午後5時になっても薄明るい空、日の入りが遅くなってきたと感じる頃【2022.1.18】

はるべえ
はるべえ@
波乗りブログ毎日書いてる
気象予報士
です

1月18日 火曜日の
気圧配置と風と波の状況を

本日も更新していきます。

先日は日の出の時刻が底を抜けて毎日1分くらい早くなっていきますということを記載しましたが、

日の入りは12月中旬くらいから既に長くなってきていて、日の入りが夕方5時に迫ってきており、日が落ちるのが遅くなったなと少し感じられるくらいになりました

明後日の20日は二十四節気の「大寒」を迎えます。

一年でいちばん寒い時期が続き、水温もだいぶ下がってきて千葉南でもブーツが必要なくらいまでになってきました

海から上がったときの着替えがしんどい日が続きますけど、季節は着実に進んでいます

北東うねりや西うねり、人の少なさなど、この時期にしか味わえない楽しみもあるかと思いますので、防寒対策しっかりして冬のサーフィンを楽しみたいですね

今日も気圧配置から見ていきましょう。

今日の気圧配置と風と波

午後3時の実況天気図

実況天気図

今日の午後3時の実況天気図です

日本海北部には低気圧が解析されていて
南東方向へと進んでいます

日本付近は等圧線が縦にかかる
冬型の気圧配置ですが

日本海北部の低気圧周辺は
等圧線が非常に混んでおり
北日本の等圧線は逆に東に膨らんだ
感じで流れています

朝は各地で北寄りの風
多くのポイントではオフショア
が吹いていました

今日も東海沖からの西うねりと
アリューシャンからの北東うねりの
反応が続いています

西〜南西のうねりは入ってきてますが厚いブレイク

手前の地形が深くて続かない波が今日も多かったですね

 こちらも待つと胸くらいのセットが入ってくるんですが、厚くなって続かない波

一時期よりは少し砂が付いてきたような気もするんですが、まだまだ深いですね

たまに胸肩くらいのワイドなセットが入ってきてました

この写真だけ見るといい感じなブレイクに見えるんですけど、この後がなかなか続かずに厚くなってしまいます

 

今日の暦と潮回り

千葉エリア:こよみと潮まわり(勝浦)
2022/01/18
日の出:06:45 / 日の入:16:52
大潮
満潮:05:51(131cm) / 16:13(141cm)
干潮:10:55(86cm) / 23:19(-3cm)

湘南エリア:こよみと潮まわり(江の島)
2022/01/18
日の出:06:49 / 日の入:16:55
大潮
満潮:06:05(138cm) / 16:30(140cm)
干潮:11:18(86cm) / 23:40(0cm)

明日の気圧配置と風と波

明日午前9時の予想気圧配置

明日午前9時の予想気圧配置です

引き続き西高東低の冬型の気圧配置が続く見込みとなっていますが、大陸にある高気圧が覆うようになってきて、西から冬型は徐々に緩んでくる流れとなってきそう

東海沖の西風は明日の朝までに次第に弱くなってくる傾向となりそうで、西風というより北西の風へとシフトしてきそうです

沿岸波浪予想図

一方でアリューシャン低気圧からの北東うねりが更にしっかりしたうねりとなって反応が強まってきそうであり、

波の周期が13秒を越える長い波長の波が千葉と茨城エリアを中心にしっかりと反応してきそうです

風は北よりの風が続き、今日よりも弱くなるポイントも多くなりそうなので、潮回りの時間と風向きを考慮してポイント選びすれば

中級者以上の方は十分楽しめる波が入ってきそうです

西うねりはダウン傾向となるので、湘南エリアや平砂浦では早めに海に入っておいた方が良いでしょう

明日の暦と潮回り

千葉エリア:こよみと潮まわり(勝浦)
2022/01/19
日の出:06:45 / 日の入:16:53
大潮
満潮:06:19(132cm) / 16:49(142cm)
干潮:11:26(81cm) / 23:52(-3cm)

湘南エリア:こよみと潮まわり(江の島)
2022/01/19
日の出:06:48 / 日の入:16:56
大潮
満潮:06:35(139cm) / 17:04(141cm)
干潮:11:51(83cm) / -(-cm)

明後日の気圧配置と風と波

明後日の午前9時の予想気圧配置

明後日の午前9時の予想気圧配置です

日本付近は引き続き西高東低の冬型の気圧配置が続きます。東海上には新たに低気圧も予想されており、明日よりも等圧線の間隔は狭くなってきそうな予想気圧配置ですね

アリューシャン付近から南に大規模に広がる低気圧から、しっかりとした北東うねりの反応が続きそうです。

ハワイに向けても大きなスウェルが届きそうな強い風が吹く海上エリアが広がってるのがわかります

明日と同じく、風向きと潮回りを考慮してポイント選びすれば、千葉エリアでは楽しめる波が続くのではないかと思います


気象関連実況データ

Twitterタイムライン

Windy:https://www.windy.com/

Wind

Waves

Swell1

天気図

アメダス風向風速

台風情報

過去の「今日の気圧配置と波情報」

過去5年分の今日の記事を紹介しています

OnThisDay-2017.01.18

1/18 3:00西から高気圧に覆われて一連の強い寒波が抜け、寒さの底は脱し平年並みの気温まで戻ってきている千葉エリアには東海上に抜けた低気圧からのウネリが反応していて今朝も九十九里から一宮周辺周辺は肩頭サイズ、鴨川から千倉までも胸肩サ[…]

IMG
OnThisDay-2018.01.18

1/18 3:00 ASAS昨日本州付近を東進した低気圧は東の海上に抜けた。今回の低気圧は前線を伴い中心付近の等圧線もしっかり閉じた明瞭な低気圧であり、南からの風波により各地でサイズアップ。今朝は風が北よりにシフトしコンディションが整うタ[…]

IMG
OnThisDay-2019.01.18

1/18 3:00 地上天気図と波情報冬型の気圧配置が続いています。昨日は西から南西の風が入りましたが今朝は等圧線は縦に走り北西の風。この時間は日本海側の大雪は昨日よりはおさまってきていますが引き続き大雪や吹雪には要警戒な状況が[…]

OnThisDay-2020.01.18

気圧配置&天気と波情報 : 関東平野部は雪は降らなそう午前3時の実況天気図 ASAS南海上を低気圧が発達しながら東へ進んでいます。後にアメダスを掲載してますが、関東地方沿岸部は北よりの強い風が吹いており、午前8時の気温は全[…]

OnThisDay-2021.01.18

今朝も遊べるサイズはキープしてますはるべえおはようございます。はるべえ@サーフィン大好きな気象予報士です。1月18日月曜日の天気図と波情報/波予想を本日も更新していきます。千葉エリアには主に東ベー[…]

今日の記事は以上です。

Twitter/Instagram/Facebook/Youtube
でも発信しています!


こちらの記事も合わせてご覧ください!

気圧配置による風と波

はるべえ今回は気圧配置の型によってどんな波になるのかを詳しく解説していきます毎日毎日天気図みて気圧配置の流れからどんな波のコンディションになるのかを見ていますが、、、気圧配置にもいろんなパター[…]

いい波に乗るために気圧配置パターン
うねりの向きを知っていい波をあてる

はるべえはるべえ@波乗りお天気ブログを毎日更新している気象予報士です/貴重な週末の休みの日に海に行くならいい波に乗りたいですよね!\週末サーファーの方なら誰もがそう思っているかと思いま[…]

うねりの向き
防寒アイテム

短い夏が終わりスッキリした秋空を経てどんよりした空模様と北東の風が続くともう冬はすぐそこまできている感じになってきます。海パンとラッシュでサーフィンできた季節が懐かしくすら思えて早くまた次の夏がこないかなと恋しく[…]

防寒アイテム

1枚持っているとかなり使えるサーフィン用インナー秋が深まってくると水温は気温に遅れて徐々に冷たくなってきます。ここ最近の冬はかなり水温は暖かい年が多く、千葉エリアは12月に入ってもまだセミドライは不要な状況が続く年も[…]

冬のサーフィン防寒対策

今回の記事では、冬のサーフィンで気を付けるべきことについて記事にしていきます。サーフィンは夏にやるものというイメージが強いですけど冬も海に入ってサーフィンしている人はたくさんいます冷たい海に入ってサーフィ[…]

冬のサーフィン防寒対策
冬のサーフィン準備と行動

前回は冬のサーフィンを快適に楽しむための防寒対策アイテムについて記載しました。冬のサーフィンで気をつけること~防寒対策アイテム編[sitecard subtitle=関連記事 url=https://asasfsas24.c[…]

冬のサーフィン
“天気図から風と波を予想していい波をあてる”をテーマに、週末サーファーがいい波にのるための、気象・海の知識と経験則についてKindle電子書籍にしました。

Kindle Unlimited」への登録で、全ての本は30日間無料で読めます。Amazonユーザなら登録は簡単です Kindle Unlimitedはこちらから
最新情報をチェックしよう!