雪景色と蒸気霧の美しい光景~鴨川マルキの朝一はオフショアで遊べる波【2021.1.8】

朝起きたら一面が雪景色でした

はるべえ

おはようございます。
はるべえ@サーフィン大好きな気象予報士です。

1月8日金曜日の天気図と波情報/波予想を本日も更新していきます。

今朝はちょっとびっくりしました。千葉南の沿岸部でこんな雪が降ったのも珍しいですね。

日が昇ってからはすぐにとけてしまってきましたけど、降雪による雪景色と海面から湧き上がる蒸気霧の光景がとても美しい光景でした(本文に写真掲載しています)。

昨日吹いた西よりの強い風もおさまり、今朝は朝一から風はほぼなく波はまとまってきています。

ただ朝一からかなり冷え込んでいますので、防寒対策はしっかりとしたほうが良いですね。

では今日の気圧配置から見ていきましょう。

参考)昨日の気圧配置と風と波はこちら

昨日の天気図と波情報

今日は大荒れな一日となりそうですはるべえおはようございます。はるべえ@サーフィン大好きな気象予報士です。1月7日 木曜日の天気図と波情報/波予想を本日も更新していきます。今日は日本海にある低気圧が[…]

コンディション急変
このブログでは、日々の気圧配置の推移と千葉と湘南エリアの波のコンディションについての記事を毎日更新
~約4年分の毎日の天気図と波の状況を記載しています。

今日の気圧配置/潮回りと波情報

午前3時の実況天気図 ASAS

実況天気図

昨日は通過していった低気圧へ吹き込む西南西の風、関東各地でもかなり強く吹きましたね・・・

この強風によりアクアラインは通行止め、あと新潟かどこかではトラックが横転している画像も見ました。

その他屋根が吹き飛ばされたり被害が発生してしまったところもあったようです。

 

今朝はその低気圧は千島近海からカムチャッカ半島方面へと向かっており、中心気圧は980hPa。

日本付近は西高東低の冬型の気圧配置となり、10本の等圧線がかかっています。

 

今日も千葉と湘南エリアでは西よりの風が続きそうなんですが、昨日よりは風はおわまります。

そして朝一はそれほど風も強く吹いておらず、北よりの風にもなっていてオフショアのポイントも多くなってますね。

 

今朝の千葉南エリアの朝一はこんな感じでした。

風はほぼ無風で7時前は雪がちらつく程度でしたが、ビーチはうっすら積雪していましたね。

気温がおそらくマイナスになっているんですけど、今年は海水温が高いこともあり、気温と海水温の温度差が10度以上があって風が弱いときには、海面から湯気が次々と湧き出てくる蒸気霧の光景が見られます。

そしてこの日の朝はこんな美しい光景も目にすることができました

蒸気霧が太陽に吸い込まれる様子が映し出されており、美しい海面の様子をご覧ください。

今朝の実況データ

衛星画像

冬型の気圧配置が強まってきており、昨日の記事にも書きましたけど日本海には寒気を伴った筋状の雲がびっしりと敷き詰められています

そして寒気の強さの目安となる「離岸距離」も今回は短いですね、、、海岸線からすぐのところでもう筋状の雲が発生していることから、今回の寒気の強さを物語っている現象です。黄海にもびっしりです。

あとちょっと気になったのが低気圧の雲域なんですけど、渦を巻いている度合いが今回の低気圧は強いような気がします。うっすら台風の眼のような雲域がないエリアも見えますよね

衛星画像

こちらはレーダーナウキャストの全国の画像です。

西日本から北日本までの日本海側には大雪となっているところが多く、Twitterで見た秋田の積雪は凄かったです。

引き続き大雪と猛吹雪などにも警戒が必要な状況かと思います。

レーダーナウキャスト

そして千葉南部に降雪をもたらした雪雲はこちらでしょうか。

東海沖からの西風の流れが相模湾沖でも吹き続いて、千葉の南海上で雪雲が発生したような状況かと思います。

なので降雪したのは千葉南だけで千葉北には雪は降ってない状況かと。

レーダーナウキャスト関東

アメダス気温

午前7時の気温を見て見ると鴨川アメダスは午前5時や6時よりも午前7時の気温のほうが低くなっていました。

7時のデータではマイナス0.4度を観測していて、雲がかかってくれば雪も降るし蒸気霧も発生する気温ですね。

アメダス気温

アメダス風向風速

昨日までの西南西の風はおさまり朝一の千葉と湘南エリアでは北西ベースの弱い風が吹いています。

各エリアともに昨日からはだいぶ波もまとまってきていそうです。

アメダス風向

石廊崎の波浪観測データ

昨日の爆風により風波がサイズアップ一気にしてきているのがわかりますね。

そしてこの後も東海沖からの西うねりが続きそうなので、この赤い棒が一気に下がるということはなく、やや下がりながらも波高は1mくらいで続くのではないかと思います。

石廊崎の波浪観測データ

その他の実況データはこちらをご覧ください

Windy.com:https://www.windy.com/

◆Wind

◆Waves

◆Swell1

☀️気象庁 アメダス 風向風速(関東地方)
https://www.jma.go.jp/jp/amedas/206.html?elementCode=1

☔️気象庁 レーダーナウキャスト
https://www.jma.go.jp/jp/radnowc/

🌊気象庁 波浪実況・予想図
https://www.data.jma.go.jp/gmd/waveinf/tile/jp/index.html

🌀気象庁台風情報
http://www.jma.go.jp/jp/typh/

今日の暦と潮回り

千葉エリア:こよみと潮まわり(勝浦)

2021/01/08
日の出:06:47 / 日の入:16:43
小潮
満潮:11:21(129cm) / -(-cm)
干潮:04:59(74cm) / 18:49(41cm)

湘南エリア:こよみと潮まわり(江の島)

2021/01/08
日の出:06:51 / 日の入:16:46
小潮
満潮:00:06(103cm) / 11:44(125cm)
干潮:05:24(73cm) / 19:14(43cm)

週末サーファーがいい波に乗るためのKindle電子書籍

こちらのページではるべえのKindle本を紹介しています!
https://amzn.to/35BqIrQ
はるべえの電子書籍

今朝の波のコンディション(千葉・湘南エリア)

今日のポイント

はるべえ
  • 昨日の西南西の風はおさまり昨日サイズアップした波が残る
  • 湘南は風波サイズアップした波は朝一は少しまとまって胸肩サイズの波
  • 千葉の南向きポイントの朝一はサイズ残り遊べる波もあり、東向きポイントは物足りないサイズ
  • 午前中から西風が再び強くなってきそうで、早めに入っておいたほうが良さそう

千葉エリア

今朝の千葉エリアは北西からのオフショアベースの風。

 

今朝の鴨川マルキポイントは朝から雪がちらつきビーチにはうっすら積雪。

風は弱いオフショアからほぼ無風で、サイズは腰腹~セットは胸くらいの波も入ってきていました。

昨日は西南西の爆風でかなりの大慌れなジャンクコンディションでしたけど、今朝は風はおさまり波はまとまってきています。

そこそこ乗れそうなセットもコンスタントに入ってきて、朝は十分サーフィン可能なコンディション。

日が昇ってきてもうビーチには雪はなくなりましたけど、朝一は自然がつくりだすとても美しい光景でした。

 

西うねりだと白渚よりもマルキのほうがサイズの反応がいいときが多いです。今日もそんな感じで、マルキのほうがワンサイズちょっと大きめのセットが入ってきていました。白渚はセットで腿腰くらいでちょっと物足りないかなといった波。

逆に東うねりだと白渚のほうがワンサイズ大きめのセットが入ってくるようになります。

千葉北エリアは東向きのポイントが多いことから、昨日の西南西の爆風によりオフショアで波はだいぶ抑えられた状態となりました。

今朝も一宮周辺ではセットで腿腰くらいと波は小ぶりで抑えられた感じの波。

SNSの投稿を見ると片貝エリアのほうがワンサイズくらい大きめのサイズのコンディションなようで、腰腹~くらいの波で十分遊べる波はあったようですね。

湘南エリア

昨日の風波によりサイズアップした波は肩頭サイズまでアップしており、今朝は北西からのオフショアが吹いています。

波はまとまってきていて、朝一はサイズも十分で遊べる波があったようです。

ただこれから沿岸部にまた西の風が入ってきそうなので、風が変わる前に入っておいたほうが良いでしょう。

※YouTubeにも波チェック動画や雲の流れタイムラプス映像などをアップしています。
こちらは過去動画の中から紹介しています

https://www.youtube.com/channel/UChclptxfHQYAEE6LnBsJHhQ

よろしければご覧ください&チャンネル登録をお願いします!

【大人気の耳栓】冷たい海に入るときの必須アイテム
SurfEars 3.0は超オススメです
Amazonだと少し安く購入できます

今後の気圧配置と風と波

今夜9時の予想天気図 FSAS24

予想気圧配置24時間

今夜にかけては千島近海あたりにあった低気圧はアリューシャン方面へと移動して猛烈に発達してきます。

中心気圧は956hPaとして予想されてます。また関東の東海上には低気圧が解析される予想です。

今日はこれから午前中のうちに湘南と千葉南エリアには西風の帯がかかってくる予想となっており、再び西風がやや強く吹いてくるでしょう。

はるべえ
  • 湘南はサイドの風となるポイントが多くなり、サイズはあるけどまとまりのない波になってきそうです。
  • 千葉南もマルキや白渚もサイドの風となりまとまりに欠ける波へ、千歳や千倉はオフショアで抑えられてスモールが続きそう、平砂浦は再びオンショアになってしまいます。
  • 千葉北は西風の帯からは外れそうな可能性もあり西風は千葉南よりかは弱めに吹きそうな感じでしょうか、オフショアで面がまとまるポイントが多くなりそうなので、少しでもサイズのある片貝エリアや一宮周辺は小ぶりだけど遊べる波はありそうですね。

明日夜9時の予想天気図 FSAS48

予想気圧配置48時間

明日は、アリューシャンの低気圧は更に東~北東方向へと進んでいきます。

日本付近は等圧線の間隔は今日よりも少し広くはなってきそうですが、引き続き冬型の気圧配置が続きます。

明日も東海沖からの西うねりが湘南や千葉南エリアには反応が続きそうですが、今日の午後と同じく西風が朝から強めに吹いているかもしれません。

今日のように朝一だけでも北よりの風が吹いてくれればいいのですが、明日は朝から西風が強そうな・・・

はるべえ
  • 湘南は西うねりで遊べるだけのサイズはありそうなので、まとまりない波かもしれないですけどサーフィンは可能でしょう。
  • 千葉南は西風で和田・白渚~千歳あたりのほうが風をかわしますがサイズ不足で物足りなさそうでしょうか、、、鴨川マルキのほうがサイズはありそうですけど波はまとまりなくて流される感じかもしれませんね。
  • 千葉北は今日の午後にかけてサイズダウンしてしまうと明日の朝もスモールサイズなスタートになってしまうかも

明日の暦と潮回り

千葉エリア:こよみと潮まわり(勝浦)

2021/01/09
日の出:06:47 / 日の入:16:44
長潮
満潮:01:48(109cm) / 12:15(132cm)
干潮:06:19(87cm) / 19:53(24cm)

湘南エリア:こよみと潮まわり(江の島)

2021/01/09
日の出:06:51 / 日の入:16:47
長潮
満潮:02:08(110cm) / 12:41(128cm)
干潮:06:52(87cm) / 20:19(27cm)


過去の気圧配置と波情報

今日と同じ日の気圧配置と波情報 過去3~4年分の記事です。

ほぼ毎日記事を書いてきてますが、1日に複数記事を書いた日などは上手く表示されない場合もあったり、記事が一部ない期間もあります。

OnThisDay-2017.01.08

1/8 3:00九州南部に1008hPaの低気圧が解析、これから発達しながら関東南岸を東北東進する予報関東ではまだ降水はないものの全天を高層雲に覆われてどんよりとした朝朝一の千葉エリア、昨日と同じか若干サイズが下がったくらい、一宮周辺[…]

IMG
OnThisDay-2018.01.08

1/8 3:00 ASAS日本のはるか東の海上には発達した低気圧、本州付近は高気圧の後面に差し掛かり天気は下り坂。東シナ海には前線を伴った低気圧があり今夜から明日にかけて発達しながら東の海上へ抜けていく。明日は西日本から寒波が南下してきて[…]

IMG
OnThisDay-2019.01.08

1/8 3:00 地上天気図と波情報今朝は弱い冬型の気圧配置からのスタート。3時の天気図には解析されてませんが、これから日本の南に一時的に高気圧が解析されそうです。昼頃頃から南西の風が入りはじめ次第に西寄り成分も混じり強く吹いてき[…]

OnThisDay-2020.01.08

気圧配置&天気と波情報 : 千葉南は暴風と波浪警報が発令午後3時の実況天気図 ASAS発達した低気圧が東へ移動しています。低気圧の中心は日本海にあり、そこから南東方向へ温暖前線と南西方向には寒冷前線が伸びており、等圧線の間[…]

今日の記事は以上です。

こちらの記事がもし参考になったり気にいってもらえたら、ぜひコメントを残してもらえると嬉しいです。

またTwitter/Instagram/Facebook/Youtubeでも発信してますので、いいねやコメントもお願いします!


こちらの記事も合わせてご覧ください!

高気圧からの吹き出し

高気圧からの吹き出しサーファーは海に行く前に必ず波の状況がどうなのかを確認します。今のこの時代は波情報やSNSが発達していて、海にいかなくても波のコンディションやブレイクの様子が写真や動画で見れるようになりましたが、波予想の基本は天[…]

エリア毎の特徴:鳥取~福井

ポイント毎に異なるうねりの反応[caption id="attachment_6294" align="alignnone" width="1600"] 島根:稲佐の浜[/caption]前回は日本海エリアの波のあがるコンディシ[…]

エリア毎の特徴とうねりの向き(鳥取〜福井)
防寒アイテム

短い夏が終わりスッキリした秋空を経てどんよりした空模様と北東の風が続くともう冬はすぐそこまできている感じになってきます。海パンとラッシュでサーフィンできた季節が懐かしくすら思えて早くまた次の夏がこないかなと恋しく[…]

冬のサーフィン準備と行動

冬の海へ行く時に注意したいこと前回は冬のサーフィンを快適に楽しむための防寒対策アイテムについて記載しました。冬のサーフィンで気をつけること~防寒対策アイテム編[sitecard subtitle=関連記事 url=https[…]

冬のサーフィン
雪景色と蒸気霧
最新情報をチェックしよう!