週末サーファーが限られた時間の中でいい波に乗るために ~ 天気図パターンによる風と波を知っていい波をあてよう!~

3連休初日は西うねりが反応するもまとまらない波~路面凍結に要注意【2021.1.9】

今朝は路面凍結に要注意ですね・・・

はるべえ

おはようございます。
はるべえ@サーフィン大好きな気象予報士です。

1月9日 土曜日の天気図と波情報/波予想を本日も更新していきます。

昨夜遅くにも千葉南部には弱い降雪があったのか、今朝もビーチにはうっすらと雪が積もっているように見えます。

こんなときに気を付けないといけないのが、路面凍結ですね。。。

朝一の海へ向かうとなると、一番気温が低くなる時間帯にクルマを走らせなければならないので、雪や雨のあとの冬の朝一の海へ向かうときは要注意です。

千葉へ向かうサーファーだとスタッドレスタイヤを履いているクルマのほうが少ないはず・・・、でも海へ向かう道中の内陸部を走るときは、氷点下の地点も多くなり、日陰の部分は雪が残ったままのところも多くなります。

運転には十分ご注意ください。

まずは今日の気圧配置から見ていきましょう。

参考)昨日の気圧配置と風と波はこちら

昨日の天気図と波情報

朝起きたら一面が雪景色でしたはるべえおはようございます。はるべえ@サーフィン大好きな気象予報士です。1月8日金曜日の天気図と波情報/波予想を本日も更新していきます。今朝はちょっとびっくりしました。[…]

雪景色と蒸気霧
このブログでは、日々の気圧配置の推移と千葉と湘南エリアの波のコンディションについての記事を毎日更新
~約4年分の毎日の天気図と波の状況を記載しています。

今日の気圧配置/潮回りと波情報

午前3時の実況天気図 ASAS

実況天気図

冬型の気圧配置が続いておりアリューシャンの低気圧は強い勢力を維持しています。

そして昨夜21時くらいに関東のすぐ東海上にて低気圧が発生しています。

鴨川のアメダスの降水量のデータを見ると、ちょうどこの低気圧が発生したあたりの時間帯で弱い降水/降雪があったのではないでしょうか。

今朝は低気圧はやや東へと離れていってますね。

 

今朝も等圧線が縦に走り東海沖では強い西風が吹き続いている状況。

千葉と湘南エリアにも今朝は西風が吹いており、各地で西~南西の風が強弱ありながらも吹いてのスタートです。

 

湘南や千葉エリアでも南向きのポイントではサイド~サイドオンの風、千葉エリアの東向きのポイントではオフショアの風になります

東海沖からの西うねりに反応するポイントには、ミドルサイズの波が反応しているのですが、風がちょっと合わないですね・・・

一方でオフショアとなるポイントでは波は抑えられてしまい、物足りないスモールサイズとなってしまう傾向です。

 

2020年の風と波(前半)~記事タイトルとアイキャッチ画像から振り返る~

関連記事

2020年も元旦から大みそかまでこちらのブログにて毎日記事を書いてきましたが、2020年は歴史に残る大きな出来事が沢山ありました。我々の普段の生活も仕事のやり方や人とのコミュニケーションの仕方まで、あらゆる面で大きな変化を受け入れざ[…]

2020年の振り返り(前半)

2020年の風と波(後半)~記事タイトルとアイキャッチ画像から振り返る~

関連記事

2020年の風と波について毎日更新している本ブログ記事のタイトルとアイキャッチ画像からどんな年だったのかを振り返る(後半)です。2020年前半の記事はこちら[sitecard subtitle=2020年を振り返る([…]

2020年の振り返り(後半)

今朝の実況データ

衛星画像

強い寒気の南下は続いており今朝も日本海にはびっしりと筋状の雲が敷き詰められています。

離岸距離は昨日の朝とほとんど変わらないくらいなので、まだまだこの強い寒気の南下は続きそうです。

衛星画像

アメダス気温

今朝6時の観測データです。沿岸部では鴨川アメダスがマイナスになってます。

鴨川アメダスは鴨川市役所の少し南のあたりにあるので、沿岸部のデータとして扱ってよいかと思いますが、

最近6時の気温より7時の気温の方が低いことが多いですね。

内陸部では大多喜や坂畑の観測データでは-4度くらいを観測。

千葉南部へと向かう道中では、旧鴨川有料道路の料金所があったあたりが一番冷え込みは厳しいような感じがします。

アメダス気温

アメダス風向風速

湘南や千葉南では昨日から西風が続いています。千葉北は北西の風になっているところもありますね。

今日もこの西風が続きそうです。

アメダス風向

石廊崎の波浪観測データ

一昨日の爆風でサイズアップした波から西うねりの反応が続いており、波高1mはキープした状態が続いています。

今日いっぱいは西うねりの反応は続きそうです。

石廊崎の波浪観測データ

ただ御前崎灯台の風は深夜から少し弱くなってきている模様。

沿岸部も明日にかけて西風は次第に弱くなっていきそうですが、西うねりも弱くなってきてしまいそうです。

海の安全情報から引用
https://www6.kaiho.mlit.go.jp/03kanku/shimizu/omaesaki_lt/kisyou/index.html

御前崎データ

 

その他の実況データはこちらをご覧ください

Windy.com:https://www.windy.com/

◆Wind

◆Waves

◆Swell1

☀️気象庁 アメダス 風向風速(関東地方)
https://www.jma.go.jp/jp/amedas/206.html?elementCode=1

☔️気象庁 レーダーナウキャスト
https://www.jma.go.jp/jp/radnowc/

🌊気象庁 波浪実況・予想図
https://www.data.jma.go.jp/gmd/waveinf/tile/jp/index.html

🌀気象庁台風情報
http://www.jma.go.jp/jp/typh/

今日の暦と潮回り

千葉エリア:こよみと潮まわり(勝浦)

2021/01/09
日の出:06:47 / 日の入:16:44
長潮
満潮:01:48(109cm) / 12:15(132cm)
干潮:06:19(87cm) / 19:53(24cm)

湘南エリア:こよみと潮まわり(江の島)

2021/01/09
日の出:06:51 / 日の入:16:47
長潮
満潮:02:08(110cm) / 12:41(128cm)
干潮:06:52(87cm) / 20:19(27cm)

週末サーファーがいい波に乗るためのKindle電子書籍

こちらのページではるべえのKindle本を紹介しています!
https://amzn.to/35BqIrQ
はるべえの電子書籍

今朝の波のコンディション(千葉・湘南エリア)

今日のポイント

はるべえ
  • 千葉と湘南は西よりの風がポイントと時間帯によって強弱ありながら吹き続きそう
  • 湘南と平砂浦や鴨川では西うねりでミドルサイズの波はあるものの西風でまとまりはイマイチ
  • 千葉の東向きポイントは西風で波は抑えられてしまい、小ぶりな物足りないサイズの波
  • 今日いっぱいは西うねりは続きそうで、夕方の西風は次第に弱くなるところもあるかも

千葉エリア

今朝の千葉エリアは西寄りの風

 

今朝の鴨川マルキポイントも西からのサイドの風。

昨日も西風がやや強めに吹いていましたが、鴨川エリアでは北の成分が少し入った北西~西北西の風が昼ころには入ってきていて、サイドオフの風で波はそんなに乱れてなく、胸肩~頭サイズの西うねりがブレイクしていました。

今朝は西うねりは昨日よりかはサイズダウンしつつも、セットで腹胸くらいの波は入ってきています。

ただ波にはまとまりはなくてワイドにブレイクする波が多く、あんまり走れる波は入ってきてないですね・・・

岩場方向へのカレントがやや強く発生しているようで、気付かずに岩場のあたりまで流されて急いで上がっているサーファーもいましたので、ポジションをよく確認して十分ご注意ください。

 

白渚ポイントは西うねりなのでマルキよりもワンサイズは小さい腿腰~腹くらい。

こちらもワイドな波が多そうで、マルキと同じく海に向かって左へのカレントが入っていると思われます。

流されないようにご注意ください。

 

千歳ポイントはオフショアとなりますけど、波は抑えられてしまいスモールサイズのインサイドの波。

平砂浦までいくとサイズはありますが、こちらは完全にオンショアとなってしまい、グチャついたまとまりない波でコンディションはよくありません。

 

千葉北エリアはオフショアになるポイントが多いんですけど、その分西うねりは反応しないポイントが多く、今朝も物足りないサイズの波。

一宮周辺でも膝腿くらいの波で、今日はかなり物足りないブレイクですね。。。

九十九里エリアでも飯岡に近いポイントのほうが少しサイズはあるかもしれません。

 

湘南エリア

西うねりの反応は続いていて腹胸くらいのサイズはあるんですけど、風があわない湘南エリア。

まとまりない波でブレイクはよくないまま。

各ポイントでは海に向かって左へのカレントが発生しているようで、こちらも今日はよく流されそうです。

冬場に流されると冷たい砂浜を素足で駐車場まで戻るのがかなりしんどいんですよね、、、

十分ご注意ください。

※YouTubeにも波チェック動画や雲の流れタイムラプス映像などをアップしています。
こちらは過去動画の中から紹介しています

https://www.youtube.com/channel/UChclptxfHQYAEE6LnBsJHhQ

よろしければご覧ください&チャンネル登録をお願いします!

今後の気圧配置と風と波

今夜9時の予想天気図 FSAS24

予想気圧配置24時間

今夜にかけても冬型の気圧配置がつづきます。

千葉と湘南ともに西~西南西の風が吹く状態が続きそうで、波の傾向としては先ほど書いたポイントのとおりが続きそう。

ただ昨日もそうでしたけど、ポイントによっては西北西~北西の風が吹く時間帯があるかもしれなくて、その時間帯は一時的に波がまとまってきていい波になってくるなんてときもあります。

 

風と潮と波は常に変化しているので、そのタイミングをうまく掴むことが出来ればいいんですけど、そこが難しいところであり面白いところでもありますね

ずっとビーチで待機している訳にもいかないので、そんなタイミングをしょっちゅう当てることは実際には出来ないんですけど、そんなタイミングに合わせれたらラッキーくらいな感じで思っておくのがいいかもしれませんね、自然が相手ですから。

 

明日夜9時の予想天気図 FSAS48

予想気圧配置48時間

明日も西高東低の冬型の気圧配置は続くんですが、夜の予想気圧配置を見てみるとだいぶ等圧線の間隔は広くなってきてますね。

明日の朝には続いてきた沿岸部の西風も弱くなりそうで、明日は各ポイントの波は面はそこそこ整った状態からスタートとなりそうです。

概ね北西の風が各エリアで吹きそうです。

ただ同時に東海沖からの西うねりも弱くなってきますので、湘南や千葉南エリアではサイズダウン傾向です。

西うねりが反応する湘南や千葉南エリアでは早めから入っておくのが良さそうです。午後にはサイズダウンして物足りなくなってしまうかも。

 

そして西うねりが弱くなってくると気になってくるのが、アリューシャンからの北東うねりです。

今回のアリューシャンの低気圧は円形の構造をしていて、日本へ向けての北東方向からのうねりも届けてくれそうな等圧線の流れをしていたことから、強い西風が収まってきたタイミングで北東うねりの反応が良くなってくるかもしれません。

茨城エリアでは既に北東方向からの周期が10秒以上の波が弱く反応して入ってきている模様なので、西風が弱くなってきたタイミングでこの反応が千葉北エリアから反応してくるかもしれません。

一宮周辺は反応に敏感なので明日はこのアリューシャンからの北東うねりの反応を期待しつつ、一宮周辺からチェックしていくのもいいかもしれませんね。

北西の風なのでオフショアからサイドオフのポイントも多くなります。

茨城の鹿嶋エリアへ向かうのもいいかもしれませんが、水温の冷たさを覚悟してフル装備で向かったほうが良いでしょう。

参考記事)【冬の波】いい波のパターン~アリューシャンからの北東うねり~

関連記事

気圧配置と天気図パターンによる波のコンディション久しぶりにこのカテゴリの記事を書いていきます。前回のこのカテゴリでは、「高気圧からの吹き出し」による波のコンディションについて記載しました。[sitecard subtitle[…]

明日の暦と潮回り

千葉エリア:こよみと潮まわり(勝浦)

2021/01/10
日の出:06:47 / 日の入:16:45
若潮
満潮:03:11(120cm) / 13:13(136cm)
干潮:07:42(95cm) / 20:48(9cm)

湘南エリア:こよみと潮まわり(江の島)

2021/01/10
日の出:06:51 / 日の入:16:47
若潮
満潮:03:32(122cm) / 13:38(132cm)
干潮:08:19(94cm) / 21:14(12cm)

過去の気圧配置と波情報

今日と同じ日の気圧配置と波情報 過去3~4年分の記事です。

ほぼ毎日記事を書いてきてますが、1日に複数記事を書いた日などは上手く表示されない場合もあったり、記事が一部ない期間もあります。

OnThisDay-2017.01.09

1/9 3:00関東南岸を976hPaの発達中低気圧が東進、このまま北東へさらに発達しながら進み、960hPa程度まで深まってくる関東地方は低気圧通過後の北寄りの風が強い状況となっており、より低気圧に近い千葉外房沿岸では強烈な北寄りの[…]

IMG
OnThisDay-2018.01.09

1/9 3:00 ASAS日本海と南の海上をそれぞれ低気圧が発達しながら東進中、西日本から西から南の風が非常に強く吹いており一気にサイズアップしているエリアも多い。関東地方ではこれから西から南よりの風がかなり強まってくる。今夜には低気圧は[…]

IMG
OnThisDay-2019.01.09

1/9 3:00 地上天気図と波情報冬型の気圧配置が強まっています。今朝は首都圏の山沿いでも大雪となっており熊谷でも初雪を観測した模様。平野部は日中は晴れて空気はカラカラに乾燥しておりインフルエンザには十分注意が必要です。等圧[…]

OnThisDay-2020.01.09

気圧配置&天気と波情報 :午前3時の実況天気図 ASAS昨日日本付近を発達しながら通過し千葉南エリアを中心に南西の暴風をもたらした低気圧は東海上へ抜け、継続して発達しながらアリューシャン方面へと進んでいます。今朝は昨日の南西か[…]

今日の記事は以上です。

こちらの記事がもし参考になったり気にいってもらえたら、ぜひコメントを残してもらえると嬉しいです。

またTwitter/Instagram/Facebook/Youtubeでも発信してますので、いいねやコメントもお願いします!


こちらの記事も合わせてご覧ください!

 

気象の数式と公式

「天気と気象を知るためのキーワード/用語集(その1/その2)」では、気象に関する様々な用語と押さえておくべきキーワードについて、ざっくりな内容のみですが記事にしてみました。[sitecard subtitle=関連記事 url=ht[…]

天気と気象公式まとめ
ISA-WSG

世界レベルのサーフィンを観戦しに宮崎へ2019年9月7日から15日まで宮崎の木崎浜で開催されている、ISAワールドサーフィンゲームスを観戦してきました(Day6 ; 9/12)。実は元々は観戦する予定はなかったのですが、世界のト[…]

高気圧からの吹き出し

高気圧からの吹き出しサーファーは海に行く前に必ず波の状況がどうなのかを確認します。今のこの時代は波情報やSNSが発達していて、海にいかなくても波のコンディションやブレイクの様子が写真や動画で見れるようになりましたが、波予想の基本は天[…]

うねりの向きを知っていい波をあてる

週末は波があるのか?ないのか?[caption id="attachment_5553" align="alignnone" width="1024"] 写真:メローな程よいサイズのいい波、こんなコンディションなら最高だ[/captio[…]

うねりの向き
防寒アイテム

1枚持っているとかなり使えるサーフィン用インナー秋が深まってくると水温は気温に遅れて徐々に冷たくなってきます。今年2018年は例年よりもかなり水温は暖かく、千葉エリアは12月に入ってもまだセミドライは不要な状況が続いています。[…]

冬のサーフィン準備と行動

冬の海へ行く時に注意したいこと前回は冬のサーフィンを快適に楽しむための防寒対策アイテムについて記載しました。冬のサーフィンで気をつけること~防寒対策アイテム編[sitecard subtitle=関連記事 url=https[…]

冬のサーフィン
週末に通うポイント

都内から週末に通える海週末サーファーは毎週のように海に通ってサーフィンする方が多いと思います。1年間はだいたいの年は52週あるとして、春夏秋冬の毎週欠かさず海に行くとすると1年間で52回海に行くことになります。私の場合、海に[…]

【新刊のご紹介】
サーファーが知っておきたい台風の知識

台風スウェルをあてるための台風の知識と経験則、
台風による災害への備えについて
サーファー目線でまとめました

週末サーファーのための波乗り気象学(前編/中編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。Kindle本の紹介画像
Amazonで見てみる!

Kindle無料アプリの入手

↑Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↑

路面凍結に要注意
最新情報をチェックしよう!