るならオフショアとなるポイントで小ぶりなサイズの波で練習するのがよいでしょう。

雲を眺めるタイムラプス映像

そろそろ南西の風はおさまってほしいけど、もうしばらく続きそう・・・

今日も一日南西の風が吹き続きました。

朝は濃霧で波の様子がまったく見えず。風は南西というよりかは西の風で少しヒンヤリと感じましたけど、そのあとはまたずっと南西の風と雨。

もうそろそろ南西の風はおさまってほしいなぁ~、 晴れの日が恋しくなってきました。

※YouTubeには今日の波チェック動画、海と空の映像や雲の流れタイムラプス映像などをアップしています。
https://www.youtube.com/channel/UChclptxfHQYAEE6LnBsJHhQ
よろしければご覧ください&チャンネル登録をお願いします!

今後の気圧配置と波: 週末は土曜の朝が影響少なそうか⁈

今夜9時の予想天気図 FSAS24

予想気圧配置24時間

今夜にかけても梅雨前線は本州付近に停滞します。

相変わらずの南西の風が今夜にかけても吹き続き、千葉と湘南の波はパッとしない状況が続くでしょう。

西日本から東日本までの広範囲に大雨に対する警戒が必要となります。

雨の降り方など十分ご注意ください。

週末にむけて

予想気圧配置48時間

明日の夜にかけても梅雨前線が停滞している予想気圧配置です。

土曜日までの木曜金曜も基本的には南西ベースの風。オンショアとなるポイントでは波はありますけど、まとまりのない波が続きそう。

土曜日には日本海に低気圧が進んでくる可能性があり、土曜の後半から日曜は南西の風が強い状態となりそうな感じ。

比較的まだ風の影響が少なそうな土曜の午前中のほうがいいかもしれません。

まだもう少し時間あるので、明日も状況はアップデートしていきます。

 

過去の気圧配置と波情報

今日と同じ日の気圧配置と波のコンディションの過去3年分の記事です。
過去の今日はどんな天気でどんな波だったのかご覧ください

7/8 9:00 ASAS梅雨前線は朝鮮半島から四国付近を通り関東の南の海上へのびている。西日本と東日本では対照的な気圧配置となり、西日本では南の太平洋高気圧が優勢で梅雨前線を押し上げており、東日本は北の高気圧に覆われていて梅雨前線を南[…]

IMG

7/8 3:00 ASAS 西日本には梅雨前線がかかり続けており今朝には愛媛県と高知県にも大雨の特別警報が発令された。今回の豪雨は過去の大雨特別警報とは異なり西日本の広い範囲に特別警報が発令するという事態となってしまった。 一方で南[…]

IMG

今朝のtwitter波情報まとめtwitterに投稿された全国の波情報をピックアップしてまとめています。主に動画や画像で波のコンディションがわかる投稿をピックアップ。湘南と千葉の波情報が多めですが、その他ポイントの波情報もtwitt[…]

各エリア : 今日の暦と潮まわり

千葉エリア:こよみと潮まわり(勝浦)

2020/07/08
日の出:04:31 / 日の入:18:56
大潮
満潮:05:25(145cm) / 19:34(135cm)
干潮:00:05(87cm) / 12:31(9cm)

湘南エリア:こよみと潮まわり(江の島)

2020/07/08
日の出:04:34 / 日の入:18:59
大潮
満潮:05:35(150cm) / 19:51(142cm)
干潮:00:24(94cm) / 12:55(13cm)

伊良湖エリア:こよみと潮まわり(赤羽根)

2020/07/08
日の出:04:45 / 日の入:19:07
大潮
満潮:06:39(170cm) / 20:26(171cm)
干潮:01:18(99cm) / 13:33(22cm)

磯ノ浦:こよみと潮まわり(和歌山)

2020/07/08
日の出:04:54 / 日の入:19:14
大潮
満潮:07:33(179cm) / 21:07(182cm)
干潮:01:58(108cm) / 14:25(25cm)

宮崎:こよみと潮まわり(宮崎)

2020/07/08
日の出:05:15 / 日の入:19:23
大潮
満潮:07:23(188cm) / 20:53(186cm)
干潮:01:51(95cm) / 14:08(20cm)

仙台新港:こよみと潮まわり(仙台新港)

2020/07/08
日の出:04:20 / 日の入:19:02
大潮
満潮:04:26(160cm) / 18:48(137cm)
干潮:11:45(16cm) / 23:46(95cm)
こちらの記事がよろしければSNSでシェアをお願いします!

二十四節気と雑節

サーファーは普通の人よりも多く自然に触れていることから、季節の移り変わりについても敏感に感じ取っているほうではないでしょうか。平日は会社と家の往復でという生活をしていると、会社の通勤時間に外を歩いていてもなかなか季節を感じることや気[…]

季節の移り変わりを感じる
潮回りの仕組み

潮の満ち干きはそもそもどうして起こるのか??週末サーファーがいい波に乗るために。前回の以下記事では、サーフィンをするときには潮の状況をよく知っておく必要があるという内容を記載しました。[sitecard subtitle=関[…]

潮の満ち干き
高気圧からの吹き出し

高気圧からの吹き出しサーファーは海に行く前に必ず波の状況がどうなのかを確認します。今のこの時代は波情報やSNSが発達していて、海にいかなくても波のコンディションやブレイクの様子が写真や動画で見れるようになりましたが、波予想の基本は天[…]

沿岸で吹く風

サーファーにとってのもうひとつの”風”前回の記事に記載しましたとおり、サーファーにとっての風には二側面あるということをお伝えしました。[sitecard subtitle=関連記事 url=https://asasfsas24.[…]

サーフチェックサムネイル

【新刊のご紹介】
サーファーが知っておきたい台風の知識

台風スウェルをあてるための台風の知識と経験則、
台風による災害への備えについて
サーファー目線でまとめました

週末サーファーのための波乗り気象学(前編/中編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。Kindle本の紹介画像
Amazonで見てみる!

Kindle無料アプリの入手

↑Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↑

今日の波アイキャッチ
最新情報をチェックしよう!